履歴書

既卒が就活を始める前におさえておきたいポイント3つ|履歴書の種類・学歴欄の書き方まで完全網羅

既卒とは

まずは就活における「既卒」の定義からお伝えしましょう。既卒とは「学校を既に卒業している」人のことですが、就活における「既卒」とは「新卒」と区別するための表現になります。

「新卒」は「学校在学時に就職先を決めて、卒業後にその会社に就職した人」を指します。「既卒」とは「何らかの事情で卒業時に就職先が決まってなかった人、あるいは決まっていた会社に就職せずに卒業した人」を指します。現在の就活制度は新卒採用を中心に動いていますので、既卒の就活については特別な準備や活動が必要になります。

「第二新卒」との違い

既卒とは違いますが、新卒以外の若年者が就活している状況として「第二新卒」と呼ばれるものがあります。第二新卒とは、「新卒で就職したが、早期にその会社を辞めて(辞めようとして)転職活動を行っている人」のことです。早期にといっても新卒3年以内の人が一般的です。

現在、新卒の早期離職の増加が社会問題になっていますが、好景気による求人倍率の上昇で新卒採用が難しくなっている企業も多く、新卒3年以内の第二新卒者に限っては新卒とみなしたり、新卒に準ずる形で採用する企業も増えてきています。しかしながら第二新卒の就活も、新卒と異なる部分が多いので、安易に就活をやり直せると思わないほうが良いでしょう。

既卒は就活で不利になるのか

「就活」というのは日本独特の文化ですが、その背景には「新卒至上主義」があります。これは昔の終身雇用制や、年功序列の制度から影響を受けているものです。とにかく新卒で就職を成功させないと、その後の人生にまで大きく影響すると考えている人が多いのは事実です。

つまり既卒者は、「新卒での就職に失敗した人」と、マイナスの印象で受け取られる可能性が大きく、その後の就活には大きなハンデとなります。現実的には就活の大きな柱となるナビに登録できなかったり、学校のキャリアセンターが在籍時ほど活用できないなどの状況もありますし、そもそも新卒しか応募できない企業があるのも事実です。

既卒の就活においてはしっかりとした心構えと準備・計画が必要になることを覚えておかなければいけません。

ポイント①就職浪人は基本的に評価が下がる

新卒にはブランドがあるので、就職浪人をして既卒扱いになれば、基本的に新卒よりも評価は下がります。就職浪人は、どれだけ就職活動を頑張っていたとしても、どの会社からも欲しがられなかったということです。そのため、面接の際に既卒者は多少の色眼鏡で見られます。

不信感を抱かれる可能性が高い

就職浪人の場合、たとえ多くの企業に応募して就職活動を頑張っていたとしても、その努力を認めてもらえるケースはほぼありません。「それだけ多くの会社から必要とされないとはどういう人物なのだろう」と不信感を抱かれる可能性があります。

既卒は就活において不利になるケースが多い

就職活動が上手くいかなかった場合には、途中で投げ出してしまい、翌年に内定を貰おうと考えがちですが、既卒の不利を知っておくことが大切です。また、あえて留年をすることで、新卒ブランドを保持ができるので、留年することを視野に入れる人もいます。

ポイント②既卒3年以内は新卒と同義

既卒で3年以内は新卒と同じように見られますが、わざわざ数多くいる新卒者ではなく、新卒と同義であっても事実上の既卒者を採用する意味はありません。就職浪人は、既卒で3年以内は新卒と同義として見られていることに油断をして、そのままフリーターになってしまい、20代後半に入ってもまともな就職先が見つからないという事態に陥る可能性があります。

空白期間を埋める正当な理由が必要

企業が必要としているのは、優秀な人材です。就職浪人をして既卒であっても、空白期間を埋める何かがあれば対等とまではいかなくても、新卒者とあからさまに評価に差を付けられることはありません。下記のような面接官に納得してもらえる理由を考えておきましょう。

◆留学をして勉強をしていた

◆家庭の事情で仕方なく就職浪人をした など

ポイント③既卒者は経験を求められる

新卒者は、未経験が当たり前です。しかし、既卒者は中途採用ということになるので、即戦力になれる人材を求められています。就職活動に失敗した翌年からすぐに就職活動を再開しても、既卒なのに未経験ということで採用してもらえないことも多いです。

大学に就職先を紹介してもらう

そういった場合におすすめなのが、大学に就職先を紹介してもらう方法です。面接を受けなければなりませんが、少なくとも既卒者で未経験であっても、新卒と同じ感覚で面接をしてもらえます。

アルバイトで経験を積む

そういったサポートを受けられないのであれば、アルバイトで経験を積んで、同じ業種の既卒者を受け入れている会社に応募しましょう。就職浪人は、一度でもしてしまうと、今後の人生に大きな影響を与えるので、安易に就職浪人を決めることは避けた方が良いと言えます。

既卒就活で大手は受かるのか

「既卒就活だから中小企業しか受からない」と考えている人もいるでしょう。実は、既卒者を採用している大手企業は数多くあります。努力次第で、既卒でも大手企業に就職することが可能なのです。既卒は新卒よりも評価が下がるとご紹介しましたが、それは「就活をしても内定がもらえなかった」と思われた場合です。

仮にそうだとしても、納得のいく理由や空白期間の過ごし方を伝えられれば、評価が下がらない可能性があります。既卒者の面接では、「既卒になった理由は何ですか」「卒業後はどう過ごしましたか」などの質問をされることがあります。「大手企業へ採用されたい」と思う既卒者の方は、そういった質問への対策をおこなっておきましょう。

既卒者が履歴書を書く際に気を付けること

既卒が就活時に迷うことの1つとして、履歴書の種類が挙げられます。既卒者の履歴書は、市販で売られているものと大学指定のもの、どちらが良いのでしょうか。大学を卒業した後でも、「学歴をアピールしたい」「まだたくさん残っている」などの理由で、大学指定の履歴書を使いたいという人がいるでしょう。

結論、大学指定の履歴書は使わない方が無難です。既卒で大学指定の履歴書を使っていると、採用担当者によっては「まだ学生気分なのかな」「買うのを手間に感じたのでは」と思われてしまいます。もちろん、採用担当者全員が、そういった考えを持つわけではありません。しかし、悪く思われる可能性があることを踏まえると、市販のものを使った方が良いでしょう。

学歴や職歴欄は?

既卒の場合、履歴書の学歴・職歴欄は、どう書けば良いのでしょうか。正しい書き方を知っておけば、「きちんと調べて書いているんだな」と、採用担当者からの評価が上がるかもしれません。既卒の履歴書の学歴・職歴欄には、最終学歴の1つ前からの学歴を記載します。最終学歴が大学ならば高校から、高校ならば中学から記載するのです。

内容は、新卒の履歴書と同じように「年・月・学校名・入学(卒業)」を書いてください。また、既卒の場合は、職歴欄も記入した方が良いです。既卒となってから参加したインターンや、アルバイトを書きましょう。

【学歴】
平成20年 4 東京都立就活の未来高等学校   入学
平成23年 3 東京都立就活の未来高等学校   卒業
平成23年 4 未来の就活大学情報学部情報学科 入学
平成27年 3 未来の就活大学情報学部情報学科 卒業
【職歴】
平成27年 5 株式会社就活商店 入社(アルバイト)現在に至る

自己PRの書き方

既卒の自己PRでは、空白期間の過ごし方をアピールすることが大切です。そのなかで、既卒となった理由も伝えられると、より良い自己PRを作成することができます。先程ご紹介したように、空白期間をカバーする出来事があれば、新卒者との評価に差をつけられずに済むでしょう。

履歴書の自己PRに書けるエピソードで、既卒者に多い理由は「留学」「資格取得」などです。自分の経験を振り返り、「どんな活動をしたか」「そこから何を得たか」などを考えて、自己PRに盛り込んでみてください。良いエピソードが盛り込まれた自己PRを作成できれば、採用担当者によっては、新卒よりも良い評価が得られるでしょう。

就職浪人で既卒として就活する際は空白期間の準備が大切

就職浪人をして既卒で就活をする際に知っておくべきポイントについて紹介してきました。就職浪人となると、新卒に比べて既卒は評価がどうしても低くなってしまいます。空白期間にどれだけ就職活動の準備を進めてきたかによって採用の可否が決定するというのを覚えておきましょう。

【既卒者の就活は厳しい】新卒者と比べて不利となってしまう理由4つと内定を得るための対策

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。