業界研究

【IT系就職ランキング】職種や内定するためのポイントを紹介

IT業界に就職したい

null

IT業界は華やかなイメージや柔軟で自由な働き方ができるといったイメージから、就職希望者が多いです。新卒でもIT業界を志望する人は増えており、業界別に見ても就職希望者は年々増加傾向にあるでしょう。IT業界は人手不足の企業も多いため、広く募集が出ていることも少なくありませんが、反面就職難易度が高い企業もあるため注意しなければなりません。

単に憧れを持っているだけでは選考を突破することは難しく、攻略のためには徹底した準備が必要です。また、企業選びも重要ですが、業界規模が大きく、選択肢が多いだけに迷う人も少なくありません。IT業界そのものへの理解を深め、人気企業のランキングも参考にしながら、自分にはどのような就職先が合っているかを考えましょう。

IT業界が人気の理由

IT業界が人気の理由

IT業界への就職を目指すなら、人気の理由を知っておくことが大切です。漠然とした憧れを持って志望する人も多いですが、きちんと魅力を知った上で就職を希望するべきです。どのような面が魅力的なのかを知ることは、業界理解にも繋がるでしょう。IT業界が就職先として人気の理由は、大きく3つに分けられます。それぞれの理由を深堀りして、どのような特徴を持った業界なのかを知りましょう。

成長力が高い

IT業界は、今後ますます成長が期待されている業界です。成長力が高いため、伸びしろがあり、企業と一緒に自身の成長も目指しやすいことが人気の理由でしょう。ひとくちにIT業界といってもその領域は非常に広く、まだまだ拡大しつつあります。つまり、業界として縦と横両方の成長がある点が、他の業界との成長力の違いだといえるでしょう。

成長力が高いだけに、挑戦的な風土を持った企業は多く、他の業界より若いベンチャー企業も多い傾向です。チャレンジングな仕事がしたい、成長しながらどんどん難しいことにも挑戦したいといった向上心の高い人から人気を集めている業界といえるでしょう。

先進的な仕事ができる

IT業界は常に時代の最先端を走る業界であり、仕事内容も先進的なものが多いです。新しいものに触れたい、作りたい人にはうってつけの業界で、先進的な仕事ができることも人気の理由でしょう。ITの仕事は、さまざまな分野に進出し、先端を行く仕事を進めています。例えば医療や化学、製造などの分野に進出する企業も多く、テクノロジーと既存の技術を合体させ、新しいものは常に生み出され続けています。

好奇心旺盛な人や新しいことにチャレンジしたい人、刺激を求めて変化を好む人にとっては、魅力的な職場になる可能性が高いでしょう。誰も見たことがないもの、触れたことがないものと真っ先に出会えることは、IT業界ならではの魅力です。

需要がなくなる心配が少ない

就職先を決める上では将来性の有無は重要です。今はよくても将来的に縮小する可能性があると、就職をためらう人も多いでしょう。現在はAI技術の進歩により将来的にAIに代替される仕事が増え、将来性を危惧される業界や職業も多いですが、IT業界はこの点も心配ありません。

仮にAI技術が発展したとしても、そのAIを生み出すのがそもそもIT業界の仕事であり、AIを作り育てるという仕事はなくならないでしょう。また、どれだけ技術が進歩しても、完璧なシステムができるとは限らず、何らかのバグが発生する可能性はあります。不具合を起こした際にメンテナンスをおこなう仕事も必要であり、これもIT業界の分野です。仕事の量や内容が多少変化することはあるでしょうが、根本的に仕事がなくなる心配はなく、将来性は安泰といえます。

IT業界の人気就職先ランキング

IT業界の人気就職先ランキング

  1. NTTデータ
  2. 富士通
  3. Google
  4. 楽天
  5. SCSK
  6. アクセンチュア
  7. 伊藤忠テクノソリューションズ
  8. Yahoo
  9. 野村総合研究所
  10. NEC

日経×TECHによると、2018年のIT業界就職人気ランキングは、以上の通りです。上位5社については、前年と変わらない順位をキープしており、不動の人気を誇っています。6位以下は変動がありますが、どれも昨年も10位以内の企業ばかりで、トップ内で順位交代が出ている程度でしょう。業界をけん引するトップ企業については、多くが不動の地位を確立しているのがIT企業の特徴でもあります。

IT企業の職種

null

業界への理解をさらに深めるために、IT企業の職種についても知って起きましょう。IT企業に就職する場合、どの職種で採用されるかによって仕事内容や求められるスキルは異なります。IT業界は理系が活躍する業界とイメージする人も多いでしょうが、文系が活躍しているフィールドもあります。職種を知ることは、業界や企業理解に繋がるだけではなく、より具体的な職業選択にも役立てられるでしょう。

SE・プログラマーのエンジニア系

IT系の職種といえば、SEやプログラマーをイメージする人が多いでしょう。これらはエンジニア系の職種であり、実際にIT技術を駆使して、サービスやシステム、アプリなどを開発するのが仕事です。SEとプログラマーは同一に考えられることも多いですが、これらは違った仕事のため、混同しないよう注意しなければなりません。

SEはシステムの設計を考える人で、クライアントと話し合いながら、作成するサービスやシステムについての打ち合わせをすることが多いです。プログラマーは、SEが作った設計図をもとに、実際にプログラミングをするのが仕事です。SEがプログラマーを兼任する場合もあるため同じと考えられがちですが、実際には別物であることは覚えておきましょう。

営業系のITコンサルタント

IT業界でも営業やコンサルタントに該当する職種はあり、これらは文系で活躍している人も多いでしょう。文系がエンジニア系の職種に挑戦できないわけではありませんが、一部高い技術を要する仕事については、理系でなければ応募資格を満たせないこともあります。営業系の職種の場合は、学部・学科に関係なく挑戦でき、能力次第で誰でも採用されます。

ITコンサルタントは、簡単に言えばIT技術を使って、企業や団体の運営をスムーズに進めるお手伝いをする仕事です。自社で扱うサービスやシステムを売り込んだり、その企業に合った新規システムの開発を提案したりします。ITに関連するコンサルタント業、営業の仕事と考えるとイメージしやすいでしょう。

IT業界に就職するには

null

IT業界は人気が高いだけに倍率が高く、一筋縄では就職できないことも多いです。就職難易度が高いからこそ、事前対策が重要であり、念入りに準備をおこない、万全の状態で就活に臨まなければなりません。漠然とした理解や憧れだけでは、選考を勝ち抜くのは難しく、仮に就職できても、その後苦労する可能性が高いため注意が必要です。IT業界に就職するには何が必要か、やっておくべき事前に準備も含めて理解を深めておきましょう。

志望する分野を明確にする

IT業界は業界規模が大きく、分野も幅広いです。そのため、スムーズに就活を進めるには、志望する分野を最初に明確にしておかなければなりません。簡単に考えただけでも、ハードウェア、ソフトウェアと分けられ、そこからさらにシステム開発、WEB開発、アプリ開発のように細かく細分化されます。

実際にはさらに細かく分野が広がっているため、IT業界に絞って考える場合でも、選択肢が非常に広いことは理解しておきましょう。同じIT業界でも、分野によって扱うものは大きく違い、仕事内容も異なります。何を扱いたいのか、どのような仕事がしたいのかを考え、自分がやりたいことを実現できるのはどの分野なのかを把握しておきましょう。

パソコンの基礎スキルを身につける

IT業界だからといって、必ずしもパソコンを使う仕事とは限りませんが、それでも使用する可能性は高いです。どのような職種を目指す場合でも、基礎的な知識、スキルくらいは持っていないと困るため、基礎をしっかり身につけておきましょう。エンジニア系の職種を目指すなら、特に基礎は固めておかなければならず、可能ならプログラミングについても少しずつ勉強することが大切です。

近年ではIT業界でも人手不足の企業が多く、採用してから教育するケースも少なくありません。しかし、就職後に学べる場合であっても、できることは自分でやっておくことが大切です。基礎ができているなら教育コストも低いと判断されるため、選考で有利になることも多いでしょう。

ランキングを参考にIT業界就職を目指そう

null

IT業界は年々拡大成長を続ける業界であり、今後も順調に推移することが見込まれています。華やかなイメージや成長性の高さから就職を目指す人も多いでしょうが、実際に就活を勝ち抜くには、業界や企業、仕事について正しく理解しておかなければなりません。漠然としたイメージだけで就職を目指すのは危険です。

仮に就職できてもミスマッチを感じる可能性が高いです。IT業界に就職するなら、細部まで理解を深め、自分は何がしたいのか、どの企業なら自分のやりたいことが達成できるかを、念入りに調べておくことが大切です。人気ランキングも参考にしながら、IT業界の選択肢を知り、本当に自分に合った企業を見つけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ