面接対策

面接で好印象を与えるポイント5つ|話し方や聞く姿勢についてご紹介

面接で好印象を与えたい就活生は多い

エントリーシートや書類審査に合格した後に待っているのは面接です。文章ではなく、実際に自分という人間をアピールできる絶好のチャンスです。接客業狙いで笑顔に自信のある人は特に、面接はここぞという見せ場とも言えます。

とはいえ、笑顔がよくてもアピールしている内容がぐだぐだで何が言いたいのかわからなければ、採用にたどり着けません。そこでこの記事では、好印象を与えるポイントを具体的に紹介していきます。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

面接で好印象を与えるポイント5つ

面接官は人柄を評価している場合が多いため、好印象を与えるというのは質問に対する回答内容と同じくらい大切です。回答内容がよくても、その伝え方や態度次第ではマイナスの印象を与えてしまいます。ここからは、面接で好印象を与えるポイントを5つに分けて説明していきます。態度だけでなく、受け答え方もポイントになってくるのでしっかり読んでみてください。

①身振り手振りを交えて話す

面接だからと萎縮してしまい、腿の上に両手を置くというポーズのまま姿勢を変えないという就活生は多いです。しかし、それでは話を聞く方も疲れますし印象にも残らないでしょう。

面接官とコミュニケーションをとることを重視して、ジェスチャーなどを交えて話をするという方法を採用してみてください。身振り手振りを交えて話をする方法と、ただただ背筋だけを伸ばして話をするという方法では、明らかに相手に与える印象が違うことに気が付くでしょう。

大げさにし過ぎない

身振り手振りがあると目立つので、他の就活生との差別化も図れます。動作が大きいと自信があるようにも見えるので、話しに説得力も増すのです。しかし、大げさにしすぎるのはおすすめしません。あくまでもさりげなく、嫌味のない程度で自然な身振り手振りを加えましょう。大事なのは話の中身になるため、自分の動きに意識を囚われないように注意してください。

②結論から話をする

面接で好印象を残すための方法としては、結論から話すという方法もあります。結論から話をするようにすると、根拠の部分がすごくスムーズに聞けるようになり好印象になります。

面接官は何人もの話を聞かなければならないため、わかりやすい話をしないと大事なポイントが流れてしまうのです。せっかくいい話をしているのに、内容を忘れられてはもったいないです。面接では、結論から話すことを意識してみましょう。

話す順序を整理する

面接は複数人でおこなう場合もあり、応募者が多いと1人当たりの時間も限られてきます。そんな時に前置きからだらだらと話すと、面接官や他の就活生に迷惑をかけてしまうでしょう。また、緊張しているせいで、自分が結局何が言いたかったのかわからなくなってしまうこともあります。

そのようなときでも、質問されたことに対してスムーズに答えることで、好印象を与えられます。不測の事態に備えるためにも、事前に話す順番を整理しておくことが大切です。すべてを暗記するのではなく、箇条書きで覚えるようにすると緊張したときにも対処できます。

③明るくハキハキと話す

面接の印象は話し方が大きく左右します。普段友達と話していて、声が小さくぶつぶつ言っている人がいたら会話のキャッチボールが上手くできないことでしょう。明るくハキハキ話すだけでも、印象のよさは違います。人と関わる仕事ならばなおさらに、相手に与える印象は大切です。

明るくハキハキ話せるかどうかという点は、面接でシビアに見られることでしょう。明るく話すには表情も大切です。口角を上げることを意識して、にこやかな表情で話してください。

適度な声量でゆっくり話す

緊張すると、早口になったり、語尾が小さくなってしまったりする人がよくいます。練習の時に、こういったクセがどれくらい自分にあるのか知っておくことも大切です。無意識に声が小さくなったり、早口になるというのは珍しいことではありません。

そのようなリスクを踏まえたうえで、適度な声量で相手に伝わりやすいように、ゆっくりと話すことを心がけましょう。上手にコミュニケーションを取るためにも、声量や話すスピードを相手に合わせるようにすることが大切です。

自己分析は「診断ツール」を使えば”一瞬”でできる!

「自己分析をしろ」と言われても、やり方がわからない人も多いでしょう。それなら、 超高精度診断ツール「My analytics」を利用するのがオススメです。

36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・特徴が見える化し、面接官の心を掴む自己紹介ができます。

④相手が話している時も笑顔で聞く

面接は、コミュニケーションです。こちらが話すときはハキハキ笑顔で喋れていても、面接官が喋っている時は次の回答を考えて真顔になっていたり、適当に「はい」しか言わなかったりしたら、印象はよくありません。逆に言えば、笑顔で話を聞けたら、好印象を与えられます。相手が話している時にもきちんと笑顔で話をきき、コミュニケーションをとることを意識しましょう。

適度に相づちを入れる

大勢の前でスピーチしているときに、うんうんとうなづいてくれる人がいたら嬉しいとは思いませんか?時には笑顔でリアクションしてくれたり、うなづいてもらえると、わかってくれているんだなともっと話したくなるはずです。面接と聞くと堅苦しく考えがちですが、シンプルに考えると人と人との会話のキャッチボールになります。

面接中、「次は何を言おう」「練習してきたことを忘れないようにしなきゃ」と考えているあなたの顔は強張って真顔になってしまっていることでしょう。面接官はそんなところもしっかりと見ています。特に質問をされている時がもっとも緊張するので、返答で頭がいっぱいになるときはその傾向が強いです。面接官も人間なので、笑顔でうなづきながら自分の話を聞いてくれる就活生に好印象を抱くのは自然なことと言えるでしょう。

⑤背筋を伸ばす

無意識のクセで出てしまいがちなのですが、猫背になったり足を組んでしまう就活生は多いです。緊張していると頭が真っ白になって、自分を落ち着かせようと普段しているクセが出てしまうことがあります。猫背になると、自信のない印象を与えます。

背筋が伸びているだけでスーツ姿が映えますし、爽やかな印象も与えることができるのです。緊張してしまうのが心配な人は、背筋を伸ばして座るという練習を普段からしておくことをおすすめします。

座るときは浅く腰掛ける

背筋を伸ばすということに繋がるのが座り方です。だいたいは背もたれのある椅子で面接を受けることが多いですが、浅く腰掛けるのがルールです。深く腰掛けて背もたれに寄りかかってしまうと、態度が大きく見えてしまいがちです。

意図していないところで悪い印象を与えてしまうことになるでしょう。椅子に座る時は浅く、自分の骨盤をキュッと立てるようなイメージでお尻を落とすと背筋も伸びて綺麗な姿勢をつくることができます。

面接で好印象を与えるには聞く態度も大切

面接で印象をよくするには身振り手振りを入れる・結論から話す・笑顔で聞くことなどが大切です。好印象を与えて面接を突破するためには、これらの方法があります。できていないと感じた方も多かったのではないでしょうか。今からでもこれらを取り入れていけばグッと印象はよくなるので、是非今後の面接で意識してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ