業界研究

メーカーの志望動機の書き方ポイント|各業種の例文6選付き

メーカーとは

メーカーとは、人々が生活をする上で欠かせない「物」の製造・販売を行う企業を指します。メーカーには、食品メーカー、自動車メーカー、化学薬品メーカー、建材メーカーなど、さまざまな産業と密接に関わる企業が多種多様に存在しています。

例えば、不動産業界ではマンションを建てる際、多くの建材が必要となります。コンクリート素材やマンションのタイルを製造するメーカーや、マンションの内装の壁紙やドアノブといった装飾部を製造するメーカーなど、多くのメーカーがその産業を支えていると言えます。

また、化粧品メーカーや日用品メーカーなど、一般消費者向けに商品を製造している企業もあり、生活者を支えています。人々の産業や生活者を支えるために欠かせない存在となっているのがメーカーです。

メーカーの仕事内容

メーカーの仕事内容は、それぞれの産業や市場の顧客ニーズをとらえ、新しい商品を企画開発・製造します。各メーカーによって、顧客対象が企業であったり、消費者であったりと異なるため、世の中の全体の市場動向に加えて、それぞれの産業の市場動向のリサーチが重要となります。

市場を把握し、顧客ニーズを分析した上で、どのような商品を販売すれば良いのか検討します。その結果をもとに商品を企画し、製造、販売をおこないます。多くのメーカはこれらの一連の流れを市場動向を探るマーケティング部門、商品企画部門、製造部門、営業部門などに分け、商品を効率的に製造販売できるよう業務を細分化しているのです。

中でもマーケティングや商品企画は、商品が製造される前の要の仕事となるため、分析力が求められます。

メーカーに向いている人

メーカーの仕事には先にも述べたように、顧客ニーズを捉えるための市場動向などの分析が要になるため、分析やリサーチが好きな人には向いている仕事と言えるでしょう。ただ商品が好き、と言った視点で物を見るのではなく、なぜこの商品が販売されたのか、同じような商品の中でどこが優れているのかなど、自然と商品の背景まで興味が及ぶ人はメーカーを受けてみると良いかもしれません。

実はマーケティングや商品企画以外でも、メーカーにおいてはこれらの視点が欠かせないのです。営業でも競合分析をして、どのように売れば良いのか戦略を立てる必要がありますし、工場などの製造現場においても、商品パッケージや入れ物など、どうしたら開けやすいのか、他社はどのように施しているのかなどを分析した上で商品企画部門と連携して商品の試作品を作るといった必要が出てくるためです。

【自己分析は診断ツールから】
"強み"を知らないと出遅れる

インターンの選考を突破するためには、自己分析で自分の強みや適性を理解しておく必要があります。しかし、自己分析の正しいやり方を知らない学生も多いでしょう。

そこでオススメしたいのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。 簡単な質問に答えるだけで、自分の強み・弱み、適性をすぐに診断できます。

活用して自分の強みや適性を把握し、インターンの選考を突破しましょう!

志望動機を書く理由

メーカーの場合は、先にも述べたように多種多様な産業と密接する企業が多く存在します。そのため、メーカーならどこでも良いとはならないはずです。自身の興味のある産業と近いメーカーや、好きな商品が販売されているメーカーなどを選び、それぞれの企業に合わせた志望動機を書くようにしましょう。

志望動機は企業に対してのファーストアピールと言えます。「この人に会ってみたい」と思わせる事を記載するために、当たり障りのないどのメーカー企業にでも通用するような志望動機を書いてはいけません。

企業は志望動機を見て、なぜこの業界のメーカーで、この会社を希望しているのかを把握した上で、その人のやる気や熱意を感じ取っているのです。それぞれの業界や企業を研究し「ここを志望する理由」を明確に記載する必要があります。

入社後のミスマッチを防ぐため

志望動機を書く理由としては、入社後のミスマッチを防ぐためでもあります。志望動機によってその業界、企業を志望する理由、企業で何が貢献したいのか、就活生の人柄も知れます。業界によって求められる能力や資質は違いますし、業界内でも企業によって求められる人材像は違っている場合が多いです。

同じ業界内でも企業によって向き不向きはありますし、入社後にミスマッチをしないために志望動機を確認しています。ミスマッチがあれば活躍できない可能性も高いですし、すぐにやめてしまえば企業にとっても損失になってしまいます。ミスマッチがあれば就活生と企業のどちらにも不利益になりますので、それを防ぐためにも志望動機の確認は欠かせません。

志望度の高さを知るため

志望度の高さを知ることも、志望動機が求められる理由のひとつです。志望動機では業界や企業を志望する理由が記されていますし、それらから企業への志望度の高さを確認しています。志望動機を作成するためには、業界や企業についてしっかりと理解しておかなければなりませんし、業界・企業分析は必須です。

それらができていなければ志望動機は弱くなってしまいますし、反対に業界・企業への理解が深まっていれば、それだけで真剣であり、志望度が高さが伝わります。業界や企業の理解に対してどれだけ時間を費やしているかによって、志望度の高さは判断されています。理解を深め、志望度が高く就職への志望度の高さを伝えることが大切です。

メーカーの志望動機の書き方ポイント

就活のなかで避けて通れないのが、履歴書の作成です。その中でも、志望動機を採用担当者にいかに魅力的にアピールできるかは、とても重要なポイントだといえます。ここではメーカーに焦点を当てて就活をしている人対象に、メーカーへの志望動機の書き方を5つのポイントに分けてご紹介したいと思います。

①徹底的な企業研究

メーカーの志望動機の書き方における1つ目のポイントは、徹底的な企業研究です。そのメーカーの優先順位によってどの程度力を入れるかが違ってきますが、メーカーへ志望動機を書く前は必ず企業研究をしましょう。

自分が志望しているメーカーがどんな会社かわからずに志望動機は書けませんよね。いくら滑り止めで優先順位が低い会社でも、そのメーカーのホームページくらいは最低限目を通しておく必要があります。もしも第一志望のメーカーであれば、その会社を徹底的に企業研究したうえで同業他社も調査しましょう。

志望動機の書き方で重要なのは、同業他社の経営戦略の違いの把握です。メーカーの規模にもよりますが、数ある同業他社の中でなぜ自社を志望するのかまで深く掘り下げて考える必要があります。

②入社後にやりたいことを記載

メーカーの志望動機の書き方における2つ目のポイントは、やりたいことのアピールです。メーカーへの企業研究を徹底的におこなったあとは、自分がそのメーカーで一体どんな業務をやりたいのかを具体的に考える必要があります。

メーカーといっても、大企業から中小企業までたくさんの会社があります。そのため企業研究の結果を活かして、自分が入社した後にやってみたい内容を深く掘り下げて考えてみる必要があるのです。「今の自分にはメーカーに役に立つスキルは持っていないし、やりたいことも見つからない」人がいますが、入社前にスキルを持っていないというのは当然です。

やりたいことが仮になかったとしても、企業研究の中で少しでも興味を持ったポイントを押さえた書き方をすれば、十分な志望動機になります。

③活かせる長所を記載

メーカーの志望動機の書き方における3つ目のポイントは、自分がどんな人間でどんな長所が活かせるのかのアピールです。メーカーに志望するからといって、絶対にものづくりが得意である必要はありません。

これまでの人生経験を自己分析したうえで、どんな人間でどんな長所を持って入社後にはどんなことに貢献できるかをアピールする必要があります。「自分には長所がなくメーカーにアピールできるものがない」という就活生がいらっしゃいます。

しかし、メーカー側も入社後すぐに使える長所を求めているわけではないので、少しでも好きなところや興味のある取組みなどを志望動機に盛り込めばよいのです。あとは、いかにメーカーに魅力的に伝えられるかがポイントです。

④商品への愛着アピール

メーカーの志望動機の書き方における4つ目のポイントは、商品への愛着アピールです。メーカーは商品を作って販売するのが仕事であり、自社の商品についての愛着や高い理解が求められます。製造の職種に就く場合でも商品に愛着を持って、改良に取り組む姿勢が求められますし、営業などでも愛着を持っているからこそ、その良さが伝えられます。

物作りがしたいだけではメーカーであれば他の企業でもいいと思われてしまいますし、差別化を図るためにも志望企業の商品への愛着を示さなければなりません。商品への愛着を伝えれば、志望動機の原体験としても使用できますし、より志望度の高さのアピールにもなります。

⑤リスクへの理解をアピール

メーカーの志望動機の書き方における5つ目のポイントは、リスクへの理解アピールです。メーカーで働き、どのような商品を作りたい、どのように販売を進めていきたいなど理想とする将来像のアピールは大切なことです。しかしそれらのリスクを理解せずに、理想だけを語っていたのでは良いアピールにはなりません。

理想を掲げることは大切ですが、それを実現するためには、現実的な考えを持ち合わせている必要がありますし、リスクについても理解しておく必要があります。商品の開発や販売にはどのようなリスクがあるのか、その課題を乗り越えるためには何が必要なのかを考えることが大切です。実際に働く上で何に気をつけるべきかも明示して、リスクへの理解の高さをアピールしていきましょう。

自分はメーカーに向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、メーカーの仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がメーカーに向いているタイプか、診断してみましょう。

メーカーの志望動機例文6つ

志望動機の例文を6つご紹介します。医療機器・衣料品・食品・自動車・化粧品・電機と分けてご紹介しているので、ぜひ自分が志望するメーカーの志望動機を参考にしてください。

例文①医療機器メーカー

私は、医療機器を販売する仕事がしたく貴社を志望いたしました。私は文系なので、医療に関する知識が理系の人より乏しいことは分かっています。しかし私には、だれにも負けない粘り強さと根性があります。ぜひこの長所を貴社で活かし、貢献したいと考えております。なぜ医療機器なのかと言いますと、人の人生に大きく関係するものだと思っているからです。「もし〇〇があったら」と、この「もし」をなくすために、それぞれのお客様に必要な機器を発信したいと思います。

1つ目は、医療機器メーカーの例文です。この例文は、営業職になりたいと思っている人のものです。文系の場合は「医療=理系」というイメージがあるからこそ、「誰にも負けないものがある」とアピールしましょう。忘れてはいけないのが、医療機器である理由です。自分が考えている理由を、素直に書きましょう。

例文②衣料品メーカー

私は、幅広い年齢層に合うファッションを提供している貴社に魅力を感じ志望いたしました。私の祖母は毎日似たような服を着ており、出かけることはほとんどありません。ところが貴社に出会ってからは、毎日おめかしして出かけるようになりました。そんな祖母の笑った顔を見ると、私もお客様に合った服を作りたいと思うようになりました。貴社に入社致しましたら、お客様が求めている服装についての情報を真剣に集めることから始めたいと思っています。

2つ目は、衣料品メーカーの例文です。衣料品と聞くと、「服が好きだから」「ファッションに興味があるから」とありきたりな志望理由になってしまうかもしれません。このような理由では、ほかの就活生との差別化を図れませんし、担当者の印象に残すこともできません。実際に経験した内容を盛り込み、説得力があるものにしましょう。

例文③食品メーカー

私は、食を通して人々の健康を支えたいと思い貴社を志望いたしました。国内で初めて〇〇という健康食品を開発した貴社でならば、私の夢を叶えられると思っています。私の祖父も貴社の商品を愛用しており、以前よりも健康な日々を過ごしています。しかし、〇〇商品では効果があまりない人もいるかもしれません。私は、そんなすべての人を支えるために、貪欲に職務を全うする所存です。

3つ目は、食品メーカーの例文です。この例文は、「〇〇商品」と具体的な名前を出しているので、企業研究をおこなってきたことをアピールできます。担当者も「熱意がある」と感じ、印象が良くなるかもしれません。

例文④自動車メーカー

私は、人と環境にやさしい車を作りたいと思い志望いたしました。貴社の説明会に参加した際に、「車は乗り物ではなくなった」というパンフレットをいただきました。そのパンフレットに目を通すと、車を乗り物として考えるのではなく生活の一部になっていることが書いてあり、ぜひ貴社で今後あるべき姿の車を作りたいと強く思いました。もともと、ものづくりが趣味でプラモデル作成の経験もあり、このスキルを貴社でなら存分に活かせると思っています。

4つ目は、自動車メーカーの例文です。説明会などに参加している際は、志望動機に盛り込むことで好印象になります。「ものづくりが趣味」と自分が持っているスキルや能力のアピールにより、担当者も入社後の姿をイメージしやすくなるでしょう。

例文⑤化粧品メーカー

私は、激しい時代の流れにマッチした化粧品を作りたいと思い貴社を志望いたしました。貴社の商品は、私も愛用しています。貴社はその時代、その時に合った商品を提供しており、お客様のニーズをくみ取っていると感じています。そんな時代の最先端を行く貴社で、私も一員として活躍したいと思っています。もし貴社に入社致しましたら、お客様のニーズをさらに細かく分析し、その人によりマッチした商品を開発したいと思います。

5つ目は、化粧品メーカーの例文です。化粧品メーカーの志望動機を書く際は、「貴社の化粧品を使い魅力に感じた」と単純なものにならないように注意してください。「愛用しています」と一言書くだけで、十分伝わるのです。最後に、入社後にやりたいことを忘れず書きましょう。

例文⑥電機メーカー

現在、多くの電機メーカーがテレビやパソコンの製造などから撤退を決めており、マーケットとして縮小している印象を受ける中、御社は電機メーカーという立場で多くの国の電子機器や、家電製品の部品を供給し、その技術力の高さから、海外の大手メーカーの部品として起用されているということを新聞で知りました。国内の市場にとどまらず、時代の変化に合わせて高い技術を海外へと売り込む姿勢に感銘を受けました。時代の変化に合わせ、固定概念にとらわれず、顧客ニーズを捉えて成長できる企業だと感じており、その高いマーケティング力を学びたいと想い志望致しました。

6つ目は電機メーカーの例文です。市場動向を踏まえ、志望する企業が取っている経営方針などを盛り込みながら、具体的に自身が志望企業のどこを評価しているかを記載するといいでしょう。また、何を身につけたいかをアピールすることで熱意が伝えられます。

先輩の志望動機を参考にすることもひとつの方法

志望動機はどんなに一生懸命に記載しても、「これでいいのだろうか?」と不安になる人は多いのではないでしょうか。また、他の就活生がどんな内容の志望動機を作成しているのか気になる人もいるでしょう。

そこでご紹介するのが、「志望動機まとめ」です。この資料は、商社や金融、航空など就活生に人気の大手企業から内定をもらった先輩たちの志望動機をまとめたものです。そのため、文章の構成や表現方法など参考になるところは多くあるでしょう。ぜひチェックしてみてください。

メーカーの志望動機はポイントを押さえた書き方をしよう

メーカーへの志望動機の書き方における3つのポイントについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。メーカーといってもいろんな業態があるため、志望動機を考えることが難しい業種の一つだといえます。ぜひ、紹介した3つのポイントや例文を参考にして志望動機を作成してみてください。きっと魅力的な内容となるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ