自己PR

自己PRで傾聴力を効果的に伝える方法【例文・注意点付き】

傾聴力を自己PRしよう

傾聴力は、自己PRでもアピールしやすい題材のひとつです。傾聴力は簡単に言えば聞き上手のスキルであり、相手の話を引き出す能力です。コミュニケーション能力のひとつとして考えられており、就活では業界、企業問わずに好印象が得られます。

仕事をする上でコミュニケーション能力は重要な能力ですし、話すのが上手なだけではなく、聞き上手であるのも大切です。傾聴力は自己PRの題材としてもうってつけではありますが、アピールの仕方はしっかり工夫しなければなりません。

素晴らしい能力であっても、上手に伝えられなければ高評価を獲得するのは難しく、どれだけスムーズにアピールできるかが大切です。上手なアピールの方法を知って、傾聴力で高評価の獲得を目指しましょう。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

就活において、自己PRは大きな意味を持ちます。インターンシップに参加する時点で、自己PRを考えておくのはおすすめです。自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

自己PRで傾聴力を上手にアピールする方法3つ

傾聴力は評価されやすい題材ですが、より高評価を獲得するためには、アピールの方法を工夫しなければなりません。同じ内容で伝えていたとしても、アピール次第で印象は変わりますし、評価も違ってきます。

傾聴力のアピールでも高く評価されることもあれば、反対にマイナスの印象を与えてしまうこともあるので、注意しなければなりません。高評価を獲得するためには、どのように伝えればいいのか、アピールの際のポイントを理解しておきましょう。

①能力を発揮したエピソードを述べる

自己PRで傾聴力があることを提示する場合、それをどのように発揮したのか、具体的なエピソードを述べることが大切です。単に傾聴力があると伝えるだけでは、面接官は能力の詳細をイメージしづらいです。どのように発揮できたのか、過去の経験から細かく伝える必要があります。

能力が発揮できた事実を具体的に伝えれば、説得力を持ったアピールになりますし、高評価も獲得しやすいです。自己PRでは能力が本当に備わっていることを信じてもらわなければなりませんので、いかに説得力を持たせたアピールができるかがポイントになります。

②どのように会得したのかを伝える

傾聴力は発揮した経験を伝えるだけではなく、どのような経緯で身に付けたのかを述べることも大切です。面接官は学生の能力や人柄だけではなく、どのように成長したのか、その過程を重要視しています。

傾聴力がきちんと身に付いていることも大切ですが、それをどのような意図や目的意識を持って身に付けたのかをチェックしています。成長の過程から物事への取り組みの姿勢が見られていますので、自ら積極的に行動して身に付けたとアピールすることが大切です。

漠然とした行動の結果身に付いたとアピールすると、目的意識がないと判断されますし、そもそも本当に能力が身に付いているのかと疑われる可能性があります。成長の過程も具体的に示し、明確な目的意識によって傾聴力を身に付けたとアピールしましょう。

③仕事にどのように活かせるのかをアピール

どのような能力でも仕事で活かせることが大切であり、傾聴力も例外ではありません。傾聴力は業界、企業を問わずに評価される能力ですが、実際にどのように活かすかをアピールできなければ、アピール力は弱くなってしまいます。

能力自体は評価されても、それを活かそうとする姿勢がないとみなされ、仕事への熱意や志望度が低いと評価される可能性もあるので注意しましょう。傾聴力についてしっかりアピールできれば、それを仕事でどのように活かすのか、具体的に伝えることが大切です。

仕事での再現性の高さを述べると、能力はより評価されますし、選考を有利に進められます。自己PRは自分の採用メリットを提示するものですので、能力を活かしてどのように仕事で活躍できるのかを具体的にアピールしましょう。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

傾聴力の自己PRの例文

私は傾聴力があり、本音を引き出して信用してもらうことが出来ます。大学時代はボランティア活動を行い、老人ホームなどでレクリエーションを行いました。活動を始めた当初は何をしていいか分からず悩み、このままではいけないと思い、利用者の方から話を聞こうと考えました。
会話をする中で話し相手を求めていることが分かり、そこから聞き役に徹しました。話から引き出したことをレクリエーションに反映させると、これまでとは違った盛り上がりを見せ、多くの人から感謝の言葉を頂けました。御社では営業としてクライアントの本音を引き出し、望みにあった提案をすることで、信用と契約を勝ち取りたいと考えています。

例文では本音を引き出し、信用してもらうことができるとして、傾聴力をアピールしています。単に傾聴力があるとするのではなく、細かく能力を説明すると、細かいニュアンスまで伝えられています。

大学時代の経験から、能力を身に付けた経緯、発揮した内容が示されており、アピールの説得力が高く、好印象です。企業でもどのように能力を活かして活躍したいのかが示されており、これも好印象でしょう。

自身の能力を活かした仕事への取組み方が示されており、仕事への理解度の高さもアピールできています。

自己PRで傾聴力をアピールする際の注意点

傾聴力は自己PRでもアピールしやすい題材ですが、伝え方次第ではマイナスの印象を与える可能性もあるので注意しなければなりません。アピール時にはさまざまな注意点がありますし、リスクをきちんと理解した上で伝えることが大切です。

自己PRは就活でも重要視されているポイントのひとつですし、ここでマイナスの印象を与えてしまうと、選考でも不利になってしまいます。評価を下げないためにも、傾聴力をアピールする際の注意点を理解しておきましょう。

多くの学生がアピールしている

傾聴力は自己PRで使いやすい題材ですが、使いやすいがゆえに多くの学生がアピールしています。中途半端なアピールでは印象に残りませんし、高評価を獲得するのも難しくなるので注意が必要です。

就活では高評価を獲得するのはもちろん、いかに面接官の記憶に残るアピールができるかも重要です。面接官は何十人、何百人もの学生を相手にしていますし、その中から合格を勝ち取るためには、他の学生と差別化したアピールができなければなりません。

ありきたりなアピールでは他の学生に埋もれてしまうため、エピソード部分を念入りに伝えるなど個性を発揮することが大切です。過去の経験を話す際には、当時の状況や自身の感情を詳しく伝えるなど、個性の印象が残るアピールを心がけましょう。

話を聞く=傾聴力があるではない

傾聴力は簡単に言えば聞き上手ですが、これはただ相手の話を聞いていればいいわけではありません。話を聞く=傾聴力があるわけではなく、相手の話をしっかり引き出せてこそ、傾聴力は高く評価されます。

相手の話を聞くだけなら誰でもできます。ただ聞くのはではなく、どのように聞いているのかを明確にすることが大切です。話を聞くといっても、相づちのタイミングや適宜質問を挟むなど、聞き方はさまざまあります。

傾聴力は自分から積極的に発言しないものの、話をリードして引き出す能力でもあります。受け身として聞くのではなく、能動的に聞くことが求められる能力ですので、どのような姿勢、考え方で相手の話を聞いているのかを述べましょう。

面接時の振る舞いにも注意

傾聴力をアピールする場合は、面接時の振る舞いにも注意が必要です。上手に自己PRができていれば高評価を獲得できますが、面接での振る舞いによっては本当に傾聴力があるのかと疑われ、評価を下げられることもあります。

傾聴力をアピールしているのに面接官の話を聞こうとせず、自分ばかりが発言するのはNGです。面接では面接官とコミュニケーションを取ることが大切であるため、上手にキャッチボールをしながら進めなければなりません。

自分が一方的に話すだけでもマイナスの印象を与えますが、傾聴力をアピールしている場合はさらに評価を下げられるので注意が必要です。面接官との会話の中でも本当に傾聴力があるか見られているため、振る舞いには細心の注意を払いましょう。

傾聴力は就活での大きな武器になる

傾聴力はコミュニケーション能力のひとつですし、業界、企業に関係なく評価される能力です。どのような仕事でも人と関わりながら進めますし、相手の話をきちんと聞き、意見を引き出せるのは重要なことです。

話上手であることも重要ですが、全員が話してばかりでは仕事が進まないことも多いですし、聞き役に徹する人も求めれられています。傾聴力とは単に話を聞くだけではなく、相手の話をいかに上手に引き出させるかがポイントですので、認識を間違えないよう注意しましょう。

間違った認識のままでは上手なアピールができませんし、評価を下げられてしまう可能性も高いです。傾聴力について正しく理解を深め、上手にアピールして就活の攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ