内定について

【内定証書とは】通知書との違いや内定証書授与式での振る舞いをご紹介

内定証書とは

内定を貰い就職活動を終えた学生は、内定証書などの書類を企業から与えられます。書いてある内容や意味を知らないと、いざ与えられたときに困ってしまいます。内定に関する書類はどれも重要なものであるため、ひとつひとつどのような書類なのかを確認することが大切です。この記事では、内定証書について詳しくご紹介していきます。内定証書の意味や受け取り方を把握して、準備を万全にしておきましょう。

採用試験を合格した証明

  • 貴殿を平成○○年○月○日をもって当社社員として採用することをここに認める
  • あなたは当社規定の採用選考試験に合格されました。よって平成○○年○月○日より当社に採用することをここに認定いたします。
  • あなたは当社指定の採用選考試験に見事合格されました。よって平成○○年○月○日に入社が内定いたしましたのでこれを証します。

内定証書とは、採用試験を合格した証明です。簡単な書式なので心配になる学生も多いと思われますが、企業から直接与えられるため心配はいりません。企業によって内容は様々ですが、採用試験に合格し入社を認めるという文言が書いてあります。内定証書を与えられることで、企業の一員として入社するという実感が湧くものです。一般的には、上記のような文言が書かれているケースが多いです。

内定式で授与されることが多い

内定証書は、内定式で授与されることが多いです。内定式は10月1日に開催されることが多く、内定証書授与は内定式のメインとなります。上記ご紹介したような文面の内定証書を企業側が提示することで、採用意志を示します。また、企業側の採用意志を受けて内定者の入社意志を確認する意味もあります。

内定式では内定証書授与の他にも、社長や役員の挨拶、内定者の自己紹介などがスケジュールに組み込まれるケースが多いです。自己紹介はその場で考えるとまとまりのない内容になりがちなので、事前に話すことを決めておく必要があります。

内定通知書・内定承諾書との違い

内定通知書と内定承諾書に違いはあるのでしょうか。内定通知書には、卒業を条件に採用するということやいつから採用するという内容が書かれています。内定承諾書は、学生の入社意志を確認するために用いられるケースが多いです。企業側が学生に内定を出したとしても、本当に入社するかどうかはわかりません。

それを確認するために、書面で誓約書を交わすのです。基本的には日付、住所、氏名を記載し、捺印して提出する必要があります。郵送で提出するケースが多いので、事前にマナーなどをおさえておくと安心です。内定承諾書と一緒に添え状を同封すると、社会人のマナーとしていい印象を与えられます。内定に対するお礼や入社後の意欲を伝えてください。

ビジネス用語集を入社準備に役立てよう

「PDCA」や「エビデンス」などの言葉を正しく使えますか?これらは、企業で使用されることが多いビジネス用語です。内定が決まったという就活生は、入社までの間にビジネス用語について理解を深めておきましょう。そこで活用したいのが「就活・ビジネス用語集」です。IT、航空、金融、メーカーで使用される用語も紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活が終わって入社に向けた準備を始めたいという就活生におすすめです。

内定証書の受け取り方

内定証書授与で名前を呼ばれたら、元気よく返事をしてください。内定証書を受け取る際は、丁寧な動作を意識することが大切です。内定証書を渡す人の前にきたら、1歩から1歩半離れて立ちます。相手が内容を読み上げたら1歩近付き、左手、右手の順番で受け取ります。受け取ったら、そのままの姿勢で頭を下げてください。

このとき、目の高さまで内定証書を上げてもいいです。その姿勢のまま左足から下がり、両足をきれいに揃えます。そして、内定証書を下すと同時にふたつに折ります。内定証書を左手に持ったら、まっすぐ立ち一礼してください。ひとつひとつの動作にメリハリをつけることで、動作がきれいに見えます。動作を間違えても、焦らず冷静に対応しましょう。

内定証書を受け取るときの身だしなみ

内定証書を受け取る際は前に出るため、事前に身だしなみを整えておく必要があります。男女とも、スーツにしわや汚れがないか確認してください。前に出る際は後ろ姿も見られているため、体の表側だけでなく裏側も確認することが大切です。男性の場合は、ネクタイが歪んでいないか確認してください。

きちんとネクタイが締まっているか確認し、全体的に整っているか鏡で確かめる必要があります。女性の場合は、ストッキングが伝線していないか確認しておいてください。ストッキングの伝線は周囲の人に意外と気付かれやすく、後でわかったときに恥ずかしい思いをします。いざという時のために、替えのストッキングを常備しておくと安心です。

内定式に持って行っておきたい持ち物

内定証書を受け取る内定式には、持って行っておきたい持ち物があります。まず、クリアファイルがあげられます。内定証書をそのままかばんにしまうと、しわになってしまいます。また、飲み物がこぼれた際に濡れたり汚れたりしてしまう恐れがあるのです。内定証書をクリアファイルに入れておくことで、そうしたしわや汚れから守ることができます。

クリアファイル以外にも、筆記用具や印鑑も持っていくようにしてください。書類に捺印が必要になるケースもあるため、印鑑が準備できていないと企業に迷惑がかかってしまいます。企業から事前に案内があると思われますが、これらは忘れないように注意しましょう。

内定証書はしっかり保管しておこう

内定証書は、失くさないように保管しておく必要があります。企業から内定の承諾をもらったことを証明する書類として、部屋やお金を借りる際に提出が求められることがあるのです。学生が入社に備えて新たに部屋を借りる場合、不動産会社は家賃を支払える能力があるかを判断する必要があります。そこで内定証書が役立つのです。

内定証書で企業名や入社日を提示することで、家賃の支払い能力が証明されると言えます。入社までに支払い関連の手続きを踏む学生は証明書類を求められるケースが多いため、内定証書は最適なのです。上記でご紹介したように、内定証書はきちんとクリアファイルに入れてしわや汚れで傷まないように保管してください。

内定証書はとても大切なものである

内定証書は企業と学生の意志確認のために用いられるケースが多く、内定式で授与されるのが一般的です。内定式には、男女とも身だしなみに気を付けて参加してください。内定式で内定証書を受け取ったら「内々定」から「内定」となるため、企業の新たな一員としての自覚を持つことが大切です。内定式で内定証書を受け取る際はマナーを守り、丁寧な動作を心掛けてください。

受け取った内定証書はクリアファイルに入れ、失くさないように保管しておく必要があります。新生活を始めるまでに色々な手続きを踏むと思われますが、その際に内定証書の提出を求められるケースがあります。しわや汚れに気を付けてきれいな状態を保つことが大切です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ