筆記試験

【玉手箱を採用する企業は多い】難易度や練習法について

玉手箱とは

就活で最初に突破しなければならない関門のひとつがWEBテストです。一般的に多くの企業で採用されているWEBテストは「SPI 」「ENG 」「玉手箱」「GAB」「TG-WEB」の5種類があげられます。

玉手箱は日本SHL社が提供しており、多くの大手企業が採用しているテストです。SPIも広く知られていますが、内容を見ると玉手箱は問題形式、実施時間がSPIと異なっていることに注意しなくてはなりません。

他のWEBテストと同じだと考えていると、予想していた内容と異なりいい結果が残せなくなることも少なくありません。そうならないように、玉手箱とはどのようなWEBテストか、特徴や問題の傾向をしっかり把握しておくことが大切なのです。玉手箱をクリアするためのポイントもご紹介しますのでチェックしてみてください。

2019年と2020年に玉手箱を実施した企業の一例

2019年度と2020年度に、玉手箱を実施した企業はたくさんあります。2年連続で玉手箱を採用した企業もありますし、その年度によって異なる場合もあるため油断してはいけません。

2019年度は、アサヒビール、TBSテレビ(アナウンサー)、西日本旅客鉄道、日本生命保険、富士通、みずほ銀行、メリルリンチ日本証券などが実施しました。2020年度はアクセンチュア、TBSテレビ(アナウンサー)、富士通、メリルリンチ日本証券、東日本電信電話、フューチャーアーキテクトなどがあげられます。

TBSテレビ、富士通、メリルリンチ日本証券は、2019年度と2020年度で共通して採用していることが分かります。富士通などは玉手箱だけではなく、WEBCABも同時に実施していることは見逃せません。

玉手箱の特徴や問題の種類

玉手箱対策をおこなうには、特徴や問題形式を把握していなければ話になりません。WEBテストはさまざまな会社から製品が販売されており、それぞれに特徴があります。そのため、ひとつのWEBテストをしっかりおこなったとしても、玉手箱も簡単にできるというものではありません。

玉手箱は日本SHLが販売しています。この会社は、CAB・GBAという玉手箱とは違ったWEBテストも販売していることは無視できません。玉手箱では、このCABやGBA形式の問題が出題される場合があるため注意してください。では、玉手箱の主な特徴をチェックしていきましょう。

玉手箱では問題形式1種類に対し複数の問題が出題される

玉手箱の大きな特徴は1種類の問題につき複数問、同じ種類の問題が延々と出題されるところです。そのため、ある程度パターンを掴めさえすれば、後は同様の問題のためすぐに答えられます。また、問題の出題パターンも8種類程度ですから慣れてしまえば怖くありません。

だからといって、油断は禁物です。得意な種類の問題が出てくればいいのですが、苦手な問題だった場合、行き詰ってしまう可能性は十分にあります。WEBテストは自宅でもおこなえますが、遊びではないので心理的な状況も普段とは違ってくるでしょう。

そうならないよう、解くためには何をどうすればよいか、頭の中にしっかりインプットしておくことが重要です。冷静にどんな問題形式なのか理解しておきましょう。

問題の種類は計数理解・言語理解・英語・性格テスト

問題の種類は、計数理解・言語理解・英語・性格テストです。計数理解は、四則逆算、図表の読み取り、表の空欄の推測などの問題が出題されます。言語理解の問題は、論理的読解(GAB形式の言語)、趣旨判定(IMAGES形式の言語)、趣旨把握です。

英語は論理的読解(GAB形式の英語)、長文読解(IMAGES形式の英語)となります。性格テストは、人に対する性質や感情のコントロールができるかなどを診断する内容です。

四則逆算の問題を一例あげると、20×□=38+□などというものです。答えは2となりますが、慣れなければ少し考えてしまう人も多いでしょう。図表の問題もグラフなどを見て問題を答える物、表の空欄の推測では「?」と書かれている部分を表内の数値から法則を読み取って推測するという内容です。どれも、電卓や紙がないと簡単には解けないでしょう。

玉手箱の難易度の差が広い点に注意

玉手箱の難易度の差が広いことにうんざりする就活生も少なくありません。小学生程度でも解けるような簡単な問題が出題された次に、少し考えただけでは分からないような難問が出てくるという具合です。難易度の高低差に振り回されてしまい頭が混乱することも珍しくありません。

むずかしい問題を解くのに時間をかければ、すぐにタイムオーバーとなります。その点をどう攻略するかが、玉手箱をクリアするカギのひとつといえるでしょう。ただ、玉手箱は難易度の幅が広い以外にも注意したいポイントがあります。

制限時間が短いことも要注意

制限時間が非常に短いことも、玉手箱の特徴です。基本的にWEBテスト全般に制限時間はあるのですが、玉手箱はその点のハードルが非常に高いと考えてください。簡単な問題と難しい問題がありますが、難しい問題を意地になって解こうとすれば、簡単に制限時間を超えてしまうでしょう。

また、直感だけに頼って答えるのもおすすめしません。直感で解くような問題ではなく、ある程度考えなければ正しい答えは出てこない内容のものばかりだからです。問題の解き方さえきちんと理解すれば、簡単に答えられるような物でもありません。

玉手箱は短い制限時間の中で頭を働かせて正しい答えを素早く導き出す能力が試されていると考えてください。そのためには、問題にとにかく慣れるしかないのです。

同じような形の問題を延々解かなければならない

同じような問題だからパターンに慣れれば簡単と思いがちですが、油断しないようにしてください。玉手箱以外にはなかなか見られない特徴であり、大きな難関のひとつになっているからです。特に飽き性の人には大敵といえるかもしれません。

例えば、小学生がやっているような計算ドリルを延々とやり続けなければならないとなると、どうでしょうか。最初は集中力を保てるかもしれませんが、徐々にうんざりしてきます。そうなると、通常なら間違えないような簡単な問題でも、ミスが続く可能性もゼロではありません。集中力だけではなく、忍耐力も試されていると考えたほうがよいでしょう。

玉手箱の練習をするときのポイント

玉手箱に慣れるには、とにかく練習しかありません。問題の解き方を完全にマスターすることは大切ですが、それだけで満足していると、本番に集中力が続かなくなる可能性があります。ネックである制限時間が短いという点も、練習次第で乗り越えることができるはずです。
WEBテストの中で「玉手箱だけが苦手」ということにしないためにも、適切な練習方法で練習をおこないましょう。練習と言ってもむずかしいものではありません。玉手箱の練習をするとき、少し意識しておきたいポイントをご紹介します。

問題集を何度も解いてパターン把握する

玉手箱の練習方法として、問題集を何度も解くようにしてください。そうすれば、徐々にパターンを把握することができます。問題を解くことに慣れていけば、集中力が簡単に切れないようになるはずです。特に過去問が掲載されているような問題集を一冊だけでなく数冊持っていてもよいでしょう。

玉手箱は毎年、まったく異なる問題が出るというものではありません。毎年、似たような問題が出題されるという話があるからです。そうであるならば、過去問を解き続けるのは練習法として適しています。

玉手箱の問題集には、解き方のコツなども紹介されているはずです。玉手箱が苦手な人はじっくりと熟読したほうがよいでしょう。生まれて初めて玉手箱をする就活生にとっても、きっと助けになります。問題集以外にも、インターネットには玉手箱に出てくるような四則逆算などを紹介しているサイトもあるため、チェックしてみてください。

紙に書く・電卓の操作に慣れておく

玉手箱のパターンに慣れたとしても、暗算で簡単にすぐ答えが出るものばかりではありません。そのため、練習中から紙に書くことや、電卓の操作に慣れておくのをおすすめします。ぶっつけ本番で紙と電卓を使って問題を解こうとしても、上手くいかない可能性が高いからです。

難問の場合、頭でどんなに考えても情報が複雑過ぎて混乱することは少なくありません。しかし、紙に書いて視覚的な情報も得られれば、簡単に解ける場合がよくあります。

電卓についても、ボタンが小さな物だと使いにくさを感じるものです。関数電卓で大きなボタンの物を普段から使ってみましょう。普段から使いこなせていれば、本番になったとき、紙と電卓の使い方で慌てることもなくなるでしょう。

分からないところは飛ばして多く解くことを意識する

玉手箱に限らず、全てのWEBテストの練習に共通することですが、分からない問題はあまりこだわらず、飛ばしてとにかく多く解くことを心がけてください。合格点などを特別意識しないようにすることも肝心です。意識すればするほどプレッシャーとなり、精神的に追い詰められる可能性があります。

玉手箱は最後まで到達することで高得点になる傾向にあるのも無視できません。1つの問題にこだわり続けていればすぐにタイムアップとなります。最初のほうでそのような問題に出くわしたら、結果的に点数は伸びないでしょう。そのため、分からない問題は飛ばすという早めの決断が求められるのです。

1問解けないという痛みはあるかもしれません。ただ、多く解くという部分ではその判断が正解だったという意識で取り組みましょう。

長文を読むことに慣れる

言語問題では、長文を読んで問題を解きます。長文の問題で一番の大敵は、やはり制限時間です。問題の意味をしっかり理解しようと本番に熟読していると、すぐにタイムオーバーになってしまうでしょう。そのため、長文を読むことに慣れることが大切なのです。

玉手箱の論理的読解などの言語問題では、1つの長文に対して4つの問題が出題されます。そのため、合計32問の問題に答える際には、8つの長文を読むことになります。それを15分で解かなければなりません。また、企業によっては13つの長文に対して52問の問題が出題され、それを25分で解かなければなりません。つまり、1問2分程度で解かなければならないのです。

趣旨判定でも、長文が出てきます。やはり論理的読解と同じく長文を読んで意味を正確に把握しなければなりません。ぶっつけ本番で長文が出たとき、慣れていなければまず解くことはむずかしいでしょう。ひとつの問題にひっかかって飛ばしても、また次も同じです。練習から長文に慣れておくようにしましょう。

速読をマスターしておく

長文を読むためには、速読をマスターすることが近道です。ただ、本を読む速度を上げるような読み方ではありません。玉手箱に出てくる長文問題を早く読んで内容を正確に理解できることが大切です。

そのため、日頃から新聞などを読んでみてください。新聞には多くの長文が出ています。玉手箱で出題される長文問題と同程度の文字数の内容も少なくありません。日常的に新聞を早く読む練習をすることも玉手箱対策となります。

新聞には日々の出来事が掲載されていますので、そこで志望企業に関する情報を知ることもあります。そうした最新情報を知っていることをアピールすれば、採用担当者の評価も高まるでしょう。ただ、新聞だけではなく玉手箱の問題集もチェックしてみてください。そうすることで、徐々に早く読めるようになるはずです。

インターンシップの選考で玉手箱を実施する企業もある

インターンシップは、大学2年の頃から志望企業に応募するような人もいます。また、優秀な就活生を他の会社より早く見つけることができるため、企業も力を入れています。

企業は、インターンシップの選考でもWEBテストをおこなうところが増えています。例えば、2020年度はSMBC日興証券や、日立製作所、富士通や三菱倉庫などが玉手箱を実施しているようです。2019年は、日立製作所をはじめ、ユニ・チャームなど、名前の知られた大手企業が玉手箱をインターンシップ選考のために実施しています。

インターンシップの選考でもチャンスを逃さないよう、しっかりとWEBテスト対策をおこないましょう。

玉手箱の実施企業を把握して事前対策をしておこう

玉手箱を実施する企業は多くあります。WEBテストにおいて玉手箱をよく採用する企業を把握しておくことは大切です。ただ、過去に玉手箱を採用したからといって、以降もずっと実施しているとは限りません。

それでも、どの企業がどんなWEBテストを採用したか、書籍やインターネットで情報を集めておくことは大切です。企業がおこなっているWEBテストの種類を把握したうえで、対策するようにしましょう。

普段から玉手箱の問題集などを何度も解いて対策をしていれば、WEBテストも怖くないはずです。紙や電卓を普段から使いこなして、焦らずに対応できるようにしておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ