インターン

【インターンシップの期間】短期や長期の違いとメリット・デメリット

目的にあった期間のインターンに参加することが大切

インターンに参加すると、実際の業務を身近に感じることができ、業界や企業についての理解を深めることができます。インターンでの実務体験やグループワークなどは、今後の就活に必要な「志望動機」や「自己PR」を作成する際にも役立つでしょう。

インターンの内容は企業によって異なり、期間も1日~1年とさまざまです。短期か長期かを選ぶ時は、インターンに参加する目的や、期間中に何を学びたいかなどを考えてみましょう。事前に内容をチェックし、自分に合ったインターンを選んでみてください。ここでは、インターンの期間とそれぞれのメリット・デメリット、期間の違いによる特徴などを詳しく解説していきますので、インターン先の企業を選ぶ時の参考にしてみてください。

インターンの期間とメリット・デメリット

インターンシップの期間は企業によって異なり、1dayと呼ばれる1日限りのものから、1年以上にわたり開催される長期のものまで、さまざまな種類があります。

インターンの期間によるメリット・デメリットについて事前に理解しておくと、より有意義なインターンができるでしょう。インターンの期間は、実施時期や目的、特徴によって変わります。それぞれどのような内容なのか確認しておきましょう。

1dayインターンは1日限定

1日限りのインターンは、1dayインターンと呼ばれます。主に企業の説明や、業務内容の紹介、短時間のグループワーク、社員や社長によるセミナー形式でおこなわれます。

実際の業務に関わるというより、企業の全体的な事業内容について知ることが目的です。企業側は、就活生に自社について興味を持ってもらうという狙いがあります。

1日完結型のためスケジュールに組み込みやすく、気軽に参加できるのが特徴です。募集人数も多く選考がないのが一般的ですので、志望企業が絞り込めていない人、まずはさまざまな業界について知りたい人、企業のホームページにはない情報を得たい人などにおすすめです。企業の業務内容を知りたい、社員の話を聞いてみたいと感じている人は参加してみましょう。

メリット:短時間のため参加しやすい

1dayインターンは、その名の通り1日だけの参加となります。忙しい就活中も参加しやすいのは、1dayインターンの大きなメリットといえるでしょう。選考がないものがほとんどで気軽に申し込みができるため、興味のある複数の業界や企業のインターンに参加できます。いくつかの業界・企業で迷っている時に1dayインターンで話を聞くことで、志望先を絞り込めるでしょう。

また、少し興味のある企業の1dayインターンに参加することで、自分への向き・不向きが明確になります。違う企業へシフトしたり、視野を広げたりするきっかけにもなるでしょう。1dayインターンは、企業について広く浅く、総合的に理解することができます。

デメリット:実際の仕事に対する理解は深まりにくい

1日限りのインターンは、気軽で参加しやすいというメリットがありますが、企業説明や職場体験、簡単なグループディスカッションなどがメインとなるため、実際の仕事内容についての理解は深まりにくいでしょう。1日の仕事の流れや職種による業務の違い、職場の雰囲気などについてもっとよく知りたいという人には、1日だけでは物足りないかもしれません。また、社員と個別で話す時間がなく、質問ができない可能性もあります。

1dayインターンは実務をおこなうというより、職場体験が主な目的です。まずは、さまざまな業界や企業について知るために参加して、より理解を深めたいという場合には、短期インターンや長期インターンに応募する方がよいでしょう。

短期インターンは1週間~1か月程度

短期インターンは、一般的に1週間~1ヶ月程度の期間で実施されます。学校が休みとなる夏季や冬季におこなわれることが多く、それぞれサマーインターンやウィンターインターンと呼ばれています。1dayインターンに比べると、より実践的な体験をする傾向があり、課題解決のためのグループワークや、結果を発表するプレゼンテーションなどがメインです。

企業によっては、短期インターンで優秀な成績を収めると、本選考の面接が免除になるなど優遇されることもあります。実際の業務を社員と共におこなうケースは少ないですが、なかには給与をもらえる短期インターンも存在します。短期インターンは、長期休みを利用することで学業と両立しやすいという特徴があり、毎年多くの就活生が参加しています。

メリット:長期休暇に開催され参加しやすい

ほとんどの短期インターンは、学生が長期休暇になる8~9月、2~3月に開催されるため、学業と両立しやすいというメリットがあります。インターン参加のために学校を休む必要がなく、単位についての心配がありません。

また、短期インターンは、実施期間が1週間~1ヶ月に設定されているため、複数の企業への参加も可能です。興味のある企業のインターンへ参加することで、それぞれの違いや特徴、自分と企業が合っているかなどが、確認できるでしょう。学校の長期休み以外でも、6月や10月などにおこなわれる短期インターンもありますので、夏季・冬季を逃してしまっても参加は可能です。スケジュールと合わせて、開催時期を確認してみましょう。

デメリット:職場の雰囲気をつかむ前に終わってしまう

短期インターンでは、企業説明や職場見学に加えて、グループワークをおこなう企業が多くなっています。実務を経験する機会は少なく、与えられた課題についてディスカッションをしたり、解決策を見つけてプレゼンテーションをしたりなどがメインです。

1dayインターンに比べると、企業の業務内容や仕事における課題などを知ることができますが、期間中に職場の雰囲気を深く理解するのは難しいでしょう。

参加者同士で交流する機会は多いですが、社員と直接話をして質問できる時間が少なく、業務に必要な技術を学ぶチャンスもあまりないといえます。実際にその企業で働く時のイメージができず、企業についての理解をもっと深めたいと感じるでしょう。

長期インターンは3ヶ月以上

長期インターンは3ヶ月以上の職業体験をおこない、実際に企業の一員として仕事をします。ビジネススキルや企業で必要な知識、社会人としてのマナーなど、多くのことが学べるため非常に有意義な体験となるでしょう。長期インターンを開催しているのは、スタートアップ企業やベンチャー企業が多く、働くことで給与も発生するのが一般的です。

長期インターンに参加することで、これからの就活の軸や、自分の本当にやりたいこと、向いている仕事などが明確になることもあります。長期インターンは、参加すると本選考で有利になるケースも多く、熱意のアピールにもなります。業界や企業に対しての深い理解や、実践的な技術を獲得することで、今後の就活に役立ちます。

メリット:仕事に役立つスキルが身に付く

長期インターンでは、実際に企業で働く社員と同じ仕事を任されます。企画や書類作成、プレゼンテーションや会議への参加など、社会人として経験する業務を学生のうちから学べるだけでなく、名刺交換のしかたや、企業とのメールのやりとりなど、ビジネスマナーも身に付くでしょう。

卒業して、入社した時点ですでに社会人としての経験があるため、スムーズにスタートできます。また、企業で必要となる専門的なスキルもインターンを通して学べます。仕事で使うパソコンソフトの操作方法や、取引先との交渉の仕方など、先輩に直接教えてもらいながら覚えられるため、インターンが終了する頃には、自分自身の大きな成長を感じられるでしょう。

デメリット:学業との両立が厳しい

長期インターンは、社会人のように企業で働くことになるため、平日・日中の勤務がメインです。3ヶ月以上にわたり企業で仕事をするため、学校を休むこともあるでしょう。学業や、単位取得に影響が出る可能性があるため、計画的にスケジュールを立てなければなりません。

ただ、ほとんどの企業では学業優先を推進していて、一部ではリモートワークなどが可能な業務もあります。就活生の都合に合わせて、働く時間帯や曜日を変更できる企業もありますので、インターンの内容について事前に確認しておきましょう。

長期インターンは実務経験が積める貴重な機会ですが、学業がおろそかにならないように注意しましょう。

長期インターンの勤務日数は週3程度

長期インターンの勤務日数は、週に3日程度としている企業が多くなっています。参加する時期やインターンの内容によって異なりますが、週1日から参加可能な長期インターンや、土日のみの勤務としているケースもあります。

学業やアルバイト、ゼミやサークルなど忙しい毎日のなかで、長期インターンを続けていくのは大変ですが、無理のない範囲で両立できるように、余裕を持ってスケジュール管理をおこなっていきましょう。

希望によって勤務日数や、インターンの期間を決められる場合もありますので、企業の採用情報やインターンの募集要項をしっかり確認し、長期で続けられるか慎重に検討してみてください。インターンへ参加する目的や、何を優先するべきかを明確にすることが大切です。

インターンの期間ごとの特徴を理解して就活を進めよう

インターンの期間は、1日限りの1day、1週間~1ヶ月の短期インターン、3ヶ月以上の長期インターンの3種類に分けられます。

短期間で開催されるインターンはスケジュールが立てやすく、参加しやすいというメリットがありますが、企業への深い理解にはつながらないでしょう。さまざまな企業をみたい、企業の業務内容について説明を受けたいという時に向いています。

一方、長期インターンは実際に業務を体験することで、企業についてより詳しく知ることができ、社会人として必要なスキルやマナーを身に付けられます。ただし、長期間にわたり勤務を続けるため、学業との両立が難しいでしょう。

インターンの期間によって内容や特徴、メリット・デメリットはそれぞれ異なります。インターン参加の目的や、今後の就活のために何を学びたいのかを明確にして、自分にあったプログラムを選びましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ