面接対策

【面接は30分前に到着すべき?】適切な訪問時間や受付前の過ごし方

面接で早めに企業に到着する人は多い

null

面接は時間が指定されているため、遅刻して悪印象を与えないよう早めの行動を心がける人が多いです。確かにビジネスの世界では、時間は貴重なものと考えられており、早めに行動することは大切です。しかし、早めの行動が大切といっても、どれくらい早く面接会場に到着しておくべきか分からず悩む人もいるしょう。

よくいわれるのが「5分前行動」「10分前行動」ですが、さらに余裕を持つ場合では「15分前行動」というものもあります。また、万が一に備えて30分前には到着しておきたいと考える人もいるでしょう。時間の余裕の持ち方には個人差がありますが、適切な会場到着時間は決まっているため、上手に時間をコントロールしなければなりません。

面接で30分前に到着するのはOK?

早め早めの行動を心がけた結果、どのようなトラブルがあっても対応できる30分前行動に行き着く人は多いでしょう。30分前に行動していると心に余裕を持つことができ、企業からも好印象を得られるのではないかと期待する人もいます。しかし、学生の期待と企業の評価は必ずしも一致するとは限りません。早めに到着したからといって、高評価になるわけではないため、何分前に到着するのが適切かを知っておきましょう。

早く到着しすぎるのはNG

結論からいえば、早く到着しすぎるのはNGです。高評価どころか、マイナス評価にも繋がりかねません。時間を守って行動することは大切ですが、時間を守るのは単に遅れないだけではなく、早すぎないという意味も含まれます。とくに面接では企業側にも準備があり、前後で他の学生の面接をおこなっていることも少なくありません。

30分で数十人の面接をするということもあるでしょう。30分以上早く到着すると、前のブロックの学生の面接が終わっておらず、次のブロックのことにまで手が回らないということも多いです。早すぎる到着は企業に迷惑がかかる可能性があることを理解しておきましょう。

5〜10分前が適切

30分前の到着は早すぎてNGですが、5〜10分前程度なら適切と判断され、問題ありません。余裕を持って15分程度前に到着したいと考える人もいるでしょうが、15分前だと早すぎると判断されることもあるため注意が必要です。5〜10分前程度なら、企業に到着し、受付をしてからでも面接開始まで十分ゆとりがあります。

最終的に面接開始時間までに受付を通っている、控室にいるということが大切であるため、その時間を逆算して企業に到着するといいでしょう。例えば、複数の企業が入っているビルの場合、受付をしてからエレベーターに乗り、企業のオフィスがある階まで移動することもあります。焦って走ったり場所を間違えたりしないように、ビル内での移動の時間も考えておきましょう。

遅刻も厳禁

遅刻は早すぎる到着よりもさらに印象が悪くなるため、避けなければなりません。どのような理由であれ、遅刻をするとマイナスの印象を与え、場合によってはその時点で不合格というケースもあります。企業によって対応は違いますが、遅刻して企業に到着しても面接を受けつけてもらえない場合も多いため注意が必要です。

また、仮に面接を受けることができても、マイナス評価の状態からスタートし、結局不合格になることも多いでしょう。遅刻は企業への優先度や就職意欲が低いとみなされるため、遅れないよう、常に時間に余裕を持って行動することが大切です。

遅れそうな場合はすぐに連絡する

遅刻は避けなければなりませんが、やむを得ない事情によってどうしても遅れてしまうこともあるでしょう。その場合は無断で遅刻せずに、素早く企業に連絡して指示を仰ぐことが大切です。理由次第では遅刻しても仕方ないと認められ、時間を後ろにずらしてもらえる、あるいは後日受け直しが可能な場合もあります。

また、印象面でも連絡の有無によって評価は大きく変わり、きちんと連絡していたほうがマイナスイメージはつきづらいです。遅刻の連絡は1秒でも早くおこなうことが大切であるため、より確実に伝えられるよう、メールではなく電話を用いましょう。また、遅刻が確定してから連絡するのではなく、遅刻しそうな場合も念のため連絡しておくことが大切です。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

30分以上前に最寄りに到着した場合の過ごし方

30分以上前に最寄りに到着した場合の過ごし方

30分以上前に企業に到着するのは迷惑がかかるため、早めに着きすぎないよう注意しなければなりません。しかし、万全を期すために早めに行動していたり、前の用事が早く終わったりすると、どうしても30分以上前に企業の最寄り駅に到着してしまう場合もあるでしょう。早く到着してしまった場合はどのように対処すべきか、上手な時間のコントロール方法を知っておくことが大切です。

受付時間まで周辺のカフェなどで過ごす

受付時間まで余裕がある場合は、近くのカフェなどに入って時間をつぶすといいでしょう。早く到着したからといって受付にいっても、開始時間がきていないと受けつけてもらえない可能性があります。受付開始時間まで時間をつぶしておくと、スムーズに面接に進めます。

時間をつぶす際は、できるだけ企業に近い場所を選び、時間がきたら出発しやすい場所を選びましょう。就活中は忙しく動き回ることが多く、ゆっくりする時間をとりづらいため、空き時間を有効活用してリラックスして過ごすことも大切です。最寄りに30分以上前についても、企業にさえ早く着きすぎないなら問題はないため、上手に時間をつぶして待ちましょう。

エントリーシートの内容などを確認する

企業の近くで時間をつぶす場合はリラックスすることも大切ですが、履歴書やエントリーシートのコピーを持っているなら、それらを見直すのもおすすめです。控室でもチェックの時間は取れますが、面接開始前に内容を確認していると、採用担当者からあまりよく思われないことも少なくありません。

面接でアピールすることを事前に頭に入れてきていない、準備不足と思われることもあるため、控室で待つ際はできるだけチェックしないほうが無難でしょう。受付前の待ち時間なら、じっくりチェックしていても問題はなく、時間を有効活用して面接の対策もおこなえます。応募書類の見直しの時間はゆっくり取ることが意外と難しいため、空き時間を有効活用しましょう。

企業周辺での行動には注意する

早く着きすぎた場合は開始時間前まで時間をつぶしますが、その時の過ごし方には注意しなければなりません。カフェやファミリーレストランなどで時間をつぶす分には問題はありませんが、たばこを吸ったり、コンビニで買ったものを立ち食いしたりするのは控えましょう。

企業の最寄りは社員が近辺を歩いていることも多く、行動をみられていることもあります。とくに就活期間中は、リクルートスーツを着ている学生をみると、自社を受けるかもしれないと思って注意深く観察されることが多いです。企業外での振る舞いやマナーが悪いと、選考に悪影響を及ぼしかねません。時間をつぶす際は、みられても恥ずかしくない行動を心がけましょう。

もしもの場合を考えて30分前行動はあり

null

企業の最寄りに早く到着してしまうと、時間をつぶしている様子を企業の人にみられる可能性があります。その時の行動次第では印象が悪くなるリスクがあるため、可能なら時間通りに到着し、スムーズに受付したほうがいいでしょう。しかし、遅刻のリスクをより確実に回避するという意味では、30分前行動も問題ではなく、むしろおすすめともいえます。30分前行動を心がけることで回避できるトラブルについても知っておきましょう。

電車の遅延

企業までは公共交通機関を使って移動することが多く、とくに電車の使用頻度が高いでしょう。日本の電車は時間ぴったりに運行すると世界的にも知られていますが、事故やトラブルによって遅延することもあります。予期せぬ事態に巻き込まれて遅刻するというケースも考えられるでしょう。

このような場合、早めに行動していたら回避できたと判断され、マイナスの印象を持たれる可能性が高いです。実際に30分前に行動したら、遅延が起きても振り替え輸送を使ったり、バスやタクシーを使ったりして、時間通りに到着できることも多いでしょう。もし遅刻した場合でも、早めに行動しておくことで大幅な遅れを免れることができ、同じ遅刻でも印象が悪くなりづらいです。

体調不良になることもある

就活中は肉体的にも精神的にもハードな日々が続き、突然体調不良に襲われるということもあるでしょう。とくに多いのが緊張による腹痛で、途中の駅で降りてトイレにいくということも少なくありません。時間ぴったりでの到着を考えていると、途中下車した際に間に合わなくなってしまいます。

最寄りの駅まで我慢できるとは限らず、腹痛以外でも電車に乗り続けるのが難しいということもあるでしょう。途中で降りて休憩したとしても、十分間に合う程度に時間を設定するのは大切で、時間に余裕があると気持ちの余裕にも繋がり、体調の回復に繋がることもあります。自由に使える時間があるという余裕は、肉体的にも精神的にもプラスに働くため、可能なら早めに家を出ておくのがいいでしょう。

面接の30分前に到着するのは早い!5〜10分前が適切

null

就活は遅刻厳禁のため、遅れないよう早めに行動しなけれななりません。しかし、到着が早すぎるのも考えもので、30分以上前に到着すると企業に迷惑がかかり、かえって悪印象になります。時間を守るというのは遅れないことだけではなく、早すぎないことも含まれるため、5〜10分前程度の適切なタイミングで到着することが大切です。

もちろん、早めに行動すること自体が悪いわけではなく、あくまで企業に到着するベストな時間が5〜10分前というだけに過ぎません。そのため、余裕を持って早めに最寄りに到着し、開始まで時間をつぶすのは当然OKです。最寄りには早めについても問題ありませんが、企業に到着するのは5〜10分前を心がけ、上手に時間を使って面接に臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ