就活その他

【大卒のメリットとデメリット】就職に本当に有利なのかを解説

就活市場で大卒はメリットになる?

null

就活を進める上で、学歴がどのような効果を生むのか気になる人は多いでしょう。学歴が高いからといって、仕事もできるとは限らないという人がいる一方で、採用時に学歴を参考にするという意見もあります。また、学歴フィルターにも見られるように、実際に就活において学歴が何らかの影響を及ぼすことは確かです。

学歴を考える上でチェックしたいのが、学校ごとの偏差値による細かな違いではなく、そもそも最終学歴がどのように影響するのかということです。例えば大卒と高卒では、当然年齢や勉強してきた量、内容が、就活の進め方にも違いがあります。一般的には大卒のほうが就職に有利と言われますが、それは本当なのか、大卒であることが就職でメリットになるのか考えてみましょう。

大卒のメリット

就活市場での大卒の価値、魅力を考える上では、大卒だからこそのメリットを知ることが大切です。大卒であることにはメリットがあり、それを求めて進学を選ぶ人もいるでしょう。やりたいことや勉強したいことが決まっていなくても、とりあえず進学する人が多いのは、就活時にメリットが得られることも関係しています。就活に影響する大卒のメリットは、大きく3つに分けられます。

メリット①選択肢が広い

大卒のメリットには、選択肢の広さが挙げられます。新卒は無資格未経験でもポテンシャル採用が多いため、そもそも選択肢は広いですが、大卒以上はさらに選べる仕事が多いでしょう。これは専門職に限ったことではなく、単に大企業の募集を見てもいえます。大手企業では、新卒募集をしているものの、応募条件に学歴の制限を付け、大卒以上しか募集していないことも多いです。

高卒や専門卒は、必然的にこの段階で弾かれてしまうため、大卒と比較すると選択肢は狭いといえるでしょう。応募条件で学歴が設定されている場合は、基本的には大卒以上とされています。院卒以上を求める企業は少なく、あってもごく一部の専門性の高い仕事に限られるため、大卒以上なら仕事の選択肢で悩むことは少ないでしょう。

メリット②賃金が高い

賃金が高いことも大卒のメリットです。大卒は学んできた知識の多さや広さから、高卒や専門卒に比べると初任給の時点から給料が高めに設定されています。企業による違いはありますが、高卒が17万円、専門卒が18万、大卒が20万円と段階的に分けられていることが多いです。

また、院卒以上になるとさらに初任給は高く、大卒以上の水準が得られるでしょう。仕事をする上で給料は非常に大切であり、働くモチベーションにもなります。場合によっては全く同じ仕事をしていても、最終学歴が違うだけで給料に差がつくことも少なくありません。また、初任給だけではなく、生涯賃金で見ても大卒のほうが高く、金銭的なメリットで見ると大卒のほうが優遇されているでしょう。

メリット③キャリア形成がしやすい

就活は就職して終わりではなく、その後企業で働き、活躍して成長するところまで考えなければなりません。就職後、ずっと同じ仕事を任されるわけではなく、少しずつ新しい仕事を任せられ、働きが認められると役職が付いて出世します。このキャリア形成においても、大卒のほうが優遇されていることが多く、同時期に働き出しても、大卒がより早く出世するケースが多いでしょう。

これは、そもそも採用の区分や目的が違うことが関係しています。新卒で大卒を採用する場合、幹部候補生として採用しており、最初から早期キャリア形成を目指して、育成を進めていることも少なくありません。そのため、キャリアを積み上げるのが早く、結果的に役職が高く、給料の伸び率がいいのも大卒といえるでしょう。

メリット④自由に時間を使える

大学時代は比較的、自由に時間を使うことができます。勉強はもちろんのこと、バイトや趣味、サークル活動や遊びなど好きなことに打ち込めるため、様々な経験を積み将来に活かせます。また、語学や海外の文化に興味があれば留学することも可能です。これは大卒の大きなメリットのひとつといえます。

決められた時間でしなければならないこともありますが、自由な時間を有効に使うことによって、この先どのような仕事に就きたいか、どんなことをやりたいか、などを決められます。

大人といえる年齢になり自分で考えて行動できる時だからこそ、時間をどのように使うのかが重要になります。大学時代に取り組んだことは、かけがえのない経験になるといえるでしょう。

メリット⑤人脈が広がる

大学生活の中では、受ける授業や所属ゼミ、サークル活動によって幅広い人と交流する機会があります。また、学校以外でも趣味の場やアルバイト先など、年齢や職業も違う人と知り合うチャンスも多くなります。人脈が広がれば情報量も増え、将来に向けて様々なことを学ぶことができるでしょう。

今まで興味のなかったことでも、人から教えてもらうと好きになる場合もあります。人との出会いによって転機が訪れたという人も多くいます。自分自身の世界がどんどんと広がり、今しかできないことも経験できます。

人脈が広がることは、知識を得られるチャンスが増えることでもあります。人と話をすることで、就職についてのヒントをもらえるかもしれません。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化し、人事を唸らせる回答ができるようになります。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化し、人事を唸らせる回答ができるようになります。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

大卒のデメリット

null

大卒であることは、基本的に就活市場ではプラスに働くため、将来を見越してとりあえず進学するという選択もありでしょう。しかし、メリットだけではなく、一部デメリットがあることも理解しておかなければなりません。大卒だからこそのデメリットを把握しておかないと、進学して後悔するケースもあり、高卒や専門卒の段階で働いたほうがメリットになるという場合もあるでしょう。大卒で就活をするデメリットは、大きく3つに分けられます。

デメリット①社会に出るのが遅い

大卒の場合、最低でも4年、浪人や留年、留学などを経験するとさらにもう数年社会に出るのが同じです。同じ高校の友達で、一方は高卒で就職、一方は大卒で就職した場合、同じ会社に勤めると4年ものキャリアの開きがあります。勉強をしてきたからという理由で条件面は優遇されているものの、実際の仕事と勉強は違い、仕事はまた0から覚え直さなければなりません。

高卒で働いていた場合は、4年分の蓄積があるため、場合によっては新卒の教育係につくこともあるでしょう。学校で得られるものと仕事を通して得られるものでは全く違い、場合によっては社会経験のほうが自分にとって貴重だったというケースもあります。職歴の差は埋まることがないため、数年出遅れることはデメリットのひとつでしょう。

デメリット②学生時代の経験を活かせない場合も

大学時代に勉強したこと、研究したことを活かして就職する人もいますが、すべての人が経験を活かせるわけではありません。むしろ学生時代の学びを仕事に繋げられる人はごく少数で、基本的には勉強したこととは、ほとんど関係のない仕事に就くことが多いでしょう。

4年間学んだのに何も仕事に反映されないと、これまで勉強してきたことは何だったのかと疑問に思い、虚しさを覚えてしまう場合もあります。もちろん、勉強してきたことを活かせるかどうかは自分次第ではありますが、分野によってはそもそも仕事で再現しようがないものもあるでしょう。勉強してきたことが必ずしも将来に繋がるとは限らず、時間を無駄にしてしまったと思ってしまいやすいのもデメリットのひとつです。

デメリット③奨学金で借金を抱えることも

大学に通うには学費を支払わなければなりません。特に私立や理系だと400〜500万円程度かかり、奨学金で賄うという人も多いでしょう。奨学金は成績優秀者は免除となりますが、それ以外の人は無利子や低金利で借りることになり、いずれは返さなければなりません。

つまり、学生時代に返済しきれない場合は、社会人になった時点で借金を抱えていることになります。いかに大卒は初任給が高いといっても、各種保険や年金を差し引くと、手元に残るお金はそれほど大きくありません。加えて、新生活のスタートで何かと物入りになることも多く、出費が増えて奨学金の支払いに苦しむことも多いでしょう。

大卒は就職に本当に有利?

大卒は就職に本当に有利?

大卒であることはメリットにもデメリットにもなり、結局進学すべきかどうか悩む人は多いでしょう。また、大学在学中の人は、結局進学を選んで正解だったのかと、不安に思ってしまうことも少なくありません。確かにメリット・デメリットの両面がありますが、基本的には学歴を持っておいて損にはならず、今後邪魔にもならないでしょう。しかし、大卒であることと、就職で有利になることは必ずしもイコールとは限らないため、学歴が就活にどの程度の影響を及ぼすか、正しく知ることが大切です。

選択肢が広いという意味では有利

一般的に大卒が就職に有利と言われる理由は、選択肢の広さにあります。大卒の場合、応募条件の学歴の制限に引っかかることはまずなく、専門的な分野以外は基本的に何でも応募できます。加えて、大学4年間というモラトリアム期間で、将来のことをじっくり考えられ、より自分に合った方向性、進むべき道を見出しやすいでしょう。

学生から社会人になるという変化は高卒でも大卒でも同じで、このステップアップが大きいことは確かです。しかし、方や18歳で未成年、方や22歳以上で成人しているとなると、判断力にも差が出ることは多いでしょう。大卒の場合は就職以外にも留学したり、さらに進学したりと別の選択肢もあるため、選べる可能性の広さの意味では、高卒、専門卒に比べて有利といえます。

大卒でも必ず就職できるわけではない

応募条件を満たせるという意味では大卒は有利ですが、これは単にエントリーし、採用試験を受けられるというだけに過ぎません。応募できることと内定がもらえることは、当然イコールではなく、大卒だからといって、必ずしも就職できると保証されているわけではないことは覚えておきましょう。

大卒でも就活が上手くいかず、進路が決まらないまま卒業を迎えたり、就活をやり直すために就職留年したりする人もいます。また、何となく就職先を妥協して決めてしまい、納得できないまま卒業するということも多いです。大卒でも就職できる、あるいは納得した企業に就職できるという保証はないため、就活の成功を勝ち取れるかどうかは、結局個人の努力次第といえます。

学歴はあくまでアピールポイントのひとつ

学歴を気にする企業、気にしない企業は分かれますが、一定の割合でアピールポイントになることは確かです。同じ大卒でも、大学の偏差値によって学歴フィルターに引っかかるかどうかが変わることも多く、高学歴のほうが出身大学をアピールした際にも目を引きやすいでしょう。しかし、学歴はあくまでアピールポイントのひとつでしかなく、それひとつで攻略できるほど、就活は簡単なものではありません。

企業が求めているのは高学歴の人材ではなく、自社で活躍し、成長できる人材です。高学歴=頭がよく能力が高いというイメージから優遇されることはありませんが、選考の中で本質部分を見抜かれて、不合格になることはあります。経歴はよくても、実力がないと就職はできないため、学歴以外のアピールポイントも作らなければなりません。

大学生活で何を得たのかが大切

大卒では「大学卒業」という学歴を得ることができますが、大切なのは何を学んだかということです。学校の授業で知識を増やせたこと、友人との出会いがあったこと、生活の中で新しく習慣となったことなど、大学生活では学ぶことがたくさんあります。高校を卒業した頃と比べても、大きく成長したといえるはずです。

改めて、自分自身が大学生活を通して学んだことや、成長した点などを考えてみましょう。企業によっては学歴を重視して採用の基準としているところもありますが、学歴よりも自分自身が何をしたいか、そのために何ができるのかを考えることが大切です。じっくりと分析してみると、自分の強みやアピールできるポイントがみえてくるでしょう。

大卒のメリットには選択肢の広さや賃金の高さがある

null

大卒だからといって、必ずしも就活で有利になるとは限らず、学歴が高くても就活に失敗する人はいます。また、就職後活躍できるかどうかも学歴には関係しません。大卒以外でも活躍し、成長している人は多く、反対に大卒という学歴にあぐらをかいて、一向に成長できない人もいるでしょう。

就活を成功させられるか、就職後仕事で活躍できるかどうかは、学歴には関係せず、結局は個人の努力次第といえます。就活において大卒がメリットになるのは、選べる仕事の多さや賃金という点がほとんどで、学歴が選考時に大きくプラスになることはほとんどありません。学歴を過信していると就活で失敗する可能性が高いため、学歴以外の人間的な魅力を磨いて就活の攻略を目指すことが大切です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ