自己PR

【自己PRで社交性をアピールする方法】ポイントと4つの例文

社交性は就活でも評価される能力

周りの人とうまくコミュニケーションを取りながら仕事をスムーズに進めていくためには、社交性が必要です。選考試験においても、社交性があるかどうかは評価の対象となる重要なポイントといえるでしょう。

営業職や接客業など、人と関わる機会が多い職種だけでなく、どのような仕事でも他者とのつながりは仕事を円滑にするために不可欠となります。社交性は就活でも評価される能力ですので、自己PRとしてアピールするのも有効です。

社交性を自己PRで伝える際は、ポイントをおさえ効果的にアピールしましょう。ここでは、自己PRのコツや注意点を紹介します。社交性をアピールするための自己PR例文も合わせてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

社交性を自己PRで伝える際のポイント

社交性を自己PRで伝える際には、具体的なエピソードを盛り込むことがポイントとなります。また、ありきたりな表現を避けて、あなただけのオリジナルの魅力を企業へ伝えましょう。

ほかにも、話す時の表情や姿勢でも社交性をアピールすることができます。担当者へあなたの社交性が伝わるよう、ポイントをおさえて効果的な自己PRにしていきましょう。ここでは、社交性を自己PRで伝える際のポイントを詳しく解説します。

社交性を発揮した具体的なエピソードを伝える

自己PRでは、これまでにあなたが社交性を発揮した具体的なエピソードを盛り込み、説得力を持たせましょう。過去の経験から、社交性を活かして何か成し遂げたことがあるか考えてみてください。

エピソードは、その時の状況、何をしたのか、その結果どうなったのかが相手に分かりやすく伝わるような文章にしましょう。「社交性がある」というと抽象的で漠然とした印象がありますが、具体的なエピソードがあると、その時の場面がイメージしやすくなります。

エピソードはあなたの社交性を裏付けるために大切ですが、詳しく説明しようとすると長くなりがちです。何がいいたいのかがしっかり伝わるように、要点をおさえて簡潔にまとめるようにしてみてください。

ありきたりな表現を避ける

自己PRで社交性をアピールする時には、ありきたりな表現は避けましょう。エピソードを用いて自己PRをしていても、一般的によく使わているような文章では、担当者の印象に残ることはありません。

例えば「私には社交性があります。学生時代のサークルも多くの部員をまとめてリーダーシップを発揮しました」という自己PRですが、ここでは具体的にどんなことをして部員をまとめたのか、リーダーシップを発揮してどのような成果を出したのかが分かりません。

あなたにどのような能力やスキルがあり、どんな強みがあるのかが全く伝わらない自己PRといえるでしょう。自己PRで社交性をアピールするためには、根拠となるエピソードであなただけの魅力を伝えられるように心掛けてみてください。

企業にどう貢献するのかを述べる

自己PRで効果的なアピールをするためには、自分の強みを伝えるだけでなく、社交性を活かして企業にどう貢献するのかも合わせて述べるようにしましょう。具体的な目標や将来のビジョンがあると、仕事への意欲や積極的な姿を表すことができます。

自己PRを作成する際は、企業の事業内容や仕事についてしっかり理解して、企業が求める人材についても把握することが大切です。企業研究を念入りにおこない、入社後の姿をイメージして、社交性を活かせる場面を考えてみましょう。

企業のことをしっかり理解しているという印象を与えられると、熱意も感じられます。また、具体的な目標を掲げることで、面接官が企業で働いているあなたの姿を思い描くことができます。

話す際の表情や姿勢でも社交性をアピールする

社交性をアピールする際には、表情や姿勢にも気を配りましょう。「私は社交性があります」といっているのに、うつむいてボソボソと話していては、全く説得力がありません。話す際の表情や、面接中の姿勢でも社交性をアピールするために、明るくハキハキと答えるようにしましょう。また、猫背にも注意し、正しい姿勢を意識してみてください。目線は下に落とさずに、相手の方を見て質問に答えます。

表情や姿勢は、第一印象を決めるための重要な要素となります。暗いイメージを最初に与えてしまうと、いくら自己PRで社交性をアピールしても、説得力に欠けてしまい、信頼を得ることができません。回答の内容だけでなく、その他の部分でも社会性が伝わるように心掛けましょう。

自己PRで社交性をアピールする際の例文

ここからは、自己PRで社交性を伝えるための例文をいくつか紹介していきます。自己PRでは、具体的なエピソードを分かりやすくまとめて文章に説得力を出し、仕事での活かし方を述べるのがポイントです。

あなたの強みである社交性を、面接官にしっかり伝えられるような文章を作成してみてください。それぞれの例文と解説を参考にして、あなたのオリジナルのエピソードで効果的な自己PR文を考えてみましょう。

例文①

私の強みは社交性があることです。自分の知らない場所に行ってみたいという好奇心から、大学の時は週末や長期休暇になると一人で旅行をしていました。国内外のさまざまな場所に行くと、いつもたくさんの人と出会うことができます。言葉が伝わらない時もありますが、身振り手振りや辞書を使いながら、コミュニケーションを取りました。さまざまな人と話しながら、視野を広げていくのはとても楽しい経験で、自分が成長しているのを実感できました。
分からないからと諦めるのではなく、自分から積極的に周りの人と関わることで、知識を深めることができたのだと思います。入社後も社交性を活かし、お客様とコミュニケーションを取りながら、最適なご提案ができるように心掛けていきたいです。

一人旅の経験から社交性をアピールしています。多くの人と積極的に関わることで知識を深め、視野を広げ自分を成長させてきたことが分かります。入社後はお客様とのコミュニケーションに力を入れた営業に、前向きに取り組んでいる姿がイメージできる文章です。

例文②

私は社交性があり、初めて会う人ともすぐに打ち解けられます。学生時代は飲食店でバイトをしていて、2年目でリーダーを任されました。バイトには高校生や主婦などさまざまな年代の方がいましたが、相手の話をしっかり聞いて、積極的にコミュニケーションを取ることで、いつも和やかな雰囲気のなかで円滑に仕事を回すことができました。また、誰かが不満に思っていることや困ったことがあれば、すぐにミーティングを開き、問題解決に努めました。
仕事をしていくうえでも、社交性の高さはとても重要だと考えています。業務を円滑に進めていくためにも周りの方とコミュニケーションを積極的に取り、潤滑油の役割となるように努力していきたいと思います。

アルバイトの経験から、社交性を発揮できたエピソードです。さまざまな人がいるなかでも、自分から積極的にコミュニケーションを取ることで職場の雰囲気をよくしていき、円滑に仕事を進めてきた経験を紹介しています。自分の強みを活かした目標を掲げることで、前向きな姿勢をアピールしています。

例文③

私は社交性に自信があります。学生時代は家電量販店で接客のアルバイトをしていました。お客様のなかには、どのような商品がいいのか分からないと相談してくる方も多くいました。私はお客様の困りごとや、どのような商品が欲しいのかをしっかり聞き、押しつけにならないように、最適なご提案ができるように常に心掛けました。コミュニケーションでは、相手が何を求めているのかを理解することが重要だと考えています。
そのような接客を続けていった結果、店舗のなかで売上1位として表彰され、とても嬉しかったです。入社後も相手の立場になり、お客様が求めていることへ最適なご提案ができるように取り組んでいきたいです。

相手の話を聞き、何を求めているのかを理解することはコミュニケーションのポイントです。学生時代の接客の経験から、仕事をしていくうえでも重要となる社交性をアピールしています。その時の状況やどのように努力したのか、その結果どうなったのかをイメージしやすい文章となっています。

例文④

私は社交性を活かし、相手とコミュニケーションをとるのが得意です。高校の時に所属していたサッカー部では部長をしていましたが、メンバーのモチベーションの低さに悩んでいました。私の指導方法が悪いのかと思い試行錯誤していましたが、一向に状況が変わらなかったため、メンバーひとりひとりの面談の時間を設け、思っていることをいってもらいました。真剣に相手の話を聞き、こちらもしっかり向き合うことで、本音を打ち明けてくれました。メンバーの意見を参考に、それぞれの個人練習時間を増やし、チームのミーティングを定期的に開き、お互いの意見を交わす機会を定期的に作るようにした結果、チーム全体の士気が高まり、練習も充実してきました。
試合では始めて地区で2位になることができ、仲間同士のきずなも深まったと思います。自分だけで解決しようとせずに、相手の意見を聞き、気持ちに寄り添う大切さを学びました。仕事をしていくうえでも、周りの人の意見を柔軟に取り入れ、相手の求めていることへ的確に応えられるようにしていきたいです。

高校時代の部活で、仲間とのコミュニケーションを大切にして成果を出したエピソードを紹介しています。自分の意見だけでなく、周りの人と会話をしながら課題解決に向けて協力していく姿勢は、仕事をしていくうえでも大切になります。その時何を学び、どのように仕事で活かしていきたいかも合わせて伝えています。

社交性を自己PRで伝えて高評価を得よう

社交性は日常生活だけでなく、企業で仕事をスムーズに進めるためにも重要な能力です。職場内や取引先、顧客への対応など、仕事をしていくうえでは多くの場面で人と接する機会があります。自己PRでは、社交性の高さをしっかりアピールして、面接官にあなたの強みや魅力を伝えましょう。

社交性を自己PRする際は、これまでの具体的なエピソードに加え、入社後の目標を合わせて述べると、仕事への前向きな姿勢を表現できます。また、ありきたりな言い回しでは漠然としていて説得力に欠ける文章となりますので、なるべく具体的に分かりやすくまとるのがポイントです。あなたの社交性を面接官にしっかり伝えて、選考を有利に進めましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ