自己PR

採用担当者に”確実に”伝わる自己PR文の書き方

志望先に向けた自己PR文の書き方にはいろいろありますが、押さえるべきポイントは大体決まっています。
志望先が求める資質を理解していることを示したうえで、自分の経験に基づくスキルがそれに合致していることをアピールすることです。
相手と自分の双方を知ったうえで、両者がマッチしていることを示すことが大切です。

自己PR文の書き方1,企業が求める資質を理解

book-912727_960_720
志望先への自己PR文の書き方としては、志望先が求める資質を理解していることを示すのがポイントです。
それを示す必要性を認識したうえで、的確に示しておきましょう。

自己PRでは関心と意欲・素養をアピール

志望先が求める資質の理解を示すことで、志望先についてよく調べていることを伝えられ、関心と意欲をアピールできます。
また、仕事では顧客のニーズの把握が大切ですが、志望先の要求を理解していることを示せば、その素養があることも示唆できます。
このように、「志望先への関心と意欲、ビジネスの素養をアピールする」ためにも、それを示す必要があるのです。

例えば、個人向けに商品を販売する会社で、幅広い層の顧客の要求をふまえつつ接していく必要があるとします。
その場合自己PR文の書き方も、「御社は様々な方々と接し、その話を傾聴しながら、円滑にコミュニケーションを取れる人材を求めているとお見受けしました」などと示しましょう。

自己PR文の書き方2,自分のスキルを主張

志望先への自己PR文の書き方としては、自分の経験に基づくスキルを示すこともポイントです。
それを示す理由をわかったうえで、説得力が出るように書きましょう。

積極性と成果へのこだわりをアピール

これまでの経験を示すことで、積極的に考えて行動できる人間だとアピールできます。
また、そこで一定のスキルを得た旨を示すことで、経験を成果に結び付けられることも伝えられます。
このように、「積極性と成果へのこだわり」をアピールするためにも、それらを示すべきなのです。
もちろんその経験とスキルは、志望先の求める資質に関わるものにしましょう。

先ほどの例なら、様々な人と接してきた経験、そこでコミュニケーション能力を得たことをアピールすべきです。
そこで自己PR文の書き方も、「飲食店でのアルバイトで、幅広い年齢や様々な立場のお客様の要望をお聞きし、素早く的確にサービスする能力を身に付けました」などと示しましょう。

自己PR文の書き方3,経験に基づくスキルと求める資質の合致

志望先への自己PR文の書き方として、最後に、経験に基づくスキルが求める資質に合致していることをアピールしましょう。
これが最も肝心なので、両者がいかに合っているかが伝わるようにしましょう。

自己PRで志望先に相応しいことをアピールしよう

求める資質の理解を示すだけでは、関心と意欲、素養をアピールするだけで終わってしまいます。
また、経験に基づくスキルを示すだけでは、積極性や成果へのこだわりを伝えるにとどまります。
両者は必要な要素ですが、個別に述べるだけでは不十分です。
そこで両者の合致を示すことで、「自分が志望先にいかに相応しい人間か」をアピールすべきなのです。

先ほどの例で言えば、自己PR文の書き方としては以下のようにしましょう。
「対個人のサービス業のアルバイトで培った接客力は、御社の個人向け商品販売で求められるコミュニケーション能力に合っており、ぜひその仕事で生かしたいです」などと述べましょう。

自己PRでは経験によるスキルと求める資質の合致を示そう

志望先に向けた自己PR文の書き方としては、以下のポイントを押さえる必要があります。
すなわち、志望先の求める資質を理解していること、自分に経験に基づくスキルがあること、両者が合致していることです。
これらを関連させて述べることで、自分が志望先にいかに相応しい人材であるかをアピールできるでしょう。”