企業研究

【川崎重工業インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

川崎重工業を研究!

川崎重工業のモノづくりのビジネス領域は航空機や船舶、オートバイなどが有名ですが、自衛隊の製品も作っており、防衛産業でもあります。防衛などに関心のある方や、エンジニア志望の方なら、業界トップクラスの技術力の一部を経験したい方は多く、川崎重工業のインターンシップは就活生の中でも人気があります。そのため、インターンの受け入れ人数も多いです。しかし、川崎重工業のインターンはいくつか選考を突破しなければなりません。

ここでは、川崎重工業のインターンシップの情報について、選考や日程、インターンの種類を紹介していきます。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

川崎重工業の基本情報

川崎重工業は、明治時代から続く長寿企業です。戦後はオートバイ、航空機、鉄道車両、船舶、輸送機器の製造や販売を手がけています。川崎重工業の作る製品は、陸・海・空だけではなく宇宙までも領域としており、幅広い場所で活躍しています。宇宙では人工衛星の「おりひめ・ひこぼし」、無人宇宙実験システムといった製品も扱っています。

他にも日本の防衛の中枢である自衛隊の潜水艦、航空機、ミサイルなどの製品も扱っています。三菱重工業、川崎重工業、IHIと肩を並べている、三大重工業です。川崎重工業の基本情報は以下のとおりです。

正式名称:川崎重工業株式会社
所在地:神戸市中央区東川崎町3丁目1番1号
設立年:1896年10月15日
従業員数:16,423名
平均年齢:38.4歳
平均勤続年数:13.5年

川崎重工業を企業研究

川崎重工業は、仕事に対しても比較的自由で、上司から部下、同僚同士の関係は風通しが良いといわれています。寮設備なども整っており、若い人にはいい環境でしょう。技術部門では技術をとことん追求していくことから、エンジニアの方にとっては色んな技術をインプット、アウトプットできる恵まれた環境だといえるでしょう。

川崎重工業の扱っている事業は、陸から宇宙まで幅広いです。まず空の事業では、航空機や人工衛星まで手がけています。海では、ガス船や潜水艦を得意とする造船事業、陸のでは、地下鉄、新幹線を得意とする鉄道車輌事業があります。エネルギー事業、プラント事業、環境関連設備、産業用ロボットなどといった幅広い事業を展開している企業です。

川崎重工業の求める人物像は、仲間を刺激し、ともに成長するという意識を持って、切磋琢磨できるチームプレーヤー気質の人です。深い教養と専門知識を持ち、様々な人の言葉に寛容な心で耳を傾けられる人物、相手の価値観や考え方に共感できる人物を求めています。そして、どんな高い壁にも努力し、最後まで登りきるというチャレンジ精神を持った人が、川崎重工業が求める人物像です。

川崎重工業インターンの選考フロー

川崎重工業のインターンの選考フローは、公表されていません。公式サイトからマイページにて登録を済ませた後に、詳細について案内されるようです。

川崎重工業のインターンの選考対策

川崎重工業は就活生から人気のある企業です。そのため、インターン選考も競争率が高いといえるでしょう。選考フローは明かされていませんが、過去には書類選考や面接がおこなわれていたようです。いざという時に慌てないためにも、インターン選考対策についてみていきましょう。

どのように働きたいのか考えを明確にしておく

川崎重工業のインターン選考では、面接がおこなわれていたようです。過去の面接では、「将来どのように働いていたいですか」という質問がされています。この質問に答えるには、インターンの時点で将来のキャリアビジョンを明確にしておく必要があります。

社会人になったら企業でどのように活躍していきたいのか、具体的に述べる必要があるでしょう。曖昧な回答をしてしまうと、インターンに対する熱意が足りないと思われてしまいます。業界研究・企業研究をしっかりとしたうえで、どう働きたいのか自分の考えをまとめておきましょう。

長所を聞かれたら課題解決能力をアピールする

過去のインターン選考では、就活生に対して「長所」を問う質問がされています。長所を発揮したエピソードについて触れながら、企業で活躍できそうな強みをアピールするようにしましょう。

長所に関するエピソードを答える際には、その強みを活かしてどんな課題を解決していったのかを述べることが大切です。例えば長所に「計画的な性格」を挙げる場合、「試合の本番までの限られた時間の中でスケジュールをどう進めるかが課題でした。そこで、話し合いや練習の日程決めなどの調整を早めに行いました。」など、どんな行動を起こして問題を解決したのか説明するようにしましょう。特別なエピソードでなくても、伝え方を工夫することで好印象を与えることができます。

川崎重工業インターンの内容と日程

川崎重工業のインターンの種類は、「Kawasaki Winter Internship 2019」「1DAYインターンシップ F:Tech」の2種類です。

「Kawasaki Winter Internship 2019」では、重工業業界の役割について知ることができます。「1DAYインターンシップ F:Tech」では、川崎重工業の水素プロジェクトの技術開発について体感できます。理系限定になっているのもあるので、気になっているかたは、自分に合ったインターンシップを選びましょう。ではそれぞれのインターンシップの基本情報を見ていきましょう。

Kawasaki Winter Internship 2019

Kawasaki Winter Internship 2019は、事務系対象のインターンです。こちらは1dayインターンとなっており、重工業界の魅力を1日で感じることができる内容となっています。実際に実施されるのは、川崎重工が実際に手がけたプロジェクトを題材とした体感グループワークや、それに対する社員からのフィードバックを予定されています。 開催地は東京と大阪で行われるため、参加しやすい開催地のインターンにエントリーするようにしましょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年1月24日(木)、25日(金)、2月20日(水)、21日(木)

参加条件:
現在4年制大学または大学院に在籍している文系学生対象

開催地:
東京会場 TKP渋谷カンファレンスセンター、TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター
大阪会場 TKPガーデンシティ大阪梅田

待遇:
交通費・日当の支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:不明
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

1DAYインターンシップ F:Tech

こちらは川崎重工の技術系学生向けの1dayインターンとなっています。技術系学科の学生向けということもあり、重工業のより技術的な業務を体験することができるようになっているのが特徴です。 インターンでは、実際に企業が現在推し進めている「水素プロジェクト」の技術開発の一端を、体感ワーク形式で体験することが主な実施内容です。プロジェクト自体に興味がある、という理由で参加するのも、面白い体験ができるかもしれません。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年1月14日、15日、19日、25日、26日、2月2日

参加条件:
現在大学院、4年生大学または高等専門学校に在籍している理系学生対象
【対象学部学科】
機械系 、電気・電子・情報系 、航空系 、船舶系、金属材料系、化学系 、土木系 、建築系、経営工学系、衛生工学系

開催地:
神戸・東京

待遇:
日当・交通費の支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:不明
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

川崎重工業のインターンに参加しよう

川崎重工業のインターンシップの情報を見てきました。川崎重工業のインターンシップは、事務系と技術系に分かれて1~2月に開催されます。重工業界の魅力を1日で感じることができる内容です。

インターンに参加して、明治時代から日本の技術やモノづくりを支えてきた川崎重工業についてより深く知っていきましょう。川崎重工業のインターンシップが気になる方は、ぜひ応募してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ