職種研究

【SEの志望動機の書き方】新卒で目指す場合のポイントと例文

SEの志望動機を書く前に求めている人材像を把握する

まず新卒からSEを目指す時に大切なのは、会社側がどんな人材を求めているのかをきちんと考えることです。新卒でも応募できる会社ですから、経験をそこまで求めているわけではありません。では、会社側はどんな人を求めているのでしょうか。

新卒の未経験からSEになるためにはどういった志望動機が望ましいのか、それは会社側の立場になってみればよくわかります。会社側にしてみると、「途中で投げ出さないで、できるようになるまで継続して勉強する努力のできる人」を求めているはずです。

このポイントを押さえておけば、志望動機でどのようにアピールしていけば未経験からでもSEになれるかどうかがわかります。

SEの仕事内容を知っておこう

SEの志望動機を作成するためには、まずはSEがどんな仕事をしているのか、その仕事内容を知っておかなければなりません。SEという職業自体の知名度は高いですが、実際の仕事では何をしているのかを知らない人は多く、きちんと理解してから志望動機を作成することが大切です。

仕事内容を知っていることで志望動機の説得力を高めることができますし、就職後のギャップを埋めることができます。SEの仕事内容をしっかりと理解して、志望動機の作成に役立てましょう。

システムの設計から構築

SEはシステムの設計から構築までをおこなう職業であり、顧客から依頼を受けてシステムの設計、構築をおこないます。顧客と相談しながらシステムの設計を考えますので、コミュニケーション能力が必要な仕事であり、相手の望むものを引き出す力が求められます。

どんなシステムが求められているのか、それをどのように構築していくのかを考える仕事であり、システムの設計図を作る役割を担う仕事です。また基本的にはシステムの設計図を作ることがSEの仕事ですが、場合によっては設計だけではなく、実際にシステムの構築をおこなうこともあります。システムを一から作り上げますので、基礎的なパソコンのスキルだけではなく、プログラミングのスキルなども必要です。

SEとプログラマーは違う

SEと聞くとプログラミングをしてシステムを作り上げるとイメージする人は多いですが、実際にプログラミングをするのはプログラマーです。SEとプログラマーの仕事は別物であり、SEはあくまでシステムの設計図を作る仕事、プログラマーは設計図を基にプログラミングをしてシステムを作り上げる仕事です。

基本的にはSEが指示を出し、プログラマーがプログラミングをしていきますが、SEはプログラミングを兼任する場合もあります。企業によって仕事内容がどこまで区切られているかは違いますが、SEであってもプログラマーを兼任している人は多いです。SEとプログラマーは似ている仕事であり、それぞれ兼任することもありますが、実際には違う仕事であることを知っておきましょう。

SEに向いている人

SEに向いている人というのは、ITに関心があるのはもちろんのこと、コミュニケーション能力があり、ロジカルな思考ができる人です。ご存知の通り、ITの技術革新のスピードは目まぐるしいものがあります。SEに向いている人は、日々生まれ変わる新しいIT技術に関心があり、情報のインプットを怠らず、トレンドに敏感な人といえます。ITにまつわる社会環境やニュース、トレンドを知識として蓄えている人は、ITを職にすると仕事に楽しさを覚えやすいです。

しかし、ただIT技術を身につけるだけでは仕事はできません。チーム体制で仕事をしていくSEは、コミュニケーション能力が必須スキルです。そして、冷静に課題を解決していくロジカルな思考はとても重宝されます。それでは次の項目で、SEに向いている人の特徴を紐解いていきます。

ITに関心がある人

ITに関心がある人はSEに向いています。常に新しい技術が生まれるIT社会で、ITに関心を持って技術や知識を身につけていく意欲が高い人は、SEに向いています。常に技術が最新化されていくITは、せっかく身につけた技術が次の日には古い情報になってしまう可能性も高いのです。そのため、多様な技術を学ぶ意欲が高く、ITに関心がある人ほど、業界では生き残りやすいのです。

特にSEは最先端のIT技術を知っていないと、業務をすることが難しいです。常にアップデートしていかなければ需要に追いつかないシステムもあるほど、スピード感は速いです。あれもこれも知らないという状態では、企業も雇用に前向きではなくなります。「この技術を覚えたからしばらくは安泰だ」ということはないのです。

コミュニケーション能力がある人

SEは、意外にもコミュニケーション能力が必要とされます。パソコンに向かい合って黙々とプログラムを打ち込むことがSEの仕事ではありません。お客様の要望を的確に汲み取ってシステムを作り上げたり、チーム体制で案件をこなしたりしていくので、他のSEと連携しながら業務をすることが求められます。常に誰かとコミュニケーションを取らなければならない環境なのです。

自分の要望だけを主張する人は、もちろん仕事がしにくい人と思われます。様々な部署と連携してこそプロジェクトが成り立ちます。コミュニケーションが円滑にできない人は、そもそも企業からしてみれば欲しい人材ではありません。SEは客先常駐になることも多い職業です。そうなると常駐先の社員との業務調整や交渉もしなければなりません。そのため、志望動機ではコミュニケーションスキルについても触れるようにしましょう。

ロジカルな思考ができる人

ロジカルな思考とは、「論理的思考」のことを指します。論理的思考とは、物事を分析して因果関係を見出し、内容を整理することで順序良く理解し、結果をシンプルかつ誰にでもわかるようにまとめることができる思考のことです。他にも、メリットとデメリットに分けて考察することも論理的思考に分類されます。

システムを開発するにあたって、必要な技術や解決すべき課題を適切に抽出することができ、効率的にプロジェクトを進行することができるSEは、解決へ導く能力があると評価される傾向にあります。論理的思考は、他の人が気づかない落とし穴や、新たな手法を見つけることにも役立ちます。「あなたの主張がいまいちわからない」「納得できる内容ではない」と指摘されたことがある人は、ロジカルな思考ができるよう筋道を立てて考える癖をつけましょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

SEの志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的にSEに採用される志望動機を完成させましょう。

SEの志望動機のポイント

・努力した経験を探す
・目指したきっかけを伝える
・その企業を志望した理由を明確に
・SEとして何をしたいのかイメージする

次に、SEの志望動機のポイントをご紹介します。SEの志望動機に何を書けばいいのかわからないという方は必見です。ストーリーを順序立てて組み立てていくように、志望動機も段階的に構築していくことで、自分だけのオリジナルの志望動機を作ることができます。

上記4つが志望動機のポイントとなります。このポイントを意識して志望動機を作成することで、企業の採用担当者はあなたの入社後に活躍するイメージを膨らませやすくなります。好印象に選考を通過していくためにも、共感できる効果的な志望動機を考えてみてください。

努力した経験を探す

新卒でSEを目指すためには、今までの人生の中から、辛い苦労を努力して乗り越えた経験を探してみてください。それを志望動機に盛り込んで、SEになるためのツラい日々も乗り越えられる人材であるというのをアピールするのです。

例えば、「未経験ゆえに努力が必要なことはわかっているが、これまでに〇〇〇というシーンを△△の努力を続けることで耐えてきたので、SEになるための努力も乗り越えられると感じている。」というのを、志望動機でアピールしていきましょう。

努力できるアピールと、努力が必要だと理解しているのをアピールすることで、未経験という立場もハンデにならないでしょう。ただもちろんそれだけではだめです。SEになるための志望動機を作りだすためにはもう一つ大切なことがあります。

目指したきっかけを伝える

もう一つのポイントは、SEになりたいと思ったきっかけを志望動機に盛り込むことです。志したきっかけを伝えると、努力したいと思っている気持ちが本当のものかどうかというのをアピールすることができます。「志望動機」なのですから、SEを目指すきっかけを話すことは当然ですよね。なぜSEを目指したのかというきっかけや、今現在努力していることがあればそれも志望動機に記載していきましょう。

さらに、たくさんある新卒でSEになれる会社の中で、なぜその会社でなければならなかったのかということも志望動機に盛り込んでいってください。「何故うちの会社なのか?」というのは採用担当者は必ず疑問に思いますから、非常に重要なポイントになります。志望動機にはこれらの点も併せて記載すると印象が強くなるでしょう。

その企業を志望した理由を明確に

SEといってもさまざまな企業で働くことができますので、業界内でもその企業を志望した理由を明確にすることが大切です。SEの仕事は企業によって異なるものの、同業界内では似ている仕事も多いですし、同じ仕事ができる場合もあります。その企業で働きたいのではなく、単にSEとして働きたいだけであれば、他の企業でもいいのではないかと思われてしまいますし、志望度も低いと評価されてしまいます。

志望動機では志望度の高さ、企業への就職意欲の高さをアピールすることが大切ですし、他の企業でいいと思われてしまうと、選考を突破することはできません。業界内でもその企業を選んだ理由、その企業でなければならない理由を明確にして、志望動機を伝えていきましょう。

SEとして何をしたいのかイメージする

SEの志望動機を考えるポイントで重要なのが「SEとして何をしたいのかイメージする」ことです。あなたが企業に入社してから実現したいことや、達成したいことをイメージしてみてください。ぼんやりとしかイメージが浮かばないという方は、「●●会社の●●事業におけるシステム開発に携わり、日本中の企業に使用してもらいたい」というイメージまで深掘りしてください。

「SEとして何をしたいのか」ということは、すなわち「入社後にどのように企業に貢献するか」ということです。自分が社会に出て成し遂げたい思いを言葉にして、目標として掲げてみましょう。そして、採用担当者はあなたの志望動機を見て、SEとして企業にどのように貢献してくれるのかを考えます。企業が求める人物像と異ならないように、採用担当者の心を動かすような志望動機を考えてみましょう。

SEの志望動機例文5選

それではSEの志望動機の例文を5つご紹介します。企業が志望動機を重視する理由は、応募者の人柄や考え方が知りたいからです。そして、応募者の人となりが社風と合っているかを判別し、入社後のミスマッチを防ぐためでもあります。何よりも就活生の仕事に対する意欲や熱意を知り、企業で何をしたいのかを知りたいために志望動機を聞きます。

ご紹介してきた志望動機の作成のポイントを抑えた志望動機例となっていますので、解説も合わせて確認してみましょう。

志望動機の例文①

私が貴社を志望したのは、貴社がクラウドや最新のAI、顧客に密着したアプリケーションなどを幅広く扱っており、高度な技術力を持つ点に魅力を感じたためです。大学時代にプログラミングの講義を受講したことがきっかけで、IT分野の仕事やSE職に興味を持ちました。現在は、基本情報技術者の試験を受験するために、独学で勉強しています。
また、学生時代に経験した飲食店でのアルバイトでは、様々な年代の顧客に柔軟に対応するように心がけていました。貴社に入社した際は、アルバイトで培ったコミュニケーション能力を活かして、顧客の目線に立つことを忘れずに業務に取り組みたいです。

このように、具体的な志望動機を分かりやすく伝える事が大切です。どのようにして、SEを目指すことになったのか理由も簡潔に述べましょう。学生時代に学んだエピソードなども加えると良いでしょう。

志望動機の例文②

御社を志望した理由は、【英会話とIT】をモットーに、最先端テクノロジーを日本中に事業展開したスピード感に魅力を感じたからです。御社の力で、英会話は講師から直接学ぶという常識が、インターネットを使い在宅でも受講可能なサービスにまで成り代わりました。いち早く英会話のオンラインサービスを手掛けたことに感銘を受けました。
私は英語を5年間独学で勉強した身ですが、実際に御社のサービスを利用して感じたことは、最先端テクノロジーの宝庫であったことです。講師と対面しなくても、対面しているかのように軽やかにコミュニケーションが取れるサービスは、まさに英会話そのものでした。私はプログラミングは未経験ではありますが、学生時代の学びを活かしつつ、御社の成長スピードに負けないSEになりたいです。

オンラインサービスを展開している会社の志望動機の例です。事業のどんなところに魅力を感じて応募したのかが詳細に書かれていて、会社理解が深いものとなっています。実際にサービスを利用していることは、積極的な企業研究の取り組み姿勢があると捉えられるため非常に好印象です。

志望動機の例文③

私は世の中に何かを創出できる人物になりたいです。学生時代はIT企業でSEのインターンをしました。その時に、自分が構築したシステムが、誰かのためになるというやりがいがとても私を充実させてくれました。夢のきっかけはインターンでしたが、今では資格取得に励み、一人でスマートフォンのアプリ開発までできるようになりました。
アイデアを創出する楽しさは格別です。御社はスマートフォンの●●分野のアプリにおける最先端企業であり、数々の賞を受賞しています。私も自分が作ったアプリを世に出し、世界中の人に愛されるアプリを創出したいと思い御社を志望しました。

スマートフォンのアプリを開発している企業への志望動機の例です。なぜSEになりたいと思ったのかというきっかけも紹介しつつ、IT企業でのインターン経験もアピールできる内容になっています。仕事に活かせる即戦力の知識があることは有効なアピールになります。

志望動機の例文④

私は様々な業界で使用されるシステムを開発したく御社に応募しました。私は大学でプログラミングを学び、サークルではプログラミング部に所属していました。サークル活動の一環で、地域の商店街を紹介するWEBサイトとアプリの開発をしました。その時に、商店街の方々だけではなく、地域の皆さまからわかりやすいアプリだと褒められ達成感を味わいました。
これをきっかけに、多様なクライアントに貢献できるSEとして働きたいと強く思うようになりました。そして地域だけではなく世界を股に掛けるような開発をしたいと思い、御社のように、クライアントが多岐に渡る業界にいて、●●サービスをグローバル展開している大きなフィールドで活躍したいと思い志望しました。

クライアントが様々な業界にいる企業への志望例です。システムを開発しても、販売先がひとつの業界である可能性は低いです。多様なクライアントに通用するSEになりたいという言葉は、柔軟性のある意欲的なSEと捉えられ好印象です。

志望動機の例文⑤

私は御社のSE部門でアルバイトをしていました。SEアシスタントとして、クライアントが求めるシステム開発に携わり、プロジェクトが進行する様を目の当たりにしてきました。IT業界はスピーディーに物事が進み、効率的に業務が進みます。クライアントのために真っすぐに働く社員の方が、とても実直に感じました。
アルバイトのときのように、ただ指示通りに仕事をするのではなく、クライアントと問題を解決しながら、伴走できるようなSEを目指します。アルバイトの延長ではなく、一社会人として御社に貢献したいです。

アルバイト先のSE職の新卒採用に応募している例です。IT企業は、アルバイトからSE職として正社員になるケースが多いのも特徴です。企業側も就業経験ありの人材を採用できるため、どちらにもメリットがあります。アルバイトをしている企業に新卒で就職をしたい方は、上長の推薦が必要な場合があるので確認してみましょう。

IT業界への理解を深めることも大切

SEの志望動機を作成するためには、SE自体の理解を深めることも大切ですが、それだけではなくIT業界の理解を深めておくことも大切です。SEを志望したきっかけや企業を志望した理由をアピールすることも大切ですが、それだけではなく業界を志望した理由についても伝えていかなければなりません。

そもそも業界への志望度が低ければ、企業への入社意欲、仕事への熱意も伝わりませんし、志望動機でも上手にアピールをすることができなくなります。業界についての理解を深めることで、志望動機にも説得力が出ますし、業界の現状、動向、今後の展望、課題などを知っておくことも大切です。SEの仕事だけではなく、IT業界全体にも目を向け、業界研究も徹底しておこないましょう。

新卒のSEへの志望動機は努力ができるとアピールしよう

SEの志望動機のポイントについて紹介しました。新卒で未経験からでもこのようなポイントを押さえてアピールできる志望動機を作り上げることが出来れば、SEになることは十分に可能です。未経験だからと諦めずに目標に向けて進んでいきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ