面接対策

面接前のタバコに関するビジネスマナーとは

面接前のタバコに関するビジネスマナーについてご紹介します。
喫煙率が低下し、町でも店でも自由にタバコが吸えない時代になりました。
愛煙家にとって厳しい環境と言っていいでしょう。
緊張が高まった時に特にタバコを吸いたくなるのが、愛煙家というものです。では、もっとも緊張するシーンである面接前にタバコを吸うのはOKなのかどうか。ずばりお答えしましょう。

タバコを吸うことががプラスになることはない!

binary-503598_640

面接前にタバコを吸うことがOKなのかどうかという問いに答える前に、面接で喫煙がどう評価されるかを考えてみましょう。

結論を先に言えば、面接で喫煙習慣がプラスに評価されることは、まずありえません。
つまり、喫煙者というだけで、就活にハンディがあるということになるのです。
これは、企業側が喫煙習慣に対してかなり厳しく対応するようになったという状況によるものです。
なぜ、喫煙者が敬遠されるのか、理由を挙げてみましょう。

昔とちがって、オフィスのデスクでタバコを自由に吸える会社はほとんどなくなりました。
喫煙者は決められたスペースや部屋でタバコを吸うことになり、その「喫煙休憩」が仕事のロスになります。
また、病気になるリスクも高まりますし、周囲へも悪影響を与えかねません。

  • 喫煙者=自己管理ができない人と思われる可能性もアリ

喫煙者は「健康管理、セルフマネジメントのできない人」という評価をされることも大いにありえます。
中にははっきり、「喫煙者は採用しない」という企業もあり、その数は増加しているのです。
ですから、就活生にとってベストの対応は、「就活を始めたら禁煙する」ということなのです。

面接前のタバコはNG!残る匂いに要注意!!

もうおわかりでしょう。
面接前のタバコはNGというのが答えです。

というと、「面接前はダメでも、会社に着く前ならかまわないのでは?」と考えるかもしれません。
最寄駅についたら、駅の喫煙所やカフェで一服したいと思うのが愛煙家の性。しかし、これもNGです。

タバコの匂いに関して、愛煙家とそうでない人とでは感じ方がちがうからです。
面接官がタバコを吸わない人であれば、面接前に駅やカフェで吸ったタバコの匂いを、敏感にキャッチしてしまうでしょう。うがいや消臭スプレーも万能ではありません。

  • リクルートスーツを着た瞬間からタバコは吸わないこと!

面接時に喫煙習慣を指摘され、マイナス評価を受けないためには、面接前はできるだけ長時間タバコを吸わないようにする必要があります。「家でリクルートスーツを着たあとは吸わない」というぐらいの意識を持つといいでしょう。

面接で「タバコを吸いますか?」と聞かれた場合

愛煙家でありがちなのが、そうした配慮をまったくせず、緊張緩和のために面接前にタバコをぷかぷか吸ってしまうこと。
当然、口や服からタバコの匂いがしますから、敏感な鼻を持つ面接官から、それを指摘されることになります。
面接官から「タバコを吸いますか?」と聞かれたら、どう答えればいいのでしょうか。

  • 正直に答えるのが一番!嘘をついても内定を貰った後に不安になる

正直に「吸います」と答える、これが正解です。
自分では気づかなくても、相手は匂いを感じているにちがいありません。
もし「吸いません」と嘘の答えをし、相手から「でも、タバコの匂いがしますね。面接前に吸ったのでは?」と返されたら、大減点。「嘘つきな喫煙者」という評価がされてしまうでしょう。

もし、面接前にタバコを吸ったことを指摘されなくても、面接で嘘の答えをしてしまうと、それがバレないか心配になり、内定をもらったあともずっと不安でいなければなりません。

面接前にタバコを吸うのは厳禁!マイナス評価につながる可能性大!!

面接前にタバコを吸うことの是非についてお話ししました。ポイントは以下の通りです。

・面接で喫煙習慣がプラスになることはありえません。就活と同時に禁煙するのがベストです。

・喫煙習慣のある人も、面接前にタバコを吸うのは控えましょう。面接前は、できるだけ長時間吸わないでいることがポイントです。

・もし、面接で喫煙習慣について聞かれたら、正直に「YES」と答えましょう。

面接前だけでなく、喫煙習慣をやめたほうが就活に有利であることはまちがいありません。
禁煙が無理でも、少なくても面接前の一服は控えるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ