面接対策

【面接の退室時のマナーとは】正しい手順と気を付けるポイントを解説

面接は入退室が肝心!正しいマナーを確認しよう

面接は入室から退室までが評価対象であり、始まった瞬間から最後まで気を抜くことはできません。面接の対策として面接官との受け答えを練習している人は多いですが、面接で大切なのはそれだけではありません。面接の最中だけではなく、入室のマナーや退室のマナーまですべて完璧であって初めて高評価を獲得することができます。

面接での受け答えがばっちりであっても、入退室のマナーができていなければ、それだけで大きくマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。入室時は緊張しますので、マナーもしっかりと意識して守ろうとしている人は多いですが、退室時は気が抜けてしまっている人が多いです。最後まで気をぬかずに、完璧なマナーで面接会場を後にしましょう。

退室マナー7ステップ

面接の退室マナーはさまざまなものが挙げられますが、退室までのステップは大きく7つに分けることができます。退室のマナーは部屋を出る瞬間にだけ必要なのではありません。面接が終了した瞬間から退室マナーは必要になりますので、そこからも一切気を抜かずに行動することが大切です。

退室マナー次第で面接での印象は大きく変わりますので、正しいマナーを身に付けることが大切です。退室時の7つのステップから正しい退室方法を知っていきましょう。

ステップ①終了の合図をされる

面接の退室マナーは面接が終了した瞬間から始まっています。面接は緊張度が高く、終わった瞬間にほっと一息ついて油断してしまう人は多いですが、終了の合図があっても気を抜かないことが大切です。面接が終了すれば、面接官から「終了です」「退室して結構です」などと言われるので「はい」と答えましょう。

ここで何も答えずにぼんやりしてしまったり、返事をしないまま退室準備を進めるのはNGです。相手に言われたことに対して返事をすることは就活や面接のマナー以前に、人としてのマナーでもあります。これができていなければ社会人としての自覚がないと思われてしまいますし、人ととしての常識を疑われる可能性もあります。きちんと返事をしてから退室の準備にかかりましょう。

ステップ②お礼を言う

面接が終了し、面接官から退室を促される声がけがあれば、それに対してきちんと返事をし、さらにお礼を伝えてから退室しましょう。企業の採用担当者は面接をすることも仕事のうちであり、学生の評価を決定し、採用を決める採用活動も仕事の一つです。しかし相手も仕事であるとは言え、忙しいスケジュールの中わざわざ面接を行ってくれていますし、面接に呼ぶということは評価してくれたということでもあります。

面接をしてくれたこと、評価してくれたことに対して感謝の気持ちを表すことは大切です。座ったままで構いませんので、面接官に「本日はお忙しい中、お時間を割いていただき誠にありがとうございました」とお礼を言い、退室の準備を進めましょう。

ステップ③立ち上がって一礼

面接官に対してお礼を言うときは座ったままでも構いませんが、それだけで終わらせるのではなく、きちんと挨拶をしてから退室することが大切です。退室の挨拶をする場合は、立ち上がって椅子の横に立ち「失礼いたします」を言いお辞儀しましょう。お辞儀は45度で行うのがベストです。

深々とすればいいというものではありませんし、反対にお辞儀の角度が浅くても印象は良くありません。45度でお辞儀をするためにも、本番前に鏡の前などでしっかりと練習をしておくことが大切です。言葉と動作は分けて行うことで、より丁寧さをアピールすることができます。「失礼いたします」と言いながらお辞儀をするのではなく、言い終わってからゆっくりとお辞儀をしましょう。

ステップ④ドアに向かう

立ち上がってお辞儀をした後、荷物を持ってドアに向かいましょう。退室時のドアに向かうときもお尻を面接官に向けてはいけないと思っている人が多いですが、普通にドアに向かって構いません。お尻を見せないように工夫して変な歩き方になったり、不自然なルートでドアに向かうのはおかしいのでやめましょう。

面接の退室時は面接官にお尻を見せても全く問題はありませんので、真っすぐ最短ルートでドアに向かうことが大切です。またお尻を向けることは問題ありませんが、退室時の歩く姿勢などは見られていますので注意が必要です。入室時は気が張っているので姿勢も綺麗に保てている人は多いですが、退室時は気が緩みがちですので、姿勢が悪くならないよう気をつけましょう。

ステップ⑤ドアの前でもう一度一礼

立ち上がってドアに向かった後は、ドアの前で振り返り「失礼します」と言ってお辞儀をすることが大切です。挨拶なしでの退室は当然ながら印象が良くありませんので、退室前にももう一度しっかりと挨拶をする必要があります。これもお辞儀の角度は45度です。挨拶の言葉と動作をしっかりと分け、綺麗な姿勢と角度を心がけてお辞儀をしましょう。

退室の挨拶としては「失礼します」が一般的であり、「失礼しました」は不自然に感じる人もいますので注意が必要です。「失礼しました」は謝罪の気持ちを伝えるときに使用する言葉ですし、退室前に何か失敗をしたのかと思われる可能性もあります。退室の挨拶としては違和感がありますので、「失礼します」を使って退室の挨拶としましょう。

ステップ⑥笑顔を会釈で退室

ドアの前でお辞儀をした後は片手でドアを開け、出かけたところで振り返り、ドアノブを両手で持ちましょう。片手で持ったままではがさつな印象を与えてしまう可能性があります。少しでも丁寧な印象を与えるように、ドアノブは両手で持つことが大切です。

また言葉を発する必要はありませんが、口を締めたままの笑顔で面接官に軽い会釈をするなどしておきましょう。声に出しても構いませんが、何度も挨拶を重ねるのは場合によってはくどい印象を与えてしまう可能性があります。会釈であればくどい印象は与えませんし、丁寧な印象を伝えることができます。にっこりと笑う必要はありませんので、口を閉じたままスマートな笑顔で退出していきましょう。

ステップ⑦ドアを閉める

退室の最後のステップはドアを閉めることですが、ここにも注意点がありますので、気をつけましょう。ドアを閉めるときは大きな音がしないように閉めることが大切です。最後まで丁寧な印象を与えていても、ドアを閉める音がうるさければ一気にがさつな印象を与えてしまう可能性があります。

ドアの開閉などは日常的に行う動作なだけに、その人の普段の姿は見えてしまいます。大きな音を立ててドアを閉めるようであれば、普段からがさつな人だと評価されてしまいますので、注意しましょう。ドアを閉めるときは全くの無音である必要はなく、大きな音さえしなければ多少の音は問題ありません。ゆっくりと丁寧に閉めれば大きな音はしませんので、勢いよく閉めることだけはやめましょう。

鞄や荷物の正しい置き方

面接は企業によって形式が異なる場合があり、荷物の取り扱いについても企業によってさまざまですが、面接会場に鞄や荷物などはすべて持っていくのが一般的です。面接会場に持ち込む鞄や荷物などから、身だしなみを見られている場合もありますが、それだけではなくそれらの置き方もチェックされています。

鞄や荷物の置き方にも細かなマナーがあり、守れていないとマイナスの印象にもつながりますので、それらのマナーについても正しく知っていきましょう。

鞄は利き手側

面接では控え室から面接会場まで鞄を持っていくことが一般的です。企業によっては別途荷物置き場を用意している場合もありますが、そうでなければ基本的には鞄を持ったまま行動します。鞄は持ったまま入室し、着席する際に椅子の横、利き手側の床上に置くのが正しい置き方です。

マナーとしてはどちら側においても問題はありませんが、面接が進む中で鞄の中から資料などを取り出さなければならない場合もあります。その場合に利き手と反対側に鞄を置いていると、中身を取り出しにくいので、指示があったときにすぐに取り出せる利き手側に置くことが大切です。また鞄はチャックなどが開きっぱなしにならないようにしっかりと閉めてから面接に臨みましょう。

荷物は鞄の中

就活ではさまざまな荷物が必要になる場合もありますが、面接のときには不要なものを出していけません。そのため荷物は鞄の中にいれてから面接に臨むのがマナーです。面接中は企業からの指示がある場合は別ですが、基本的には鞄に触れてはいけません。企業から事前に提出を指示されている書類であったり、何か必要な資料がある場合は着席する前に出しておきましょう。

面接官の指示のないままに勝手に鞄を触り、荷物を取り出すのはNGです。協調性がない、自己中心的だと思われてしまう可能性がありますので、注意が必要です。事前に指示されているものをすぐに提出できなければ、それもマイナスの印象につながる可能性がありますので、必要なものは面接前に再度確認しましょう。

退室後のマナー

緊張の面接が終了し、退室すると一気に緊張感からも解放されるでしょう。しかし、油断するのはまだ早く、退室後にもマナーがあり評価が続いていることは覚えておかなければなりません。

退室後のマナーができていないとマイナス評価に繋がり、選考での結果に悪影響を及ぼす可能性があります。仮に面接での出来がよくても、退室後の行動次第で評価を下げて不合格になることもあるため注意が必要です。退室後のマナーを正しく把握して、最後まで油断せずに取り組みましょう。

退室後も礼儀正しい態度とあいさつを心がける

就活での評価は面接時だけではなく、その他幅広いシーンでも見られています。面接終了後も行動は細かくチェックされているため、社会人として恥ずかしくない振る舞いを心がけましょう。

退室後も企業内ですれ違う人には礼儀正しく接する必要があり、きちんとあいさつもしなければなりません。社会人として、人として当たり前のことを徹底しておこなうことが、退室後の評価に繋がると考えましょう。どれだけ面接で礼儀正しく振る舞っていても、退室後に同じことができていないと裏表の激しい人と思われ、マイナスの印象を与えてしまうため注意が必要です。

就活期間中は常に企業から評価されているという意識を持ち、面接終了後も油断しないようにしましょう。

すぐにスマホを触るのはNG

面接中はスマホの電源を切るか、マナーモードにしているため、面接終了後に着信がないか気になる人も多いでしょう。就活時は他の企業から選考に関する連絡が来ることも多いため、スマホはこまめにチェックしておかなければなりません。しかし、退室した直後にスマホを触るのはNGです。

企業内では、スマホは触らないと考えておきましょう。退室してすぐにスマホを触っていると印象が悪く、少しの間も我慢できないと思われる可能性があります。また、目の前に人がいるのにスマホを触るのは失礼でもあるため、少なくとも企業を出るまでは取り出さないようにしましょう。

スマホは無意識のうちに触ってしまうことも多いため、就活中は特に取り扱いに注意しなければなりません。

建物を出た後も気を緩めない 

退室後も油断せずに社会人らしい振る舞いをすることが大切ですが、これは企業を出た後でも同じです。建物を出たからといって油断せず、最寄りの駅に着く、さらに万全を期すなら自宅に到着するまでは気を抜かないようにしましょう。

建物を出てすぐにスマホをいじる、たばこを吸う、周囲の人とうるさく話すといった、周りに迷惑がかかる行為は全てマイナス評価に繋がるため注意が必要です。スマホの操作自体は問題ありませんが、歩きスマホは印象が悪いため、使用するなら立ち止まって周囲の邪魔にならないところに移動しておきましょう。

最寄りの駅まで来ると基本的には大丈夫ですが、まれに企業の社員が偶然近くにいる場合もあります。いつどこで人に見られているか分からないため、自宅か駅に到着するまでは気を抜かずにいることが大切でしょう。

面接での退室時はドアを閉めるまで気を抜かない

面接は入室する瞬間から始まり、退出する瞬間まで続いています。面接での質疑応答などが終われば、その時点で面接が終了しているわけではありません。面接官が「終了です」と言葉にしても実際には面接はまだまだ続いていますので、最後の最後まで気を抜かないことが大切です。

さらに言えば面接は企業にはいった瞬間から、面接会場を後にし、企業を出て自宅に帰りつくまで続いているものと思うことが大切です。就活生の評価を判断するのは面接官だけとは限らず、面接までに出会う他の社員の印象や評価が影響する可能性もあります。企業の最寄り駅であれば面接を受けた企業の社員に出くわす可能性もありますので、最後の瞬間まで気を抜かずに、緊張感を持って面接に臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ