【保険業界のランキング】売上・年収・人気企業別にご紹介

ランキングから保険業界を知ろう

null

保険業界は学生人気が高く、毎年多くの志望者がいます。人気の業界ゆえ就職のハードルは高く、選考の突破を目指すには、念入りな対策をおこなわなければなりません。選考の対策方法は数多くありますが、まずは基礎をしっかり固めることが大切です。保険業界は業界の規模が広く、学生が知らないことも数多く存在します。

また、保険業界=人気が高い、安定しているなど、漠然としたイメージから志望を決めている人も少なくありません。曖昧なイメージだけでは就活を攻略するのは難しく、仮に就職できても理想と現実のギャップに苦しんでしまう可能性が高いです。業界への理解を正しく深めるためにも、様々なランキングを参考にして基本的な知識を身につけて就職を目指しましょう。

保険業界とは

保険業界への就職を目指すには、そもそもどのような業界なのかという、根本的な部分から理解を深めておかなければなりません。保険業界は、保険というひとつのジャンルの中に複数の分野が存在しており、企業によって特徴は異なります。業界のことを正しく理解していないと、志望企業を選ぶことすらままなりません。保険業界とはどのような業界なのか、基本的な理解を深めて、業界研究を進めていきましょう。

生命保険

保険業界では生命保険というジャンルがあり、これは人の生存や死亡に関係する保険です。基本的には保険加入者が死亡した際に、遺族に対して保険金が支払われるという仕組みですが、補償される金額の上限や支払いの条件は細かく定められています。また、死亡時だけではなく、一定の契約期間加入し続けることで、満期を迎えて保険金が引き出せるというものもあります。

生命保険=死亡保険というイメージを持つ人も多くいましたが、現在ではそれだけに限らないことは理解しておきましょう。生命保険は保険業界の中でも特に大きな分野であり、保険業界全体を牽引するリーディングカンパニーも存在します。生命保険は人の生き死にに関わるだけに繊細かつ、大変な仕事であることは理解しておきましょう。

損害・火災保険

損害・火災保険は、基本的には物に対してかけられる保険です。車に対してかけられる車両保険や家にかけられる火災保険、さらには旅行時にかけられる旅行保険など、損害・火災保険の範囲は非常に広いです。保険に加入した物が何らかの損害を受けた場合、補償するというのが損害・火災保険の役割で、適用の条件は保険内容、扱う企業ごとに異なります。

損害保険と火災保険は同一に考えられることが多く、損害保険を略して損保と呼び、その中に火災保険が含まれていることも多いです。損害・火災保険の分野の企業を損保企業と呼ぶこともあります。損害・火災保険は両方合わせると非常に規模が大きく、保険業界全体でもかなりのウエイトを占めています。損害保険の中では、特に車両保険の割合が大きく、利益の半分以上を占める企業も多いです。

業種や職種はほぼ同じ

保険業界は大きく分けると生命保険と損害・火災保険の2分野に分けられますが、業種や職種はほとんど同じです。どちらも保険業という区分に変わりはなく、仕事の内容や特徴なども、ある程度は共通していると考えましょう。大きな違いは扱っている商品であり、営業や企画、事務といった職種に関しても共通している部分が多いです。

保険業界を目指すなら職種を決めることも大切ですが、どの分野を目指すかも明確にしておかなければなりません。共通している部分が多いだけに、その分野、その企業を志望する理由を示せないと、高評価を獲得するのが難しくなります。似ている部分が多い中で、企業ごとに何が違うのか、細部のポイントにまで目を向けることが、選考を攻略する秘訣と言えるでしょう。

保険業界の売上ランキング

売上ランキング

  1. かんぽ生命
    7兆9,529億円
  2. MS&ADインシュアランスグループホールディングス
    5兆2,178億円
  3. 第一生命
    5兆2,057億円
  4. 東京海上日動火災保険
    4兆3,533億円
  5. SOMPOホールディングス
    3兆7,700億円

保険業界の売上ランキングは、以上の通りです。それぞれ連結の数字ではありますが、売上の大きさから業界全体の規模の大きさも分かるでしょう。トップはかんぽ生命であり、2位以下の企業と大きく引き離している点も特徴です。保険業界全体で見た場合の売上ランキングでは、生命保険と損害・火災保険が上位に混在しており、どちらの分野も大規模であることを示しています。

どちらへの就職を目指す場合でも、分野の規模は巨大であるため、やりがいのある仕事もしやすいでしょう。もちろん、規模が大きいだけに扱う仕事の責任や、動くお金の額も大きくなり、プレッシャーがかかりやすい点も理解しておかなければなりません。

保険業界の年収ランキング

売上ランキング

  1. SOMPOホールディングス
    1,173万円
  2. MS&ADインシュアランスグループホールディングス
    1,100万円
  3. 第一生命
    976万円
  4. 東京海上日動火災保険
    851.8万円
  5. かんぽ生命(営業職員)
    820万円

売上ランキング上位5社での平均年収ランキングは、以上の通りです。1位と5位では300万円近くの差が出ていますが、全体的に高年収な水準にあるといえるでしょう。保険業界は事業の規模が大きいため、社員に還元される給料もその分大きくなりやすいです。もちろん、保険業界=全ての企業が高給取りとは限りませんが、業界を牽引する企業なら、高水準の年収が期待できると考えましょう。

年収が高い分、仕事はハードになりやすく、激務になる可能性は覚悟しておかなければなりません。また、企業の売上と年収の高さが、必ずしも比例するとは限らない点にも注意が必要です。年収が高い=優良企業とも限らないため、志望するなら詳細まで理解を深めることが大切です。

保険業界の人気企業ランキング

null

実際に志望先を選ぶ上では、売上や年収だけではなく、学生からの人気も考慮することが大切です。売上や年収の高さと企業の人気は、必ずしもイコールではありません。ランキングの上位にいない企業でも、人気ランキングでは上位にランクインしていることもあります。学生人気の企業5つの特徴を知り、志望先の選定に役立てましょう。人気企業の特徴を詳細まで把握することで、保険業界への理解も深まり、さらにスムーズに就活を進めやすくなります。

①東京海上日動火災保険

東京海上日動火災保険は、損害保険業を展開する企業です。学生からの人気は非常に高く、毎年多くの応募者を集めています。創業が1879年と古いことが特徴で、保険業界の成長を支えてきたリーディングカンパニーでもあります。「挑戦」を大切にする風土があり、創業以来新しいことに挑戦し続けることで、常に成長している点が大きな魅力でしょう。

保険業を通じて新たな分野への事業展開も手掛けており、「新興国・途上国の発展」「産業のイノベーション創出」「地方創生」などもおこなっています。海外展開にも積極的で、ニューヨークやロンドン、パリといった世界の主要都市にも拠点を構えています。38の国と地域に641もの拠点を持ち、グローバルに活躍している点も大きな特徴です。

②三井住友海上

三井住友海上は、MS&ADインシュアランスグループホールディングスの中核として活躍している企業です。業界でも第一線で活躍しており、保険業界の成長にも強く貢献しており、とりわけ損害保険業界を大きく成長させた企業でもあります。メインの事業内容は損害保険業ですが、それだけに留まらない幅広い活躍も魅力です。

国内では損害保険と生命保険、海外では損害・生命両保険業と金融サービス業、リスク関連事業などもおこなっています。国内外で広く活躍するグローバルな企業であり、海外拠点を数多く有していることも特徴です。ニューヨークやロサンゼルス、ロンドン、パリ、ミラノといった世界の主要都市を含む42の国と地域に拠点を構えており、世界をまたにかける企業といえます。

③損害保険ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜は、損害保険事業を中心に国内外で広く活躍しています。国内では3メガ損保のひとつに数えられており、損害保険の分野を牽引するリーディングカンパニーとしての位置づけを誇っています。また、海外での活躍も目覚ましく、2017年にはアメリカのエンデュランス社を買収するなど、確実に経営基盤を広げているのも特徴です。

同じく2017年にはラオスの保険会社のラオベト社と包括業務提携書を締結しており、海外の事業基盤を着実に積み上げています。企業風土としては人を大切にする環境にあり、「全ての主役は、人」という考えのもと事業を展開しています。社員を育てる環境、制度が整っており、柔軟な働き方、成長のしかたが実現しやすい企業でしょう。

④日本生命保険

日本生命保険は、生命保険分野のリーディングカンパニーであり、相互会社であることが特徴です。相互会社とは、社員が保険契約者であり、社員総会によって企業の事業方針や展開などが決定されます。いわば社員の声が反映されやすい環境にあり、経営に対する当事者意識も持ちやすい環境にあるといえるでしょう。日本生命保険は大きく、リテール、ホールセール、資産運用の3つの部門に分けられます。

社員が個性を発揮して仕事をしやすい環境にあり、仕事の選択肢も豊富に用意されていることが特徴です。保険と金融両分野にまたがって活躍していることも特徴で、幅広い分野で活躍したい人におすすめです。世界で見ても規模の大きい生命保険会社で、手がける仕事の規模も大きくなりやすいでしょう。

⑤明治安田生命保険

明治安田生命保険も、日本生命と同じく相互会社です。企業名通り、生命保険の分野で活躍する企業ですが、それだけではなく、資産運用の分野でも活躍しています。保険と金融の両分野で活躍する企業のため、幅広い分野での仕事に取り組みたい人におすすめです。もともとは明治生命と安田生命は別々の企業であり、2004年に合併して現在の明治安田生命となりました。

2つの生命保険企業が合併していることで、事業基盤は安定しており、高い品質の保険サービスを提供していることが特徴です。経営理念は「確かな安心を、いつまでも」とあり、質を常に追求する姿勢が見受けられるでしょう。挑戦や成長を大切にする風土もあるため、積極的に仕事に取り組み、完成度の高い仕事がしたい人にもおすすめです。

保険業界のランキングを参考に就職先を選定しよう

null

保険業界は範囲が広く、志望先の選定だけでも迷ってしまうことが多いです。志望先を上手に絞り込むには、ランキングを参考にするのがおすすめです。ただし、ランキングはあくまで目安であり、上位にいるからといって、自分に合っているとは限らないことは理解しておきましょう。

大切なのはランキング上位の企業に就職することではなく、本当に自分に合った企業に就職することです。ランキングで気になる企業を見つけたのなら、さらに細部まで企業情報を確認して、自分との相性を確かめましょう。スムーズに志望先を選定するなら、生命保険か損害・火災保険どちらの分野を目指すかを決めるのもおすすめです。ランキングも指標のひとつにし、上手に利用して理想の企業を見つけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ