履歴書

履歴書で性格を書くポイント|長所・短所の例文や注意点付き

履歴書の性格記入欄で悩む人は多い

履歴書には自身の性格を記入する欄があり、どのように書けばいいのかと悩んでしまう人は多いです。履歴書は就活をする上では必須のものであり、ここで上手にアピールできなければ、面接に進むことはできません。

書類選考を突破できるかどうかは、履歴書にかかっており、細部までこだわって作成することが大切です。履歴書では他にも志望動機や自己PRなど、さまざまな項目がありますが、性格欄も重要視されているポイントです。

性格、人柄は就活では細かくチェックされているため、アピール内容は念入りに考えなければなりません。上手な書き方をマスターして、履歴書のアピール力を高めましょう。

履歴書に性格を記入する理由

履歴書の性格欄を記入する前に、まずはそもそも履歴書でなぜ性格を書かなければならないのか、その理由を知っておくことが大切です。履歴書は販売元や用途によって記入する項目に細かい違いはありますが、多くの場合で長所や短所などの性格記入欄は用意されています。

履歴書は、新卒以外でもアルバイトや転職などに使うものであり、基本的には仕事をするために用いるものです。仕事と性格の関係性を理解して、履歴書における性格記入欄の意味を把握していきましょう。

人となりを知るため

履歴書に性格記入欄があるのは、応募者の人となりを知るためです。仕事をする上で大切なことはたくさんありますが、もっとも重要なのは信用です。信用がなければ仕事を任せることはできず、これはアルバイトでも転職でも、新卒の就活であっても同じことが言えます。

どのような性格をしているかによって、その人の人柄、本質的な人間性を知り、そこから信用できる人物かどうかを判断していると考えましょう。企業で一緒に働く仲間を求めるため、社風に合った人物かどうかなども見られています。

自己分析ができているかを見るため

自己分析ができているかを確認するためにも、性格の記入が求められます。自身の性格を伝えるためには、まずは自分が自分を正しく理解していなければなりません。性格を正しく伝えられない=自己分析ができていないと判断され、反対にきちんと伝えられていれば、正しく自己分析ができていると評価されます。

自己分析は就活の基本であり、もっとも重要な部分です。これができていなければ就活を成功させることは難しく、基礎ができていないことで就活に真剣でないと判断される可能性があります。就活への真剣度は、そのまま企業への志望度の高さに繋がります。性格が正しくアピールできない=自己分析ができておらず、企業への志望度が低いと判断されるので注意しましょう。

企業とのマッチング度を測るため

就活では自分に合った企業、仕事を見つけることが大切であり、これは企業としても同じ考えです。学生が就活をしているのと同時に、企業では採用活動をおこなっており、自社に合った人材、活躍できる人材を採用したいと考えています。

仕事上では能力だけではなく性格的な相性も大切であり、いかに仕事への適性があるかが重要視されています。どれだけ能力が高くても、企業や仕事との相性が悪ければ活躍するのは難しく、就職後すぐにやめてしまう可能性も高いです。

新卒の場合は、就職後の成長力を重視して採用が決定する傾向にあり、長期間働くことを前提としています。企業との相性は仕事で活躍できるか、続けられるかにも大きく影響するため、それを確認するためにも性格のアピールが求められているのです。

履歴書の正しい作成方法をマスターしよう

履歴書を作成する際は、誤字脱字に気を付けること以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。

そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。無料でダウンロードできるので、実際に履歴書を作成する際のお手本としても持っておいて損はありません。

履歴書の性格欄には長所・短所の両方を記入する

性格記入欄では長所と短所の両方を書くことが大切であり、細かい情報を付け足すことで、人となりを詳しく伝える必要があります。例えば優しい性格と記入しただけでは、どのような性格なのかわかりません。

優しいといっても人によって感じ方が異なり、きちんと説明していなければ間違った人間性が伝わってしまいます。どのような性格なのかを具体的に伝えましょう。自分のことをきちんと理解しているとアピールするためにも、長所と短所の両方を述べるが大切です。

長所は企業への貢献度を絡めて書く

まずは長所ですが、自分の魅力を述べるだけでなく、企業への貢献度を絡めて伝えることが大切です。企業が求めるのは、自社で活躍・貢献できる人材です。自分の長所が企業でどのように活かせるのかを提示することで、採用メリットの高さをアピールできます。

また、企業への貢献度の高さを伝えることで、相性の良さのアピールにも繋がります。長所は高評価を獲得するためには重要なポイントです。念入りにアピールして、企業で活躍できることを伝えていきましょう。

短所は克服するための努力を書く

次、に短所についても言及していきましょう。短所では克服するためにどんな努力をしているのか、あるいはどんな努力をしてきたのかを伝えます。短所を把握することは大切ですが、そのまま放置するのはよくありません。

把握できていても、いつまでも克服していなければ怠惰な印象を与えてしまうので注意しましょう。欠点から目を背けるなどの印象を与える可能性もあり、マイナスの評価に繋がりやすいです。短所を克服する姿勢を提示することで、前向きな人間性、向上心の高さなどがアピールできます。短所の捉え方や克服するための努力を具体的に伝え、きちんと向き合っていることをアピールしましょう。

履歴書における性格のアピール例文

性格は就活では重要視されているポイントのひとつであるため、記入する内容は念入りに考えることが大切です。また、一度完成すればそのままにするのではなく、何度も見直し、ブラッシュアップも図りましょう。見直しをすれば誤字脱字などの見直しも減り、よりよいアピールの方法が見つかることもあります。例文を参考にしながら見直しをして、履歴書を丁寧に作成しましょう。

明るい性格

私は明るい性格であり、何でもポジティブに考えられるのが特徴です。物事の明るい側面を見ることで、難しいことでもチャレンジでき、新しい環境にも恐れず飛び込むことが出来ます。御社でも新しい仕事にどんどんチャレンジし、様々なことを吸収して成長したいと考えています。ただ、明るい性格であるものの、ポジティブに何でもチャレンジするあまりに、準備不足で失敗することも多いです。同じ失敗を繰り返さないために、行動する前に一度立ち止まって考える癖をつけました。勢いで始めるのではなく、一度気持ちを飲み込んでから行動することで、準備不足を回避し、短所を克服することが出来ました。

明るい性格の例文では、ポジティブさを長所、勢いで始めて失敗することを短所としてアピールしています。ただポジティブとするのではなく、物事の明るい側面を見られるなど、細くして説明することで、自身の特徴をより明確に伝えることができています。

仕事での活かし方にも言及できており、意欲が伝わり好印象でしょう。短所も克服の方法が述べられており、改善できたと伝えられています。短所と向き合い、改善を目指すことで、向上心の高さをアピールできています。

素直な性格

私は素直な性格で、何でも柔軟に受け入れられることが長所です。人の意見を素直に聞き、アドバイスにも耳を傾けることで、貪欲に成長出来ます。御社でも周囲の意見を聞きながらひとつずつ仕事を覚え、着実に実績を積みたいと考えています。短所は他人の意見に流されやすいことです。何でも聞き入れてしまうため、自分で考えて情報の取捨選択をすることを心がけました。自分の中で明確な判断基準を持つことで、他の人の意見を聞きながらも、自分の意志で考え行動できるようになりました。

素直な性格では、柔軟に受け入れられることが長所、他人の意見に流されやすいことが短所としてアピールされています。柔軟性の高さをアピールすることで、向上心の高さ、環境への適応能力を伝えることができています。

柔軟性は仕事をする上でも重要な能力であり、仕事での再現性も上手く伝えられており、好印象でしょう。短所については、どのように克服するのかが明確に述べられており、これも好印象です。周囲の意見に流されるだけではなく、自分の考えを持ちながら、他人の意見にも耳を傾けられるようになったことが、上手く伝えられています。

慎重な性格

私は慎重な性格で、目標達成のために最高の準備が出来ることが長所です。しかし、臆病になるあまり、積極的に行動出来ないことが短所です。長所を活かして些細な仕事でも下準備を怠らず、ミスなく仕事を遂行し、企業に貢献したいと考えています。リスク管理を徹底することでマイナスを出さず、常にプラスの利益を出せるよう仕事に取り組みます。また、短所については、誰よりも早く準備をすることで克服しました。思い切った行動をするのではなく、人よりも早く行動をすることで、準備をしっかり整え、難しいことでも積極的にチャレンジできるようになりました。

慎重な性格では、目標達成のために念入りな準備ができることを長所、臆病であることを短所としてアピールしています。長所は企業への貢献度と絡めながらアピールできており、仕事への再現性の高さを伝えることができています。

短所については、自分なりの克服の方法を述べることで、真摯に向き合っていることが伝わり、好印象です。短所そのものをなくすのではなく、自身の行動によって短所をカバーしようとしている姿勢が伝わり、誠実な人柄がアピールできています。

履歴書で性格をアピールする際の注意点

性格記入欄で高評価を獲得するには、上手にアピールポイントを押さえるだけではなく、注意点についても知っておく必要があります。注意点を理解できていなければ、マイナスの印象を与えてしまう可能性があるので気をつけましょう。

高評価を獲得するには、プラスのポイントを多く作り、マイナスのポイントを減らすことが大切です。注意点を正しく理解して、マイナスの要素を減らしてアピールしましょう。

長所と短所で矛盾しない

履歴書の性格記入欄では、長所と短所の両方を提示しますが、これらは矛盾していないことが大切です。長所や短所は性格をより特徴的に言い表したものであり、それぞれがリンクしていなければ、何をアピールしたいのかが分からなくなってしまいます。

例えば明るい性格で、長所がポジティブと伝えた場合、短所をネガティブと伝えてしまうと、全く真逆の印象を与えます。長所と短所が矛盾していると、どちらを信用していいのか分からなくなり、正しく評価してもらうことができません。

それぞれがかみ合ってこそ、高いアピール力が生まれます。性格、長所、短所の3点はそれぞれがリンクしていることが大切であるため、矛盾点はないかしっかりチェックしておきましょう。

最終的にはポジティブな内容にする

性格は長所と短所の両方を伝える必要がありますが、最終的にはポジティブな内容でまとめることが大切です。アピールの順番としては、性格そのもの、長所、短所という順番になるため、伝え方を間違えると短所のマイナスの印象が強く残ってしまう可能性があります。

ポジティブに伝えるためには、長所を多く伝えることが大切であり、全体の割合にも気を配りましょう。いかに短所を克服できたとアピールしても、短所の割合が多いと、どうしてもマイナスの印象を与えやすくなります。

長所の割合を多くすれば、プラスの印象を与えやすきく、アピール全体もポジティブになりやすいです。長所を7、短所を3などそれぞれの割合も考えながら、全体の構成を考えましょう。

履歴書の性格欄では長所・短所で上手に人柄を伝えよう

履歴書の性格記入欄で、どんな内容を書けばいいのか困ってしまう人は多いです。性格のアピールは意外に難しいものであり、多くの人が挫折するポイントと言えるでしょう。上手にアピールするためには、まずは徹底した自己分析が必要です。

自己分析によって自分の特徴を洗い出し、その上で性格を導き出してアピール内容を考えていきます。また、自己分析をすれば長所と短所も見つけることができるため、よりスムーズに性格を把握できます。

性格は履歴書でも重要視されているポイントのひとつであり、内容次第で評価は大きく違ってくるので注意が必要です。自分の性格を正しく把握して、履歴書で上手にアピールし、書類選考の突破を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ