その他

ITエンジニアの仲間入りをしよう!~勉強会参加のススメ~

engineer session

学校でプログラミングをしたり、趣味でプログラミングをしたりしていても、実際に社会で働いたり、オープンソースに寄与してるエンジニアの世界とはなかなか遠いものです。

僕が学生の時に、エンジニアの世界に対する印象が変わったのは勉強会でした。
そこで、勉強会に興味がある人、きちんと働いてるエンジニアと会ってみたいという人向けに勉強会とはどういうものなのかを紹介したいと思います。

そもそも勉強会とは?

何か特定の分野やプログラミング言語などテーマを決めてその勉強をしようという集いです。

連続してみんなで勉強して行くものもあれば、回毎にトピックがきちんと別れており、非常に参加しやすいものもあります。

どこで勉強会を見つければ良いの

IT勉強会カレンダー

一番多いのは、Google CalendarのIT勉強会カレンダーです。

このカレンダーは全国のIT勉強会がまとめられています。
南は沖縄から北は北海道まで、各地で行われてるのが掲載されています!
僕は大阪に居た時は、東京に遊びに行くタイミングをこのカレンダーのイベントを見て決めたりしてました!

イベント開催支援ツール:ATND(アテンド)

これもなかなか使えます!
イベントのページが見やすくて良いです!
僕は昔、ここを通じて「ペアプログラミング合コン」なるものに行きました!笑

エンジニア就活

これはTwitterアカウントですが、エンジニアと就活という軸で運用されているアカウントのようです。
勉強会の情報や、企業のTech Blogやエンジニア向けの企業情報なども発信しているので、ITエンジニアとして将来働きたい人は要チェックです!

オトクな就活資料【無料】

【大学3年生限定】ES・面接を突破する業界研究マニュアル Apple/Google…他

業界研究はなぜ大切なのか。それはズバリ、人事側がそこを採用の軸に置いているからです。業界研究が浅い就活生は志望度が低い、熱意が足りないと判断されます。 Google・Appleのような人気企業から内定を取りたいなら、充実した業界研究を。 参考企業/ Apple/Google…他

勉強会のメリット

勉強会の情報は上のカレンダーやイベントサイト、Twitterで手に入れることが出来ます。
そもそも、勉強会に行くメリットとはなんでしょう?

もちろん、そのテーマに沿ったことを勉強できるのもあるのですが、みんな同じ興味を持って集まってるので、それで普通に喋っているだけでも面白いです!

僕の知っている勉強会のメンバーは、勉強会ではなく、お酒をみんなで飲みに行く会とか実はITの関係のない会を開催するぐらい仲が良くなったりします笑

また、横のつながりが出来ることで、新しい情報が手に入ったり、イベントに誘われたり、イベントの主催をしよう!って誘われたり、前で登壇したりと普通の生活をしているだけではなかなか手に入らない機会が手に入りやすかったりします!

仲間ノリ?レベル高い?勉強会に行く自信がない・・・

さっき言ったように、やっぱり勉強会に来てる人はみんな仲が良いです。
でも、大丈夫です!勉強会に来てるようなエンジニアの人は結構誰でもウェルカムで、きちんとルールさえ守って質問をすれば教えてくれます。(答えではないと思いますが)

しかも、「勉強会は初めてなんです><」ときちんと言えば、勉強会のスタイルやどうやって運営しているか、次のスケジュールはどうかなど気にかけてくれたりするので、初めてでも心配することはありません!

また、初心者向けのエンジニアイベントなどもあるので、そういったところに参加するのもオススメです!

勉強会に参加してる人は、自分が吸収したものをアウトプットして共有する、オープンソースの考え方を持ってる人が多いというのが僕の印象です。

新しいことに対する興味は、みんな持ってるので、そこから新しい勉強会が生まれたりします。

そういった、新しいことに触れやすい環境に身を置いてみる。

勉強会に参加して、同じ興味を持った人たちとワイワイとして、新しい情報に触れて、みんなで勉強をして常にわくわくするようなエンジニアライフを始めてみませんか?

関連記事はこちら
初心者でも3か月でwebサービスを必ず作れるようになる!Webサービス学習資料5選

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。