面接対策

【オフィスカジュアルでの面接に適した服装】男女別にご紹介

オフィスカジュアルでの面接は比較的多い

就職活動というと、リクルートスーツを思い浮かべる就活生も多いことでしょう。しかしリクルートスーツでなく、オフィスカジュアルでの面接も意外と多いのです。オフィスカジュアルで面接に臨む際、相応しい服装で臨まなければ、「社会人としてのマナーを理解できていないんだな」とマイナスの評価を受けてしまう恐れがあります。

そのようなことの無いよう、オフィスカジュアルについて理解しておく必要があるのです。ここではオフィスカジュアルでの面接で選ぶべき服装について、印象の良いコーディネートを男女別に解説していきます。ここでの内容をしっかりと理解し、採用担当者に好感を与えることの出来る服装で面接に臨むようにしましょう。

オフィスカジュアルとは

今日ではオフィスカジュアルで業務に従事することを認めている企業は多く存在します。そもそもオフィスカジュアルとは何なのでしょうか。オフィスカジュアルというと、「私服みたいなものでしょ?」と理解している就活生が一定数います。

オフィスカジュアルとは、スーツ以外の服装で、仕事をするに相応しい服装のことを表す言葉です。「ビジネスシーンに相応しい私服」ということになるため、日常生活における私服とは大きく異なるものなのです。

オフィスカジュアルはあくまでもビジネスシーンに相応しい私服であり、カジュアル過ぎるものはオフィスカジュアルとして相応しくありません。スーツではない分、より一層コーディネートに気を遣わなければならないものなのです。

【男性編】オフィスカジュアルな服装のポイント

オフィスカジュアルを考えるにあたって、男性と女性で注意すべき点は変わってきます。ここでは、男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントを4点挙げ、それぞれ解説していきます。

男性の場合、オフィスカジュアルに適した私服を持っていない人も多くいることでしょう。オフィスカジュアルは就職活動に限らず、その後の社会人人生においても必要なものとなるため、持っていない人は以下を参考に一式揃えておくのもおすすめです。

ジャケットと襟付きシャツを着用する

男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの1つ目は、「ジャケットと襟付きシャツを着用すること」です。ジャケットを着ないのはビジネスマナーに反します。スーツではないとはいえ、ジャケットはしっかりと着用することが必要なのです。

その際、色は落ち着いた印象を与える紺・グレー・ベージュが賢明です。きっちり見えるサイズとデザインのものを選択するようにしましょう。またシャツに関しては、襟付きシャツを選ぶのが無難です。

Tシャツ等は面接という場ではカジュアル過ぎる印象を与えてしまう恐れがあるのです。誠実な印象を与える白色の襟付きシャツを選択し、併せて面接なのでネクタイも着用し、面接に臨むようにしましょう。

パンツはチノパンかスラックスを

男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの2つ目は、「パンツはチノパンかスラックスを選択すること」です。あくまでもオフィスカジュアルなので、カジュアル過ぎる印象を与えてしまうパンツはNGです。

穴の開いたジーンズやダボダボなパンツは避けたほうが賢明だと言えるでしょう。誠実な印象を採用担当者に与えることが出来るよう、チノパン、スラックスを選択するのが基本なのです。色に関しても、派手な色はNGです。ベージュやブラウン、黒・ネイビーといった落ち着いた印象を相手に与える色を選ぶようにしましょう。

また、パンツには必ずベルトが必須アイテムになります。ベルトに関しても派手な色、カジュアルなデザインのものは避け、黒系のシンプルなデザインのものを用いるようにしましょう。

靴や鞄はシンプルなデザインを選ぶ

男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの3つ目は、「靴や鞄はシンプルにすること」です。靴はレザーのシンプルなシューズがおすすめです

中には飾りがついたようなデザインのシューズもあります。しかしそのようなものは避け、極力シンプルなものを選ぶようにしましょう。色に関しても落ち着きのある印象を与える黒、紺、ベージュといった色のものをチョイスするのは賢明だと言えます。

鞄に関しては、スーツの時に使用しているビジネスバックを用いるのが無難です。面接においては、持っている鞄も意外と採用担当者に見られています。カジュアル過ぎる印象を与える鞄を持っていると、マイナスの評価に繋がってしまう恐れがあるのです。

ジーンズやスニーカーはNG

男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの4つ目は、「カジュアルな印象を与えるものは避ける」ことです。私服で着る分には、カジュアルなものでも問題はありません。

しかし、面接という場においては、カジュアル過ぎる服装はビジネスマナーを疑われてしまうため、相応しくないのです。ジーンズ、スウェット素材、帽子、リュック、スニーカーなどカジュアルな印象を与えるものは避けるようにしましょう。

また、リュックに関しては、ビジネス向きのデザインのものであっても避けたほうが無難だと言えます。面接会場に向かうまでの間、リュックを背負うことでジャケット、シャツにシワが出来てしまう恐れがあります。そのようなことで印象を損なうことの無いよう、リュックは避けておくべきなのです。

【女性編】オフィスカジュアルな服装のポイント

次に、女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントを解説していきます。女性の場合、服装の選択肢も多く悩んでしまう就活生も多くいることでしょう。基本的には男性と同様、「カジュアル過ぎない服装」を選択することが重要になります。

以下の内容を押さえて服装を選択することで、服装によってマイナスの評価を受けてしまうことは避けられます。不要な減点を防ぐためにも、以下をしっかりと理解しておくようにしましょう。

ジャケットを着用する

女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントとして、ジャケットを着用することがまず挙げられます。男性と同様、ジャケットの着用は面接においては必須になります。自身に適したサイズのジャケットを選択し、ネイビー・ベージュ・グレーなど落ち着いた印象を与える色のものを着て行くようにしましょう。

「カーディガンではダメなの?」と考える就活生もいるでしょう。カーディガンでもNGではないのですが、面接という場においては、カジュアル過ぎると考え人もいます。そのようなことを考慮すると、カーディガンではなくジャケットを選択するのが賢明なのです。

インナーに関しては、白もしくは女性らしい柔らかい印象のカラーをチョイスするようにし、全体的に清潔感のある服装にまとめることがポイントになります。

ボトムスはシンプルなスカートやパンツ

女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートでは、「ボトムスはシンプルなスカートやパンツを選択すること」も重要なポイントになります。スカートにしろ、パンツにしろ、派手な色は避け、ネイビー・ベージュ・グレー・ブラウン・ブラックなどを選択することが重要になります。

スカートの場合は丈の長さにも注意してください。あまりにも丈が短いものはビジネスマナーに反してしまいます。膝丈もしくは膝より少し上丈のスカートを選択します。「ワンピースはダメなの?」という就活生もいるでしょうが、ワンピースでも問題はありません。ワンピールの場合も色は上記のような落ち着いた印象を与えるものをチョイスし、丈に関しても、膝丈となるものを着るようにしましょう。

靴や鞄は華美でないものを選ぶ

靴や鞄は華美でないものを選択することも、女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートを考える上で大切なポイントになります。カジュアルな装飾の施されている靴も多くありますが、そのような靴は避け、シンプルなデザインで、かつ色も落ち着いた印象を与えるものを中心に選ぶようにしましょう。

ヒールが高すぎる、逆にヒールがペタンコになっている、といったものはNGです。3~5㎝のヒールのパンプスを選ぶようにしましょう。鞄に関しても華美なブランドものは面接の場には相応しくないためNGです。

シンプルなデザインのものを選択し、色も黒系の選ぶことが無難です。靴や鞄は見えづらいようで、意外と見られやすいポイントになるため、これらについてもしっかりと準備しておくことが重要になるのです。

オフショルダーやミニスカートはNG

最後に、女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートを考える際、NGとなる服装を紹介していきます。オフショルダー、ミニスカートなど露出の高いものは面接という場に相応しくないため、避けなければなりません。肌の露出が高いと、だらしのない印象を採用担当者に与えてしまう恐れがあるのです。肌の露出は最低限に抑え、誠実な印象を採用担当者にあたることが出来るようにしましょう。

またサンダル、ブーツ、ヒールの高い靴、デニムといったものはカジュアル過ぎる印象を与えてしまう恐れがあるためNGです。その場に相応しい服装が出来ないような人材を採用したいと思う企業はどこにもありません。ビジネスマナーを意識し、その場に相応しい服装を選択する必要があります。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

オフィスカジュアルの基本を押さえて面接に臨もう

ここまでオフィスカジュアルについて男女別にそれぞれポイントを解説してきました。オフィスカジュアルは何も就職活動だけで必要となるものではありません。社会人として働く中で、オフィスカジュアルが必要となる機会も多く存在しているのです。

そのような場で適切な服装を選択することが出来なければ、自身の評価を大きく落としてしまう可能性があります。そのようなことの無いよう、オフィスカジュアルについて今のうちに学んでおくことが大切です。

スーツでない分、服装選びを難しく感じる就活生も多くいるでしょう。しかしそのような中だからこそ、適切な服装を選択することで、採用担当者に自信をアピールすることも可能になるのです。ここで述べた基本をしっかりと押さえ、適切な服装で面接に臨むようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ