職種研究

営業事務の志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

営業事務について

営業職と一口に言っても、全ての人が顧客の元へ足を運んで営業をおこなう訳ではありません。一般的な営業職を支える仕事として、営業事務という職業があります。通常の事務とはまた違う業務形態の営業事務に、就職を希望している就活生の方もいるのではないでしょうか。

営業事務への就職を目指している方向けに、志望動機の正しい書き方やNG例などを調べてまとめてみました。

営業事務の主な業務内容

営業事務の主な仕事は、営業部における営業担当者のサポート業務になります。一般的な事務と違うところは、顧客への商品の受発注や管理、在庫管理などの専門的な職務が多くなることです。また、一般的な事務以上に電話応対などのかたちで顧客と関わることになるので、コミュニケーション能力も求められる職種でもあります。そのこともあり、採用に至るにはなかなか難しい職種でもあるようです。

特に近年では、海外の顧客との取引などに関わることも多いため、語学力を求められる場合もあるようです。パソコンを用いた事務処理作業をおこなうことも多いので、基本的なパソコンスキルが求められることになります。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

志望動機を書く際の注意ポイント

志望動機を書くにあたって、まずは情報をまとめることから始めましょう。就職を希望する企業の職務内容や業界の傾向などを把握し、研究しておくのは就職活動において重要なことです。並行して自己分析もおこなうことで、希望する企業に就職した際に活かせる能力や、将来のビジョンを明確にイメージすることができます。

特に営業事務は営業担当の補助が主な業務のため、担当者がスムーズに仕事をおこなえるよう連携を取るのに必要なスキルがあるかチェックされることになります。

営業事務の志望動機NG例

営業事務の志望動機で、このような書き方をした場合は人事担当へ響かないであろうNG例を記載します。何が問題なのか、考えてみてください。

NG例

貴社への就職を志望する理由としては、今までの経験で身につけた事務能力を活かせると思ったからです。貴社の業務内容において、事務作業が重要な業務であると認識いたしました。また、海外への営業をおこなうにあたって、ある程度の語学力と対応力がある社員が求められると感じ、私の持つ能力と合致すると考えました。貴社へ就職した際には、営業スタッフが柔軟に立ち回れるように、自身の持つ能力を活かした補助業務をおこなえると思っております。

一見特に問題がないように見えますが、これでは営業事務の職務には採用されないでしょう。というのも、営業事務において一番重要な、営業担当との協調性を維持できるか、コミュニケーション能力があるかがはっきりと見えてこないからです。

営業事務において大事なのは、営業担当者の業務内容が柔軟に執りおこなわれるように準備をしたり、顧客へ対応することです。一般的な事務能力をアピールすることが悪いとはいいませんが、専門的な職務内容にどの程度対応できるかを、人事担当はチェックしています。

営業事務の正しい志望動機例3選

では、実際に書類審査を通るような志望動機はどのように書いていけばいいでしょうか。以下に好印象を与える例文を記載しましたので、参考にするといいでしょう。

志望動機の例文①

私が貴社への就職を希望する理由は、自身の持つ語学力を活かすことができると思ったからです。貴社の海外事業に営業職が重要な立場を占めていることを知り、その補助をおこなう営業事務で、自身の持つ能力を活かせるのではと考えております。

また、大学では行事の際の事務処理など、協力している他者が動きやすくなるよう立ち回る経験を多く積みました。

貴社に就職した際には、営業担当者が柔軟に取引し、大きな事業をおこなえるよう常に思考しながら職務に取り組みたいと思っております。

自身の経験を用いて、実際に営業事務に必要なコミュニケーション能力を間接的にアピールした内容です。学生時代までに取り組んだことをアピールすると、、必要とされる能力があることへの説得力を高めることができます。また、就職後のビジョンでも、営業担当者の補助について能力を高める意欲があることがうかがえます。

志望動機の例文②

志望動機は、他の方と協力して一つのことを達成することにやり甲斐を感じるからです。アルバイトや大学など、皆が活動しやすくなるように裏方に回ることが多かったのですが、その中で人と協力することや、自分の行動によって一人で動くより、より良い結果を得られることにやり甲斐を覚えました。

特に貴社においては、全ての社員が一丸となって事業に取り組み、規模を拡大していることが特徴であると感じました。私の持っている能力で、貴社の事業拡大に貢献できればと考えております。

どのような仕事にやり甲斐を感じる人物なのかも、人事担当にとってはチェックしたい内容になります。この内容では、特に学生時代に他者と協力して一つのことを成し遂げた経験が、筆者にとって大事なエピソードになっていることを感じられる文章です。

企業の事業展開の方向性と筆者のやり甲斐を感じることが合致していることもポイントです。

志望動機の例文③

貴社に就職を希望する動機は、アルバイト経験の中で営業事務への魅力を感じたことが理由です。学生時代から継続しているアルバイトでは、商品の受発注や他のスタッフの業務補助を任されることが多くありました。その中で身についたスキルや対応力を社会に出てからも活かせる仕事をしたいと考え、営業事務を希望しました。

パソコンを用いた事務処理や電話応対、先を見越してスタッフの活動を補助するための準備をおこなう能力は、アルバイト先でも高い評価をいただいたことがあります。

アルバイトという社会活動経験を通じて、自身の持つ能力をアピールする内容です。具体的な事務に関するスキルの記載は少ないですが、どういった業務に自信があるのかしっかりと伝えることがポイントです。学生時代から継続している、という文章から考えれば、筆者が能力を見込まれて長くアルバイトをおこなっているという経験の裏打ちにもなります。

まとめ

一般的な事務職と違い、他者と協力することが重視される専門職でもある営業事務は、その職務内容に見合う人材を探すために人事担当も慎重に採用を進めていることが多いようです。そのため、まずは志望動機の時点で、どれだけ営業事務に意欲があるか、企業に長く勤めたいかをアピールできるかがポイントになってくるといえるでしょう。

特に営業事務の求められる能力は、単純に資格を取得すれば身につくものだけではありません。自分の経験を振り返り、コミュニケーション能力や他者との協調性に繋がるエピソードがどの程度あるかを把握して志望動機を書くことは、非常に重要であると考えられます。

まずは自己分析をおこない、今までの経験において職務内容と合致することがあったかを考えるところから、志望動機をまとめていくといいでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ