面接

【緊張を和らげる方法8選】面接前に活用してライバルに差をつけよう

面接前に緊張を感じるのは普通のこと

面接前は、ほとんどの就活生が緊張するものです。緊張の度合いはバラバラで、「今まで覚えたことを忘れてしまいそう」と思うくらい緊張する人もいるかもしれません。面接前に緊張するのは、何も特殊なものではなく普通なことなのです。

しかし、そんながちがちの状態では練習通り面接をこなすことができません。ここでは、面接での緊張を和らげるおすすめの飲み物をご紹介します。必ず効果が出るという訳ではありませんが、緊張を和らげたい就活生はぜひ参考にしてください。

就活マナーを万全にして自信を持とう!

面接では、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは髪型などの身だしなみ以外にも、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。

他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

緊張をやわらげる方法8選

面接の前に緊張するのは、誰でも同じです。緊張するのは仕方ないことですが、そのまま面接をおこなってもいつもの実力が出せなかったり、うまく答えが出てこなかったりする可能性もあります。事前に練習をしていても、頭が真っ白になるという場合も考えられます。そこで、緊張を少しでもやわらげてリラックスすることが大切となってきます。

ここでは、簡単にできる緊張をやわらげる方法を紹介します。後ほど詳しく説明していきますが、腹式呼吸などは面接会場の場でもすぐに試せる方法になります。そのほかに紹介するものも気軽に試せる方法ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

①腹式呼吸をする

いつでもすぐにできる方法に腹式呼吸があります。ゆっくりと呼吸をすることで、自律神経を整え、緊張をやわらげる効果があります。面接会場でもできるので、緊張を感じたら試してみてください。

私たちは、緊張すると無意識のうちに浅い呼吸になっています。ゆっくりとした呼吸をすることで、体の力も抜けてリラックスできます。まず、鼻からゆっくりと息を吸い、お腹に空気を入れます。そして、口から細く、長く息を吐きだします。吸う時よりも、空気を吐き出す時を意識してみましょう。

吸う時の倍の時間をかけて吐くようにすると、さらに効果的です。4つ数えて吸って、8つ数えて吐くというようにしましょう。何度か繰り返していくうちに、緊張がほどけてきて、気持ちが楽になってくるはずです。

②音楽を聴く

面接前に緊張してしまった場合、音楽を聴くのもおすすめです。テレビなどで、スポーツ選手が試合前にイヤホンで音楽を聴いている姿を目にしたことがあるでしょう。あれは、音楽で、心の状態を整えようとしているのです。音楽には気分を落ち着けたり、高揚させたりする効果があります。

自分の好きな曲を聞くことで気分を高揚させ、やる気をみなぎらせておくのも良いでしょう。また、落ち着いた雰囲気の曲を聞き、気持ちをリラックスさせるのも効果的です。自分のその時の状態に合わせ、普段聞いている曲や好きな曲、リラックスできる曲などを選び、聞くことで心をコントロールすることが出来るのです。

③リラックスできるアイテムを用意する

null

自分なりのリラックスアイテムを見つけておくのも良い方法です。例えば、好きな香りがあったら、アロマオイルなどをハンカチに付けておくのをおすすめします。緊張しているなと思ったら、ハンカチの香りをかげばリラックスできます。他にも、肌触りの良いタオルを持っておく、大切なお守りを身に付けておく、ペットや家族の写真をお財布に入れておくなど、自分がリラックスできると感じるアイテムを用意しておくと良いでしょう。

いつも大切にしているものがあれば、自然と気持ちもゆるみ緊張がやわらぎます。小さいものなら、カバンの中に入れて面接会場に持ち込むことも可能ですが、音が出るようなもの、大きすぎるものなどは避けた方が無難です。

④チョコレートを食べる

チョコレートを食べるとリラックス効果があると言われています。ブドウ糖は脳の大切な栄養素になります。お米やパンにもブドウ糖は含まれていますが、試験直前に食べるのにはあまり適していません。そこで、少しの量ですぐに脳にブドウ糖が届くチョコレートをおすすめします。

冷えているチョコレートなら、脳にある神経を刺激して血流も良くなり、さらに効果が期待できます。小さいチョコならカバンに入れておいてもかさばりませんし、試験会場に着く前に食べるのも簡単です。

最近では色々なタイプのチョコレートが発売されて、甘いものが苦手な人でも食べられるビターチョコレートなども豊富にあります。お気に入りのチョコレートを見つけておいて、面接の前に食べれられるようにしておくと良いでしょう。

⑤リラックスできる飲み物を飲む

リラックスできる飲み物を飲んで、緊張をやわらげるのもおすすめです。ハーブティーに使われている天然のハーブには、心身のバランスを整える機能や、興奮を鎮める効果が期待できるものがあります。香りでリラックスできるアロマテラピーと同じような作用もあるため、緊張を感じた時にも活用してみましょう。

ハーブティーにも様々な種類がありますが、ジャーマンカモミール、セントジョーンズワート、パッションフラワー、リンデンなどはリラックス効果があるとされています。ハーブによって効果が変わりますが、自分が良いと思えるものが一番です。試してみて、気に入ったものを選びましょう。

ハーブティーだけでなく、ココアにもリラックス効果があると言われています。ココアの原料であるカカオにはテオブロミンという成分が含まれていて、緊張をやわらげてくれます。温かい飲み物を飲むと、気持ちもほっとするでしょう。

⑥瞑想する

瞑想は、体や心をリラックスさせる効果が高いと注目されています。自分とゆっくりと向き合うことで、不安や心配が少なくなるといわれています。ヨガなどでも瞑想が取り入れられることも多く、スポーツ選手などにも人気です。

瞑想と聞くと、難しいというイメージがありますが、誰にでもできる方法なのでぜひ試してみてください。毎日5分間続けるだけでも効果がありますので、ちょっとした空き時間などでもできます。やり方は、まず静かで落ち着ける場所にリラックスして座ります。あぐらなど楽な姿勢が良いでしょう。背筋を伸ばし、姿勢を整えて深呼吸をします。それから目を閉じて、ゆっくりと鼻で呼吸を始めてください。 呼吸に意識を向け、お腹に空気を入れる腹式呼吸を続けます。

何も考えないようにしますが、雑念が浮かんできた時には、素直にそれを感じて受け入れ、再び今この瞬間に意識を向け続けてください。5〜20分程おこない、ゆっくりと目を開きましょう。

⑦イメージトレーニングをする

null

面接前に緊張を和らげる方法として、イメージトレーニングを行うことが挙げられます。面接で緊張してしまうのはなぜでしょうか。それは自分の将来が左右される重要な場面で、失敗してしまうことを恐れることが大きな原因となっています。

面接前にイメージトレーニングを繰り返し行うことで、自分の苦手な質問や弱点を知ることが出来ます。それらへの対策をしっかりと行うことで、失敗するかもしれない不安に臆することなく、自信を持って面接に臨むことが可能になるのです。

またイメージトレーニングを繰り返すことで面接に「慣れる」ことが出来ます。繰り返しイメージトレーニングを行うことで面接の雰囲気にのまれずに、冷静に面接に臨むことが可能になるのです。

⑧ストレッチする

ストレッチをすると、体の緊張がほぐれるだけでなく、心もリラックスできます。ゆっくりと筋肉を伸ばすことで、自律神経が整い気持ちが落ち着きます。毎晩寝る前にやると決めておくと無理なく習慣化できるのでおすすめです。

ストレッチは体の中心から、手足の付け根、体の先端という順番でやると効果的です。インターネットサイトや動画でもさまざまなストレッチが紹介されているので、参考にしてみてください。疲れた体と心がほぐされていくのを感じられるはずです。ひとつのストレッチは20~30秒くらいを目安にすると良いでしょう。

息をとめずに、気持ち良いと思うくらいの強さでやるのもポイントです。頑張りすぎて無理をしても、逆効果になってしまいますので注意してください。

面接前の緊張はリラックスできる方法で乗り切ろう

ここまで面接前の緊張を和らげるための方法を見てきました。面接前は誰でも多かれ少なかれ緊張してしまうものです。しかし泣いても笑っても面接は一度切りです。緊張によりその時に力を発揮できなかったとしても、やり直しは効かないのです。

適度な緊張を持って面接に臨むことはたしかに大事ですが、面接前から過度に緊張していては、自分の力を最大限アピールすることが出来なくなってしまいます。緊張するなと言っても、止めることは出来ません。面接前に緊張してしまった際は、ここで挙げた方法を用いて、過度な緊張を和らげられるようにしておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ