志望動機

志望動機と自己PRの違いを徹底解説|書き方・例文付き

志望動機と自己PRは一緒ではない

志望動機と自己PR、就活の場で欠かせないこの2つの項目ですが、意外と混同されがちです。履歴書やエントリーシートのタイプによっては「志望動機や自己PRなど」といったように欄が一緒にされている場合もあり、混乱する人は多いかもしれません。内容を練れば練るほど、お互いの内容が似たものになってしまう人もいるでしょう。しかし、例え欄が同じだったとしても、志望動機と自己PR、両者には明確な違いがあります。

どんな内容を書くのか、誰目線で書くのかなど、様々な観点からみた志望動機と自己PRの違いを頭に入れておくことが大切です。これを押さえておけば、志望動機と自己PRを練る際のブレない軸になります。そのうえでそれぞれにあった内容の文章をしっかりと練り、本命企業へのエントリーや面接に備えましょう。

志望動機は入社理由や入社後の目的を記載

志望動機と自己PRの違いは、本当にそのまま読んで字のごとくのところにあります。自己PRは自分をアピールして売り込むためのものですが、志望動機はシンプルに志望の動機です。この点をまず心得ておきましょう。

志望動機は使い回しができない

極端な話で言えば、自己PRはそのまま使い回しもできますが、志望動機は使い回しができません。そういうところに違いがあると思っていいでしょう。もちろん自己PRも使い回さないに越したことはありません。こういう能力が活かせるという点をその会社の仕事に絡めてかければ、その分ポイントも上がるでしょう。

しかし使い回すのも可能ではあるのです。志望動機はその会社ならではの動機、その会社を選んだ理由の説明です。そのため基本的には使い回しは出来ません。もし使い回せるような志望動機だとしたら、不採用となる可能性が高いです。まずはこの違いを理解しておきましょう。

自己PRは自分の人間性やスキルをアピール

さらに志望動機と自己PRの違いを述べるのであれば、志望動機は相手の事で自己PRは自分の事であるという点があげられます。自己PRは、「私はこういう人間で、〇〇というところが優れていて、それにはこんなエピソードがあって」ということを紹介するためのものです。

対して志望動機は「この会社の〇〇というところに惹かれて、他の会社とはこのように違っていると感じて、この会社で自分のこんな能力を活かしたいと思う」ということを述べます。志望動機と自己PRの違いはこの部分の違いが大きいです。

自己PRでは自分が企業にとっていかに有益かを書く

自己PRで書くのは、文字通り自分のことをアピールする内容です。そのためには、自己分析は欠かせません。自分に何ができるのか、何ができないのか、何をしたいのか。これらを明確にしておく必要があります。自分がその企業に入ることで、企業にどんな貢献ができるのか、あるいはどんなことをしたいのかを書きます。

外国語が得意だから海外市場の開拓に尽力したい、学科の知識を活かして○○部門を△△方面に発展させたい、など、できるだけ具体的に話を広げましょう。業績アップに貢献したい、お客様満足度のアップに努めたい、のようなふわっとした言い方では不十分です。「具体的に何をするの?」と聞かれて、戸惑ってしまうようでは準備不足と捉えられます。具体的に記入するか、文字数の都合で省くのであれば質問への備えをしておきましょう。

自己PRでは性格や人間性のアピールもできる

志望動機でも「自分」をアピールすることもありますが、それはあくまでも会社で活かせる能力のアピールです。自己PRは極端な話、その仕事で活かせる能力でなくても、こんな性格であるとかそうしたアピールでも十分なのです。もちろん仕事に活かせる能力であるに越したことはありませんが、人間性に魅力を感じさせられればそれでも良いのです。

志望動機の書き方

いくら企業のHPを熟読したり、社員訪問をして現場で働く社員の声を聞いたりしても、実際にその企業で働かないと分からないことは多々あります。面接官が志望動機を質問してくる理由は、自社への志望度、熱意を見るためです。企業のすべてを知ることは難しくても、それを知ろうと努力する姿勢が重要といえます。

なぜその業界、企業でないといけないのか、企業においてどのような仕事に従事したいのか、強みをどこで活かすことが出来るのかを研究し、それを伝えることで面接官に熱意を伝えましょう。志望動機を作成するコツとして、ここでは特に注意してほしいポイント3つを紹介します。志望動機はこの4点を抑えることで説得力が増し、面接官の心にも響きやすくなります。作成する際のヒントにしてみてください。

①なぜその業界なのか

「なぜその業界なのか」から「なぜその企業なのか」と深掘りして話すことで説得力は増します。「なぜその業界なのか」を伝える場合は、その業界を志望するに至った背景と、その業界でなければならない理由を明らかにすることが重要です。以下の例文で、注意点を見てみましょう。

学生時代に家庭教師のアルバイトを行った経験から、他者をサポートし、悩みを解決することにやりがいを感じました。また、それと同時に家庭教師という立場では勉強という観点からしかサポートすることが出来ず、目の前の人のためにもっと包括的にサポートできる仕事に就きたいと考えました。銀行は、社内の様々な部門と連携することで目の前の人に対して、単なる提案だけにとどまらず、包括的なサポートを実行していくことが出来るので、その点から銀行業界を志望しています。

この例文では、家庭教師のアルバイト経験という銀行業界を志望するきっかけとなった背景にしっかりと触れています。また、「サポート」という観点だけでは様々な業界が当てはまってしまうところを、「包括的なサポートを提案だけにとどまらず、実行していくことが出来る業界」というように絞り込むことで、銀行業界の志望動機として成り立つものとなっています。

②なぜその会社なのか

志望業界が決まれば、次は企業の選択です。この段階で重要なのは、自己分析をして企業選びの軸を明確にしておくこと、そして企業研究に力を入れることです。以下の例文で見てみましょう。

私が貴社を志望する理由は、社員の意見を吸収して活かす風土がある点に魅かれたからです。私は学生時代の陸上部での活動の経験から、主体的に考えて行動していくことで生き生きと働き続けることが出来ると考えています。貴社は、「自ら積極的に課題を理解し、取り組むこと」を行動指針として掲げています。入社1年目からプロジェクトの責任者を任され、月に1度経営陣と意見交換をする機会が設けられています。その中では、年次にかかわらず自分の意見を主張することが出来るなど、ボトムアップの考えが根付いているように感じます。自ら課題を発見し、最後までやり抜くことが求められている環境だからこそ、これまでの経験を活かしつつ自ら望む働き方が出来ると考えています。

この例文では、「主体的に動きやすい風土」が企業選びの軸となっています。陸上競技部での経験を軸にした背景に触ることで、説得力がアピールできています。「入社1年目からプロジェクトの責任者」や「月に1度の経営陣との意見交換」など、企業の具体的な活動に触れることで、企業研究をしっかりとおこなったことが伝わり、熱意がアピールできるのです。

「なぜその会社なのか」という問いに説得力を持って答えるためには、自己分析、企業研究をしっかりとおこない、自分自身の軸と企業の共通点を見出す作業を進めましょう。

③就職後の目標・目的

就職後に何をやりたいのかを明確にすることで、志望動機の説得力は一段と高まります。例文で見てみましょう。

私は学生のキャリア形成に携わり、1人1人の学生が納得する進路を見つける支援をしていきたいと思います。私は学生時代に、新卒の就活支援を行う企業でインターンを経験しました。その中で、自身のキャリア形成という点において準備が不十分な学生が多数いることを目の当たりにしました。この経験から、学生が自発的に自身のキャリアを考え、様々な分野を見渡した上で納得できる進路を見つけられるような環境作りが不可欠であると痛感しました。私は入社後、自身の強みである「自ら考え、行動していく力」を活かして、個々の学生との面談によるサポートだけにとどまらず、学生が自身の視野を広げ、専門性を身につけていけるようなセミナーを開催するなど、1人1人の学生が納得する進路を見つけられるような環境作りを行っていきたいと考えています。

この例文では「就職支援」というやりたいことが明記されているだけでなく、それを志望するに至った背景がエピソードに沿って説明されており、面接官に伝わりやすいものとなっています。また自分の強みを生かすことでそれが可能になることに触れることで「ただやりたいだけ」の志望動機にならないようになっています。

就職後に何をやりたいのかを述べる際には、それが思い付きではなく本当にやりたいことなのだということを伝えるためにも、それを志望するに至った背景を具体的に述べるようにしましょう。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用しよう

志望動機の内容が薄いと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

志望動機例文3選

ここでは、志望動機の例文を3つご紹介します。

例文1

私は学生時代、プログラミングに興味があり、情報処理部に○年間所属していました。情報処理部では毎日3時間、パソコンのソフトの使い方やJavaやC++などのプログラミングなどを学びました。資格では、Javaプログラミング能力認定試験○級や、○○試験、基本情報技術者などを取得できました。資格を取得するために、家でも毎日2時間の勉強に励みました。私は部活動で得た知識を活かして、貴社の○○開発事業に携わりたいと考え、志望いたしました。貴社では、どのような仕事も一生懸命取り組み、プログラミングのスキルを高めていきたいと考えています。

この例文では、プログラミングや基本情報技術者などの取得資格もアピールしています。例文の最後には「プログラミングのスキルを高めていきたい」という意欲も述べているため良いでしょう。

例文2

私は、どのような仕事も丁寧に進められます。私は2年間、貴社のグループである□□ショッピングセンターで販売のアルバイトをしておりました。販売では、会計をする際金額を打ち間違えないように気をつけることや丁寧な接客を心がけました。その結果、半期に一度おこなわれる社内MVP制度でゴールドをいただきました。私は、アルバイトの経験を活かし貴社の正社員として働きたいと思い、今回志望させていただきました。貴社でも、どのような仕事も丁寧に取り組み貢献したいと考えています。

2つめの例文は、アルバイトの経験を具体的に交えながら志望動機を述べていることがわかるでしょう。これも、「どのような仕事も丁寧に取り組み貢献したい」と意欲を述べています。

例文3

中学2年生の時、祖母が病気で入院したことがきっかけで「介護に携わりたい」と思うようになりました。高校は福祉系の学科に在学し、介護の仕方や施設での実習、介護福祉士の資格取得などをおこないました。私は2か月間、貴社で介護実習をさせていただいたことがあります。私は実習を通して、貴社の設備や○○事業に魅力を感じました。私は、介護福祉士の資格や実習の経験を活かして、貴社の利用者様のサポートをしていきたいと思い志望いたしました。貴社では、常に利用者様の気持ちを考えて、どのような仕事も自分から行動していきたいと考えています。

3つめは、介護関係を志望している人の例文です。貴社での実習の経験をアピールしながら志望動機を述べていることがわかります。

自己PRの書き方

志望動機の書き方のコツはおわかりいただけたでしょうか。それでは次に、自己PRの書き方について言及します。この章では自己PRの書き方のコツを3つご紹介します。

先述したように、志望動機と自己PRに大きな違いは、志望動機は「自分が企業に求めるもの」を書き、自己PRは「自分が企業にとっていかに有益か」を書くという点です。つまり、自己PRはあなたの人柄や人間性をアピールをすることで、入社後に活躍しているイメージを強く印象付けすることができます。

自己PRで重要になことは、自己分析です。自己分析ができている人は企業にとって大変魅力的に映ります。その理由は、自分のスキルをどのようにして会社の事業で活かせるかというところまで自己分析できている人は、目標が明確であり、入社後のマッチングもしやすく、定着率につながると考える企業が多いからです。

①自分がアピールできるものは何か

自己PRの書き方のポイント1つ目は「自分がアピールできるものは何か」を見つけることです。自分の特技やスキルを人に伝えることは、非常に難しい行為です。自己PRは「自分にはこのようなスキルがあるので、御社ではこのように活躍できます」という内容を伝える項目です。まさに自分のことを売り込むプレゼンであり、相手にわかりやすく伝えなければ意味がありません。特に文章で伝えるとなると、読み手に自分のことを想像してもらえるような文章にしなくてはなりません。なので、できるかぎり相手が共感できるようなスキルをアピールしましょう。

そして、あなただけの特別な自己PRを考えるようにしてください。例えば「資格を取得したので御社の●●事業で貢献できます」という内容だと、素晴らしいスキルを持っていることに共感はできますが、その先のビジョンが見えません。共感できるということは、あなたのスキルを把握した上で、実際に就業している姿が想像できるということです。それでは次にご紹介するポイントで、より心に残りやすい自己PRのコツを解説していきます。

②なぜそのスキルが身に付いたのか

自己PRの書き方のポイント2つ目は「なぜそのスキルが身に付いたのか」です。自分のアピールできるスキルを見つけたら、次はどのようにしてそのスキルを手に入れたのかというストーリーをまとめましょう。企業は、何万、何千という応募の中から内定を出します。多数の応募の中から、企業は学生のどのようなところを重要視しているかというと、これまでにどのような経験をしてきて、どのようなスキルを身に付けてきたのかを見ています。

「過去にこのような機会があったのでこのスキルを身に付け、御社に貢献したいと思いました」というように、話にストーリー性を加えて、自分の人となりをイメージさせられるような内容にしましょう。自身の過去の経験と自己PRを結びつけることで、説得力があるだけではなく、ストーリーとして採用担当者の心に残りやすく、印象的な自己PRにすることができます。

③今後どのように活かせるか

自己PRの書き方のポイント3つ目は「今後どのように活かせるか」です。自己PRには、肝心な会社でのビジョンを伝えるようにしてください。自分のスキルをわかりやすくアピールできたとしても、入社後に「どのようなポジションで活躍できるか」までを伝えなければ内容が薄い自己PRになってしまいます。会社のどの事業に興味があって夢を実現したいのかまでを伝えることで、あなたの人となりと入社後のイメージが想像できるのです。

「高校生の頃に祖母の介護をしたのをきっかけに、福祉業界に興味を持ち、介護福祉士の資格を取得しました」だけではイメージは浮かびません。「祖母の介護の経験から、資格を活かし、人との距離が近い介護をしたいと思っています。なので御社の地域包括介護事業で、地域に根差した丁寧な介護サービスができる人物となり貢献したいです」という一文を加えることで、説得力が大きく増す自己PRとなります。ぜひ採用担当者の心に強く残るようなアピールにしましょう。

自己PRの例文3選

ここでは、自己PRの例文を3つご紹介します。

例文1

私の強みは部活で培った継続力です。中学生から卓球部に所属していて、卓球人生10年目に突入しました。日々練習を重ね、全国大会を目指しながら仲間と共に頑張っていました。毎日朝と夜の練習をしており、主将として練習メニューの構成と指導を率先しておこなっていました。毎日の練習はどんなことがあっても欠かさずやり、メニューの時間配分や食事の管理も徹底的にやっていました。その結果、去年の県大会では優勝、全国大会では準優勝を勝ち取りました。私は卓球で得た続ける力を活かし、御社の営業部では貪欲に新規開拓をしていけるような営業職となりたいです。

部活の経験を自己PRにした例です。部活動の自己PRのメリットは、継続力や強い精神力をアピールすることに適していることです。営業職やベンチャー企業などの、エネルギッシュな体育会系の職種に最適なアピール要素となります。

例文2

語学力が私の強みです。小学生の頃から英会話に通っており、英検は1級を保持しています。大学生になり、英語だけではなく中国語にも興味がわき、中国語スクールと学業を両立していました。そして実際に中国に留学をして現地で生活し、文化を体験するだけではなく友人づくりにも励みました。今では、中国語スクールの講師のアルバイトもできるほどになりました。英語と中国語の2つの言語を学んだ私は、語学を通じて得られる文化の違いや考え方を身に付け、それを尊重した上での友人づくりやコミュニケーションを図ることができます。御社の顧客は国際色豊かで、英語圏と中国語圏のお客様が多いです。私は御社の販売職となり、語学力を活かし持ち前のコミュニケーションで接客をしたいです。

語学力の自己PRの例文です。語学力はコミュニケーション力にもつながるので、接客業や販売職、語学を使用した専門的な職種に向いている自己PRになります。また留学を経験している人は、行動力をアピールするにも打って付けの経験談となるでしょう。

例文3

私は協調性に自信があります。大学に入学してから、カフェでアルバイトをしています。毎月売上目標があり、目標に達成できるようにメンバーと協力し、注文数が増える施策や店内の居心地の良さを追求していました。しかし一時期スランプになり、なかなか売上が伸びず、店舗売上が低迷していた時期がありました。このままではいけないと思い、アルバイト終わりにメニューの勉強会の開催や、他店見学、ロープレの提案をし、課題解決に向けての行動を起こしました。フィードバックも欠かさずやり合い、無事に店舗売上も好調に伸び、今では県内トップの売上を誇る店舗になりました。メンバーを巻き込む提案と行動をすることで、現状を打破する協調性を身に付けました。この経験を活かして、御社でも強い協調性を持って、周りを巻き込んでいけるリーダーになりたいです。

アルバイトの経験を自己PRにした例文です。アルバイトの経験は、協調性やリーダーシップ、課題を解決していく向上心をアピールできます。アルバイトの経歴が志望している職業の即戦力となる場合は、積極的にアピールしましょう。

志望動機でのアピールはほどほどにする

志望動機と自己PRには明確な違いがあるのですが、先述したように項目によっては、志望動機で自分をアピールする場合もあります。むしろそうすることで志望動機と自己PRでのコンビネーションで攻めることが出来て効果的になります。しかし、その志望動機でのアピールはほどほどにする必要があります。

うまく自己PRと絡められれば良い

志望動機はあくまでも志望の動機です。そこが自己PRで埋まってしまったら、志望の動機がきちんと伝えられなくなります。志望動機をきちんと伝えることを最重要目標にして、そのうえでさらに自分の能力のアピールなどをしていければ、なおよい志望動機が作れるようになるでしょう。それこそが、自己PRと志望動機の違いを上手く活かすためのコツです。

志望動機と自己PRの欄が一緒の際はエピソードを絞る

履歴書やエントリーシートの様式によっては、志望動機と自己PRの欄が一緒になっている場合もあるでしょう。そうなると、文字数制限で自分の伝えたいことが伝えきれないこともありえます。

とはいえ、欄が限られているのはどうしようもありません。こういった場合は、エピソードを絞るのが一番の近道です。一般的には志望動機で述べる「自分のこんな強みが活かせる」というエピソードと、自己PRで述べる「自分はこんな人間です」というエピソードには、別のエピソードを用います。

その方がより多くの長所を採用担当者に伝えられるからです。しかし、書ける文字数が限られている場合は、志望動機の強みのエピソードを優先してそこに肉付けし、志望動機と自己PRの比率を調整しましょう。

志望動機と自己PRには大きな違いがある

志望動機と自己PRの違いについてお分かりいただけましたでしょうか?志望動機も自己PRも、就職活動においては必ず質問されますからどちらも非常に大切なものです。

会社側が合否を判断する際の材料としては、この志望動機と自己PRを利用するケースが多いので、どちらもしっかり妥協せずに作りだしていってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ