身だしなみ

【就活中のブラウスの選び方】色や襟の形が与える印象

就活で着るブラウスに悩む女性は多い

就活では身だしなみにも注意が必要であり、女性はどんなブラウスを着るかもこだわることが大切です。身だしなみは評価の対象であり、第一印象を決める重要なポイントです。就活での身だしなみと言えば、スーツの着こなしをイメージする人が多いですが、単にどんなスーツを着るかを考えればいいわけではありません。

スーツの着こなしとは、どんなスーツを着ているかはもちろん、全体のコーディネートも含めて評価されています。就活にふさわしいリクルートスーツが選べていたとしても、ブラウスなど細部の着こなしや選び方を間違えていれば、マイナスの印象を与えるので注意が必要です。ブラウスひとつでも印象は大きく変わりますので、上手な選び方を知って、身だしなみを細部までこだわりましょう。

就活のブラウスの基本

就活にふさわしいブラウスを選ぶためには、まずは基本となるマナーを理解しておくことが大切です。ブラウスを選ぶ際には細かいポイントや注意点がありますが、すべての場合における共通したマナーが存在します。

細部に関しては多めに見えてもらえることもありますが、基本部分についてはきちんとできていなければ、大幅にマイナスの印象を与えてしまいます。初歩の部分でつまづかないためにも、ブラウスの基本を知っておきましょう。

色は白色がベスト

リクルート用やビジネス用のブラウスにはさまざまな種類がありますが、就活で使うなら色は白色がベストです。白色はもっともフォーマルな色であり、就活でもふさわしいと考えられています。就活の身だしなみではフォーマルであること、清潔感があることが求められており、この両方を叶えられるのが白色のブラウスです。

フォーマルな色としては、薄い青やピンクなどもありますが、これはビジネスにおける場合であり、就活の場合とは規定が違っているので注意しましょう。ビジネスでは白色以外でも、青やピンクなどもフォーマルな色として扱われますが、就活においてはこれらの色はややカジュアルと判断されます。就職後は問題ありませんが、就活中は白色のみに限定するのが無難です。

柄は無地がベター

ブラウスは色だけではなく柄にも注意が必要であり、就活で着用するなら基本的には柄のない無地のものがベターです。柄が入っていると、カジュアルに見えてしまうことも多く、就活の身だしなみとしてはマイナスの印象を与える可能性があるため注意しなければなりません。

もちろん、あくまで無地はベターなのであって、柄が入っていても控えめなデザインであればOKとされています。線が細く、色味も薄いストライプなどであれば、柄が入っていても問題はありません。同じストライプでも、線が太いものや柄の色が濃いものはカジュアルに見えてしまうので注意しましょう。迷ったときは無地を選ぶのが無難です。

就活で着るブラウスの種類

就活で着用できるブラウスにはさまざまな種類があり、それぞれで印象が違ったり、着用OKなシーンなどは異なります。また体型によって合う、合わないもあるため、自分に合った種類を選ぶことが大切です。就活では着用するブラウスは白色無地が基本ですが、この条件だけで考えても、ブラウスの種類は数多くあります。ブラウスにはどんな種類があるのかを知り、どれがもっとも自分に合いそうかを考えてみましょう。

シャツカラー

シャツカラーはもっともフォーマルでスタンダードな種類であり、通常の襟シャツと同じモデルと考えましょう。シャツカラーの場合は首元までボタンを留めるのが基本であり、第一ボタンまで留めて着用します。きっちりとしたデザインであるため、真面目な印象を与えやすく、新卒ならではのフレッシュさもアピールしやすいでしょう。

シャツカラーはもっともスタンダードな種類であるため、体型などを選ばずに着ることができます。どんな人にでもおすすめであり、さまざまなシーンで活用できるため、1着持っておくと便利でしょう。シャツカラーのブラウスを選ぶ人は多く、いい意味で悪目立ちしないと言えます。

スキッパーカラー

スキッパーカラーは第一ボタンに該当する部分がなく、胸元が少し空いたデザインのブラウスです。首元がすっきりしますので、第一ボタンまで留めるのは苦しいという人におすすめです。シャツカラーに比べると、ややカジュアルに見えるデザインではありますが、就活で着用しても問題はありません。

スキッパーカラーの場合は、ややカジュアルに見えることもあって、活発で明るい印象を与えやすいです。着用OKなデザインではありますが、シャツカラーに比べると選択する人は少ないため、個性を発揮しやすい種類とも言えるでしょう。スキッパーカラーは着こなしによってはだらしない印象を与えてしまう可能性もあるため、シャツカラー以上にシャツの着方やサイズ感にはこだわることが大切です。

カットソータイプ

カットソータイプのブラウスは、シャツカラーやスキッパーカラーとは違って、襟がついていませんので、もっともカジュアルに見えるデザインです。カジュアルな印象を与えてしまうため、基本的には着用はNGであり、アパレルや美容業界などに限って着用できると考えましょう。

就活では身だしなみが重要視されていますが、業界によって規定は違っています。フォーマルさを求める業界もあれば、カジュアルでもOKとしている業界もあり、カットソータイプはカジュアルよりの業界に限定して着用できると考えましょう。もちろん、業界としてはフォーマルさが求められている場合でも、志望企業がカジュアルでもOKとしていれば着用しても問題はありません。活躍の幅は限定されますが、選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

就活のブラウスの選び方

就活のブラウスの選び方

身だしなみの印象は非常に重要です。どんなブラウスを選んでいるかで、印象は大きく異なり、選考でも有利になるか不利になるかも違ってきます。印象は合否に大きく影響する部分でもあるため、好印象を与えられるブラウスの選び方を知っておきましょう。

袖がジャケットから出ないものを選ぶ

ブラウスは色やデザインに注意が必要ですが、それだけではなくサイズ感も重要です。ブラウスのサイズがあっていないと、窮屈な印象を与えたり、だらしなく思われてしまうこともあるので注意しましょう。

女性の場合はややゆったりとしたサイズ感で選ぶことが大切ですが、ポイントはジャケットからブラウスの袖が出ないことです。女性のスーツの着こなしとしては、ジャケットからブラウスの袖が出ないのが正しい着こなしのマナーといされています。

全体的にゆったりとしたサイズ感で選ぶ必要がありますが、袖に関しては長すぎないものを選ばなければなりません。細かいサイズ調整については、試着したり、販売員の人に採寸してもらうなどして合わせましょう。

ボタンダウンは避ける

ブラウスには襟の部分にボタンがついたボタンダウンもありますが、これは就活ではNGとされているので選ばないようにしましょう。ボタンダウンはデザインそのものがカジュアルになるため、白色無地を選んだとしても、マイナスの印象を与えてしまいます。

カジュアルでもOKな業界であれば、認められるケースもありますが、それも業界や企業によって異なります。ビジネスでややカジュアルな場では、ボタンダウンが認められていることもありますが、就活においては全般的にNGとされているので、選ばないほうが無難でしょう。スーツ売り場に置いている場合でもボタンダウンはNGであり、軽装でもOKなクールビズでも、基本的にはふさわしくないと判断されるので注意が必要です。

就活では志望企業によってブラウスを変える

就活では身だしなみも評価の対象となっているため、ブラウスの選び方にも注意を払わなければなりません。ブラウスひとつでも印象は大きく変わり、選考で不利になる場合もあれば、上手に選べば有利に進めることも可能です。

身だしなみの印象が与える影響は非常に大きく、第一印象でいかに好印象を与えられるかが、就活を攻略するカギといっても過言ではないでしょう。ブラウスにはさまざまな種類があり、それぞれで与えられる印象が違っているため、志望先や自分の性格的特徴、与えたい印象に応じて使い分けることが大切です。

身だしなみで好印象を獲得するには、細部までこだわりを持たなければなりません。着用するブラウスにもこだわり、細部まで徹底して身だしなみを整えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ