面接

面接で尊敬する人を聞かれた際の魅力的な答え方|経営者・両親・スポーツ選手の回答例もご紹介

企業が尊敬する人を聞く理由

「あなたが尊敬している人は誰ですか」という質問を受ける機会があります。自己PRや志望動機ならともかく、このような質問は想定しておらず、そのため何も対策を考えずに面接に臨んでしまう可能性もあります。事前準備なく、急にこのような質問を受けてしまうと、その質問の意図もわからず上手く答えることが出来なくなってしまいます。

この質問は、当然ながら企業が単にあなたの尊敬する人を知ることを目的にしているものではありません。ここではこのような質問を行う意図と、答える上での注意点を解説していきます。

応募者の価値観をチェックしている

企業がこの質問をしてくる意図はあなたが尊敬する人物を知ることではありません。その意図として、応募者の価値観をチェックしていることが挙げられます。尊敬する人を聞くことで、その人がどのような考えに重きを置いているかをうかがい知ることが出来ます。

例えばサッカーの本田圭佑選手を尊敬する人として挙げるのであれば、「自分の信念に基づいて動く行動力」「チャレンジ精神」に重きを置いているのだということを知ることが出来ます。自身の持つ価値観は簡単に変えられるものではありません。

入社後に退職する人の多くは、その理由として企業との価値観のズレを挙げています。そのようなことを防ぐために、企業は自社の持つ価値観とマッチする人材を採用したいのです。そのため、企業はこの質問を通じ、応募者の価値観をチェックしているのです。

面接でよく聞かれる「尊敬する人」は誰を挙げるべきか|質問の意図と好印象を持ってもらう答え方

面接における尊敬する人の答え方

就活の面接では、尊敬する人はいるかということについて問われることが往々にしてあります。そんなときには、ついつい焦って「親です」とありきたりな回答をしてしまうものですが、それではやはり印象が良くありません。ここではそんな質問にも適切な答えられるように、面接での尊敬する人の質問への答え方をご紹介します。

①なるべく経営者など仕事に関する人をあげる

面接で尊敬する人を聞かれるということは、「尊敬する人を通してこの人はどういうことを目標にしているのか」や「この人はどういう価値観を持っているのか」ということについて知りたいと思われているためです。安易に「親です」と答えてしまうと、その質問の意図にそった答えをすることができなくなり評価が下がるのです。

面接での尊敬する人の質問への意図を理解して、自己PRにつながるような答え方をするのが望ましいです。たとえば、尊敬する人をマーク・ザッカーバーグと答えれば、あくなき挑戦心と、革新的な思いを持って仕事に取り組もうとしている人だと思ってもらえることでしょう。

そういう人に憧れているなら、仕事へのイメージもわきやすいですし自己PRになりますよね。ですから面接での尊敬する人の質問には、仕事のイメージにもつながり、自己PRにもなるように仕事に関する人をあげるようにすると良いでしょう。

②必ずエピソードを語れる人をあげる

面接での尊敬する人への質問の答え方には、他にも重要なポイントがあります。その1つが、必ずエピソードを語れる人をあげるようにするということです。エピソードを語ることができないと、面接官に「どうしてその人を尊敬しているの?」と突っ込まれたときに何も言えず、「全然尊敬してないじゃん」となります。

そうなるとまったく真実味もなくなってきます。ですから、そうならないように、かならずエピソードを語れるような人物を選ぶようにしましょう。エピソードも、仕事に関するエピソードだとますます仕事に対して熱意がある人と思ってもらえるので、おすすめです。

③人と同じにならないような人物を挙げる

面接での尊敬する人の質問への答え方としては、なるべく人と重複しないような人物をあげるのが効果的です。たとえば、上で例にあげたマーク・ザッカーバーグやスティーブジョブス、松下幸之助などのすごく有名な人物をあげると人と重複する可能性も高くなります。

もちろん重複したとしても、エピソードさえ違えば印象的にすることは可能です。なるべく人と重複しなさそうな人をあげることにより、エピソードが同じになる可能性も低くなりますし、面接官にも「おっ、そんな人知ってるんだ」と印象に残る可能性も高くなります。

関連記事

【尊敬する人を面接で聞かれた時の答え方ガイド】おすすめ回答例つき!

オトクな就活資料【無料】

【採用基準を丸裸】人事が"ホント"は見せたくない面接評価シート

・入退室、身だしなみ、話し方はどこを見られる?・質問の流れ・意図が見えてくるなど、面接官の視点が一目でわかる!!

面接で尊敬する人を答える際の注意点

面接で尊敬する人を答える際にはいくつか注意しなければならないポイントがあります。大前提として、なぜその人を尊敬しているのかを論理的に伝えられるようにしておくことが重要です。その人のどのような点に魅かれるのかは、人によって異なります。

またその点に魅かれるに理由も人それぞれです。これらのポイントを説得力のある話し方で伝えられるようにしておく必要があります。このほか、どのようなポイントに気を付ける必要があるのでしょうか。以下、尊敬する人を答える際に注意すべきポイントを挙げています。

マニアックすぎる人物は伝わらない

尊敬する人を上げる場合、マニアックすぎる人物はNGです。もちろん大切なのはその人を尊敬する理由を伝えることであり、尊敬する人が誰であるかは、さして重要な点ではありません。しかしその人物が誰なのかを面接官が知らない場合、そもそも話している内容が事実なのかどうかを、面接官は判断できないのです。

このような点を考慮し、尊敬する人を挙げる際には、ある程度誰でも知っている人を挙げるようにすることが好ましいのです。そうは言っても「有名な人の中では見当たらない」「有名じゃないけどどうしても挙げたい人がいる」という就活生の方もいることでしょう。どうしてもマニアックな人を挙げたいのであれば、その人がどのようなことをした人なのかを併せて述べるようにしましょう。

いないという回答は絶対にNG

尊敬する人を聞かれた際、「いない」と答えることはNGです。「いない」と答えると評価を下げてしまう可能性が高いのです。上述の通り、この質問はあなたの価値観を把握するために行われる質問です。この質問に対し、「いない」という回答をしてしまうと、「大事にしている価値観を持っていない人」「自分がない人」と思われてしまう恐れがあるのです。

尊敬する人がすぐに思い浮かばないのであれば、自己分析を活用しましょう。自己分析を深掘りすることで、自分の大事にしている価値観を把握することが出来るようになります。その価値観を持っている人物をインターネットや書籍などを用いて調べてみましょう。

自己分析により自分の価値観がはっきりと理解できていれば、それに合う人物を見つけられるでしょう。「尊敬する人なんて思いつかない」という人は、自己分析と情報収集を行うようにしましょう。

面接における尊敬する人の回答例

面接で「尊敬する人」を聞かれた際の、回答例を3つご紹介します。面接における尊敬する人の答え方でも解説したように、まったく同じものにしてはいけません。参考程度にしておきましょう。

尊敬する人が経営者の場合

私が尊敬する経営者は、ホンダの創始者である本田宗一郎です。一代で世界的有名なホンダを作り上げたところに、男として魅力を感じました。彼が経営者であったと同時に技術者であるように、私もどんなに成長しても日々の努力を怠らないようにしたいと思います。

1つ目は、尊敬している人が経営者の回答例です。例文は、ホンダの創始者である本田宗一郎さんを挙げています。経営者のどんなところに魅力を感じて尊敬しているのか、具体的に書きましょう。ただし、本田宗一郎さんの場合は経営者として非常に有名ですので、ほかの就活生と重複してしまうかもしれません。ほかの就活生が、目につかないようなエピソードを盛り込みましょう。

尊敬する人が両親の場合

私は、母を尊敬しています。仕事を終えて帰宅した後に、疲れを見せず家事をおこなう姿が同じ女性として輝いて見えます。以前理由を聞いたことがあり、「あなたがいるからよ」と話していました。私も母のように、誰かを笑顔にするために行動したいと思います。

2つ目は、尊敬する人が母の回答例です。母でなくても父や祖父母、あるいは兄弟や姉妹でも同じような回答例になるでしょう。尊敬する人が身内の場合は過去の経験を盛り込むことで、ほかの就活生にはないオリジナルの回答になります。積極的にエピソードを盛り込みましょう。

尊敬する人がスポーツ選手の場合

私は、体操の白井健三選手を尊敬しています。私より年齢が若いのに、日本を代表して世界と闘っている姿に感銘を受けました。私は体操をしていませんが、並大抵の努力でないことは分かります。私も彼のようにひたむきに努力を続け、職務を全うしたいと思います。

3つ目は、尊敬する人がスポーツ選手の回答例です。スポーツ選手を挙げるときに有名な人を選んでしまうと、ほかの就活生と重複してしまう可能性が高いので注意が必要です。「自分がやりたいこと」と「尊敬する人がやってきたこと」がどうマッチしているのかを盛り込むと、より魅力的になるでしょう。

回答例を3つご紹介しましたが、必ずしもこの型に当てはめる必要はありません。本当に自分が尊敬している人を、述べるようにしましょう。

関連記事

就活の面接で「尊敬する人」を質問されたときの回答のポイントと例

面接での尊敬する人という質問へはエピソードを入れてマイナーな経営者について答えるのがベスト!

「面接での尊敬する人はいますか?」という質問には、これらの答え方のポイントを理解したうえで答えるようにしていきましょう。こういう一見あまり関係なさそうな質問が、実は重要度が高かったりするというようなこともありますから、しっかり考えておきましょう。ぜひ、参考にして就活を乗り切ってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。