面接対策

【就職の面接にかかる時間とは】会場への到着は何分前がいいのか解説

就活で面接する時間は意外と長くない

就職の面接時間は、ある程度決まっています。基本的には長時間おこなわれませんが、1時間以上かかることもあり、しっかりと事前準備しなければなりません。そして、面接時間が長くても短くても、あまり選考結果に関係ありません。選考する段階によって時間が異なるため、短いからといって内定を諦める必要はないでしょう。

この記事では、こうした就職の面接にかかる時間についてさまざまな角度から解説します。就職の面接時間について理解を深め、内定を近づけましょう。

就活の平均面接時間

就活の平均面接時間は、30分から1時間程度です。これぐらいの時間があれば、志望動機など、聞きたいことをすべて聞けるからです。1時間以上かかったり、10分以内で終わったりすることもありますが、面接時間の長さと合否は無関係であることを理解しておきましょう。また、選考段階によって面接時間も変わり、1次面接は長くなる傾向にあります。はじめて顔を合わせるからこそ、どういう人物なのか知るために、長時間面接がおこなわれます。

面接は30分から1時間程度

基本的な面接時間は、どの会社も30分から1時間程度です。1時間もあれば、聞きたいことを質問できると面接官は考えている傾向にあります。30分から1時間の間で、さまざまな質問があります。自己紹介、長所・短所、志望動機、自己PR、学生時代についてなどは、よくある質問です。

面接官からの質問にしっかりと答えられるよう、事前に準備をしておきましょう。その際、業界・企業研究は欠かせません。業界や会社について理解を深めることは、就活において、非常に重要なことです。また、先輩たちからアドバイスを受けるようにしましょう。どのような質問が出るのか、何を答えればよいのか、OBやOGであれば、詳しく知っています。

1時間以上かかることもある

面接が1時間以上かかるケースもあります。1時間以上かかってしまう場合は、はじめから会社が長い時間をかけようと決めている可能性があります。あるいは、合格にするのかまだ判断ができていないなどの理由で、より就活生について理解するために、長時間の面接をしている時もあります。

1時間以上かかる面接だけではなく、10分以内に終わってしまうケースもあります。短い時間の面接は、前段階の面接において非常に評価が高く、ほぼほぼ合格が決まっており、面接というよりは、顔合わせに近いです。もちろん、10分以内であっても、不合格の時はありますので、どのような状況であっても、気を抜かないようにしましょう。どんな時間になっても、しっかりと受け答えできるよう事前対策は必須です。

1次面接は長くなる傾向

1次面接、2次面接、最終面接という選考段階によって、面接時間は変わります。基本は会社によって異なりますが、1次面接は長時間の傾向にあります。なぜなら、就活生と面接官がはじめて顔を合わせるからです。

また、1次面接では人柄などを含めて、どのような人物なのかひと通りチェックするため、どうしても長くなってしまいます。もちろん、1次面接が短く、2次面接、最終面接に長時間かける会社もありますが、基本的には1次面接において、履歴書のみではわからないことを確認されるでしょう。

そのため、1次面接は非常に重要な面接ですが、2次面接、最終面接も同様に気を抜かないように受け答えしなければ、内定が遠のいてしまいます。

適切な就活の面接時間帯

面接時間の長さだけではなく、面接する時間帯についても理解を深めましょう。どの時間帯でもたいして変わらないと考える就活生も少なくありませんが、最適な時間帯はあります。それは、10時から12時までの間です。10時から12時までであれば、就活生も採用担当者も、集中して面接できます。

昼以降は、ランチを食べて眠くなってしまったり、疲労が蓄積していたりして、集中が持続しない可能性もあり、面接に適した時間とはいえないでしょう。夕方以降もずっと面接をしている場合は、ひどく疲れている可能性があり、せっかくの機会を台無しにしてしまうかもしれません。そのため、自分で面接の時間を指定できる場合は、午前中の面接をおすすめします。

就活の面接会場に到着する最適な時間

面接会場に到着する最適な時間についてみていきましょう。面接会場には早く着きすぎても相手に迷惑をかけてしまいますし、ギリギリの到着もなるべく避けるべきです。早すぎず遅すぎず、余裕をもって到着することが大切です。

当日適切な時間に到着するためには、事前に住所を調べ、電車遅延などを考慮して、早めに家を出るようにしましょう。遅刻は、面接官に好印象を与えられません。遅刻しそうになった時は、必ず電話連絡をする必要があります。面接日よりも前に到着が遅れることが確定している時には、前もって連絡を入れて面接官に迷惑をかけないようにしてください。

ベストな時間は面接10分前

面接10分前に会場に到着すれば、何を答えればよいのか復習できる時間を設けられますし、心を落ち着かせられるメリットもあります。遅刻は厳禁ですが、会社に迷惑をかけないようあまりにも早く到着してしまうことも避けてください。

10分前とは、面接会場のあるビルに到着する時間ではなく、受付時間です。ビルへの到着が10分前の場合、エレベーターの混雑状況によっては、間に合わない可能性もありますので、注意しましょう。特にお昼に近い時間帯であれば、エレベーターは混みますし、さまざまな会社が入っているビルの場合、一度で乗り切れない時もあります。余裕をもって、家から出る時間をコントロールしましょう。

10分前に到着するコツ

10分前に到着するためには、面接会場の住所を調べておきましょう。最寄駅だけではなく、何番出口を出ればよいのか、最短ルートはどの道なのか、しっかりと把握しておきます。可能であれば、面接日の前に、面接会場に実際に行き、ルートなどを確かめておきましょう。

「徒歩〇分」という案内があったとしても、予想以上に時間がかかる可能性もあります。また、たくさん信号のある道だった場合、信号待ちによって遅刻してしまうリスクもあります。

電車やバスなど、公共交通機関を使って面接会場に向かうことが多いですが、事故や渋滞などに巻き込まれてしまう可能性はゼロパーセントではありませんので、早めに会社の近くに到着しておきましょう。

遅刻しそうになった時の対処法

万が一遅れてしまうことがわかった場合、早めに会社に連絡を入れましょう。遅刻は厳禁ですが、どうしても間に合わない場合は、ギリギリの時間ではなく早めに電話して謝罪し、急いで面接会場に向かいます。

遅刻すると連絡を入れれば、面接官も無駄な時間を過ごさずに済むでしょう。面接日よりも前に、なんらかの事情で遅れてしまうことが発覚した際は、遅くとも前日に連絡しましょう。なぜ遅れるのか、どうしてその面接日に設定したのかなど、聞かれる可能性もありますので、しっかりと受け答えできるよう回答を考えておいてください。

前日までに連絡することで、採用担当者は別の予定を入れられます。相手に迷惑をかけないためにも、連絡を怠らないようにしましょう。

就活の面接時間について理解を深めよう

就職の面接時間は、それほど長くありません。30分から1時間程度を平均時間にしています。しかしながら、会社によっては、1時間以上かかることもありますし、10分以内の時もあります。こうした面接時間の長さは、基本的に合否には関係ありませんので、しっかりと面接対策しておきましょう。

最適な面接時間帯は、10時から12時までの間です。昼前は、採用担当者も集中して面接できます。就活の面接会場に到着する適切な時間は、10分前です。ビル到着時間ではなく、受付時間であることを認識しておきましょう。

遅刻しそうになった時は、すぐに会社に連絡を入れてください。遅刻は厳禁ですが、謝罪しなければ、さらに悪い印象を与えてしまいます。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ