ES(エントリーシート)

【エントリーシートの封筒とペン選び】企業へ提出する際の注意点

エントリーシートの提出に最適な封筒とペンの種類とは

就職活動では、エントリーシートを提出する際の封筒選びとペンの種類に悩んでしまうことがあります。ビジネスマナーとして、この機会に封筒とペンの選び方について知っておきましょう。

就職活動やビジネスの現場では、封筒を使用する機会は少なくありません。また、その際にどのようなペンを使用するのが最適なのか知っておくことは大切です。封筒を受け取ったときに、最初に飛び込んでくるのは学生が書いた宛名の文字だからです。

ペンの種類もたくさんあります。どのペンで封筒に記入すればいいのか迷うのも当然です。就職活動におけるエントリーシートの封筒に書く際のペンには、好印象を与えるペンをぜひ選択してください。封筒もペンも選び方一つで、相手に与える印象が異なりますので、用途に相応しい最適なものを選びましょう。

エントリーシートの提出に最適な封筒の種類

エントリーシートを入れる封筒にも注意が必要です。封筒と一口に言っても、大きさや色などさまざまな種類があります。学生の場合、普段郵送で封筒を使用する機会は多くありませんが、ビジネスの場では、意外にアナログな郵送という手段が用いられます。

就職活動では、自分でエントリーシートを提出するための封筒を用意しなければなりません。エントリーシートを入れる最適な封筒の種類を知っておきましょう。

封筒は白が基本

エントリーシートを入れる封筒は白が基本となります。宛名を黒字で記入した際に、封筒の字が読みやすいためです。しかしながら、茶封筒だからといって、それだけで合否が決まるわけではありません。封筒の色は、白が基本ですが、茶色でも問題はないでしょう。

色以外には、封筒の素材に気を配りましょう。封筒の紙が薄いと、中身が透けて見えることもあります。郵送時に何が発生するかわかりません。封入した中の書類の枚数が多すぎたり、サイズがあっていないと、封筒が破れる可能性もあります。

少々値が張っても、雨が降った場合にも対応できる丈夫な防水の白色の封筒を選ぶと安心です。大学の売店では、就職活動用の封筒を取り扱っていることが多いでしょう。

封筒の大きさはA4サイズ

就職活動で使用する封筒の大きさはA4サイズが一般的です。これはエントリーシートがA4サイズが多いためです。このA4サイズの封筒は、角二号といいます。A4サイズが入る封筒であれば、エントリーシートを折らずに入れることができます。

また、まれにA3サイズの大きなエントリーシートもあります。A3サイズのエントリーシートだったとしても、1度だけ折り畳めばA4サイズになります。つまり、エントリーシートをきれいな状態で封入することができるでしょう。エントリーシートをスムーズに違和感なく取り出せるような封筒を選びましょう。

封筒の宛名は縦書きで記入する

封筒の宛名は、縦書きにしましょう。横書きが悪いわけではありませんが、縦書きが一般的です。ただし、郵便番号は横書きでかまいません。

封筒の表面には、「郵便番号、住所、宛名」を記入し、左側には赤字で「エントリシート在中」と書きます。封筒の裏面には、送付者の「郵便番号、住所、氏名、大学名、学部学科名、学年」を書いてください。裏面がうっかり無記名ということがないように注意してください。

くわえて、角二号の封筒に文字を書くには、大きさやバランスの調整にも注意が必要です。あらかじめ、封筒に薄く定規で線を引いてから、書くとバランスが整います。

エントリーシートの封筒に最適なペンの種類と太さ

エントリーシートを入れる封筒に記入する際の、最適なペンの種類と太さについてみていきましょう。ペンの種類はボールペンからマジック、サインペンなど種類も豊富ですが、どれを選択するべきなのでしょうか。

文房具屋には、多種多様なペンが揃っており、太さも細かく分かれています。ペンの太さも0.5mmや0.7mmの細かいものから、1.0mmから1.6mmと極太のものまであります。ペンの太さも悩みの種です。選び方一つで印象が大きく異なるため、最適な太さを知っておきましょう。

封筒の宛名書きには油性で太字のボールペンが最適

封筒の宛名を書くときに使用するペンは、油性で太字のボールペンが最適です。水性ペンは水に弱いため、雨などで濡れてしまうと、宛名が消えてしまうこともあります。そうした事態を防ぐためにも、油性のペンがおすすめです。

封筒を書く際のペンの太さでおすすめなのは、1.6mmです。一般的な書類を記入する時のペンの太さは、0.7mmです。封筒などの宛名は細かすぎても、太すぎても読みづらく、書きづらいものです。ペンの種類は、ボールペンが適切といえます。

まとめると、油性で1.6mmの太いボールペンが最適ということになります。封筒の宛名書き用に、上記の条件を満たすペンを用意しておきましょう。

サインペンやマジックは避ける

封筒の宛名を書く際に、サインペンやマジックは避けましょう。使用するペンの太さによって、文字の印象が大きく異なります。細すぎても頼りなく見づらいですが、逆に太すぎても、窮屈な印象です。

サインペンやマジックは、太いため書きやすく、書き心地も悪くありません。しかしながら、サインペンやマジックでは、封筒にインクがにじむ恐れもあります。油性だったとしても、太すぎて文字がつぶれたり、封筒の中まで文字がうつる可能性があります。

また、サインペンやマジックで書いた文字はどっしりとして、あまりすっきりした印象ではありません。就職活動のエントリーシートの送付もビジネス上のやりとりです。丁寧な雰囲気を与えるためにも、サインペンやマジックは避けてください。

エントリーシートを封入する上での注意点

エントリーシートを封入する上でも注意点があります。まず、エントリーシートが完成したら、必ず内容を確認することです。いくら封筒やペンに気を配っても、中身がしっかりしていないと無駄になってしまいます。

次にしっかりのり付けすることです。エントリーシートを確認したら、封筒に入れますが、のり付けもしっかりしてください。最後の最後まで気を抜かないことが大切です。つめが甘いと、せっかくの努力がもったいない結果になってしまいます。

封筒に入れる前にエントリーシートを確認をする

エントリーシートが完成したら、封筒に入れて郵送もしくは直接手渡すことになります。エントリーシート封入前の最終確認は欠かせません。今一度、エントリーシートの確認をしましょう。

書き間違えや書き損じがないか、しっかり目を通して、最終確認することです。また、エントリーシートとともに、一番上に送付状も同封しましょう。送付状自体は形式的な書類ですが、ビジネスの場では添付するのがマナーです。エントリーシートの確認が済んだら、必要な書類の枚数や上下の入れ間違えなどにも注意してください。最後の確認が終わってから、エントリーシートを封入しましょう。

エントリーシートを封入したらしっかりのり付けする

エントリーシートの最終確認が済んだら、いよいよのり付け作業です。この際に、書類一式をクリアファイルに入れると、さらに安心です。郵送では、何が起こるかわかりません。雨で濡れたり、封筒が折れてしまうことも考えられます。最後ののり付け前に、クリアファイルに入れることで被害を最小限に食い止めることができます。

また、のり付けはしっかりしましょう。のり付けがしっかりできていないと、接着力が弱いため、はがれてしまいます。また、のりの代わりにセロハンテープやガムテープ、ホッチキスを使用しての封入は避けてください。基本的にのりを使用するのがマナーであり、テープやホッチキスでは乱暴な印象を与えてしまいます。のり付けができたら、その上から〆印を書きましょう。

エントリーシートはA4白色の封筒で宛名には油性ボールペンを使う

就職活動におけるエントリーシートの封筒は、A4サイズで白色の封筒を選びましょう。採用の合否に直接関係ないとしても、最低限の封筒マナーを守っておいて損はしません。封筒に記入する際のペン選びも迷いますが、油性で1.6mmのボールペンがおすすめです。

細かいことに配慮できるということは、仕事でもそのような再現性があると見なされます。小さなことかもしれませんが、当たり前のことを当たり前にできるようなマナーを意識してみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ