就活その他

海外で就活するために必要なこと|日本との違いやポイントを紹介

海外と日本では学生の就活の方法が違う

将来は日本ではなく、海外で生活しながら働きたいと考えている人は多いです。海外で働くにはどうすればいいのでしょうか。日本の就活は、おおまかなスケジュールが決まっています。新卒の大学生が足並みをそろえて一斉に就活をスタートし、新卒での就職を目指していくのが一般的です。

しかし、日本の就活は海外と比較すると特殊といわれています。日本と同じように就活をすればいいと思っていると目標を達成できなくなる可能性が高いです。ここでは、海外での就活には何が必要なのか詳しくみていきます。海外で働くには何が重要視されるのか知っておきましょう。海外のキャリアイベントについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

雇用制度も大きく異なる

海外での就業は、日本と雇用制度が大きく異なります。日本は新卒採用で大量に人材を募集し、会社にぴったりな人物を一気に入社させます。そして配属を決めた後に研修を行い、業務ができるようになるまでしっかり育成します。日本は勤続年数が評価される年功序列の意識が強く、一つの会社で経歴を積むことに重きを置いている会社が多いです。しかし日本以外の多くの国は新卒入社や年功序列とは異なります。

多くの国が成果主義を採用しており、給与の金額は仕事の評価に直結しています。仕事における給与の相場というのがほぼ決まっており、日本のように年相応に給料が高くなっていきません。成果こそが評価であり、年齢や勤続年数に関わらず、役職や出世のチャンスが得られます。実力主義であり、仕事ができない人は成果が少ないと見なされ給与は減額される傾向にあります。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

海外と日本の就活の違い①新卒の概念

海外で就職したいと思っている就活生も、多いのではないでしょうか?
海外には、「新卒」というカルチャーがありません。この記事では、どのような流れで海外で就職ができるのかお話していきます。

日本の就活のような方法は存在しない

日本の就活制度は特殊であり、海外に同じような就職活動生みは存在しません。日本の就活は新卒で卒業後の就職先を探すのが一般的であり、入社も全員一斉におこなわれます。大学で学んでいたジャンルとは無関係の職業に就職することも多く、スキルがゼロの状態から少しずつ研修や実務経験を通して技術を身につけていきます。

しかし、海外はスキルのない人物をいきなり就職させるということはあまりありません。海外は大学で学んだことを職業に選ぶか、インターンなどに参加して実力をつけてから就職するというのが一般的です。その企業で新人を育てていくというよりは、もともと高いスキルを持っている人を雇うという傾向があります。国によっても様々な違いがありますが、その人が持っている技術を重要視している場合が多いです。

海外の就活は個人の事情やタイミングに合わせて行う

海外の就活は個人の事情やタイミングに合わせておこなわれているため、4月に新卒として入社するのを目標にスケジュールを立てるということはありません。企業も新卒の一括採用などはおこなっていないのです。日本では新卒がもっとも就活で有利ですが、海外では新卒の肩書は特に意味がありません。

通年採用をおこなっているのが一般的で、募集があるかどうかはその企業によって異なるといえるでしょう。大学卒業後に新卒として入社するとしても、大学生時代の取り組みや専攻、成績が重視されます。社会人経験がないというのはどちらかというとマイナス評価となるため、志望する企業でインターンを受けることが多いです。また、在学中に就活をスタートするのではなく、卒業後から就活が始まる国もあります。

大学卒業後に就活が始まる国もある

海外には大学卒業後に就活が始まる国があります。代表的なのがアメリカ、香港(中国)、スペイン、ベトナムです。それぞれの国の特色をご紹介します。

・アメリカ
日本のように新卒採用を行い、一斉に入社させることはありません。学生時代に就活をすることはなく、しっかりと卒業するまで勉強する文化です。さらに自分が行きたいと思っている企業には、その企業でインターンをすることが必須とされています。もちろんコネや人脈も重要な入社のカギとなっています。

・スペイン
新卒採用はありません。そして新卒者に対しては厳しい社会です。学業をしっかり修了してから就活をするのが当たり前です。なので卒業後に資格を取得してから就活をするか、より専門的な分野を学んでから就活をする人も少なくはありません。

・香港
新卒に対する意識はそもそも薄く、即戦力が重視されます。なので香港も新卒採用はありません。とにかく即戦力ではないと意味がなく、社会経験がないというレッテルを貼られる方が不利になる社会です。コネや人脈を使い会社を紹介してもらうことが盛んに行われています。

・ベトナム
ベトナムも新卒採用はなく、卒業後に就活を開始します。ベトナムには外資系企業が多く参入しており、英語スキルが非常に評価が高い傾向にあります。英語レベルが高い人が多いので、選考時に他の応募者よりも英語スキルが劣っていると、それだけで不利になります。

海外と日本の就活の違い②履歴書

海外の履歴書と日本の履歴書の違いを解説していきます。日本はコンビニや文房具屋に行くと、フォーマットが既に印刷されている履歴書が販売されています。しかし海外では履歴書は販売されていません。海外はパソコンを使用して、自分で履歴書を作成します。

日本と違い、手書きは非効率と思われます。用紙1枚に自分の情報と学歴をまとめて、プリントアウトをしたものを企業に提出します。

履歴書はレジュメ(resume)と呼ばれます。レジュメは、自分が就業する上で不必要な情報は書かずシンプルにまとめます。日本の履歴書は趣味や特技などを書く欄がありますが、海外では不要とされています。そして時系列に関しては、直近のことを上から書いていきますので、学歴は新しい順に書きます。このように新しい情報を先に書き、シンプルで分かりやすいレジュメが好まれます。

日本のような決められた項目ではない

レジュメには日本のように決められた項目はありませんので、作成者の好きなように作成することができます。しかし不必要な情報は記入しませんので、最低限必要な情報だけを載せるようにしましょう。退職理由などは書かず、シンプルに仕上げていきます。

・名前
・住所
・電話番号とメールアドレスなどの連絡手段
・簡潔な志望動機
・学歴(新しい順に記載する)
・持っているスキル、技能や受賞歴などの簡易な自己PR

アメリカではレジュメに顔写真や性別は不要です。公平さを保つようにしているからです。履歴書で入力しきれなかった自己PRは後述するカバーレターで補うようにします。応募する国によって、レジュメに相応しい内容や最低限記載する事項が変わりますので、応募する前に入念に確認してからレジュメを作成しましょう。

アメリカは履歴書以外カバーレターの提出がある

それではカバーレターについて解説していきます。アメリカでは履歴書(レジュメ)以外にも必要な応募書類があります。それがカバーレターといって、日本でいう送り状のようなものです。日本でも企業に履歴書を送付する際、添え状や送付状を同封して送ります。その送り状に自己PRを加筆したような書類で、採用担当者がまず最初に目を通す書類になります。

・自分の連絡先
・採用担当者の名前
・志望する職種や経歴
・最終学歴
・次の連絡を取る方法

以上5つの項目を記載するようにしましょう。レジュメの他に提出する書類があると思うと気が引ける方もいるかと思いますが、カバーレターというのは履歴書で書ききれなかった部分を捕捉するための書類です。

履歴書に収まりきらない自分のスキルや得意分野を書くことができます。内容が充実したカバーレターのおかげで次のステップにつながる場合もあるので、カバーレターも気を抜かずに作成しましょう。

海外の企業が求めていること

海外の人からすると、日本人は几帳面、真面目といった印象があります。アメリカでは、大学で何を学んだかよりも、インターンや学生生活で「何をしてきたか」の経験が求められます。そんな学生は現地のトップ大学で探せばいくらでも居ると思います。ましてや、トップ大学ともなると英語もペラペラだったり、地頭も良くて現地で働く人とのコミュニケーションも現地語で解決です。

日系企業は日本人が欲しいと考えています。海外で日本語をビジネスレベルで扱える人材というのはなかなか少ないです。そもそも、言葉が通じないとビジネスが出来ない状況だったりします。プロジェクトで言葉が通じないばっかりに、行き違いがあったりすることもあるようでそういった些細なミスから、大きな進行まで行える人材が必要です。

①即戦力

海外で就職を考えているなら、即戦力となるようなスキルを磨いたり経験を積んでおくことが大切です。海外の企業は新人を一から育てるという文化があまりないため、もともとスキルのある人を就職希望者の中から選ぶというのが一般的だと考えておきましょう。

大学で学んだ専攻と関係のある仕事をするのが普通であり、日本のように大学時代に勉強していた内容と職種に関連性が無いということは少ないです。例えば、ドイツは小学4年生のころに進学するのか職人になるのかを決めるという就職システムになっており、早い段階で将来を決めてプロとしての実力をつけることになります。即戦力として自身の持つ技術を生かして就職する場合が多いため、転職の際に異業種を選択することができないという問題もあるようです。

②行動力

海外で働くには、行動力が求められます。技術や経験が問われることが多いため、社会経験もなく高いスキルも持っていないような行動力のない大学生が就活をするには厳しい国が多いです。海外で就職を考えるなら学生のうちからインターンやボランティアに参加したり、実際に仕事に生かせるような技術について勉強するなどの行動力が求められます。

学生時代に頑張ったこととしてアピールできるような経験を積んでおきましょう。特にインターンシップに参加すると、就職に関する情報を先取りできることもあるようです。場合によっては、企業で気に入られてそのまま就職が決まることもあるでしょう。行動力やそれにともなって人脈を作っていくことが、就職を成功させるための大事なポイントといえます。

海外ではインターン参加が就活になる

アメリカでは、就職する際、要経験が必要となってきます。いきなり就職試験に挑むのではなく、インターンに参加するところから始まります。海外の大学に入学後、3年生や4年生のとき、もしくは卒業してからインターンに参加し始める人がほとんどです。また、3年生や4年生であれば、学生ビザの書き換えの手続きをしてくれる大学もあります。

ヨーロッパでは、経験も重要ですが、アメリカとは異なり、専門性が重要とされています。また、大学卒業後のキャリアでは、1つのキャリアを極めていくことが普通とされているので、好きなことを仕事にすること人が大半です。なので、大学の専攻に関連している職種に就職することが普通とされています。経営学や経済学を専攻すると、業種が広いので、迷ったらこの2つのどちらかを専攻する傾向にあります。

海外のインターンは社員と同じ仕事をする

日本のインターンは、企業の用意したプログラムをおこなったり現場の見学をしたりするのが主な内容です。最後は発表の場を設けるなど、大学生にインターンを通して仕事に関する理解を深めてもらうものが多いといえます。

海外のインターンは、実際に社員と同じ仕事をするという内容が多いです。給料や実施期間、雇用形態などはそれぞれ異なっており種類も豊富となっています。アメリカには「バーチャルインターン」というものがあり、自宅からパソコンを使って仕事をおこなうというインターンも増えてきているようです。インターンからそのまま就職につながる場合も多いため、インターンが長期間の面接のような役割を果たしているといえるでしょう。

日本よりも人脈が大事になる

海外での就職は、日本よりも人脈が大事な入社のポイントになります。日本では「コネ入社」と呼ばれあまり良いイメージはないかもしれませんが、実は海外では人脈こそがその人の魅力とも捉えられています。日本ではなかなか定着していませんが、人脈が自身の市場価値を表すともいわれていてビジネスでは重要なカギとなります。海外では実際に入社した後に、自分の人脈を使って取引先を紹介することが頻繁です。勉学よりも誰を知っているかが重要視され、人脈は立派なスキルと捉えられています。

そのため就活では、インターンシップ中に会社の社員と仲良くなることが重要といわれています。インターンシップ中の仕事の出来具合ももちろん大事ですが、いかに企業の社員と人脈を作っているか、人脈を広げていく姿勢があるかを見られています。

OPTでインターンをする人もいる

アメリカには、OPTという科学・技術・工学・数学を専攻している学生に展開している、正規雇用と変わらない形態のインターンがあります。OPTでは、留学生が学生ビザを取得することができます。さらに、OPTで働いた企業にそのまま採用してもらえる可能性もあります。

海外企業での就職が不利な理由

就労ビザの発行は会社が肩代わりする

海外企業では、弁護士などをたてて取得する就労ビザが必要になります。基本的には会社が肩代わりしてくれるため、海外の人を採用する人選はかなり重要となってきます。決して安くはない金額なので、お金をかけるだけの突出したものがなければ、そう簡単には採用してもらえないのが現状です。

海外では業務経験が重視される傾向にあるため、社会人経験のない大学生がそのまま就職するというのはなかなか難しいといえます。仕事として活かせるスキルや技術があるというのであれば問題ない場合もありますが、とにかく即戦力として働けるのかどうかが重要といえます。

英語力が必須となる

海外は日本のように新卒採用がなく、かつ成果主義であり即戦力が重視される社会であることが分かりました。さらに私たち日本人が海外で就活するためには、英語は必須スキルとなります。海外で就活をするということは、ライバルは他国の人間になります。

日本人は英語の発音だけではなく、アイコンタクトや表情の表現などでも足りない部分があるので、海外で就活をする際はその点をカバーできるようにしておきましょう。ベトナムや中国、韓国では英語が盛んに学ばれていて、発音も綺麗な人が多いです。他国のライバルに負けないように英語スキルは磨いておきましょう。

最低でもビジネスに必要な英語は習得していないと、試験を受けることも難しいです。英語を使用できないと即戦力とはいえません。さらに面接ではリスニング力も求められます。書店には英語面接対策本や、海外就活対策本が販売されています。CD付きでリスニングの勉強もできますので、自分のスキルに合わせて対策本を購入し勉強をするようにしましょう。

海外企業で就職が不利になる理由として、その国の言葉が話せないということがあげられるでしょう。日常会話レベルではなく、仕事を問題なくできる程度の語学力が求められます。日本語ができるスタッフを募集している場合も日本語だけでできればいいというわけではないため、英語力などが必要となるでしょう。

海外キャリアイベント

海外に留学中でそのまま就職する人も、日本にいて海外で就職したい人も、ほとんどの人はボストンで開かれるキャリアフォーラムに参加します。

キャリアフォーラムでは、Appleや大手日系企業など幅広い企業が参加しているので、海外就職したい学生は必ず参加していると言っても過言ではありません。

アメリカやイギリスなどの都市で行われている

海外のキャリアイベントは、アメリカやイギリスなどの都市で開催されています。上記のボストンキャリアフォーラムは、日英バイリンガルのための世界最大級の就活・転職イベントです。世界中から200社を超える企業が参加するイベントで、3日間おこなわれます。

参加するには日本語と英語が初級レベルで使える必要があり、日本国外の大学に通っていた人や1年以上の留学経験を持っている人などが対象です。海外の就職イベント以外にも、日本人留学生を対象にした日本企業のジョブフェアなどが都市部では開催されることがありますので、事前に情報を調べておくと良いでしょう。参加する際には面接に相応しいスーツなどの服装を心がけて、ジーンズやスニーカーなどの着用は避けるようにしましょう。

事前に参加募集を募っている企業もある

企業によっては、事前にキャリアイベントへの参加募集を募っている場合があります。志望先の企業が定まっている就活生は、企業の公式サイトに情報が記載されていないかチェックしておくようにしましょう。

キャリアフォーラムは事前に参加予約を受け付けている場合もあります。当日直接会場に行くことができることも多いですが、参加予約をしておけば入場の際に時間がかかることもありません。手間を省くためにも参加予約を忘れずにおこなっておきましょう。また、参加予約をするとキャリアフォーラムの最新情報や企業からのメッセージなどをメールで受け取れるといったサービスもあります。参加登録をうまく活用して、海外の就職情報を手に入れましょう。

海外の就活はインターンやイベントへの参加

海外には新卒一括採用という文化がないため、就活スケジュールが日本のように決まっていません。新卒を一から育てるという仕組みもないため、自身のスキルが即戦力として企業で役に立つかどうかが重要視されています。海外の企業へ就職したいと考えているなら、その国での就活方法について知っておく必要があるでしょう。

海外で就職するためには、海外インターンへの参加や、キャリアイベントへの参加が必須となっています。キャリアイベントはアメリカやイギリスなど都市部で開催されていますので、忘れずにチェックしておくことが大切です。留学したから就職できるとは限らないので、学生のうちに実務経験を積み重ねておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ