身だしなみ

面接でパンツスーツの女性が与える印象や着こなし方|おすすめ商品や注意点

女性は面接において服装で印象を変えられる

就職活動では、スカートを着用している女性の方が圧倒的に多く見受けられます。だからと言って、パンツスーツの着用がNGということではありません。パンツスーツのメリットはたくさんあります。面接時に活発な印象を与えますし、意思の強さをアピールすることができます。

そのため、自身の志望動機や、企業にアピールしたい人物像に合わせてパンツスーツを着用することで、大きな武器となるのです。この記事ではスカートやパンツスーツが与える印象や、パンツスーツの着こなしについて解説していきます。女性は面接の服装で印象を変えることができます。これはとても有利なことです。スカートやパンツスーツを着こなすことで、自分の見せ方を変え、効果的なアピールをしていきましょう。

面接で与える服装別の印象

まずは、面接で与える服装別の印象について解説していきます。先述したように、女性は服装で見た目の雰囲気を変えることができます。例えば、清楚な服装で綺麗目な女性、ボーイッシュな服装でアクティブそうな女性、カジュアルな服装でナチュラルな雰囲気の女性たちがいるように、見た目を変えるだけで相手に与える印象が異なるのです。

面接も同じです。タイトスカートは上品な印象になりますし、Aラインスカートは優しい印象を与えます。また、パンツスーツは活発な印象を相手に与えることができます。このように、スーツのスタイルが違えば、相手が受け取る印象が異なるので、服装は面接において重要な要素といえるでしょう。それでは次の項目で、スーツの服装別の印象について解説していきます。

タイトスカートは上品な印象

タイトスカートは、相手に上品な印象を与えることができます。タイトスカートは、体のラインが綺麗に見えるスカートです。ウエストの部分から裾まで体にフィットするようなデザインで、大人っぽく落ち着きのある印象を与えます。タイトスカートを着用する際は注意点があります。サイズが程よいものを着るようにしてください。

小さすぎると太もものラインが浮かび上がりますし、大きすぎるとダボついてしまいます。そして、丈が短くならないように意識しましょう。立っているときだけでなく、椅子に座ったときの短さにも気を付ける必要があります。

Aラインスカートは優しい印象

Aラインスカートは、優しい印象を与えることができます。文字通り「A」の形をしているAラインスカートは、ウエストから裾の方に向かって徐々に広がっていくデザインです。緩やかに裾が広がっていると、丸みを帯びたように見せることができ、女性らしい柔らかな雰囲気をアピールできます。

面接では優しい印象を相手に与えることができるので、事業を支える縁の下の力持ちの事務職や、業務をサポートする営業事務などの職種を志望する人におすすめのスカートです。また、Aラインスカートは太ももから膝上の部分を隠すことができるので、体型カバーにも適しています。裾が広がっているため、座るときにタイトスカートのようなフィットする感覚がなく、ゆとりがあり座りやすいデザインになっています。

パンツスーツは活発な印象

パンツスーツは活発な印象を与えることができます。見た目がズボンということで「たくさん歩ける」「走れる」「運動ができる」ということが連想されます。女性らしい柔らかな印象のスカートよりも、アクティブで行動力を持っている人物であるというイメージを持たれるでしょう。

面接の志望動機や自己PRで、活発な人物で行動力があることを伝えたいと考えている人は、パンツスーツを履くことで効果的にアピールできます。また、ヒールのあるパンプスと合わせることで脚長効果を出すことができます。ヒールによって足が長くなる上に、パンツスーツのすらっとした見た目が相まって、より足を長く見せることができます。パンツスーツは見た目による好印象と、歩きやすい抜群な機能性を兼ね備えており、就職活動にはおすすめのスタイルといえます。

パンツスーツの着こなし方

次に、パンツスーツの着こなし方について解説していきます。皆さんはパンツスーツの着こなし方について、どのようなことに注意をすればいいかご存知でしょうか。実はいくつか注意点が存在します。

例えば、裾の長さをヒールの高さに合わせて調整することで、パンツスーツと全身のバランス比率がよくなり、よりすらっとした印象を与えることができます。他にも、靴下タイプのストッキングを着用することや、ベルトをする場合はシンプルなデザインにすることで、全身の身だしなみが整い、マナーを守った着こなしをすることができます。

裾はヒールの高さに合せる

パンツスーツの裾はヒールの高さに合せるようにしてください。パンプスを履いた状態で、床から3㎝ほどの長さがベストな丈といわれています。しかし、パンプスのしなり具合やヒールの高さは物によって様々なので、自分の持っているパンプスが、この3㎝の比率に沿ったものか一度確認してみましょう。

気になる方は、自宅で全身鏡を見ながらパンツスーツを着用した状態でパンプスを履いてみましょう。もしくは、スマートフォンのカメラやムービーなどの機能で、全身が映るように撮影してください。パンツスーツを仕立ててもらうときにも、3cmを意識しておくとよいでしょう。現在持っているパンツスーツの丈を調整したい場合は、購入した店舗に追加料金を支払えば、裾直しを依頼できる場合があるので、店舗に確認してみてください。

靴下タイプのストッキングを着用する

パンツスーツを履くときは、靴下タイプのストッキングを着用しましょう。スーツを着用するときに、素足の状態でいることはマナー違反となります。パンツスーツを履くと、裾とパンプスの間の肌の露出面積は、スカートに比べるとかなり小さくなります。

一見、足首周りの肌の露出は目立たない部分なので、ストッキングは不要だと感じるかもしれませんが、わずかな露出であっても素肌を見せるのはマナー違反となります。しかし、足全体を覆うストッキングの上からパンツスーツを履いてしまうと、静電気が発生しやすくなり、パンツスーツが足にくっついてしまいます。

そうなると、パンツスーツの足のラインがいびつになってしまいます。パンツスーツの着用時は靴下タイプのストッキングを着用すると、静電気の発生も抑えられますし、着脱もしやすく、効率よく素肌を隠すことができるのでおすすめです。

ベルトをする場合はシンプルなデザインにする

パンツスーツのウエストサイズが大きく、ベルトをしなければずれ落ちてしまうという方はベルトをして構いません。その際、パンツスーツに合わせるベルトは、シンプルなデザインを選びましょう。模様が施されているベルトや、私服に合わせるようなベルトをスーツに合わせてはいけません。

単色のベルトで、無地のものを使ってください。色は黒、ネイビー、茶色が無難ですが、パンツスーツと同系色の色でまとめた方が統一感があり、すっきりとして見えます。カバンやパンプスが黒色の場合は、ベルトも黒色にした方が全体的に大人っぽい印象になります。

身だしなみのマナーをチェックしよう

女性はスーツを着る機会が少ないため、着こなしに自信のない就活生は多いでしょう。面接は第一印象が大切であり、身だしなみは大きな意味を持ちます。スーツを正しき着こなすためにも、就活マナーマニュアルを事前に確認してチェックしておきましょう。

マナーを守った正しい身だしなみの知識があれば、服装が原因で印象を落とすことはありません。少しでも印象をよくするためにも、身だしなみのマナーを把握しておくことが大切です。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生はチェックしておきましょう。

就活生におすすめのパンツスーツ

それでは次に、就活生におすすめのパンツスーツを2点ご紹介します。これまでパンツスーツのメリットや着用時の注意点を説明してきましたが、次の項目では、実際にどのようなパンツスーツが就職活動にふさわしいのか解説していきます。

ここでは、新卒採用向けのパンツスーツの中でも、ベーシックながらも体にフィットしやすく、足のラインが綺麗に見えるパンツスーツを集めてみました。その上で、クリーニングをしなくても自宅で洗濯が可能なウォッシャブルタイプのものや、デザイナーがデザインしたものなどをピックアップしていきます。

①【セットアップ対応】【ウォッシャブル】ストレートパンツ

まずご紹介したいパンツスーツは、洋服の青山から販売されている【セットアップ対応】【ウォッシャブル】ストレートパンツです。黒色で無地のストレートパンツタイプです。基本を押さえたデザインなので、安心して就職活動でも着用できます。この商品のおすすめポイントは、ウールのような風合いとストレッチ性を兼ね備えていることです。

質感のよさと動きやすさを持ち合わせた快適なパンツスーツとなっています。その上、ウォッシャブルタイプなので自宅で洗濯が可能です。面接が毎日続いても、自宅で洗濯が可能なので、クリーニングに出さなくてもすぐに洗えて清潔さを保つことが来ます。お値段も税抜5,600円とリーズナブルで、就活生のお財布に優しい価格設定となっています。

②セットアップ ストレートパンツ【プレミアムウォッシュ】

次におすすめしたいパンツスーツは、AOKIから販売されているセットアップ ストレートパンツ【プレミアムウォッシュ】です。マイナビと共同で開発して商品化したもので、就活生の要望を反映させた商品となっています。デザイナーの小川彰子氏が監修しており、美しいシルエットが特徴です。

こだわりのあるデザインは、脚長効果はもちろんのこと、体のラインが美しい曲線になるように工夫されています。他にも、プリーツ加工が施されていて、折り目がしっかりと保持され、お手入れがしやすくなっています。また、こちらもウォッシャブルタイプなので自宅で洗濯ができるほか、静電気防止素材を採用していて、着用していてもよれにくくなっています。ストレッチ素材を使っているので着心地もよく、機能性も兼ね備えた万能パンツスーツです。

面接でパンツスーツを着用するときの注意点

ここからは、面接でパンツスーツを着用するときの注意点についてご紹介します。パンツスーツは折り目のラインが足の長さを際立たせ、綺麗な脚線を引き立たせてくれます。そのため、着用するときは折り目がしっかりあるか確認し、余計なしわがないようにしましょう。

また、ほこりにも気を付けましょう。ほこりやゴミがついていると、不潔な印象を与えてしまいます。また、座るときに油断して足を開かないようにしてください。スカートを履くときは、スカートの裾幅によって足の開きをある程度抑えてくれますが、パンツスーツではそのようなことはありません。

企業ごとの面接によって、スカートとパンツスーツの両方を使い分けるという人は、パンツスーツ着用時に気が緩み、うっかり足を開かないように注意しましょう。せっかくの面接で良い回答をしても、マイナスな印象を与えてしまっては意味がありません。それでは次の項目で詳細に解説していきます。

しわやほこりに気を付ける

パンツスーツに折り目が綺麗に入っていると、すらっとした足を演出することができます。折り目は、パンツスーツを保管する際に、折り目に沿って畳んで格納しなければ綺麗に維持することができません。折り目通りに保管することで、着用時に余計なしわが増えず、スーツの傷みも少なくなります。そして、ほこりには十分気をつけましょう。

スカートとは違い、パンツスーツは布面積が大きいので、必然的に外気に多く触れることになります。面接の前日までにはスーツについているゴミやシミを取るようにして、面接の前には全身の清潔さを確認するようにしましょう。衣類のほこり対策に、ほこり取りブラシを常にカバンの中に入れておくと大変便利です。100円ショップなどでも販売しているので、ぜひ購入して携帯しておきましょう。

座るときに油断して足を開かない

座るときに足を開いてしまうと、だらしない人、マナーを守れない人という印象を与えてしまいます。社会人になる自覚が足りないと思われてしまっては、元も子もありません。スカートは裾幅が足をある程度押さえてくれるため、パンツスーツよりも足の開き加減を調整しやすい作りになっています。

しかし、パンツスーツはあくまでもズボンと一緒なので、自身の力で足の開きを調整しなければなりません。これは意識しなければ慣れないことなので、ぜひ練習をしましょう。おすすめは、自宅で椅子に座りながら練習することです。自宅で全身ミラーを見ながら、椅子の座り方を練習してください。その際ビデオカメラかスマートフォンのムービー機能で撮影しておくと、1人でも動画で振り返りができるのでおすすめです。

面接でパンツスーツを着て元気で明るい印象を与えよう

この記事では、パンツスーツの女性が与える印象や着こなし方について説明してきました。女性のスーツスタイルは、パンツスタイルしかない男性とは違い、スカートとパンツスーツの2通りあります。就職活動は、自分を最大限にアピールする場ですから、服装で印象を変えて、選考により有利に挑めるようにコーディネートをしてみてください。

意欲の高さや、志の強さをアピールするにはもってこいのパンツスーツは、面接ではとっておきの武器になります。パンツスーツの着こなし方がわからず手を出せずにいた方も、これを機にパンツスーツにも挑戦してみてください。面接でパンツスーツを着て、元気で明るい印象を与えましょう。そして、ぜひパンツスーツを履きこなして、スーツを着る楽しさを味わってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ