面接対策

【面接通知の電話に出られなかった場合の対処法】慌てずにマナーを守って折り返せば印象アップ

面接通知などの電話に出られなかった場合の対処法

就活中は忙しいことも多く、企業からの面接通知の電話に出れらないことも多いです。企業からの電話は一度で出るに越したことはありませんが、他社の選考や説明会などに参加していた場合は電話を取ることはできません。アルバイト中などで電話に気づかないこともありますし、企業からの電話に出られないことは就活中はよくあることです。

面接通知の電話に出られないからといって、その場で面接へ参加する権利を失うわけではありません。電話に出られなかった場合でも、その後の対処次第で面接に進むことはできますし、上手くすれば好印象を与えることもできます。電話に出られなかった場合はその後の対処が大切ですので、どのように対処するのがベストなのかを知っておきましょう。

企業からの電話に出られなかった場合

就活中は忙しく動き回っていることが多いですし、企業からの電話に気づけなかったとしても仕方のないことも多いです。しかし電話に出られないからといって、そのままにしておいていいわけではありませんし、きちんと対処して企業とやりとりをしなければなりません。

企業から電話がかかってくるということは、何らかの連絡事項があるということです。電話に出られなかった場合はどのように対応すればいいのかを知り、企業とスムーズに連絡を取っていきましょう。

①折り返しの電話は必須

企業からの電話に出られなかった場合は折り返しは必須です。そのままにしておくと企業にも迷惑がかかり、自分の就活もストップしてしまうので、必ず折り返し電話をかけるようにしましょう。自分から折り返しをしなくても企業から再度電話がかかってくる場合もありますが、2回目の電話にも出られないと印象は悪くなってしまいます。

不在着信を確認すれば自分から折り返すのがマナーですので、企業からの連絡を待つのではなく自分から素早く電話をしなければなりません。また折り返しの電話をしないことで選考に臨む意欲が低いと思われる可能性もあります。企業によってはあえて2回目の連絡をせず、学生からの電話を待っているケースもありますので、不在着信を確認すればすぐに折り返し電話をしましょう。

②折り返し前に留守電を確認

電話に出られなかった場合は素早く折り返しをするのがマナーですが、電話をかける前に留守電を確認しておくことが大切です。不在着信があった場合は、留守電にメッセージが入れられていることが多いです。企業によっては留守電で指示をする場合もあり、内容によっては折り返しが必要ないこともあるので必ず確認してから電話するかどうかを決めましょう。

また、折り返し不要とメッセージが入っていた場合は、折り返さないのがマナーです。不要にも関わらず折り返してしまうと担当者の手間を止めてしまい、迷惑がかかるので注意しなければなりません。再度企業からかけ直すとメッセージが入っている場合は、学生側から折り返し電話をして問題ありません。

電話やメールのマナーを見直そう

就活中は、企業にメールを送ることや電話をかける機会が多くあります。これらは、ビジネスマナーをきちんと守ることが大切です。メールや電話のマナーは社会人として必要なスキルでもあるため、就活中から身に付けておくといいでしょう。

マナーを身に付けるために目を通しておきたいのが「就活マナーマニュアル」です。就活に必要なマナーが網羅されており、メールや電話のマナーについても詳しく掲載されています。日程調整などのメール例も紹介しているため、確認しておくと役立ちます。 無料でダウンロードして、電話やメールでの失敗をなくしましょう。

電話に出られなかったときの折り返しのマナー

企業からの電話に出られなかった場合は折り返し電話をするのが基本的なマナーですが、折り返し電話にもさまざまなマナーがあるので注意が必要です。せっかく折り返し電話をしてもマナーが守れていなければマイナスの印象を与えてしまいますし、それによって評価が下げられてしまう可能性もあります。

就活では電話のマナーも評価の対象として見られていますし、細部まで気をつけて電話をしなければなりません。折り返しのマナーを知って、失礼のないように電話をかけましょう。

①折り返し電話は24時間以内に

企業からの電話に出られなかった場合は、すぐに折り返しをするのがマナーであり、24時間以内に折り返しをすることを心がけましょう。同じ折り返しをする場合でも、連絡が遅くなればなるほど企業に迷惑がかかりますし、優先度も低いと思われ印象が悪くなりやすいです。

基本的には24時間以内であればOKですが、早ければ早いに越したことはありません。24時間にこだわる必要はなく、可能であればすぐに電話をしておくことが大切です。また折り返しは早いほどいいですが、電話の時間帯にも注意が必要です。始業や終業、担当者が不在の可能性が高い昼休みの時間帯で電話をかけると企業に迷惑がかかるので、それらの時間帯は避けて折り返すようにしましょう。

②メモと筆記用具を用意

面接についての電話の場合は、重要なやり取りをすることが多いため、必要な情報を聞き逃さないためにも、メモと筆記用具を用意してから電話をかけることが大切です。折り返し電話はただ電話をかければいいわけではなく、必要な情報をやり取りすることが目的です。

折り返し電話をしても肝心の用件が伝わっていなければ意味がありませんので、企業からの連絡を聞き逃さないためにもメモや筆記用具は必ず用意しておきましょう。また些細な情報でもメモしておくことが大切であり、どんなことでも聞き逃してはいけません。聞き逃したからといって、企業に再度連絡をするのは迷惑がかかりますし、印象も悪くなるので、一度できちんと聞き取り、必要なことはすべてメモしておきましょう。

③静かな環境で電話する

折り返しの電話は静かな環境でかけるのがマナーであり、周りがうるさいとそれが相手にも伝わり、印象が悪くなるので注意が必要です。企業からの不在着信を確認すれば、素早く電話をすることが大切ではありますが、早くかけることを意識するあまりに周囲が騒がしい場所で電話をするのはよくありません。

周りがうるさいとお互いの声が聞きとりづらくなり、連絡がスムーズにいかなくなってしまいます。連絡ミスが起きてしまう可能性が高くなりますし、必ず静かな場所に移動してから電話をかけるようにしましょう。外出先で電話をする場合でも、路地に一本入るだけでも周囲の音は全く違います。少し移動するだけで環境は変わりますので、静かな場所に移動してから折り返し電話をかけましょう。

電話に出られないからといって不採用にはならない

【面接でのマスク着用は絶対NG】就活で失敗しないために知っておきたいマナーをご紹介

企業からの電話には素早く出ることが大切であり、レスポンスが早いと好印象を与えやすいです。企業からの連絡にすぐに応じられる=企業への優先度が高く志望度も高いと評価されますし、企業からの電話は一発で出るに越したことはありません。

好印象を与えるためには電話にも一発で出ることが大切ですが、就活中は必ずしもすぐに電話に出られるわけではなく、出られないことも多いです。企業からの電話に一発で出られないと印象が悪いと悩む人は多いですが、それによって不採用になることはありませんので安心しましょう。

基本的には折り返しの電話をすればOK

企業からの電話には素早く出られた方が印象は良いですが、面接の電話に出られない場合でも、きちんと折り返し電話をかければOKです。折り返し電話さえしっかりとしていれば、マイナスの印象を与えることはありませんし、正しくマナーが守れていれば好印象が与えられることも多いです。

電話に一発で出られないからといって、それが不採用の直接の原因にはなることはありません。企業から何度も電話がかかってきているのに応答しない、折り返し電話をしないとなれば不採用になる可能性はありますが、折り返し電話をしていれば大丈夫です。電話に出られないことはマイナスの要素ではありませんので、その後の対応を大事にして企業への連絡をやめないようにしましょう。

無理をして出るより落ち着いた状況で折り返そう

電話に出られなくても不採用にはなりませんが、慌てるあまりマナーに影響し悪印象を与え、それが不採用の原因になる場合はあるので注意しなければなりません。電話に出ることばかりに意識がいってしまい、周囲が騒がしい場所で電話に出たり、電車やバスなどの中で電話に出ているとマイナスの印象を与えてしまうことが多いです。

企業からの連絡には素早く応じることが大切ですが、早さばかりを意識して肝心のマナーが守れていなければ意味はありません。電話に出られない場合は、無理をして出ることを考えるよりも、落ち着いた状況になってから折り返すことが大切です。対処できない状態のときは電話は取らず、落ち着いて電話ができる環境になってから折り返すようにしましょう。

面接通知などの電話に出られなかった場合はその後の対処が重要

就活中は企業と電話でやり取りをする機会も多く、企業からの電話に一度で出られないことも多々あります。企業からの電話は一度で出るに越したことはありませんし、素早く対応できることで好印象を与えることができます。しかし一度で出られない=マイナスの印象になるとは限らず、出られない場合でもその後の対処次第で好印象を与えることは可能です。

企業との電話で大切なのは、いかに素早く出るかではなくきちんとマナーを守って対応できるかです。一度で電話に出られたとしても、マナーができていなければマイナスの印象を与えますし、折り返しでもマナーができていれば好印象になります。企業からの電話に出られなかった場合でも、その後の対処を丁寧におこない、マナーを守って折り返し電話をかけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ