就活その他

【就職試験の英語の勉強方法3選】おすすめ問題集も合わせて紹介

就職試験には英語の科目もある

就職試験では英語の科目もありますので、内定を獲得するためにはしっかりと勉強をしておかなければなりません。英語の科目はすべての企業でおこなわれているわけではありませんが、多くの企業で実施されていますし、きちんと勉強をしておく必要があります。

グローバルに事業を展開している企業は増えていますし、海外展開に積極的な企業も多いので、英語ができることは大きなプラスのポイントになります。英語力が身に付いていれば就活でも有利になりますので、勉強しておいて損になることはありません。

社会人になってからも英語が必要になるケースは多いですし、事前に身に付けておけば就職後も有利に働きます。英語の勉強をしっかりとおこない、就職試験をスムーズに突破していきましょう。

就職試験の英語はそこまで難しくない

就職試験を攻略するためには、事前の勉強が大切ですが、実は就職試験の英語はそこまで難しくはありません。企業にもよりますが、ほとんどの企業でおこなわれるSPIに出てくる英語問題はそこまで難易度は高くなく、攻略するのは簡単な場合が多いです。

学生時代の基礎ができていれば、基本的に問題ありませんし、日頃から英語の授業をしっかりと聞いていれば、解答できる問題もたくさんあります。もちろん問題の形式などには特徴がありますし、スムーズに解答するためには問題に慣れておくことも大切です。全く準備しなくていいわけではありませんが、ある程度の準備をすれば攻略できますので、しっかりと勉強しておくようにしましょう。

あなたが受けない方がいい業界をチェックしよう

就活では、自分が適性のある業界を選ぶことが大切です。向いていない業界に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望業界と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな業界に適性があるのか診断してみましょう。

就職試験対策におすすめの勉強法3つ

就職試験を攻略するための英語の勉強は、ただ闇雲にしていればいいわけではありません。英語の試験はそれほど難しくはないと言っても、正しい方法で勉強していなければ高得点は獲得できませんし、不合格にもなってしまいます。

おすすめの勉強法は3つありますので、それぞれの方法を試して上手に対策をしていきましょう。

①問題集で文法や単語など基礎の勉強

就職試験対策におすすめの勉強法としては問題集で文法や英単語の勉強をして、基礎を固めることが挙げられます。就職試験の種類はさまざまありますが、英語の試験は基本的な問題が数多く出題されますし、基礎を固めておくことでさまざまな問題に対応できます。

試験によっては長文の読解がメインになる場合もありますが、その際にも基本を知っていることが大切です。基礎的な能力が身に付いていなければ長文を読むことはできませんし、正しい解答を導き出すこともできません。また文法や単語がわかっていなければ、問題文すら読めずに解答できない場合も多いです。問題文を正しく理解するためにも、まずは基礎的な能力を高めておきましょう。

②中高で使った教材を振り返って勉強

就職試験の英語の対策としては、基礎的な部分の見直しが大切ですので、中高で使った教材を振り返っての勉強もおすすめです。就職試験の英語はそれほど難易度も高くはありませんし、中高で使った教材を使って勉強しても充分に得点率を高められます。

高得点を獲得するためには高い英語力を身に付けているに越したことはありませんが、難しい勉強をしても出題範囲と重ならないことも多いです。いきなり難易度の高い勉強をしてもすぐに身に付けることは難しいですし、勉強しても無駄になってしまう場合があります。無理に難しい勉強をしても出題されなければ意味はありませんので、出題される範囲をしっかりと知った上で、基礎的な部分を勉強していきましょう。

③携帯アプリで隙間時間に勉強

就職試験の英語はそれほど難しくはありませんので、携帯アプリで隙間時間に勉強することでも充分に対策を進められます。携帯は常に持ち歩いていることが多いですし、移動時間などにちょっと携帯を見て勉強するだけで、就職試験には充分に役に立ちます。集中して長時間勉強するのは大変ですし、就活中はまとまった勉強時間が取れないことも多いです。

時間を決めて勉強しようと考えていれば、思いの外時間が取れず、勉強自体を諦めてしまうことも少なくありません。少しずつであっても積み重なれば大きな時間になりますので、隙間時間の勉強もおすすめです。毎日少しずつやっていれば英語試験は攻略できますので、暇を見つけては勉強するようにしましょう。

あなたが受けてはいけない職業をチェックしよう

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

就職試験対策におすすめの問題集

就職試験対策としては、問題集を使用しての勉強もおすすめですが、問題集はたくさんあり、どれを買えばいいのかわからず悩む人は多いです。就職試験の問題集はたくさんありますし、どれを選ぶかによっても得られる効果は違ってきます。

また問題集は少なからずお金を出して購入しなければなりませんし、迷った挙句なかなか購入できないことも多いです。就職試験対策の問題集はさまざまありますが、その中でも特におすすめのものがありますので、それらを参考にして購入を検討してみましょう。

就職英語 多種試験対応版〈2018年度版〉

就職英語 多種試験対応版〈2018年度版〉という本は、基礎的な内容の問題集です。就職試験にはさまざまな種類があり、試験の種類が違えば出題範囲や問題の傾向なども違っています。基本的には基礎の部分を勉強をしていれば、試験を攻略することはできますが、より確実に合格するためにはそれぞれの試験ごとの対策をしておくことが大切です。

この問題集であれば、多種の試験に対応しており、一冊でさまざまな試験の対策を進めることができます。問題集はさまざまありますが、基礎的な内容であり、難易度もそれほど高くはなく、取り組みやすくもあります。就職試験対策問題集として基礎的なものですので、対策の入門書としておすすめです。

これが本当のSPI3だ! 【2019年度版】

これが本当のSPI3だ! 【2019年度版】という本は、テストセンター、ウェブ、ペーパーテストに対応した問題集です。SPIは多くの企業で採用されている試験ですし、対策をしておくことでさまざまな企業の選考をスムーズに進められます。SPIと一口にいっても試験の形式はさまざまであり、同じSPIでも形式が違えば出題の傾向などは違っている場合も多いです。

この問題集では実際におこなわれている問題を忠実に再現していますし、問題を解き進めていくことで、より実践的な対策ができます。問題を繰り返し解いておくと本番でも落ち着いて問題が解けますし、スムーズに試験を進めて高得点を獲得しやすくなります。

SPI3英語能力検査こんだけ!<2019年度版>

SPI3英語能力検査こんだけ!<2019年度版>という本は、英語能力だけに焦点を当てた問題集です。SPIには英語以外に言語や計数などの科目もあり、他の問題集ではそれらの科目の問題も掲載されていることが多いです。しかしこの問題集では英語の科目のみに焦点が当てられていますので、集中して英語の対策を進められます。

英語だけですので、本の厚みもそれほどありませんし、持ち運びやすく、いつでも気軽に勉強ができます。またどこでも勉強がしやすいだけではなく、分かりやすい解説もあり、問題をきちんと理解した上での対策が可能です。わからないものをうやむやにすることなく勉強ができますので、英語が苦手な人にもおすすめの一冊です。

就職試験での英語は今までの基礎を復習することが大切

就職試験では英語の科目を出題する企業も増えており、就活を攻略するためにはしっかりと対策が必要です。英語の就職試験はそれほど難しくはありませんが、対策なしでは攻略は難しいですし、しっかり勉強しておかなければなりません。就職試験対策としては難しい勉強をする必要はなく、基本的な内容をおさらいしておけば高得点の獲得が目指せるでしょう。

就職試験での英語は今までの基礎の復習が大切ですので忠実に勉強を進めて、高得点の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ