自己PR

【自己PR用のキャッチコピーの作り方】ポイントと注意点を紹介

選考でキャッチコピーを質問されることがある

選考試験の面接で「あなたのキャッチコピーを教えてください」という質問をされる時があります。キャッチコピーは、自分を一言で相手に伝えるためのフレーズです。キャッチコピーをすぐに答えられる人は少ないかもしれませんが、自分の強みや魅力を企業へアピールするために、効果的なキャッチコピーを考えておきましょう。

ここでは、キャッチコピーを作成する時のヒントとなる、企業の意図や、考える際のポイント、注意点などを詳しく解説していきます。また、面接でキャッチコピーを聞かれた際の例文も合わせて紹介します。キャッチコピーがあると、エントリーシートや自己PRにも活用できますので、効果的なキャッチコピーを作成するために、ぜひ参考にしてみてください。

企業がキャッチコピーを質問する理由

企業は、どのような理由で就活生のキャッチコピーを質問するのでしょうか。質問の意図が分かると、相手の知りたいことに対して的確な答えができます。よい印象を与えるキャッチコピーを作るために、まずは企業が何を知りたいのか、どのように答えるべきなのかを考えてみましょう。

企業がキャッチコピーを質問する理由は、自己分析ができているかをみるため、就活生の長所や魅力について知るためだと考えられます。それぞれの理由を詳しく解説していきます。

自己分析ができているかをみるため

企業がキャッチコピーを聞く理由のひとつは、自己分析がしっかりできているかを確認するためです。自分を客観的に分析し理解できている人は、得意分野で強みを活かし成果を出すことができますし、苦手な分野では欠点をカバーするために努力したり、周りの人と協力したりと、困難な場面でも冷静に対応できます。社会人として企業で活躍するためには、自己分析は不可欠といえるでしょう。

自己分析ができていなければ、短いフレーズで自分の特徴や魅力を的確に表現するキャッチコピーを作ることはできません。効果的なキャッチコピーが作れる就活生は、自己分析能力が優れていて、企業での活躍が期待できる人材だと感じられるでしょう。

就活生の長所や魅力について知るため

選考試験では、書類や面接などから企業で活躍できる人材を見極めなければなりません。一人ひとりに時間をかけていられないため、短いフレーズで長所や魅力が分かるキャッチコピーは、選考の大切な判断材料となるのです。また、キャッチコピーをきっかけとして就活生がどのような人柄か、興味をもつこともあるでしょう。

企業はキャッチコピーを聞くことで、就活生の長所や魅力について知りたいと考えています。多くの応募者のなかで、ユニークで強い印象を残せるキャッチコピーがあれば、周りと差をつけて、選考を有利に進めることが可能です。自分の長所や魅力を企業にしっかり伝えられるようなキャッチコピーを考えてみましょう。

自己PRのキャッチコピーを考える際のポイント

では、実際に自己PRのためのキャッチコピーを考えてみましょう。キャッチコピーを考える際には、今の自分を的確に表現できるようなフレーズにして、ありきたりな言い回しは避けるようにするのがポイントです。

インパクトのあるキャッチコピーを作りたいからといって、嘘のエピソードを入れたり、誇張したりするのはNGです。ポイントを参考に、あなたの魅力が十分に伝わるようなキャッチコピーを考えてみてください。

今の自分を表すキャッチコピーを考える

キャッチコピーは、「今の自分」を企業へ伝えられるようなフレーズにしましょう。「〇〇になりたいです」「〇〇を目指します」など、今後の夢や目標をキャッチコピーとして述べる人がいますが、これではあなたの長所や魅力が企業へ伝わりません。キャッチコピーを聞かれているのにも関わらず、将来の自分の姿を語ってしまうと、質問の意図を理解できていないと感じられます。

企業が知りたいのは、あなたがこれまでにどのような経験をしてきたのか、現在はどのようなスキルや能力を持っているかということです。キャッチコピーを考える際には、これからなりたい理想の姿や目標ではなく、今の自分を的確に表現できるようなフレーズにするのがポイントです。

ありきたりな表現は避ける

キャッチコピーとしてよくみかけるのは、修飾語と名詞を組み合わせたパターンです。「私は〇〇な〇〇です」などの答えは、自分の魅力を表現しやすいフレーズですが、ありきたりになりがちです。多くの応募者が、同じようなキャッチコピーを言うなかで印象を残すためには、オリジナリティのあるユニークな表現が必要になります。

よくあるパターンだからといってマイナスの評価になることはありませんが、強いインパクトは残せないかもしれません。ただ、意外性を狙っても相手に意図が伝わらなければ意味がありませんので、慎重に考えてみましょう。まずは自己分析をおこない、自分のどのような強みを企業へ伝えるべきか明確にして、そこからキャッチコピーを作ってみてください。

自己PRのキャッチコピーを考える際の注意点

優れたキャッチコピーは、自己PRとしても効果的です。自分の魅力を、短いフレーズのなかでしっかり伝えられるようなキャッチコピーを考えてみましょう。ただし、気を付けなければならないのは、ウケを狙いすぎて大喜利のようになってしまうことです。

また、どれだけ強い印象を残せたとしても、相手にいいたいことが伝わらなければ、自己PRにはなりません。キャッチコピーを考える際のポイントと合わせて、注意点も確認しておきましょう。

大喜利にならないように気を付ける

ありきたりな表現を避け、インパクトを与えたいからといっても、大喜利のようなキャッチコピーはNGです。選考面接はウケを狙うのではなく、あなたの魅力を企業へ伝えて活躍できそうだと感じてもらう場面です。ユーモアは大切ですが、相手を笑わせようとすると逆効果となってしまう可能性があります。

面接の場にふさわしくない発言を、失礼だと感じる面接官もいるでしょう。キャッチコピーはあくまで、相手に自分の強みや長所を伝えるために作るものですので、その目的は忘れないようにしてください。他の就活生との差別化は重要といえますが、意外性やインパクトと、大喜利でウケを狙うのは別のものだと考えておきましょう。

相手に伝わる言葉選びを心掛ける

面接は担当者とのコミュニケーションのなかで、自分をアピールしていくのが基本です。お互いに何を聞いているのか、何を知りたいのかを理解することで、スムーズな会話が成立します。キャッチコピーを作る際にも、相手が理解できるような、分かりやすい言葉を選ぶように心掛けてみてください。

自分ではいいと思ったキャッチコピーでも、聞いた相手がその言葉を知らなければ意図が伝わりません。また、説明を聞かなければ、意味を理解できないような言い回しもNGです。キャッチコピーを考える際には、変わった表現やあまり知られていない言葉は避け、多くの人が知っている言葉を使ってみましょう。キャッチコピーができたら、友人や家族など身近な人に聞いてもらい、意図がきちんと伝わるか確認しておくと安心です。

自己PRのキャッチコピー例

・鉄鋼のような丈夫なメンタルが自慢です
・大胆で慎重な人間
・動く電光掲示板
・人間着火剤
・後ろ向きなポジティブ人間
・石橋を自分で作って渡ります
・一筋の光ハンター
・寡黙な努力家
・行動力が原動力

キャッチコピーは、相手にあなたがどのような人柄か興味を持たせる役割があります。インパクトを与えるためには、意外な言葉の組み合わせや、逆の意味を持つ言葉を使ったフレーズが効果的でしょう。例えば、大胆と慎重は反対の意味ですが、物事を深く考えながら積極的に課題に取り組んでいく人を表しています。

ウケを狙ったり、奇抜すぎる表現は分かりにくくなりますので、注意してください。一言で、自分の魅力や強みが分かるようなキャッチフレーズを考えてみましょう。

キャッチコピーで相手の記憶に残る自己PRをしよう

企業は、キャッチコピーであなたの自己分析能力や長所、強みをチェックしています。魅力的なキャッチコピーで企業へしっかり自己PRをおこなうためにも、まずは自分自身について理解を深めていきましょう。そして、自分の今の状態を、的確に表現できるキャッチコピーを考えてみてください。

多くの応募者のなかで周りに差をつけるためには、意外性やインパクトが必要ですが、ウケを狙いすぎたり、分かりにくい表現にしたりするのは、逆効果になる可能性もあるため注意しましょう。企業がどのような理由で就活生にキャッチコピーを聞くのか、企業側の意図を理解すると、効果的なキャッチコピー作りのヒントになります。例文も参考に、ぜひ相手の記憶に残る、あなただけのオリジナルキャッチコピーを作って自己PRをしてみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ