その他

【OB訪問のベストな時期とは】タイミングによって異なる相手側の反応~ピークの月もご紹介~

OB訪問の時期で他の就活生と差をつける

OB訪問とは、気になる業界や企業で働く先輩にアポイントをとり、実際に会って話を聞くことです。詳しい質問や会話がおこなえるため、業界・企業研究が大きく進むチャンスだといえるでしょう。志望企業の先輩が相手の場合には、OB訪問のときの態度が、採用試験で評価される可能性もあります。

そんなOB訪問ですが、一体どの時期におこなえば、就活生としてのメリットを得られるのでしょうか。ただ先輩に会っただけで、何の情報も得られずに帰ってくれば、OB訪問の意味がありません。他の就活生と差をつけるためにも、本ページで、OB訪問と時期の関係を見ていきましょう。

OB訪問をピークの時期におこなう場合

OB訪問のピークの時期は、3~4月だといわれています。この時期にOB訪問にいったところで、とくに大きなメリットはありません。あえてメリットを挙げるなら、企業側も3~4月の時期が混むと分かっているため、あらかじめスケジュールを空けてくれていることぐらいでしょう。

ピークの時期は日程が合いにくい

ピークの時期にOB訪問へ行くデメリットは、以下の通りです。

・他の学生と被り、OB訪問の日程が合いにくい

・ピーク時に行く=それほど就活に熱心ではないと判断される

時期を逃して行かないよりは行った方がいい

OB訪問をする際には、なるべく、ピークの時期から外れて行った方が良いでしょう。とは言っても、時期が合わないからといって、OB訪問に行かないのはNGです。どちらかといえば行った方が、もちろんイメージは良くなります。他の時期に行けないようならば、3~4月の時期にOB訪問に行きましょう。

オトクな就活資料【無料】

【大手企業に受かる実力があるか】就活力診断シート

20の質問で特定されたあなたの就活力。そこにはおそらく、もう十分に備わっているポイントもあれば、まだまだ努力が必要なポイントもあるはず。この資料ではあなたの足りない就活力に対して、具体的な対策法を伝授しています。

OB訪問をピークより早い時期におこなう場合

ピークの時期に、OB訪問へ行くことを避けたい人もいるでしょう。では、早めにOB訪問に行くとどのようなメリットがあるのかを、以下で見ていきましょう。

日程が合わせやすい

OB訪問に早めに行く大きなメリットは、日程が合わせやすいことです。他の学生がOB訪問をしていない時期のため、相手側としてもスケジュールを調整しやすく、好きな日程でアポイントを取れるチャンスだといえるでしょう。

裏話を聞ける可能性がある

早めに行動すると、相手にとって、自分が一番最初の訪問者となる場合があります。そうなると、相手は少し嬉しく感じ、場合によっては裏話を聞かせてくれるかもしれません。時期を早めることで、そのようなメリットを得られれば、ラッキーといえるでしょう。

OB訪問をピークより遅い時期におこなう場合

OB訪問のピークを避けるために、あえて遅めに行くという手段もあります。遅くアポイントをとれば、早くOB訪問に行く場合と同様に、日程が合わせやすいというメリットがあるでしょう。また、相手の返答が洗練されている可能性が高いのもメリットです。学生がどのようなことを聞いてくるかを把握して、適切な答えを返してくれます。

相手は多くの学生の相手をしてきている

OB訪問が遅めの場合、相手が既にさまざまな学生から質問を受けている可能性が高いです。なかには、「OB訪問の学生10人以上と会った」という人もいます。そのため、OBによっては、質問をしても決まった答えしか返ってこなかったり、そもそも会ってくれなかったりする人もいるでしょう。

それぞれのメリットを知ってOB訪問の時期を選ぼう

時期の選び方によって、OB訪問のアポイントの取りやすさや、有益な情報が得られるかどうかが変わることが、分かったのではないでしょうか。

基本的には、他の学生よりも早く行動した方が、OB訪問のメリットは大きいように感じます。しかし、何をメリットと感じるかは個々で異なるものです。自分がどの時期にOB訪問に行きたいか、しっかりと考えてから選んでください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。