面接対策

【面接での性格の答え方】質問の意図や回答例文もご紹介

面接では性格について質問されることが多い

面接官から「あなたの性格について教えてください」と質問されたことがある人は多いと思われます。なぜ面接で性格について聞かれるかというと、企業は応募者の人となりを深く知りたいと考えているからです。履歴書だけでは知ることのできない内容を聞きたいために、企業は面接を実施します。面接官は応募者の第一印象だけではなく、受け答えの仕方や振る舞いも見ていますが、人間性を最も重視しているのです。

面接官が性格について質問する意図

面接官が性格について質問する場合、どのような意図があるのでしょうか。面接では、質問の意図を正しく把握することが大切です。性格の答え方に困った場合は、まず「面接官は何が知りたくて質問するのだろう」ということを考えてみましょう。ここでは、「自己分析ができているか知りたい」「人間性を知りたい」「企業との相性を確かめたい」という3つの意図についてご紹介していきます。

自己分析ができているか知りたい

面接官は応募者の性格を聞くことによって、その人が自分のことをきちんと把握しているかどうかを試します。これは、自己分析ができているかどうかの確認です。自己分析ができていないと、応募者自身が自分の適性や好みを把握しておらず、企業にどのように貢献すべきかが見えていないと捉えられます。

反対に、自己分析がよくできている人は、企業で達成したい目標や、将来やりたいことを明確に持っているものです。応募者自身の性格というのはすなわち人間性であり、長所や短所、強みにも似ている面です。面接官はこれらの要素を面接で聞き出すことによって、企業と応募者の相性を考察してみたり、入社後のミスマッチの可能性を判断しています。

人間性を知りたい

面接官が性格について質問する意図は、人間性を知りたいからです。人間性を知ることで、その人の根底にある考え方や思いを引き出し、企業の仲間になるにふさわしい人間であるかを見定めます。性格は個人の独特な特性であり、みんながみんな同じ性格ではありません。

例えば、市場開拓を目標としている営業職を募集している企業には、前向きで行動力のある人が向いているといえます。そのため、内向的でネガティブ思考の人は不向きであると判断されやすいです。このように、応募者から性格を聞き出して人間性を知ることで、求める人物像にふさわしい人材であるかの判断に役立てます。

企業との相性を確かめたい

性格には、長所と短所があるものです。例えば、明るく行動力がある人は周りを明るくして職場が華やかになるかもしれませんが、軽率な判断をするかもしれないというネガティブな要素も持ち合わせています。

明るく行動力がある
常に明るくエネルギッシュだが軽率なことをするかもしれない

コミュニケーションが好き
周りを巻き込む力があるがじっとしていることが苦手

負けず嫌い
努力家だが頑固

このように、良い面だけで構成されている性格の人はいません。悪い面も持ち合わせているからこそ様々な性格があり、適正があります。自由な社風の企業には、アグレッシブで前に進むことが苦ではない人が好まれますし、正確な事務処理が求められる経理などは、長時間でもコツコツとした作業が得意な人が相性がいいとされています。応募者の性格と企業の相性は密接な関係にあり、入社後のミスマッチを防ぐためにも、性格は面接で確かめるべき項目なのです。

面接で性格について答えるポイント

性格について質問された場合はただ答えればいいのではなく、工夫して伝えることが大切です。面接は質問を中心に構成されるため、答え方の対策は必須といえます。自分の性格を上手にアピールすためにも、答え方のポイントをおさえておきましょう。「結論から伝える」「具体的なエピソードを交える」「入社後の活かし方を伝える」という3つのポイントに分けてご紹介していきます。

①結論から伝える

どのような質問でも言えることですが、質問には結論から答えるようにしましょう。質問に対する的確な結論を最初に述べ、その後に具体的なエピソードを添えることで、内容が整理され、面接官も理解しやすい順序となります。「あなたの性格について教えてください」と質問されたら、「私の性格は○○です」というふうに回答してください。面接官は結論から先に聞くことで、「この人の性格は○○」と把握した上で、その後の展開を聞くことができます。

②具体的なエピソードを交える

結論から伝えたら、次は具体的なエピソードを交えてわかりやすい内容にしましょう。内容に具体性が生じると説得力が増し、共感できる内容になります。具体性を持たせるためには、5w1h(いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように)を意識して面接官に伝えることで、よりわかりやすい内容にすることができます。

具体的なエピソードが思いつかない場合は、これまでに自分の人生で起きた大きな出来事やイベントなどを思い返してください。大学受験のときの苦労やゼミ活動などの研究は、困難を乗り越えて性格が表れた場面だったと思われます。このようなエピソードは人間性があり、面接官も共感できるのでおすすめです。

③入社後の活かし方を伝える

結論から伝え、具体的なエピソードを説明したら、最後は入社後の活かし方を伝えて回答を締めましょう。ただ単に質問に対して自身の性格について話をするだけでは、これといったアピールにはなりません。面接官に「この応募者の○○という性格は、どの事業に活かせられそうか」と思わせるよりも、「この応募者の性格は○○で、入社後は○○をしたいそうだ。○○部署に配属させたい」と思わせる方が、面接官の心に残り、次の選考にも進みやすいでしょう。

あなたが面接で落ちるポイントがわかります

どんな企業の面接であれ、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

面接で答える性格の例文3選

面接で答える性格の例文をご紹介します。ここでは3つピックアップしました。性格についてどのように回答していいのか、いまいちピンと来ていない人はぜひ参考にしてください。

例文①素直

私の性格は素直です。そのため、プロジェクトを進めるときは、自分の意見だけではなく、相手の意見を尊重し、意見を取り入れることができます。私は1年生のときから、大学の文化祭実行委員会のメンバーとして運営側に携わっています。文化祭を支えることは、裏方の仕事も多く、丁寧な作業が求められる反面、臨機応変に対応しなくてはならないことが多く、常に議論が交わされていました。
何かを決断するためには、誰かの意見を却下して、誰かの意見を採用します。そのためには客観的な視点が必要なので、私は素直さを活かし調整役として、他人の意見を聞き導き出すことに尽力しました。私は自分の素直であることを活かし、事業や人をサポートする営業事務職を志望します。

例文②慎重

私は慎重な性格です。物事に慎重に対応できることが強みでもあります。数字を扱うことが好きで、今は経理のアルバイトをしています。正確な数字の処理と丁寧な業務が自分に合っていて、昨年簿記の資格を取得しました。
一方で、頑固な一面もあり、納得できるまでやり抜く癖があります。ただ、頑固な面も経理という業務には相性が良く、ミスの削減やデータ整理にも集中して対応でき役立っています。私はこの慎重な性格を活かして、経理の道を究めたいと思っております。御社に入社できましたら、コーポレート部門の経理部で活躍したいです。

例文③負けず嫌い

私の性格は負けず嫌いです。私はサッカーを9年間続けています。サッカーで鍛えられた根性は、私を負けず嫌いにしました。誰にも負けない思いで毎日の朝練に励み、夜も自主練を重ねました。おかげさまで9年間連続して大会に選抜され、高校では県大会優勝を果たしました。
私の負けず嫌いな性格は物事を一貫して続ける強みでもあり、努力を惜しみません。私は御社で、新規開拓に力を入れ、どんどん新しい契約を結び、新しい市場開拓をしていけるような営業職を志望します。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

面接で性格を答えるときの注意点

ここで、面接で性格について答える際の注意点を説明します。どのような質問にも当てはまることですが、企業は応募者の本質を知りたいと考えています。自分を偽って回答したり、本心ではないことを発言してしまうと、マイナスの印象を与えます。これからご紹介する注意点を守り、面接で失敗しないように事前対策をしっかりとしましょう。

長所と短所に分ける場合は統一性を意識する

面接で性格を答える際に長所と短所に分けて説明しようと考えている人は、話に統一性を持たせるように意識してください。長所を「慎重」とした場合に短所を「思いつきで行動する」と話してしまうと、まったく逆の性格となり人物像が浮かびません。長所を「慎重」とした場合、望ましい短所は「警戒心が強い」などです。

長所と短所で統一性がないと「矛盾していることを話す人」「一貫性のないことを話す人」と思われてしまいます。長所と短所の組み合わせは言い換えのかたちを意識して、面接官が理解しやすい内容にまとめてください。

企業が求める人材に無理に寄せようとしない

企業が求める人材に無理に寄せた発言をすると、発言と実態の差異が目立ち違和感が隠せません。面接官は何百人と面接しているプロです。企業の従業員でもあり、企業のことをよく知っている人物でもあります。企業の方針や求める人物像について熟知しているので、応募者が無理に求める人物像に寄せた発言をしていると、心からそう思っていないということがわかってしまいます。

入社アピールとして、ある程度寄せるのは効果的かもしれませんが、無理のある発言は見抜かれてしまうものです。自分の適性をどのように企業に活かせるかが重要なポイントになるので、性格を伝える際は注意しましょう。

面接で性格を聞かれたときは具体的に答えよう

この記事では、面接で失敗しない性格の答え方について解説してきました。応募者の性格は、職種や企業の社風と相性を確かめるために非常に注目されている部分です。性格は人それぞれの個性であり、無理に修正するべきものではありません。自分の性格に自信を持って、面接では効果的にアピールするようにしましょう。

自分の適性に合った仕事ができないと、いくら根性で乗り越えたいと思っていても、どうしてもストレスがたまってしまいます。これは早期離職にもつながりやすく、企業にとっても退職者が出ることは避けたい事案です。自分の個性が存分に発揮できる企業を見つけるためにも、自己分析をしっかりとし、自分が納得できる企業との出会い叶えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ