インターン

【インターンシップの目的を徹底解説】企業と就活生の視点で解説!

インターンシップの目的は企業をより理解すること

学生は何かに守られて生活していることが多いですが、社会人になるとそうはいきません。人生の中でもそんな社会人になるステップとしてあるのが就職ではないでしょうか。そして、就職するためには選考を通らないとなりません。

そんな選考に大きく関わってくるのがインターンシップです。インターンシップを経験したことない就活生はインターンシップと聞いてもピンとこない場合が多いです。インターンシップは企業が提供してくれている就業体験の制度になります。

このインターンシップには多くの目的がありますが、そのひとつが企業をより理解することです。企業を理解することで自分の志望動機なども明確になっていきます。この記事ではインターンシップについて紹介していくので、ぜひ参考にし、就活に役立ててください。

短期インターンシップと長期インターンシップの違い

インターンシップには、短期インターンシップと長期インターンシップという種類があり、それぞれ特徴が異なります。短期インターンシップは、1日~1週間程度であり、会社説明会、あるいは簡単な業務体験などをプログラムにしています。

短期だからこそ手軽に参加しやすいですが、内容が濃いとはいえません。また、1週間程度のインターンシップであれば、選考倍率が高い可能性もあります。

長期インターンシップは、社員と同じように働くプログラムが多いです。業務に理解が深まるだけではなく、会社の雰囲気がわかり、ビジネスマナーなども身に付きます。しかしながら、長い期間働くことになり、学業を疎かにしてしまう可能性があるでしょう。

企業側がインターンシップをする目的とは?

インターンシップは学生にとって社会を実際に経験する場所として重要な機会となっています。しかし、企業にとっても貴重な時間と人材を使って行うのがインターンシップです。企業側もしっかりとした目的を持ち、有効な時間にしようとしています。

学生としてのメリットを考えがちですが、企業としてのメリットや目的を考えることで就活生として見えてくるものがあります。ここでは企業にとってインターンシップをする目的を紹介していきますので、その目的を満たせるような学生としての立ち居振る舞いを意識してみてください。

自己分析のため

インターンシップは、自己分析にも役立ちます。グループワークをおこなった際、他の人とコミュニケーションするからこそ、自分の長所だけではなく、短所も発見できるでしょう。また、インターンシップは、自分に合った業界や会社、職種などを見つけられる可能性もあります。

自己分析は、就活において欠かせませんが、他者と比較するからこそわかるものでもあります。机に座ってじっと考えていても、しっかりと自己分析できるわけではありません。

インターンシップに参加すれば、会社の経営者、社員、他校の大学生とも交流することになり、自分はどのような人物なのか、明確になるでしょう。また、先輩たちの話を聞くだけでも、自己分析に活かせます。

人脈を広げるため

インターンシップに参加する学生の中には、人脈作りを目的にしている人もいます。インターンは、他の学校に通っている大学生だけではなく、社会人にも出会える場所です。社員と接し、関係性を深めることで、OB・OG訪問など、他の就活生よりも内定に有利な機会を得られる可能性があるでしょう。

あるいは、社員と仲良くなることで、内定に直結することも夢ではありません。また、他校の学生たちと知り合うことで、就活に関する情報を共有できます。長期的に考えれば、就職後、インターンで出会った他校の学生が取引先になることも考えられます。

仕事をスムーズに進めるためにも、人脈は必要不可欠といえるでしょう。人との出会いは、ビジネスシーンにおいて非常に重要です。

志望する学生の適性を知る事が出来る

インターンシップは企業の社員と就活生が直接接することができる貴重な機会になります。ですので、採用担当者としても自社を志望してくれている学生はどういった学生なのかということを知る機会として活かすことができるでしょう。そしてインターンシップは普段の面接よりも長い時間学生と時間を共有することに繋がります。

そういった時間を共有することで就活生を見ることができ、自社の適正に合っているのかどうかを見極めことができます。就活生としてもこの機会に、採用担当者に対して大きくアピールすることチャンスでもあります。企業はこういった場所での就活生の振る舞いをしっかりチェックし、選考における情報として役立てる場合もあることを覚えておきましょう。

採用後にすぐに企業を退社されないようにするため

3年で3割の新入社員が離職してしまうというデータがあります。このデータのように、入社して「こんなはずではなかった」と後悔してやめてしまうことがないようにするためにインターンシップを体験してもらう目的もあります。インターンシップでは実際に会社の業務を行うことも多いです。

そして実際に業務をこなすことで、企業側は就活生が就職してからどのような働き方になるのかをイメージすることができる機会です。そして学生側は、実際に社風や会社の雰囲気に触れることができる貴重な機会でもあります。そのような体験を就活生にしてもらうことで、入社してからの企業とのミスマッチを避けてもらうことができます。

早期退職は学生としても企業としても幸せを生まないので、防止しようという意図も含まれているのです。

優秀な人材を見つけるため

企業としては自分の会社に優秀な学生が入ってきてもらいたいというのは当然の意図としてあります。インターンシップは就活の選考の前に行われることが多いです。ですので、選考の前から、優秀な就活生には目星をつけることができます。

そういった学生にはぜひ入社してもらいたいので、早い段階で企業のアピールをし、声をかけることができます。そのようなコンタクトを取り、つながりを持つことは就職活動を進めていく中でも大切なことです。早い段階で内々定を与える企業もあり、さまざまな工夫をすることで優秀な学生に入社してもらう努力をしています。

関連記事
インターンシップ生を受け入れる企業側の目的・意図とは【就活生必見】

学生がインターンシップをする目的とは?

ここまでは企業がインターンシップをする目的について取り上げてきました。ここからは学生にとってインターンシップに参加する目的について紹介していきます。インターンシップは学生にとって非常に重要な機会になります。

しかし、その時間も就活生がどういった目的意識を持っているかで有意義な時間にできるのか、無駄な時間にしていくのかが決まるでしょう。ぜひ、インターンシップを濃厚な時間にするためにも目的を明確にし、インターンシップに参加するようにしましょう。

内定を得られる確率が上げるため

企業にとってのインターンシップに目的でも取り上げましたが、インターンシップは学生と企業が直接接することができる機会です。だからこそ学生にとっても自分をアピールをする貴重な時間になります。インターンシップに参加するということだけでも、企業を志望している上で、意欲的に行動していることが伝わります。

さらに実際のインターンシップの時間で優秀さをアピールすることができるでしょう。また、インターンシップの経験を就活に活かすことができます。インターンシップできた繋がりは就活においても優位性を持ってスタートすることになるでしょう。また、インターンシップの経験を志望動機に入れることで、その企業を志望する信憑性のある動機を伝えることも可能です。

さまざまな業界を知るため

インターンシップへの参加により、その業界の実態を知ることができます。実際に企業の社員と接することで、今の現状の生の情報を知ることができます。業界自体はどれくらいの残業時間が普通なのか、福利厚生は整っているのかなどを知ることもできるでしょう。

また、企業の社風に直接触れることができるのも大きなメリットではないでしょうか。社風が明るいのか暗いのかや社員が熱心に仕事に取り組んでいるのかも確認することができます。このように業界や企業のことを知ることにより、自分に合った社風を判断することができます。

社風は言語化しても伝わりにくく、体験してみることでわかることが多いので、インターンシップでは目的として優先順位を高く持ってみてもよいでしょう。

自分の現在の実力を知るため

優秀な学生として、学校生活では満足している人もいるかもしれません。しかし、社会にでると世界が大きく広がります。そのような体験をインターンシップでは体験できるでしょう。

インターンシップで実際に社会人と業務をこなすことができるので、現在の自分の実力を知ることができます。それは社会に出て、今の自分が通用するのかどうかがリアルに判断することができる絶好の機会です。現実的には、がっかりすることが多いかも知れません。

しかし、就活生には実際に入社するまでに時間があります。ですので、一度社会のレベルを経験することにより、そのレベルまでステージを上げるトレーニングをする時間があることをメリットに感じてください。まずはインターンシップでチャレンジして自分の実力を知ることをおすすめします。

インターンシップ参加時に気をつけること3つ

ここまではインターンシップにおける目的にフォーカスを当てて紹介してきました。インターンシップは学生にとっては企業と接することによりアピールもできますし、マイナスの印象を残してし良くない結果にもなりえます。マイナスの印象を残さないためにもインターンシップに参加している間はさまざまなことに注意を払っておく必要があります。

ここでは3つに絞って、インターンシップ参加時の注意するべき点を紹介していきます。

①仕事に必要な勉強をしておく

インターンシップの内容にもよりますが、企業の情報や仕事の内容について質問される場面があります。また、質問されなくても自分から質問したり話すことにより、採用担当者に対してアピールできるチャンスがあります。このチャンスを活かさない手はないです。

だからこそ、インターンシップ前に仕事のことと企業の情報を前もって勉強しておく必要があります。また、仕事のことについて知っておくことは仕事をする上でもより理解を深める上で必要なことになってきます。少しでも仕事について知っていることで実際に業務を経験すると、学べることがたくさんあります。逆に、何も知らない状態で業務を経験しても、学べることは大きく減ってしまうことが多いでしょう。

他の就活生との差をつけるためにもインターンシップ前に勉強することをおすすめします。

②積極的に行動する

インターンシップを社会人と一緒に業務をこなし、社員から仕事のことを教わる場と認識して受身になることは禁物です。社員の方たちはむしろ学生がアウトプットすることにより成長してもらう場として捉えていることが多いからです。だからこそインターンシップに参加する側としては積極的に掴みにいく姿勢が必要になってきます。

インターンシップは選考の場として直接的に判断される場ではないので、積極的に行動して失敗ということはありません。体験を重視している場でもあるので、むしろ恐れて何もしないことを失敗と捉えておきましょう。ぜひ、自分から「インターンシップを活かすんだ」という姿勢を前に押し出し、企業にアピールしていきましょう。

③目標意識を持っておくこと

インターンシップにおいてさまざまな目的について紹介してきました。しかし、インターンシップ全体のテーマは成長することです。1日目より2日目、2日目より3日目が成長しているように行動することを心掛けてください。

だからこそ、なんとなく参加するのではなく、目的意識を持って参加することが重要になってきます。目的意識を持つことで自分が得るべき経験にアンテナを張ることができます。ですので、同じ時間を過ごしていても受取るものが大きく変わってくるはずです。また、PDCAサイクルを意識するのもいいでしょう。

一日の初めに目標を立て、実行し、実行した行動をチェック、そして工夫を考えることを意識すると、目的意識を持った行動に繋がります。ぜひ、参考にしてください。

インターン選考通過者のESを覗き見!

インターンの選考に通るためのESを作成するために、実際の通過者のESを参考にしましょう。そこで活用したいのが「インターン選考通過者が実際に提出したES集」です。JAL、日清製粉、三菱UFJ銀行、大正製薬などの通過者が提出したESを無料でダウンロードできます。設問の内容も確認できるため、事前の対策として持っておきたい資料です。

インターンシップで掲げておくべき目標

インターンシップに参加する際には、目標を設定して参加するのが望ましいと言えるでしょう。インターンシップでは日々、様々なカリキュラムに取り組むことになります。受け身で参加していると、あっという間にインターン期間は終了してしまいます。

インターンシップは、社会人として働くことを体験出来る貴重な機会です。有意義にこの機会を活かすために、目標を掲げて臨むことが望ましいのです。以下、インターンシップで掲げておくべき目標を解説していきます。これらについて目標を設定し、インターンシップを活用するようにしましょう。

仕事で実績を残す

インターンシップで掲げておくべき目標として、仕事で実績を残すことが挙げられます。インターンでは、グループワークのような活動をすることもありますし、実際の職場で社員とともに仕事に従事することもあります。どのような場合でも取り組むカリキュラムに対して、目に見える形で実績を残すことを目標にし、達成できなかった場合には、「なぜ達成できなかったのか」について考えるクセを付けるようにしましょう。

目標を達成できないことには必ず理由が存在しています。その理由を明らかにし、改善していくことで社会人として成長することが出来るのです。そのようなことを可能にするためにも、目に見える形の目標を掲げるようにしましょう。

ビジネスマナーを身に付ける

インターンシップで掲げておくべき目標として、しっかりとしたビジネスマナーを身につけることも挙げられます。職場で活動していると、実際に社員の方とやり取りする場面が多々あります。場合によっては取引先からの問い合わせの電話を受けることもあるでしょう。

普段の話し方だけでなく、メールの文面、電話での話法にも社会人としてのビジネスマナーは存在します。これらは社会人として必ず求められるスキルであり、習得しなければならないものです。インターンシップは、一足先に社会人として働くことを体験することが出来る貴重な機会ですので、この機会を活かしてビジネスマナーを身につけることを目標とするのも良いでしょう。

自分の弱みを克服する

インターンシップで掲げておくべき目標として、自分の弱みを克服することも挙げられます。人見知りでコミュニケーションが苦手な人は、その克服を目標とするのも良いでしょう。企業で働く際、どのような仕事であれ周りと協調することが求められます。企業で行う仕事のほとんどは、グループで進められるものなのです。

社員の輪の中に入って積極的に話す、部署の全員と会話をするなどの目標を設定し、この弱みの克服に取り組むのは非常に重要なことです。インターンシップでは社会人としてのマナー、スキルが要求されます。自分の弱みがその水準に達していないのであれば、その改善に向け目標を立て、行動することで有意義なインターンシップを過ごすことが出来るのです。

インターンシップの目的を理解して参加しよう

インターンシップは学生にとっても企業にとっても貴重な機会です。だからこそそれぞれが目的を持って行っています。学生にとってはチャレンジし、成長することと、企業にアピールすることで選考を有利に進めたいという目的が強いでしょう。

そのためにはとにかく行動しチャレンジすることが重要です。さきほども触れましたが、一番の失敗は行動することを恐れて何もしないことです。何もしないで過ぎる時間ほどもったいないものはありません。

ですので、自分から掴みとりにいきましょう。目的意識を持ち参加したインターンシップは人生を変えるほど大きな出来事になることもあります。ですので、そういった時間にするためにもインターンシップの目的を理解して、有意義な時間にするため前もって準備することをおすすめします。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ