職種研究

コールセンター志望の自己PR作成方法とは【例文付き】

コールセンターに就職するなら自己PRが重要

コールセンターへの就職を目指すのであれば、仕事の特徴をとらえた自己PRが必要です。自己PRは自身を採用するメリットを示し、いかに仕事で活躍できるかを伝えられるかがポイントです。

仕事によって求められる能力や資質は違いますし、アピールすべき能力も異なります。コールセンターだからこそ求められる能力もさまざまありますし、それらを理解した上で、何を題材に自己PRをおこなうかを考えなければなりません。

自己PRはただ能力を提示すれば高評価が得られるわけではなく、しっかり工夫してアピールすることが大切です。上手な自己PRのポイントやアピールすべき能力を知って、コールセンターへの就職を目指しましょう。

コールセンターでアピールできる自己PRの題材

自己PRで高評価を獲得するためには、コールセンターではどのような題材でアピールすべきなのかを知っておく必要があります。自己PRは基本的にはどのような題材でもアピールは可能ですし、伝え方次第で好印象を与えられます。

しかし、企業にそぐわない題材では高評価を狙うのは難しいですし、そもそも全く評価してもらえない可能性もあります。自己PRを成功させるためには、題材選びから注意が必要ですので、コールセンターではどんな能力が評価されやすいのかを知っておきましょう。

①コミュニケーション能力

コールセンターは電話などを通してお客様に接する仕事ですので、コミュニケーション能力は必須です。コールセンター=電話での対応と考える人が多いですが、実際の業務ではお客様と直接会って話をすることもあります。電話でのマナーなども大切ですが、対人スキルをきちんと身に付けておかなければなりません。

仮に電話応対だけの部署の担当になったとしても、電話で円滑なコミュニケーションを取るのは対面以上に難しいです。直接話す場合は、話している言葉だけではなく、表情なども駆使してコミュニケーションが取れますが、電話の場合は言葉ひとつの勝負となります。細かいニュアンスを伝えるのは難しいですし、高いコミュニケーション能力が求められます。

②論理的思考力

コールセンターの仕事もさまざまありますが、最も基本となるのは、お客様からの問い合わせへの対応です。商品やサービスについての問い合わせがあれば、ただ話を聞くだけではなく、問い合わせの内容を論理的に考え、解決案を提示しなければなりません。

謝罪を繰り返すだけであったり、分からないと答えるだけなら誰でもできますし、活躍するためには筋道を立てて考え、解決案を提案できる力が必要です。コールセンターではコミュニケーション能力が求められるように、ただ話を聞くだけではなく、自分から情報を発信して、解決を目指す力が求められます。

感情的に対応するだけでは勤まらない仕事ですので、きちんと考えられる論理的な思考力が身に付いていることが大切です。

③継続力・粘り強さ

コールセンターは激務であったり、業務の性質上ストレスも多いです。またお客様が理解するまで、何度も説明をしなければならないため、継続力や粘り強さなどが求められます。

企業は就職して活躍できる人、長きにわたって企業に貢献できる人材を採用したいと考えています。就職してもすぐに辞めてしまう人は当然採用しませんし、業務を中途半端に放り出してしまう人も、不合格の対象です。

まずは継続力が必要であり、業務が大変なときがあってもめげずに最後までやり遂げられることが大切です。失敗などがあってもめげないメンタルの強さをアピールすれば、自己PRでも高評価を獲得しやすくなります。

36野質問に答えて自分のタイプを判断しよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

コールセンターでのアルバイト経験は効果的に記載する

自己PRをする際は能力を発揮したエピソードを伝えますが、コールセンターでのアルバイト経験があれば、それを積極的に使用しましょう。実際に働いた経験があれば、能力のアピールもしやすいですし、仕事で活躍する姿を面接官にもイメージしてもらいやすいです。

ただし、アルバイト経験をアピールする際には、いくつかポイントがあります。ポイントが守れていなければ、せっかくのアピールも評価されない可能性があるので注意しましょう。

業務を通して苦労したことは何か

コールセンターは激務のときもあり、それはアルバイトでも同じです。部署によってはアルバイトも正社員も同じ業務内容を経験しますし、仕事を通して何が大変だったのかをアピールすることがおすすめです。

仕事での大変さを理解していれば、少なくともその大変さに慣れていることが分かりますし、就職しても続けられるという印象を与えれます。苦労した経験を持っていれば、メンタルが鍛えられていることも伝わり、粘り強さもアピールしやすいです。

アルバイトの継続年数にもよりますが、長く続けていれば、継続力のアピールにもなります。苦労した経験を伝えつつ、どれくらい続けたのか、なぜ続けられたのかを具体的に述べることが、高評価を得るポイントです。

実践経験からどのようなことを身に付けたのか

実践経験を通して何を学んだのかのアピールも、評価されるためのポイントです。大変な業務をしっかり続けられたと分かれば、継続力や粘り強さが伝わりますが、業務から他に得たものがなければ、評価されるのはそこまでになってしまいます。

高評価を獲得するためには身に付けた能力を提示して、アピール力を高めなければなりません。実務経験を通して身に付けたものが何もないと、目的意識もなく、ただ業務をこなしていたイメージを与えますし、印象が悪くなる可能性もあります。

どんなに大変な仕事でも、作業としてこなしているだけでは意味がなく、成長もできません。目的意識を持って仕事に取り組んだことを伝えるためにも、仕事の経験から何を学べたのかを明らかにしましょう。

企業での能力の活かし方

身に付けた能力をアピールすれば、それが企業の仕事でどのように役立てられるのかを伝えていきます。実践経験を通して身に付けた能力とはいえ、アルバイトと正社員では仕事の取り組みも違いますし、経験がある=すぐに活躍できると思わないことが大切です。

確かに業務としては、正社員と重なる部分もありますが、正社員は責任の重さが違いますし、同じ仕事をしていても、取り組み方はアルバイトとは全く異なります。正社員としてどう活かしたいのかを伝えましょう。

コールセンターで評価される自己PR例

私はコミュニケーション能力があり、相手が本当に望むことを引き出す傾聴力があります。大学時代はコールセンターでアルバイトをしていました。ある日、お客様からの問い合わせがあったのですが、何度聞いても要件が伝わりませんでした。私はお客様の話を聞くだけではなく、何が求められているのかを考えながら質問を挟み、誘導するように答えを引き出そうとしました。何度も質問を繰り返したことで時間はかかりましたが、何とか要件を引き出すことができました。お客様の問題も解決でき喜んでいただけました。御社でも傾聴力を活かしてお客様の声に耳を傾け、相手の気持ちを想像して本音を引き出すことで、問題の解決を目指したいと考えています。

例文ではコミュニケーション能力がアピールの題材になっています。コミュニケーション能力だけでは漠然としていますが、相手が本当に望むことを引き出す傾聴力があるという能力を補足説明できており、伝わりやすいです。

コールセンターでのアルバイトの経験から傾聴力の裏付けができていますし、苦労しながらもきちんとお客様に対応できたことも伝えられています。企業での活かし方も具体的に述べられており、就職して活躍する姿がイメージしやすいアピールでしょう。

未経験でも自己PRで使える題材はたくさんある

コールセンターでのアルバイト経験があれば、自己PRの題材としても使いやすいですが、必ずしも経験がなければならないわけではありません。アルバイト経験がなくても、自己PRで使える題材はたくさんありますし、上手にアピールすれば未経験でも採用を勝ち取ることは十分に可能です。

新卒の就活は即戦力採用ではなく、ポテンシャル採用であることが多いですし、経験がなくても成長力、成長意欲の高さをアピールできれば評価されます。コールセンターでのアルバイト経験があっても、企業での成長意欲が伝わらなければ、評価の対象にはなりません。

未経験でも経験者と対等に戦えるのが新卒の就活の特徴ですので、簡単に諦めずにアピールの内容をきちんと考えることが大切です。

コールセンターの自己PRは具体性のある内容で作成しよう


コールセンターで求められる能力はさまざまありますし、仕事の性質を正しく理解した上での自己PRが大切です。どれだけ優れた能力があっても、それが仕事で活かせなければ意味はありませんし、経験者であってもアピールの内容次第では不合格になってしまいます。

新卒の就活でもっとも大切なのは、就職後に活躍できると面接官に強くイメージさせることです。いかに成長意欲があるか、ポテンシャルが高いかが内定を勝ち取るポイントであり、自己PRでも能力だけではなく、成長力を伝えなければなりません。

自己PRは題材選びはもちろん、伝え方も大切ですので、上手なアピールの方法を身に付けて、コールセンターへの就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ