自己PR

面接で答える自己紹介の答え方|例文5選や自己PRとの違いをご紹介

面接では自己紹介を求められる

就活生が内定を獲得するために避けて通れないのが面接です。自己紹介、志望動機、自己PRはどこの企業の面接においても聞かれる内容になります。志望動機は面接を受けている会社毎に大きく違ってきますし、自己PRについても会社が求めている人材像に合わせて柔軟に切り口を変える必要があります。

準備さえすればどこの会社の面接においても普遍的に効果があるのが、自己紹介です。本記事では就職面接における「自己紹介」について焦点をあてて、どのように自己紹介をするべきなのか回答例と共に解説していきます。

関連記事

面接における自己紹介のポイント|面接官に好印象を与える例文をNGパターンとあわせてご紹介

自己紹介の答え方

自己紹介は、面接の中でも最初に聞かれやすい質問です。自己紹介を答えるときに重要なのは、よい第一印象を与えることです。姿勢を正して、笑顔でハキハキと元気よく答えましょう。面接官は、エントリーシートや履歴書と目の前にいる就活生を見比べながら、面接を進めていきます。面接官がエントリーシートを見返すたびに、面接時の第一印象がよみがえると考えてください。面接での第一印象は、その後の採用に大きく関わってきます。

プロフィールと力を入れたことを伝える

自己紹介は第一印象を見せるためのものです。ダラダラと締まりのない演説にならないよう、心がけましょう。プロフィールと、大学在籍中に力を入れたことなどを、簡潔にまとめ、伝えます。プロフィールに必要な情報は、大学名、学部、学年、氏名です。力を入れたことには、勉強や研究、部活やサークル活動、ボランティア活動、アルバイト、社会経験などが当てはまります。

他の人にはない体験談を持っているという人は、ぜひここでアピールしましょう。とはいえ、あくまでも簡潔にするのが自己紹介です。面接時間は限られていますので、1分程度を意識してください。

面接の機会を貰った感謝を伝えると効果的

簡潔に最低限の情報をまとめるのが自己紹介ですが、面接の機会をもらった感謝を添えると、さらに印象がよくなります。ごくわずかな時間の中に、うまく感謝を盛り込むことができれば、時間の使い方が上手であるという評価にもつながります。また、面接慣れしている就活生でも、面接官へ気配りまでできる人は少ないです。

「本日はこのような貴重な機会をいただき、ありがとうございます。」といった一言を入れるだけで、落ち着いていて、余裕があるように見られます。落ち着いて自己紹介ができる人は、自信があるようにも見えます。たった一言で他の就活生と大きく差をつけられるので、ぜひ活用してください。

締めの挨拶を忘れない

自己紹介の最後には、締めの挨拶を忘れないようにしましょう。声に出して練習してみるとよくわかりますが、締めの挨拶を入れないと、これで終わっていいのだろうか?という迷いが生まれます。面接官にしても同様で、終わったのか、次に進んでいいのか、迷ってしまいます。

場合によっては、面接官の方から「次に進んでいいですか?」と声をかけられるかもしれません。しかし、これでは、コミュニケーション能力が不足していると取られてしまいます。「本日はよろしくお願いいたします」などと締めくくると、面接官もその後の流れに持って行きやすく、好印象となります。

面接官が評価しているポイントを把握しておく

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があります。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで、面接官視点を把握することができます。

どのように自己紹介をすれば、面接官に与えられるのでしょうか。面接評価シートを無料で手に入れて、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

自己紹介の回答例

例文①

○○大学●●学部の△△と申します。中学から大学まで一貫して野球部に所属していました。体を動かすのはもちろん大好きですが、チームメイトと協力して勝利という一つの目標に向かって努力をするのが好きです。野球で培った、大変な環境でも努力する粘り強さが自分の強みです。

基本的なことですが、まずはどこに所属している誰なのかという事を説明しましょう。その後に自分という人間の性質について、相手がイメージしやすいようにエピソードを添えながら説明してください。簡潔に相手に好印象を与えるような自己紹介をしつつ、他の質問内容に移っていく方が採用担当者の印象がよくなります。

例文②

〇〇大学〇〇学部〇〇学科 〇〇と申します。大学では水泳部に所属し、日々活動しておりました。大学2年次からは主将として、関東インカレ入賞というチームとしての目標達成に向け、チームを牽引する立場で活動しました。
自分自身の怪我が原因で、一選手としてチームに貢献することが出来なくなり、主将としてどうチームに関わればよいか悩む時期もありました。しかしその中でも、周りと協力しながらチームの運営を行い、目標達成に向け邁進しました。
学生時代の経験から〇〇という業務に強く魅かれ、そのため貴社において仕事に従事することを志望させて頂いております。本日は宜しくお願い致します。

この例文のポイントは、自己PRにつながる情報を随所に散りばめている点です。面接官が自己紹介を聞き、その上でそこでの内容から質問をスタートさせることがあります。この例文の自己紹介では、「怪我が原因で悩んだ時、どうそれを乗り越えたのか」「チームを強くするために何をしたのか」について質問してくる可能性があります。

自己紹介の中に「面接において触れてほしい話」を散りばめておくことで、面接がそれらに対する質問から始まることで、自分にとって良い流れで面接を進めることが可能になるのです。

例文③

△△大学△△学部△△学科 △△と申します。私は学生時代、陸上部に所属し、短距離選手として活動していました。私のキャッチコピーは「冷静と情熱のあいだ」です。陸上競技はただ「頑張る」だけでは速くなれません。
速くなるために、自分に足りないものは何なのか、自分に不足しているものを強化するには何をすべきか、を考え、実行していくことで初めてそれまでよりも速く走ることが可能になるものです。
私は冷静に自分を分析し、課題克服に向け情熱を持って部活動に打ち込んできました。私はこの経験を活かし、〇〇職において貴社に貢献していきたいと考えております。本日は宜しくお願い致します。

この例文のポイントはキャッチコピーを上手く取り入れているところです。面接は掴みが非常に重要なポイントとなります。自己紹介で面接官の関心を引くことが出来れば、その後の面接を良い流れで進めることが出来るようになります。

簡単に自分を紹介するという自己紹介の目的を考えると、キャッチコピーはまさにそれに当てはまるものであり、上手く使うことで面接官の関心を一気にこちらに向けることも可能になるのです。自己紹介を作成するにあたっては、是非自身のキャッチコピーも併せて考えてみましょう。

例文④

〇〇大学〇〇学部、〇〇と申します。本日はこのような貴重な機会を設けていただき、ありがとうございます。大学では化学を専攻し、主に界面活性剤の研究をしておりました。
洗浄力を落とさずに、環境に影響の少ない洗剤を作りたいという目標で、独自の配合で洗剤を作り、性能を試す実験を行っています。研究室の仲間と意見を出し合い、新しく発見をしたり、時に失敗しながら、目標に近づける努力をしています。
研究室の中では、私は特攻隊長のような位置におりまして、他のみんなが否定しそうなアイディアにも飛びついて、とにかくやってみようというチャレンジ精神を発揮しています。

自己紹介や自己PRでは、部活動やサークル活動の体験談を話す人が多いですが、学業に励んでこそ、学生です。最後に自分の特徴を添えているのもポイントになっています。後に伝える自己PRにつなげやすい形で終わらせます。

例文⑤

△△大学△△学部、△△と申します。本日はこのような貴重な機会を設けていただき、ありがとうございます。大学在籍中に、毎年の夏休みを利用して、地域でボランティア活動に励みました。
中でも地震の被災地に行ったときに、避難所で話し相手をつとめただけなのですが、非常に感謝され、それが強く印象に残っています。壮絶な体験をお話いただいたり、避難生活の苦労を伺ったりと、とても貴重な経験をさせていただきました。
その体験がもとで、社会に貢献できる仕事に就きたいと思うようになりました。本日はよろしくお願いいたします。

こちらは、志望動機につなげやすい形の自己紹介です。ボランティア体験から社会貢献したいという志望動機は、よくある例です。「なぜその体験が印象に残っているのか」など、突っ込まれやすいポイントも多いので、想定問答をしっかりおこなっておくといいでしょう。自己紹介だけにとどまらず、志望動機や自己PRにつなげられるような回答を目指してください。

自己紹介と自己PRが混ざらないようにする

自己紹介と自己PRを明確に区別して話す事も必要です。就活生の視線から見ればこの2つはほとんど一緒ですが、企業は自己紹介と自己PRについて区別していて、企業にとって自己紹介とは「自分について話をする」ということであり、自己PRは「自分の強みを仕事と直結するようにアピールする」ことなのです。

採用担当者が自己紹介を頼んでいるのに自己PRをしたり、自己PRを頼んでいるのに自己紹介をしたりすると印象が悪くなります。自己紹介と自己PRをしっかりと区別した上で、両者が混ざらない様に注意してください。

自己紹介は「自分について」

自己紹介とは「自分について話をする」ことです。就職したいという気持ちを前面に出さずに、自分という人間の紹介をする必要があります。自己PRは、企業に就職すれば自分の強みをどう活かせるという話をしなければなりませんが、自己紹介は相手先の企業との関係で自分がどう役に立つということを説明する必要がないので、どこの企業に対しても同じ自己紹介ができるのです。自己分析をしっかりした上で自分の鉄板の自己紹介を作っておくと、後々企業の面接が楽になります。

自己PRは「自分の強みについて」

自己PRとは「自分の強みを仕事と直結するようにアピールする」ことです。自己PRは各社の求めている人材像に応じて、自分というキャラクターとのギャップが不自然にならない様に修正する必要があります。

また、例えば自己紹介で「明るい性格です」という風に説明しても、本当に明るいのかを証明する必要はありませんが、自己PRの場合は、自分がアピールした強みが客観的に強みと言えるのかどうかを証明する必要があります。量的な実績であったり、何らかの賞や資格、エピソードによって自分の強みを証明する作業が必要になります。

自己紹介と自己PRが混合すると不利

このように、自己紹介と自己PRは就活生の側は同じようなものだと思っていても、企業側は「自己紹介」と「自己PR」を別物として捉えて質問してくるので、採用担当者がどの様な意図で質問をしているのかをくみ取った上で「自己紹介」と「自己PR」を使い分けるようにしてください。

この2つを混合して話してしまうと、採用担当者によっては、話が理解できない人、質問者の意図をくみ取れない人だという風に減点対象になる場合もあります。「自己紹介」と「自己PR」の区別は重要ですが、今どちらを話すべきかを考えるあまり、きちんと話せないのはよくありません。自己紹介と自己PRを区別しながら面接をできるようにしっかり面接対策をしつつ、本番は元気よく明るく相手に印象の良いように答える事を心がけた方が良いでしょう。

面接の自己紹介は言いたいことを簡潔にまとめて話そう

以上のように、自己紹介の方法について説明してきました。就職活動において、志望動機、自己紹介、自己PRは必ず聞かれる3項目です。よって、就活生は面接の前にこの3つは面接対策として準備しておいた方がいいでしょう。

面接で自己紹介に関して注意するべきことは、わかりやすく簡潔に話の冒頭に結論を持っていくことと、自己紹介と自己PRを混同せずに話をすることです。相手企業にこのような視点から貢献できるという話をすると、自己紹介ではなく自己PRになってしまうので注意してください。

なお、自己紹介はよく聞かれる3項目のうち、もっとも答える相手先の企業に依存しない質問なので事前に自己分析をしっかり行った上で、どこの企業にも通用する鉄板の自己紹介のパターンを考えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ