OB・OG訪問

【会社訪問のやり方】アポの取り方から当日までにすべき事前準備まで紹介

会社訪問の目的

会社訪問の目的としては、実際の会社の雰囲気を理解するためのものと捉えましょう。セミナーや選考での採用担当者との面談だけでは「どのような人が実際に働いており、どんな雰囲気なのか」が分からないです。就活生にとって、長い人生の大半を占める会社選びにおいて、実際に会社がどんな雰囲気なのか理解できないまま伝聞で就職先を決めてしまっては、万が一のミスマッチ時に取返しのつかないことになってしまいます。

また、企業側としても就活生に実際に入社してもらうにあたり、本当に学生と企業の雰囲気が合っているかどうかを理解してもらい、投入した採用コストが無駄にならないようにマッチングする意味も込めて会社訪問を受け入れているのです。あなたにとって後悔のない企業選びをするためにも会社訪問を行うようにしましょう。

説明会としての会社訪問はエントリー式

説明会としての会社訪問をする際は、エントリー式が主な参加方法となります。企業の専用webサイトや、リクナビやマイナビなどのナビサイトからエントリーするようにしましょう。そのため、これらのwebサイトの確認は怠らないようにして、説明会予約の申し込み情報は入念に見るようにしてください。就活生から人気が高い企業は説明会の参加倍率も高く、すぐに受付終了になってしまうことがあります。

個人的に依頼する場合はメールでアポイントをとる

個人的に会社訪問を依頼する場合は、電話ではなく、メールでアポイントをとりましょう。電話でいきなり「会社訪問をしたい」と連絡をしてしまうと、一人の就活生のためにその場で予定調整することは難しく、企業にも迷惑をかけてしまいます。人事担当者も他の仕事をしている可能性があるので、後からでも確認しやすいメールがベストです。

そして、企業に訪問依頼をするということは、ビジネスシーンと同様であることを意識してください。就職活動としての訪問といえども、一つの約束を企業と調整するので、メールは失礼のないような内容にしてください。メールは用件だけを記載せず、ビジネスの場を意識した丁寧な言葉遣いを用いて、マナーを守ったメールにしましょう。

また、採用担当者の担当名が不明な場合は「採用ご担当者様」にしてください。それでは次の項目で、会社訪問のアポイントをとる際のメール例をご紹介します。

アポイントを取る際のメール例

【件名】会社訪問のお願い

〇〇株式会社
採用ご担当者様

突然のメールでのご連絡、失礼いたします。
〇〇大学〇〇学部〇年の〇〇と申します。

現在、私は就職活動をしております。
私はこれまでに培った〇〇を活かし、〇〇ができる企業への就職を志望しています。

企業研究を行う中で、〇〇業界でご活躍されている貴社の〇〇事業の〇〇というサービスにおいて非常に魅力を感じました。そして、貴社への理解を深めたいと思っております。
ぜひ、直接お話をお伺いする機会をいただきたく存じます。

ご担当者様のご都合がつく日程でかまいませんので、
ご多用中、大変恐縮ではございますが、ご検討いただけますと幸いです。

署名

会社訪問時に用意しておくもの

  •  筆記用具
  • 学生証
  • メモ帳

会社訪問時においてはメモをとるための筆記具はもちろんのこと、就活生が学生であることを証明する学生証も必須となります。受付時にあなたが学生であることを証明できなければ、受付としても身分や立場が不明瞭なある意味「不審者」を会社にそのまま入れてしまうことになってしまい、治安上の問題となるからです。筆記具については、「ITが発展しているのだからパソコンでもいいだろう。」という声も寄せられますが、確かに便利ではあるものの、パソコンだと他の作業もできてしまうため社員としては本当に話を聞いてもらっているのか怪しいと考えてしまうことにつながるので、怪しまれるような行為はしないようにしてください。

メモをちゃんと持って話を真摯に聞いているという姿勢が重要になってくるため、あなたの誠意を示すためにメモ帳を用意して会社訪問へ臨みましょう。また、不測の雨などに備えるために折りたたみ傘やハンカチを持っていけば更に万全です。

★会社訪問においての注意点

それでは、会社訪問における注意点を4点ご紹介します。会社訪問は、企業の敷地内に立ち入るということです。お邪魔するという意識を忘れず、ビジネスマナーをしっかり守って訪問しましょう。

①身だしなみは整える

まず1つ目にご紹介する注意点は、身だしなみを整えることです。髪がボサボサ、スーツがよれている、化粧が崩れている学生が目の前に現れた場合、企業の担当者はどのように感じるでしょうか。清潔感のない容姿は相手を不快にします。身だしなみが整っていない人は、せっかく会社訪問を通して入社意欲が高まっとしても、今後の選考には有利に働かない可能性が高いでしょう。

会社訪問をする際は、髪の乱れや化粧崩れに気を付け、スーツのしわや汚れを取り除いておきましょう。就職活動は皆一様にリクルートスーツを着用します。ほんの少しの汚れや乱れはよく目立ちますので、自身の見た目には十分に気を配りましょう。

②遅刻はしない

当たり前のことですが、約束の時間は必ず守ってください。特にビジネスの場では遅刻は厳禁です。もし時間に遅れそうになった際は、約束の時間前に企業に連絡を入れるようにしましょう。約束の時間が過ぎてからの連絡は、ドタキャンと同じになってしまいます。遅刻すると判明した時点で、連絡をするようにしてください。

企業に到着できる時間によりますが、5~10分程度の遅刻であれば待ってくれる企業もあります。いずれにせよ、遅刻をしないように前もって早めに準備を済ませ、30分前には企業の最寄り駅に到着できるように出発するようにしましょう。

スケジュール調整は綿密に

スケジュール調整は綿密にするようにしましょう。就活生は1日に何社も説明会に参加することもあるため、希望の会社の訪問時間とかぶる場合があります。既に予定が入っているのにもかかわらず予定を確定させてしまうと、後々再調整をすることになります。もう一度、担当者から候補日を頂戴して会社訪問の日時調整をすることは、相手に手間をかけさせてしまいます。スケジュールは手帳やアプリなどでしっかり管理して、スケジュール調整をスムーズにできるようにしましょう。

そして、スケジュール調整をする際は、移動の時間も踏まえてから予定を入れるようにしましょう。1件目の訪問先から次の訪問先への移動時間を考慮せずに、予定を詰めてしまうと、遅刻につながる可能性が高くなります。また、慌ただしく移動をして、気持ちに余裕のないまま企業に訪問してしまうと、態度や表情に出やすくなるので、時間には余裕を持って予定を入れるように注意しましょう。

③携帯電話はマナーモードにする

3つ目にご紹介する注意点は、会社訪問時は、携帯電話をマナーモードに設定することです。面談中に携帯電話の着信が鳴ってしまうと、企業の担当者に悪い印象を与えてしまいます。

携帯電話は常にマナーモードにしているので着信は鳴らないだろうと油断せず、必ず携帯電話のマナーモードがオンになったかどうかを確認してから会社に訪問をするようにしてください。

マナーモードの設定をうっかり忘れてしまい、面談中に着信音を鳴らしてしまうよりも、必ずマナーモードに設定されているかどうかを確認してから訪問した方がリスクは少ないです。マナーモードに設定するのを忘れてしまいそうで不安な方は、会社訪問前に携帯電話そのものの電源を切るように癖づけしましょう。

④分かり切った質問はしない

他にも会社訪問で注意すべきことに、分かり切った質問はしないということが挙げられます。分かり切った質問というのは、会社訪問という貴重な時間内に、調べればすぐ分かるような内容の質問をするべきではないということです。

例えば「事業内容について教えてください」「従業員数を教えてください」という質問は、会社の公式HPを閲覧すればすぐに判明する内容です。そのような質問をされてしまうと、せっかく時間を割いて対応している担当者に、「この学生は自社への興味が薄い」と感じさせてしまいます。

質問一つで印象は大きく左右します。会社訪問時に質問したい内容は、必ず訪問の前日までにピックアップして、整理しておきましょう。

ある程度の予習はしておく

まず、できる範囲内での企業研究をしましょう。説明会やセミナーでの話をまとめるのはもちろんのこと、理想的なのは会社のIR(投資家向け情報)や決算説明会の説明PowerPointを読み込んで自分なりの意見を持つことになります。なぜなら会社のIRは誰にとっても分かりやすいように書かれているため、学生でも分かりやすく会社の理解が深まるからです。

加えて、決算説明会の資料は会社の今後についての方向性が戦略と一緒に書かれているので、自分の働く姿と合わせて会社での働き方をイメージするのに役立ちます。これらの資料を読み込んでおくだけでも「この学生はよく勉強している」とあなたのイメージをよくすることに一役買うことでしょう。ですので企業研究はできればできるだけやっておくべきです。

企業側にも負担がある事を知る

会社訪問を受け入れる社員にとっては、本来仕事に入って業績を上げていなければならない時間なのに、会社訪問を受け入れることによって機会損失をしていると見てよいでしょう。わざわざ学生のために1時間弱をつぶして会ってくれているのです。この事実を肝に銘じておかないと、時間通りに会社訪問をしない、無駄な質問を繰り返して時間の無駄となってしまうという失礼な行為が繰り返されてしまいます。

重要なのは、相手の立場に立つことでわざわざ時間を作ってくれている社員のために何かできることはないかという視点に立って、円滑なコミュニケーションができるように心がけたり、ちゃんと準備して誠意を示したりと様々なアプローチが可能なはずです。ビジネスの現場でも相手の立場に立つことは必ずと言ってよいほど求められることなので企業側の負担を勘案して行動しましょう。

会社訪問を積極的にして企業理解を深めよう

以上のように、会社訪問をすれば企業のリアルな側面を理解することができるので、抽象的だったイメージがより鮮明になります。ビジネスの現場ではある種の仮説検証の繰り返しによって事業展開を行っているので、この会社訪問も就活生にとって自分の将来を決めるための仮説検証の場として捉えるのが良いでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ