職種研究

【仕事の選び方の基準5つ】就活を失敗しないための判断材料とは

仕事の選び方は人によって異なる

就活を始めるにあたり、あなたはどのように仕事を選んでいるでしょうか。金融業や飲食、物流に商社など業界は多岐に渡り、企業の数も現在では約421万社ほどあります。

仕事の選び方は人によって人それぞれです。約421万社の中から1つの企業を決めるには、どのような選び方をすればいいのでしょうか。

仕事の選び方の基準は大きく5つ

仕事の選び方は大きく5つあります。「一生の仕事にできるかどうか」「その仕事が好きかどうか」「人に誇れるかどうか」「社会に貢献できているか」「適性があるかどうか」の5つです。

以下で詳しくご紹介しましょう。

①一生の仕事にできるかどうか

「一生の仕事にできるかどうか」を仕事の選び方の基準にしている人は、意外と多いです。一生の仕事にできると思えれば、いざ入社してから辛い出来事があったとしても、「将来のため」「自分のため」と考えられるでしょう。また、やりがいも感じられるはずです。

一生続けられるほどの安定性が大切

どんなに辛い仕事も、次第に慣れてスキルがついてくれば、楽しめるようになります。そのため、仕事選びの基準に、「一生の仕事にできるほど安定しているか」という点を置く人は多いです。「一生の仕事にできるほど安定している」と感じない仕事であれば、いずれ将来が不安になり、虚しさを覚え、後悔してしまうでしょう。

一生続けられるような安定性を基準としておけば、後悔するような仕事選びはしないでしょう。また、安定を価値観の軸においている人は、就活において受けが良かったりします。そういう面から見ても、「一生続けられるかどうか」という仕事選びの基準は、おすすめなのです。

②その仕事が好きかどうか

「その仕事が好きかどうか」ということも、仕事の選び方の基準とされる場合が多いです。好きなことを仕事にできるというのは、自分のモチベーションも上がります。

自発的な努力ができる

好きなことを仕事にできれば、どんなに辛くてもある程度は乗り越えられるでしょう。また、日々のなかで、自発的に努力を繰り返すことができるはずです。好きに勝る魅力というのは、そうそうあるものではありません。

好きなことに関われるかどうかも大切

実際に、この基準を突破できる仕事に就くのは、なかなか難しいでしょう。そこで、ちょっと基準を緩くして、好きなことに関われる仕事かどうかを考えてみると良いです。そうすれば、仕事選びの幅が広がりますし、多くの企業に目を向けられます。好きなことに関われるというだけでも、後悔なく働けて、モチベーションを保てるはずです。

③人に誇れるかどうか

null

「自分はこんな仕事をしている」というように、人に誇れる仕事であるかどうかを、仕事の選び方の基準にしている方も多いです。人に誇れるような仕事に就けば、いつだって己の自尊心を満たしてくれますし、その自尊心がモチベーションに繋がり、仕事もますます頑張れるようになります。

明確な理想像がある人に向いている基準

「将来こうなりたい」という理想像がはっきり見えている人は、「人に誇れるかどうか」に仕事選びの基準を置くことをおすすめします。理想像がはっきり見えている人だからこそ、「誇れるかどうか」に仕事選びの基準を置いておけば、後悔も少ないでしょう。この仕事選びの基準を持っておけば、就活でもその仕事への熱意を説明しやすく、高い評価を受けやすくなるはずです。

就活の軸は定めてある?

就活を始める際には「就活の軸」を定めることが大切です。就活は内定を得ることが目的ですが、内定を得て入社した後も自分の選択に自信を持つことで、本当に就活が成功したといえるでしょう。しかし、就活の軸を定めることは難しいです。

そこで活用したいのが「就活の軸作成マニュアル」です。このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活に迷いがある学生はぜひダウンロードしてみましょう。

④社会に貢献できているか

仕事の選び方の基準としては、「社会に貢献できているか」も大切なポイントです。「社会に貢献できている」と感じられない仕事を選べば、途中でやりがいを見失い、退職してしまう可能性があるでしょう。社会に貢献できているかという基準は、先述した「人に誇れるかどうか」に通ずる部分があるのです。

といっても、世の中にある仕事の多くは、何らかの形で社会に貢献しています。自分が興味を持ち、やりたいと感じる仕事を見つけたのなら、その業務がどういった形で社会に貢献しているかを考えてみてください。「自分の仕事はどういった形で社会に貢献しているか」が分かれば、やりがいに繋がり、仕事の選び方を後悔しない理由に繋がるのです。

⑤適性があるかどうか

仕事の選び方の基準として、「その仕事に対する適性を持っているかどうか」で判断する人も多いです。自分が「やりたい」と思う仕事に就いた結果、適性の問題で思うように仕事が進められず、思い悩んでしまう場合があります。「やりたい」と思う仕事に就いたからと言って、幸せになれるとは限らないのです。

「やりたい」と思う仕事ではなく、自分の能力を「活かせる」仕事に就くことで仕事にやりがいを感じ、人生を切り拓ける人もいます。仕事選びの基準として、自分の能力から判断することも効果的な判断方法となり得るのです。

仕事を選ぶ際、適性があるかどうかを判断基準とする理由として、過剰なストレスにさらされないようにするためということもあります。もちろん仕事にストレスは付きものです。社会人として働き出すと、日々様々なストレスにさらされながら業務に励むことになります。

しかし、最初から性格に合っていない仕事に就いてしまった場合、ストレスは過剰なものになってしまう恐れがあります。「内気な性格で、人前でのプレゼンに苦痛を感じる人」が「大勢の前でのプレゼンを日常的に行う仕事」に就いた場合、ストレスは過剰なものになってしまう可能性があるのです。

向上心を持って向き合う

向上心を持って仕事に向き合うことは、非常に重要です。仕事を進めていくと、自身のスキルを周りと比較し、「自分にはこの仕事は向いていないのではないか」と落ち込んでしまうこともあるでしょう。たしかに仕事を進める上で、その人の持つ適性は重要な要素となります。

しかし、スキルの有無にかかわらず、向上心を持って前向きに仕事に挑んでいくことが社会人として求められるのです。自身の適性を見て仕事を選ぶのは、自分にとって良い選択となる可能性が高いです。しかし、それを差し置いてでもやりたいと思える仕事があるのであれば、覚悟を決めてその仕事に向き合うのも選択肢となり得るのです。そのような際には高い向上心を持って向き・不向きの壁を越えられるよう、仕事に邁進するようにしましょう。

仕事のマイナス点に着目することも選び方として大切

仕事を選ぶ際に注意したい点をご紹介します。仕事を選ぶ際には、良い点ばかり意識しないように気を付けてください。「待遇が良いから」「好きなことができるから」「長続きしそうだから」など、仕事を決める基準はさまざまです。しかし、そういった良い点ばかりを見て、悪い点を意識せずに仕事を選ぶと、後で後悔する結果となってしまいます。

仕事を選ぶ際には、その仕事の苦労する点、勤務体系、一般的な待遇などもしっかりと調べてください。就職してから「思っていたのと違かった」となっても、時すでに遅しです。その仕事の欠点をしっかりと調べたうえで、「それでも働きたい」と思った仕事こそ、自分に向いたものだといえるでしょう。長く続けられる仕事の選び方として、欠かせない注意点ですので、覚えておいてください。

5つの仕事の選び方を知って就活を効率的に進めよう

上記で説明した4つの基準を、仕事の選び方としている人は多いです。仕事選びの基準が決まっていない人は、これらをそのまま活用して、就活をおこなうと良いでしょう。また、自分の中で譲れない価値観があるのなら、ここで紹介した内容を参考にしつつ、それを基準に仕事選びをするのも良いです。早めにしっかりした仕事選びの基準を作ると、効率の良い就活ができるようになります。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ