志望動機

インターンで提出する履歴書の書き方|自己PRと志望動機の例文あり

履歴書の書き方がわからない学生は多い

就職活動に向けて、いざ履歴書を書こう!と思っても、どのように履歴書を書けばいい分からないという学生は意外と多いものです。そういったこともあって、大学の就職セミナーなどで履歴書の書き方を教える所が増えつつあります。就職活動をおこなうにあたって、まず身に付けておきたいのが、正しい履歴書の書き方です。

少しでも書き間違えてしまうだけで、人事採用への印象が大きく下がってしまうことにもなりかねません。ここでは、履歴書を書く際の基本的なルールやマナーや、志望動機を書く際の例文をご紹介していきます。

履歴書の記入項目と書き方

履歴書の特に基本的な記入項目は、基本情報・学歴・職歴・免許や資格の有無や志望動機・自己PRです。これらは、それぞれの項目に応じて書き方のルールが決まっています。各部分の書き方の基本をしっかり覚え、その上で丁寧な文字での記入を心がけていきましょう。以下に、各項目を個別に解説していきます。

基本情報

基本情報は、履歴書を提出する人物に関する情報になります。受験票や契約書類でも書くことになる内容が一般的な基本情報と思っていいでしょう。履歴書に記入する基本情報は、氏名や生年月日、住所です。それに加えて、電話番号やメールアドレスの記入が必要になります。

特にメールアドレスを手書きする際は、英数字の書き間違いひとつでメールが届かなくなることもあります。これらの情報は、可能なら携帯電話と自宅の電話の両方の番号を記入すると、連絡の行き違いを減らすこともできます。住所の番地などは履歴書では省略して書かずに、「○○丁△△番□□号」と書くようにしましょう。

学歴

学歴はその通り、どの学校を卒業したかを記入する部分です。ここも住所などと同じように、基本的に正式名称で記入しましょう。記入するのは中学校の卒業年月からで問題ありません。私立以外の学校を卒業している場合は、基本的に市立や県立などから記入することが多くなります。分からない場合は事前に確認しておきましょう。

基本的に卒業年月と入学年月を記入(卒業予定の場合はそのように記入)することになります。卒業年月は学校名と別の欄に表記する形になります。年月部分は和暦(平成30年のような年号での表記)か西暦(2018年のような数字のみの表記)のどちらかに統一する必要があります。表記の揃え方としては、基本情報で記入した形に揃えるのが一般的です。履歴書の各書面ごとに記入の形が決まっていることがあるので、注意しましょう。

職歴

職歴は基本的に「正社員として職についた履歴」になります。アルバイト経験は職歴の中には含まない形となるので注意しましょう。正社員の経験がない場合は、最初の記入欄に「なし」と記入しておけば問題ありません。何かしらの形で正社員になった経験がある場合は、学歴と同じように就職・退職した年月をそれぞれ個別に記入する形になります。

アルバイトの経験を自己PRに使いたい場合は、別途自己PR欄にアルバイト歴を簡単に書いておく形でいいでしょう。とはいえ、自己PR欄は基本的に自身の長所などを記載する部分になるので、経歴を詳しく書く必要は基本的にありません。簡単に経歴をまとめる程度にしておきましょう。

免許・資格

免許や資格を記載する場合も、取得年月をそれぞれの欄に記入します。基本的に記入する順番としては、取得した順番に記入することを心がけてください。記入する資格や免許の内容についても厳選し、特にインターン先との関連が強い資格を優先して記入するようにしましょう。

インターンの開催内容や事業に関連する資格を優先的に書いておくことで、選考の際にインターンへの参加意欲を強く印象づけられます。資格や免許の内容は、後に記載する志望動機や自己PRにも関わってくる場合があります。アピールしたいスキルと資格の内容に、大きなすれ違いができないように心がけましょう。

自己PR

自己PRは特に重要になってくる部分です。基本的には、インターン先で活かせる長所やスキルを記入することになります。企業毎に活かせる部分は変わってくるため、企業によってその都度修正しましょう。どういった長所やスキルが活かせるかは、企業研究や自己分析などをおこなって、事前にある程度まとめた上で書くのが一般的です。

自己PRを書く際のポイントは、情報量になります。長所やスキルを書くのは大事ですが、それぞれを詳細に書かなくても問題ありません。簡単にPRしたいポイントを分かりやすく記入しておくことで、後々面接の際に質問で詳しく答えることが基本的には多いです。

自己PR例文

私の強みは、周りの状況に常に気を配り集団をまとめられることです。大学のサークルでは集団で行動をすることが多く、私はメンバーのまとめ役として動くことが多くありました。特に周りが何を考えて行動しようとしているのか、それぞれの意見の違いをまとめるにはどうしたらいいかを常に考えてまとめ役を努めていました。インターンに参加できたら、グループで一丸となって企画を成功させられるように参加メンバーの意見や状況に気を配りつつ、事業に取り組みたいと思っています。

これまでの生き方の中で自分の持っている強みや身につけたスキルを、インターンに参加した際にどのような形で活かせるかをアピールしていくようにしましょう。

志望動機

志望動機はインターンに参加しようと思った動機や、やりたいことを書く欄になります。志望動機を書く際は、既に自己PRをある程度考えている状態で書くことが多いでしょう。まとまっているアピールポイントを踏まえた上で、志望動機の内容とある程度関連づけた内容になるように記入しておくようにしましょう。アピールしたいことと志望動機に関連性がある方が、参加したいという思いをより真剣に伝えられるようになります。

志望動機例文

私はプログラミングや機械の製造に興味があり、将来的にそういった仕事に関わりたいと思い現在の大学に進学いたしました。その際、講義内容の中で御社の製品に触れる機会があり、常に新しい技術を取り入れて今の生活をよりよくしようと取り組んでいる姿に興味を持ちました。機械に関わる事業は海外への事業展開が多く、それによって世界中のインフラ整備などに関わっていることを知り、特にインフラ整備に力を入れている部分も合わせて御社を志望いたしました。

志望したいと思ったきっかけと、企業についての理解度を見られることになるのが志望動機です。自分の希望と企業の見ている先が合うかどうかを知りたいという企業の考えがあるからです。志望動機を書く場合は特に、企業研究をおこなった上で記入するように心がけましょう。

履歴書の作成方法を確認しよう

履歴書を作成するのが初めてという就活生は多く、どのような点に気を付ければいいのか把握できていない人も多いのではないでしょうか。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。

そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でダウンロードできるので、履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

履歴書には証明写真を貼る

履歴書には顔写真を貼る必要があります。誰が提出した履歴書であるか、基本情報だけでは分からなくなる場合もあるからです。履歴書を提出する場合は写真の貼り忘れに注意しましょう。履歴書に基本的に使われる写真は、縦4cm×横3cmの証明写真が一般的に多いです。

企業からこのサイズの写真を使うように、とアナウンスがない場合は、基本的にこのサイズの証明写真を使うようにしましょう。ここから先は、履歴書に証明写真を貼る際のポイントを解説していきたいと思います。

3ヶ月以内に撮影したものを使用する

証明写真には様々なルールがありますが、一番重要なのが最近の写真を使用することです。一般的に、履歴書用の写真は3ヶ月以内にリクルートスーツで撮影した写真を用いることになります。最近はスマートフォンアプリとカメラ、コンビニを使って手軽に履歴書用の写真を撮影することもできるので、こういった便利なアイテムを使って、常に新しく撮影した履歴書用写真を手元に置いておくよう心がけてください。

証明写真の裏に氏名と撮影日を記入する

履歴書の証明写真を用意して貼り付ける際におこないたいのが、写真裏に自分の氏名と撮影日を記入しておくことです。履歴書から証明写真が剥がれた場合に「この写真は誰のものだったか」というのを分かるようにしておく必要があるからです。撮影日の記入には別の理由があり、新しい写真を使っていると採用スタッフに分かりやすくするために記入します。

人によっては撮影日ではなく、履歴書に記入日として書いた日付を書く場合もあるようですが、証明写真が剥がれた場合を考えると記入日も合わせて書いておくと安心かもしれません。他にも、大学名の記入をしておく人もいるようです。どちらにしても、写真裏に情報を記入することで「配慮が行き届いている」と評価されるポイントになります。

インターンで提出する履歴書のマナー

インターンで提出する履歴書に限らず、履歴書には他にも細かなマナーが求められることになります。企業の社員にとってみればビジネス書類になるので、マナーはとても重要になってくるのです。就活生にも、マナーをしっかり守ることがインターンの時点から求められます。ここでは履歴書作成のマナーについて解説していきます。記入し終わるまで気を抜かずに履歴書を作成するようにしましょう。

油性またはゲルインクのペンで記入する

基本的に履歴書は、どんな筆記具で書いてもいいということはありません。履歴書は黒いインクのペンで書くのが基本であり、主に一般的な油性・ゲルインクのボールペンで記入するのが好ましいとされます。履歴書への記入万年筆を推す人もいますが、書きやすいペンであるなら万年筆でなく、ボールペンであっても問題はありません。

ただし、企業からの指定がある場合は指定された筆記具を使うようにしましょう。またボールペンでも、こすって消せるボールペンのような書き直しができるペンは使用しないようにしましょう。ボールペンで書く場合、線の太さは細かい部分もある程度書ける0.5~0.7㎜が一般的です。万年筆の場合は「細字」と呼ばれる線の太さものを使います。

書き間違えたら新しい履歴書を使用する

書類を書き間違えた場合、修正ペンやテープを使って書いた文字を消したり、修正印と呼ばれるはんこを押して修正することがあると思います。履歴書を書き間違えた場合もついやってしまいがちですが、履歴書の場合は修正した書類を提出するとマナー違反になります。書き間違えた場合は、新しい用紙を用意して記入しなおすようにしましょう。

手間がかかるので修正ペンなどで楽をしたくなると思いますが、きれいに記入された書類を受け取る方が、人事採用の社員の気分もよくなるものです。書き間違えを防ぎたいのであれば、鉛筆やシャープペンで先に下書きをしておく、履歴書用紙をコピーしたものである程度書き方を練習しておくなどの方法があります。一度書き終わった履歴書をコピーして、手本に使うのもいい方法です。

インターンで提出する履歴書はマナーを守って丁寧に作成しよう

インターンで提出する履歴書は、就活生の企業への最初の印象を作る重要な書類でもあります。文字のきれいさはもちろん、必要な情報が書面に収まる形で記入された履歴書を提出するということは、インターン参加者の基本中の基本になります。

この時点でミスやマナー違反があれば、企業はインターンだけではなく、面接の際にも「この人は採用して大丈夫なんだろうか?」と採用に対して消極的になる可能性も大いにあるのです。履歴書は自身の情報だけでなく、インターンに向けた熱意や思いを伝える大事な手段であり、自己PRの第一歩です。そのことを踏まえた上で、丁寧に履歴書を作成しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ