自己PR

自己PRを短くまとめる方法|アピール力を下げないコツや例文をご紹介

自己PRは短くまとめることが大切

就活では自己PRを求められることが多いですが、短くまとめて伝えることが大切です。自己PRは自分の能力や人柄など、魅力をアピールするものであり、企業に対して採用メリットを提示するものです。自分を売り込むためには、たくさんの情報を伝えたほうがいいと感じる人も多いでしょうが、実は効果的にアピールするには、短く伝えることを意識しなければなりません。

また、実際に文字数などを設定して、短い自己PRを求められることもありますので、それに対処するためにも簡潔なものを用意しておく必要があります。就活では自己PRは必須であり、さまざまなパターンを準備することが大切です。短いもの、長いもの両方あったほうがいいですが、特に短くまとめたものが重要視されることは覚えておきましょう。

自己PRを短くまとめる方法3つ

自己PRは短くまとめて伝えたほうがアピール力は高くなりますが、実際に簡潔にしようと思えば、難しくうまくいかないことも多いでしょう。要点をまとめて伝えるというのは難しく、簡潔にしようとトライしても途中で断念してしまう人も少なくありません。

自己PRを短くまとめるためにはさまざまなポイントがあり、それらを把握しておくことが大切です。短くまとめる方法を知り、より簡潔な自己PRを作成しましょう。

①本当に伝えたいことだけピックアップする

自己PRを短くまとめるには、本当に必要なものだけをピックアップすることが大切です。自己PRはさまざまな要素によって構成されていますが、実際にアピールするとなれば、実は不要な部分がたくさんあります。

自己PRを作成した後は、何が必要か、どこが不要かを考えて、本当に必要な部分だけに絞り込んでいきましょう。本当に必要な部分は、これだけは絶対に伝えたいと思う自分を表す上でもっとも大切なポイントです。大切なポイントを省いてしまうと、アピール力が下がってしまうので注意しなければなりません。

また、不要な部分を考える際には、取り除いてもアピール全体の意味が通るかを考えてみましょう。削除しても全体の意味が通るならそれは不要と言えますので、削除しても問題はありません。

②企業が求めるものを抽出する

自己PRは自分がアピールしたい内容で伝えるだけでなく、企業が求める人材像に合わせて伝えることが大切です。自己PRと企業が求める人材像を照らし合わせて、一致する部分を抽出していきましょう。求める人材像と一致する部分があれば、それだけでも十分アピール力はあり、高評価を得ることも可能です。

人材像を照らし合わせて一致する部分がない場合は、自己PR自体を練り直す必要があります。能力や人柄などは捉え方次第でどのようにも変化させられるため、まずは志望先の企業に合った自己PRを作成しましょう。

③である調を使う

自己PRを短くまとめるためには、である調を使って書くのがおすすめです。自己PRは履歴書やエントリーシートなどで求められることが多いですが、これらの応募書類はですます調、である調どちらで記入しても問題はありません。

ひとつの項目内で混在させなければ、項目ごとに使い分けることができるため、志望動機はですます調、自己PRはである調で書くことも可能です。である調を使えば、語尾の文字数を短くできるため、より簡潔に伝えられます。

たとえば「私は協調性があります」をである調に変えれば、「私は協調性がある」と2文字減らせます。文章全体で考えれば語調によって文字数が大きく変化するため、短く言い切りやすいである調がおすすめです。

自己PRを短くしてもアピール力を下げないコツ

自己PRは短くまとめることでアピール力を高められますが、内容を削り過ぎたり、削り方を間違えれば、アピール力が低くなってしまいます。短くまとめるのは諸刃の剣でもあり、簡潔にし過ぎるとアピール力が下がる危険性が高まることは理解しておきましょう。

しかし、短くまとめたとしても、必ずしもアピール力が下がるわけではありません。アピール力を下げずに短くまとめるコツを知っておきましょう。

キャッチフレーズを使う

自己PRのアピール力を下げないためには、キャッチフレーズを使って伝えるのがおすすめです。キャッチフレーズは自分の特徴を端的に言い表したものであり、少ない文字数で多くの情報を伝えることができます。短くまとめてアピール力が低くなってしまうのは、伝える情報量が少なくなりすぎることが考えられます。

短くまとめても、情報量自体が下がってしまうとアピールできる上限の幅も狭くなってしまうので注意が必要です。キャッチフレーズを使えば、短くまとめて多くの情報を伝えられるだけではなく、より印象的なアピールになり記憶にも残りやすいです。短いながらもアピール力が高まるため、キャッチフレーズを持っておくと便利でしょう。

根拠を提示

自己PRは何でもアピールすれば評価されるわけではなく、本当であると示す根拠が必要です。就活におけるアピールはいわば自己申告であり、企業もそれは承知しています。短く簡潔にアピールできていても、根拠が提示されていなければ信ぴょう性がないとされ、評価を下げられる可能性が高いです。

根拠をきちんと提示していれば、インパクトを与えつつアピール内容にも説得力が生まれます。自己PRは説得力が重要であるため、どれだけ短くまとめても明確な根拠を提示することを忘れないようにしましょう。

企業での活かし方を述べる

企業は自己PRからさまざまなことを評価していますが、最終的には能力や人柄を活かして、企業で活躍できるかを重要視しています。単に能力が高い、人柄が良いだけでは高評価にはならず、場合によっては相性が悪いとしてマイナスの評価になる可能性もあるので注意しなければなりません。

高評価を獲得するためには、企業で活躍できるかを伝えることが大切です。そのため、企業での活かし方を含めておきましょう。どのように活躍できるかを具体的に伝えられれば、アピール力は高まり、より好印象を与えられます。事前に仕事内容や求められる能力などを自己PRに反映させて、仕事での活かし方に言及しましょう。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

就活において、自己PRは大きな意味を持ちます。インターンシップに参加する時点で、自己PRを考えておくのはおすすめです。自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、用意された質問に答えるだけの自己PR作成ジェネレータで自然な流れの自己PRを作ってみてください。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

自己PRを短く100字以内で伝える例文

自己PRは短く簡潔にアピールすることで、より印象的に伝えられますが、企業によってはそもそも短い文字数でのアピールを求めることもあります。短い自己PRとしては100文字以内が多いです。通常の自己PRだと200~300文字程度になるため、半分以下の文字数で書かなければなりません。

短く簡潔にまとめるのは難しいですが、本当に必要なものだけを抜き出して書けば100文字以内でアピールすることも可能です。例文を参考にして短くまとめるポイントへの理解をさらに深め、イメージを膨らませておきましょう。

継続力

過酷な状況でも諦めず、目標を達成できる継続力が強みだ。小学校1年から現在まで続けた剣道の過酷な鍛錬に耐え、精神力を鍛えた。貴社でも継続力を活かし、厳しい仕事にも食らいついて活躍したい。

継続力の例文では、過酷な状況でも諦めず、目標を達成できる継続力が強みとしてアピールしています。単に継続力とするのではなく、どのような能力があるのかを補足して節女いすることで、アピール内容をより明確にできています。

また、過去の経験から根拠を提示することができ、実際に長年続けていることで説得力は高いでしょう。小学校1年から現在まで続けていると、明確な具体例を挙げることで、継続力の高さも裏付けられ、これも評価されるポイントです。

最後には継続力を活かして厳しい仕事にも食らいついて活躍したいと、仕事への取り組みの姿勢も伝えられており、活躍する姿をイメージさせられているでしょう。

努力家

私は石の上にも3年を地で行く、忍耐力を持った努力家だ。大学ではバスケ部に所属し、練習後も自主練を欠かさず、スタメンを勝ち取った。貴社では仕事の基本から応用まで学び、幅広く活躍できるよう成長したい。

努力家の例では、石の上にも3年を地で行く、忍耐力を持っているとアピールしています。キャッチフレーズをつけて伝えることで、短い中にもさまざまな情報を盛り込むことができ、アピール力は高まっているでしょう。

また、大学時代の経験から、実際に辛抱強く努力をおこなったことも分かり、説得力もあります。企業での活躍の仕方についても、自身の特徴を踏まえてアピールできており、これも評価されるポイントです。企業で努力して成長したいという気持ちも伝わり、志望度や成長意欲の高さもアピールできているでしょう。

協調性

多くの人の意見を吸収し、妥協案を提案できる協調性が私の強みだ。文化祭実行委員では、意見を吸い上げて全体の希望を叶える提案をした。貴社ではチームワークを大切にし、集団の力を発揮して仕事を成功させたい。

協調性の例文では、多くの人の意見を吸収し、妥協案を提案できるとアピールしています。協調性といってもさまざまな特徴があるので、補足説明をして明確に伝えることで、個性をおり的確にアピールできているでしょう。

また、単に周囲に流されるだけではなく、意見をまとめて妥協案を提案できるという能動的な姿勢を示せているのも、評価されるポイントです。大学時代の経験から、実際に多くの人の意見をまとめたことが伝えられており、説得力にも問題ありません。

自己PRを短くまとめて記憶に残るアピールをしよう

自己PRは長く伝えるほどアピール力は高まると考える人もいますが、これは間違いです。確かに情報量を多くすることで、自分らしさを存分に伝えることはできます。しかし、アピール内容が多岐にわたり、長すぎるとひとつひとつの特徴が伝わりづらく、結局印象は薄くなってしまいます。

自己PRはインパクトを持たせて採用担当者の記憶に残るアピールをすることが大切なので、短くまとめて伝えることを意識しましょう。自己PRを短くしても、コツさえ踏まえればアピール力は下がらず、むしろ印象的に伝えることもできます。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ