業界研究

【キャビンアテンダントの倍率とは】難易度と求められる能力を解説

キャビンアテンダントの倍率とは

キャビンアテンダントは、女性が憧れる職業のひとつといえます。一般的にキャビンアテンダントの採用試験は難易度が高く、高倍率です。女性が憧れる仕事のひとつに挙げられる職業であるため、当然といえるでしょう。

しかし、一時に比べると倍率は低くなっているようです。それでも人気の職業であるのにかわりはないため、他の職種と比べると高倍率になりがちですが、そんなキャビンアテンダントになるにはどうすればいいのでしょうか。キャビンアテンダントの倍率と、就職する方法についてみていきます。

キャビンアテンダントは高倍率で人気の職業

キャビンアテンダントは、人気の職業であるがゆえに高倍率といえます。しかし、実際の採用人数や採用試験の回数を見ると、難関の職種とは言い難いようです。近年の航空会社では、機器の大型化や観光客の増加により、採用人数も増加傾向にあるといえます。

また、外資系の航空会社でも採用を積極的におこなっていることから、採用人数は増えているといえます。一般的に高倍率であるといえるキャビンアテンダントの、実際の倍率について解説していきます。

倍率は100倍を超えることもある

キャビンアテンダントの採用倍率は、100倍を越えることもあるようです。そもそも倍率とは、募集人数が10名のところに500人の応募があれば50倍となります。仮に1000人の応募であれば、100倍の倍率になります。

倍率が100倍といわれると、就職するのは難しいと考える就活生も多いでしょう。しかし、試験対策を充分にしていれば、どんなに高倍率といわれる採用試験であっても、合格できる可能性は十分にあります。倍率にとらわれず、チャレンジしてみてもよいでしょう。

キャビンアテンダントの採用倍率はどれくらい? | キャビンアテンダントの仕事・なり方・給料・資格を紹介 | Career Garden

記念受験をする人も多い

女性が憧れる職業のひとつとされるキャビンアテンダントですから、記念受験をする就活生もいるようです。記念受験をする就活生が多ければ、必然的に倍率がアップすると考えられます。したがって、応募者人数をみると倍率が高いといえますが、全員が内定獲得を目指して試験を受けている就活生ではないといえるでしょう。

記念受験でキャビンアテンダントの試験を受ける場合は、充分な対策をおこなっているとは言い難いです。そのため、早い段階でふるいにかけられることが多いといえます。

現在はLCCの登場で倍率が下がりつつある

ひと昔前まではキャビンアテンダントとして就職できる選択肢はそれほど多くありませんでしたが、現在ではLCCの台頭により倍率は下がっています。これは就職の選択肢が増えたからであり、志望する学生がある程度分散されたことが理由でしょう。

そのため、大手以外でLCCを目指すことも可能であり、どこを狙うかによって難易度が異なるといえます。ただし、LCCは最低限のサービスに限定していることも多く、大手と比較するとキャピタルアテンダントとしての業務内容が限られていることも少なくありません。

志望先を決める際には、業務内容までチェックしておくことが大切です。やりたいことがその企業でできるか確認してから、志望先を決めるようにしましょう。

キャビンアテンダントになるには

実際にキャビンアテンダントとして就職するにあたっては、どのように選考対策をするか考えなければなりません。一般企業とキャビンアテンダントでは就職の勝手が違っていることも多いため、独自の対策をすることが大切です。

また、そもそもキャビンアテンダント自体の就職難易度は依然として高いため、事前準備は念入りにおこなわなければなりません。就職を目指すとなった時にどのようなことをすべきなのかを知り、選考に備えておきましょう。

企業研究をして自分に合う航空会社をみつける

キャビンアテンダントを目指すなら、どのような企業が自分に合っているかを考えなければなりません。そのため、企業研究は念入りにおこない、企業ごとの違いを把握しておくことが大切です。

志望先ではどのような人材が求められるのか、その企業は何を理念として事業を展開しているのか確認しておきましょう。ひとくちにキャビンアテンダントといっても企業によってどのような人が求められるかは異なります。

自分のやりたいことが実現できるか、その企業でキャリアアップしていくイメージは持てるかを考えて、志望先を選ぶとよいでしょう。志望先の選定は重要であるため、企業研究は念入りにおこない、自分に適性がありそうな企業を探すことが大切です。

倍率に惑わされないことが大切

志望先を決める際に倍率はひとつの目安となりますが、これがすべてではありません。倍率が高いなら当然就職難易度も高いですが、必ずしも就職できないとは限らないため、積極的にチャレンジすることが大切です。

また、反対の場合も同じであり、倍率が低いからといって、油断すると落ちる可能性があるため注意しましょう。倍率はあくまで参考程度の目安に過ぎず、絶対的な指標ではありません。倍率を気にし過ぎることで緊張や慢心が生まれ、選考に失敗する場合が多いことは理解しておきましょう。

情報に踊らされず、ひとつひとつ全力で臨むことが大切です。事前の選考の対策はしっかりとおこない、油断せずに取り組むことが、内定を勝ち取る一番の近道といえます。

キャビンアテンダントに求められること

それでは、人気の職業ともいえるキャビンアテンダントに求められる要素とは、いったいどんなものなのでしょうか。基本的に、英語力やコミュニケーション能力は、実務においても特に必要とされる能力といえます。

また、自己管理能力もキャビンアテンダントとして働く上で重要です。キャビンアテンダントに必要とされる能力について、理由も含めてみていきましょう。

英語力

キャビンアテンダントに必要な物としては、英語力が挙げられます。世界各国から日本へ訪れる観光客に対応しなければならないため、英語力は特に求められる能力といえるでしょう。また、自らも世界各国へ飛び回る可能性があるキャビンアテンダントだからこそ、多くの外国の方と接することが多くなるといえます。

充分なコミュニケーションを測れるようにするため、TOEICでは600点以上、英検では2級以上の英語スキルが必要です。これ以下の場合は、書類選考で通過できないこともあるようですので、重要性の高いスキルといえます。

コミュニケーション能力

続いて必要とされるスキルが、コミュニケーション能力の高さといえます。キャビンアテンダントの仕事は、年齢・国籍など様々なお客様と接する機会があります。年齢や国籍によって、多種多様な気配りが必要とされるため、お客様に寄り添い、気を配ることがとても大切です。

より多くのお客様に快適に過ごしてもらうために、いろいろな観点からお客様の状況を理解し、心地よい旅のお手伝いをすることがキャビンアテンダントにとって大切な役割といえます。そういった意味で、お客様との密なコミュニケーションが必要とされています。

自己管理力

女性が憧れる職業でもあるキャビンアテンダントですが、決して華やかなイメージだけではありません。夜間のフライト、重い荷物を持ち上げる業務などもあり、体力が必要とされています。

睡眠時間が不規則になることや、国による時差の影響、また長時間のフライトもあるため、健康管理と体力維持が求められる職業といえるでしょう。そのため、自己管理力を身に付けておく必要があります。非常に難しい業種ですので、体力はもちろんのこと、タフな精神も必要といえるでしょう。

キャビンアテンダントは面接も重要な選考ポイント

キャビンアテンダントの採用における面接では、どんなところを見られているのでしょうか。お客様を目の前にして、接客やおもてなしをする職業ですから、言葉づかいや身のこなし方、自然な笑顔は必ずといっていいほどチェックされます。

もちろん、スーツ選びや髪形、メイクなども重要なポイントで、気を抜けないといえるでしょう。面接での質問については一般的な企業と変わらないため、面接官に好印象を与えられるような受け答えが必要です。

キャビンアテンダント養成専門学校とは

キャビンアテンダントになるためには、充分な試験対策が必要です。そのため、キャビンアテンダントの養成専門学校に通うという選択をするのもよいでしょう。専門学校では、航空会社への就職を目的としたカリキュラムが実施されています。

英語、筆記試験、面接といった採用試験で重要となる項目の対策や、エントリーシートの書き方などを細やかに指導してくれます。特に面接での立ち振る舞いについても指導に力を入れているため、日々の努力を重ねればしっかり身に着けられるでしょう。

倍率で諦めずにキャビンアテンダントになる夢をかなえよう

キャビンアテンダントになるための、採用試験での倍率について紹介してきました。一時は狭き門といわれていましたが、昔と比べると採用人数が増えている分チャンスは大きくなっています。

キャビンアテンダントになるという夢を叶えるためにも、充分な試験対策をおこなうことが大切です。美しい立ち振る舞いなど、必須のスキルを充分に磨いて、キャビンアテンダントの夢を叶えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ