企業研究

【富士通が激務という話は本当か】知っておきたい働き方や会社の魅力について徹底解説!

誰もが知っている大手企業「富士通」の働き方

富士通は誰もが知っている大手企業であり、激務であると噂されている企業でもあります。大手企業であれば手がける仕事の規模も大きくなりますし、他の企業に比べれば仕事のハードルが高い場合も多いでしょう。しか大手企業はその分給料の水準が高い場合も多く、労働の対価として得られるものもたくさんあります。

たとえ仕事が忙しくても得られるものが多ければブラック企業とは呼びませんし、忙しさを覚悟していれば耐えられないものでもありません。仕事をする上では長く続けられることが大切ですので、仕事のきつさを知っておくのは大切なことです。大手企業である富士通は本当に激務であるのか、それとも激務ではないのかを正しく知って、就活を進めていきましょう。

就活の軸を定めておこう

働くということに考える場合、就活の軸を定めておくといいでしょう。就活は内定を得ることが目的ですが、内定を得て入社した後も自分の選択に自信を持つことで、本当に就活が成功したといえます。しかし、就活の軸を定めることは難しいです。

そこで活用したいのが「就活の軸作成マニュアル」です。このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、働くことや就活に迷いがある就活生はぜひ手に入れてみてください。

富士通とは

富士通が激務であるかどうかを知るためには、そもそも富士通はどんな企業なのかを知っておく必要があります。富士通は有名な企業であり、誰もがその名を知っていますが、企業についての詳細な情報まで知っている人は少ないです。大手企業は事業の範囲も広いですし、実際にどんなことをしているのかはあまり知られていません。企業を知るためには基本的な情報を知っておくことが大切ですので、富士通とはどんな企業であるか、基本的な部分から知っていきましょう。

事業内容

富士通はテクノロジーソリューション、ユビキタスソリューション、デバイスソリューションの3つの分野で事業を展開している企業です。これらはICT分野と呼ばれており、さまざまな電子デバイスの開発、研究、製造、販売などの事業も展開しています。事業範囲は幅広く、個人に向けた通信機器や家電、その他電子機器、法人に向けたコンピュータープラットフォームやネットワーク機器の提供などをおこなっています。

個人・法人に向けた製品の開発や販売に強みがあり、高品質な製品・サービスの提供によって高い利益を獲得している企業です。また活動の範囲は国内だけに留まらず、海外事業も積極的におこなっています。国内外で活躍しているグローバル企業であり、世界的にも評価されている企業です。

売上高や平均年収について

富士通の2016年度の売上高は4兆5,096億円です。企業規模が大きく、売上高も業界内でトップクラスであり、日本を代表する企業だと言えます。売上高における内訳としては、約3兆円が国内、約1.5兆円が国外での売上です。国内での売上だけではなく国外の売上も高く、世界的にも広く活躍しています。海外売上の内訳はアジア、アメリカ、ヨーロッパがメインであり、さまざまな場所に拠点を持って売上を獲得している企業です。

平均年収は797万円であり、他業界の水準と比べても高い傾向にあります。海外事業にも積極的ですし、海外赴任があれば手当などでさらに高年収を目指すことができます。企業としての売上高も高く、平均年収も高いので、従業員への還元率は高いです。

富士通が激務と感じられやすい理由

富士通についての基本的な情報を知れば、なぜ仕事が激務だと感じられやすいのかを知っていきましょう。富士通は企業としての規模も大きいですし、ネームバリューも高く、多くの人が憧れている企業です。しかし実際の仕事は激務であるイメージが強く、そのイメージから就職をためらってしまう人もたくさんいます。激務な仕事は続けるのが難しいですし、続けるためにはかなりの覚悟が必要です。富士通の仕事が激務と感じられやすい理由を知って、仕事への理解を深めていきましょう。

営業のノルマがある

富士通は激務であるイメージも強いですが、すべての職種が激務であるわけではありません。激務と感じられやすい職種としては営業が挙げられ、その理由はノルマが課せられるからです。富士通の営業にはノルマが課せられており、それが達成できるかどうかによって、昇給・出世などが決まります。

ノルマをしっかりと達成することができれば評価され、早期に出世することも可能ですが、一方でノルマが達成できなければ出世の道が遠くなってしまいます。富士通は若いうちからさまざまな仕事を任される傾向にありますし、難しい仕事をこなしてノルマも達成しなければなりません。ノルマに追われている人は多く、営業の仕事は激務だと感じられやすいです。

SE職が長時間労働になりやすい

激務と感じられやすい職種としてはSE職も挙げられ、長時間労働になりやすいことが激務と感じる理由です。SE職は富士通に限らず激務である場合が多いですが、富士通の場合はICT分野で常に最先端を行く企業であり、新しいシステムの開発なども多いです。次々にシステムの開発が要求されますので、SE職はそれらを実現するために素早く対処し、業務を進めていかなければなりません。

SE職として働いている人はたくさんいますが、その分求められるシステム開発の量は多いですし、残業時間が長くなってしまう場合も多いです。特別なトラブルなどがなければ残業はそれほど多くはありませんが、トラブルやシステム開発が重なると長時間労働になりやすく、激務と感じられやすいでしょう。

富士通の魅力

富士通は激務であると感じられやすく、激務のイメージから就職を諦めてしまう人も多いです。しかし激務のイメージだけで就職を諦めるのは非常に勿体ないですし、富士通にはたくさんの魅力があります。仮に激務だとしても、それを上回るだけの魅力がありますし、それぞれを天秤にかければ魅力が勝つことも多いです。就職先を決めるときに、企業の魅力を知っておくことも大切です。富士通の魅力を知って、就職への意志を固めていきましょう。

福利厚生が整っている

富士通の魅力としては、充実した福利厚生の制度が挙げられます。大手企業は福利厚生が充実している場合も多いですが、富士通は他の企業と比べても魅力的な制度が数多く用意されています。社会保険は各種完備されていますし、通勤費補助や家賃補助、ファミリーアシスト給付など各種手当も充実しており、金銭的なサポートは手厚いです。

また家賃補助に加えて社員寮の制度も準備されており、格安の家賃で生活することができます。手当の他には教育制度も充実しており、年度別に合わせた研修やテーマ別講座、キャリア開発セミナー、グローバル教育などさまざまな研修があります。就職後に社員の成長をサポートする制度が充実しており、自己を高めながら働きやすい企業です。

大企業の課題解決に携わることができる

大企業の課題解決に携わることができることも、富士通の魅力の一つです。富士通はICT分野で活躍している企業であり、個人だけではなく法人に向けたサービスの提供も充実しています。ソフトウェアやハードウェア、ネットワーク機器の提供だけではなく、コンピュータープラットフォームも提供しており、さまざまな企業のネット環境を支えています。

大企業へのサービスの提供も多いですし、ICTで大企業の経営課題を解決することがやりがいにつながり、充実感を感じやすいです。仕事をする上ではやりがいを感じることは大切なことですし、やりがいがあれば大変な仕事でも乗り越えることができます。福利厚生が充実して働きやすいだけではなく、仕事のやりがいが大きいことも富士通の魅力の一つです。

激務であることを一概にブラックだとは言い切れない!

富士通は激務だとイメージされることも多く、部署によっては仕事が大変な場合もあります。しかし大変な仕事は他の業界や企業にもありますし、激務であることが必ずしもブラック企業であるわけではありません。ブラック企業は激務であることに加えて、労働環境や待遇などが悪いなど、働きづらい環境にあります。

富士通の場合は仕事が大変であっても労働環境や整えられており、待遇も良く、働きやすいことも多いです。金銭面でも優遇されることが多いですし、仮に激務であったとしてもそれに見合っただけの給料を獲得することはできます。富士通は激務であることはあっても、ブラック企業ではありませんので、イメージだけで就職を諦めないようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ