就活その他

【就活の進め方がわからない人必見】必ずすべきこと・できればしたほうがいいことを徹底解説

就活は誰でも最初はわからないことだらけ

就活の進め方がわからないと悩む人は多いですが、誰でも最初はわからないことだらけです。わからないのは仕方がありませんし、知っていけば問題はありません。大切なのは、わからないことをわからないままにしないことですので、正しい就活の進め方を知っていきましょう。就活はただ就職できればいいわけではなく、自分の望む企業、自分に合った企業に就職することが大切です。よりよい就職先を見つけて就活を成功させるためにも、何をすべきかを知っておきましょう。

就活で必ずすべきこと5つ

就活を進めるためにはやらなければならないことが数多くあり、何から始めればいいのかわからずに困っている人も多いです。就活に関係することであれば何でもやっておくに越したことはありませんが、闇雲に取り組んでいては就活を効率的に進めることはできません。

就活をスムーズに進めていくためには、最も優先度の高いことから取り組んでいくことが大切です。就活で必ずすべきことは大きく5つにわけられますので、それぞれを理解しておきましょう。

①自己分析

就活で必ずすべきことのひとつとして、自己分析が挙げられます。自己分析とは自分自身を深堀りし、自分を知ることです。履歴書や面接でのアピールポイントを探すためにも自己分析は大切ですが、そもそも自己分析ができていないと、何がしたいのかわからなくなってしまいます。

自己分析はただアピールポイントを探すだけではなく、自分が本当にやりたいこと、望む仕事を見つけだすためのものです。自己分析がしっかりできていないと自分に合った企業へ就職することはできませんし、就活は失敗に終わってしまいます。

自分のやりたいことを探すのは就活において最も初歩的なことであり、就活を進める上での方針にもなりますので、まずは自己分析から始めましょう。

②業種・職種の選定

業種・職種の選定も就活で必ずすべきことのひとつです。自己分析でやりたいことを見つけていきますが、それだけではあまりに漠然としています。たとえば人と関わる仕事がしたいと考えた場合でも、サービス業もあれば営業職もありますし、看護や介護なども人と関わる仕事です。

自己分析で決めた方針だけでは選択肢が多すぎるため、自分が興味のあるジャンルから、業種・職種を選定することで絞りこんでいきます。就活をスムーズに進めるためには、業種や職種を絞っていくことが大切ですが、絞り過ぎるのも可能性を狭めてしまうのでよくありません。

反対に選択肢を広げすぎるのも対策が難しくなってしまいますので、自分が管理できる範囲内で決めていくことが大切です。

③提出書類の作成

就活の方向性を決めれば、実際に就活を進めていくために提出書類の作成をしていかなければなりません。企業の選考に応募するためにはESや履歴書などが必要なので、それらを作成をしていきます。

ESや履歴書を作成するためには、志望動機や自己PRなどが必要になりますので、それらもしっかりと考えておかなければなりません。志望動機は選考を進める上で核となるものですし、志望動機が弱いと企業への志望度が低いとされてマイナスの評価につながってしまいます。

自己PRもしっかりと伝えることができなければ、採用メリットを示すことができず選考でも不利になります。就活を進めるためにも自己分析は欠かせませんので、自己分析の延長で提出書類を作成していくといいでしょう。

④会社説明会の参加

会社説明会の参加も就活で必ずやっておくべきことのひとつです。就活を攻略するためには、自己分析をおこないしっかりと自分を知ることが大切ですが、それだけではなく業界や企業を知ることも大切です。業界・企業研究がしっかりとできていれば、企業への志望度もアピールすることができますし、入社後のミスマッチを防ぐこともできます。

業界にはさまざまな特徴があり、仕事内容なども違っています。業界を知らないままに就職してしまうと、就職後に合わないと感じる可能性がありますし、業界内の企業によってもそれぞれ特徴は違っています。業界・企業研究は就活を成功させるためにも欠かせないものであり、その一環として会社説明会への参加は必須です。

⑤面接練習

就活を攻略するためには、選考の対策をしておく必要があります。選考はさまざまなものがありますが中心となるのは面接なので、練習はマストです。面接では質疑応答の形式で進むため、事前に質問を想定して答えを考えておかなければなりません。未対策では高評価を得ることはできません。

また、発言の内容だけではなく、細かなマナーもしっかりと覚えておく必要があります。面接では入退室から着席、発言時の態度などさまざまなマナーが必要になりますし、それらが守れていないとマイナスの印象を与えてしまいます。質問への回答と面接中のマナーの両方がしっかりできてこそ、高評価を得ることができるため、それぞれの練習をしっかりおこないましょう。

就活でできればした方がいいこと

就活を進めるために必須の項目は5つありましたが、やっておくべきことはそれだけではありません。就活の対策は他にもさまざまありますし、必須のもの以外もやっておくことで就活の成功率を上げることができます。

もちろん、必須のものだけでもしっかりとやっていれば、就活を攻略して自分に合った企業への就職を決めることはできます。その他の対策については、できればした方がいいというものですので、余力があればそれらにも挑戦しましょう。

OB・OG訪問

就活の対策でできればした方がいいこととしては、OB・OG訪問が挙げられます。OB・OG訪問は企業に勤めている先輩のもとを訪れ、企業での仕事についてを学ぶものです。企業研究の一環としても重要なものですし、企業の雰囲気を感じるためにもOBやOGの生の声はできれば聞いた方がいいでしょう。

会社説明会に参加したり、ネットで情報を検索することでも企業について知ることはできますが、実際の職場環境などについては知ることができません。どれだけ魅力的に見えても実際の職場環境は良くない場合もありますし、反対にイマイチと思っている企業が、実は働きやすい環境にある場合もあります。企業で働く人の生の声を知ることで、企業についての理解をさらに深めることができますので、OB・OG訪問はおすすめです。

OB・OG訪問をスムーズにおこなおう

OB訪問をする場合は、PDCAを回して確実に成長していくことが大切です。PDCAとは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(確認)→Act(改善)の略です。PDCAをうまく回すことにより、OB訪問をより有意義なものにできます。そこで活用したいのが「OB訪問のPDCA~10の鉄則~」になります。OB訪問の相手を決めるところから、準備、当日、お礼、次のアポイントメインとに繋げるまでを詳細に解説しています。OB訪問を考えている就活生は、ぜひ持っておきたい資料です。無料でダウンロードできるので、ぜひチェックしてみてください。

スケジュールを管理するツールの用意

就活が本格化すると、スケジュール管理がとても大変になります。複数企業のエントリーシートや履歴書の提出期限、面接日時、合同説明会など、多くのスケジュールを頭に入れておかなければなりません。もしも、エントリーシートの提出や面接に遅れてしまった場合、その時点で不合格になってしまうこともあります。

そうならないためにも、スケジュールを管理するツールを用意しておくといいでしょう。スマホで利用できる、アプリにも就活のスケジュール管理ツールがあります。スケジュールが頭に入っていればエントリーシートや履歴書を計画的に作ることができ、出し忘れがなくなることでしょう。

また、面接や試験対策も、余裕をもっておこなうことができます。また、アルバイトとの両立がしやすくなり、就活時の金欠対策にもなるでしょう。「頭で覚えておけばいいや」と思っていても、何十もの企業のスケジュールを覚えておくことは並大抵のことではありません。スケジュール管理のツールを利用し、計画的な就活をおこないましょう。

面接官の評価ポイント

就活をする上で避けては通れないのが、面接です。面接では、志望理由や自己PRなどを確認するとともに、実際に話すことで人格を見極め、企業との相性をチェックしています。面接の出来具合によって、内定が取れるかどうかが決まってくるといっても過言ではありません。少しでも面接官からいい評価を貰えるように、事前に面接官の評価ポイントをチェックしておきましょう。特に注意すべきなのが、次の4つです。

身だしなみ

「第一印象の55%は見た目」だと言われるほど、見た目は重要な要素となります。面接の短い時間で、悪い第一印象を覆すことは難しいでしょう。もしも身だしなみが悪ければ、その時点で内定の可能性が遠のいてしまうこともあります。特に気を付けるべきなのが、シャツのシワや汚れです。白いシャツは清潔感がありますが、シワがあると「だらしない」、汚れがあると「不潔」といった印象を与えてしまいます。特に袖口は汚れやすいので注意しておきましょう。

また、男性であればヒゲを剃っておくことを忘れないようにしてください。特に髭が濃い人の場合、1日剃り忘れるだけでも目立ってしまいます。女性の場合は、化粧の濃さに気を付けましょう。気合を入れてメイクをすると、濃くなってしまったといったことも多々あります。

マナー

面接にはさまざまなマナーが存在します。多くの就活生は、事前にそのマナーを学んだ上で面接に挑みます。その中でマナーを守れていない就活生がいた場合、悪い意味で目立ってしまうことでしょう。例えば「どうぞ」と声がかかる前に部屋に入ってしまったり、勝手に椅子に座ってしまったりといった行動はマナー違反です。

大きく減点されることはありませんが、違和感を覚える面接官が多いでしょう。また、自分自身がマナー違反だということに気付き、慌ててしまうこともあります。そうなると、事前に準備していた質問に対する回答も頭から飛んでしまうこともあるでしょう。マナーは、相手を不快にさせないために最低限知っておくべき知識です。事前に確認しておきましょう。

コミュニケーション能力

面接は、自分の用意した答えをただ言う場ではありません。面接官からの質問に対し、適切に答える必要があります。そのために重要なのが「質問の意図を理解する」「自分の考えを論理的にわかりやすく伝えることができる」といったコミュニケーション能力です。面接では、多くの就活生が事前に質問に対する答えを用意しています。面接では、緊張によって頭が働かなくなってしまうことがあります。面接対策をしっかりとおこなったうえで、面接官とコミュニケーションを取るように心がけましょう。

企業の求める人物かどうか

マナーやコミュニケーション能力はもちろん重要ですが、最終的に内定に繋がる一番のポイントは「企業の求める人物かどうか」です。企業の求める人物であることをアピールすれば、面接官からいい評価を得ることも可能でしょう。ただし、やみくもに自分自身をアピールしても、面接官にはあまり響きません。まずは、企業研究をしっかりとおこないましょう。

企業のホームページや求人サイトには、企業理念や欲しい人材などに関する情報が掲載されています。また、OB訪問や企業説明会等に参加すれば、より詳しい情報を得ることができるでしょう。それらの情報をもとに、どのような人物を求めているのかを具体的に思い浮かべます。その後、自分にどのようなアピールをできるかを考えるのです。「自分はこんなにすごい人間なんだ」ということをアピールするのではなく、企業研究をおこなったうえで、「自分はこんな人間で、貴社にこんな形で貢献できる」といった、具体性のあるアピールをするように心がけましょう。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

自分のペースで就活を進めよう

就活の進め方がわからずに悩んだり、焦ったりする人は多いですが、周囲のペースに惑わされることはありません。志望する業界や企業も違えば、それぞれで対策の立て方も違っていますので、自分のペースを守って就活を進めていくことが大切です。就活は基本を抑えて進めていけば、スムーズに進みますし、成功する確率も上がります。

迷ったときは立ち止まり、もう一度最初から考え直してみることも大切です。立ち止まったり、振り返る時間も就活には必要であり、それらをしたからといって周囲からを遅れてしまうと心配する必要はありません。焦らず自分のペースで就活を進めていき、就活の成功を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ