自己PR

自己PRを3分間で簡潔に伝える方法

自己PRを3分の間で簡潔にまとめる方法をご紹介します。
就活では、「自己PRを3分でお願いします」と言われることもあります。
そういう時には短すぎず長すぎ3分程度で自己PRをしていく必要があります。
しかし、3分は意外に長く、内容のあることで3分埋められる方はあまりいません。

自己PRを3分で伝える方法1,1000字程度の原稿を書く

gahag-0017743519-1
まず大切なことは、適切な文量の原稿を書いて、大体言うことをまとめておくということです。
それをせずに大体の話したいことだけまとめたり、何も考えずにいったりしても、3分間が無駄になるだけでしょう。
自己PRを3分間でする際、適切な文量は900字から1000字程度です。
ですから、まずはそのくらいの文量の原稿を書くようにしてください。

  • 自己PRをより掘り下げて書いていく必要がある!

1000字書くためには、いつも書いているであろう自己PRをより掘り下げて書いていく必要があります。いつもはだいたい400字程度で買いていたでしょうから、それらをさらに掘り下げて、適切な文量になるように調整していってください。
より具体的なエピソードを書いたり、より根拠を示したり、そうして詳しく掘り下げていってください。

自己PRを3分で伝える方法2,アピールポイントは絞る

3分で自己PRをしてくださいと言われた場合、すべて口頭での説明になります。
ですから、今までの自己PRに比べて、さらにアピールポイントを増やしていくと、結局何をアピールしたかったのかが印象に残りづらいです。
文で提出するのであれば、いくつアピールしても書き方次第で伝わりますが、口頭ではどうしてもそれは難しいです。
ですから、新しいアピールポイントを増やしていく必要はないのです。

  • エピソードやアピールポイントの活かし方を長く書いていく!

ということはやはりいつも自己PRをより詳しくして1000字程度にするしかないのですが、その際にも、冒頭のアピールポイントを説明する部分は伸ばせません。
ここを伸ばしてしまうと、ただただ話が分かりにくくなるだけですから。
ですから、エピソードや仕事への活かし方の部分を伸ばしていき、3分に適切な自己PRとしましょう。

自己PRを3分で伝える方法3,結論はゆっくり読む

3分間での自己PRでは、話をするスピードというのもとても大切になります。
3分間ダラダラと同じはやさで読まれた文章は、どこが大切かが分かりづらく、あまり話が頭に入ってこないことになります。それでは自己PRの3分を無駄にしたといえますよね。ですから、そうならないように、大事なところはゆっくりよみ、どこが大切か分かりやすくしてあげましょう。

  • エピソードなどは早く読んでよい!

ではどういうところがゆっくり読むべきところなのでしょうか。
それは、まずは結論です。ここがアピールポイントです。と明かすところはゆっくり読み印象付ける必要があります。
あとは、根拠を示した後の「だからこういう能力が身についたのだと思います。」というところや、「この能力を○○に活かしたい」というところです。ここが自己PRのポイントになります。
言い換えれば、エピソードなどは早く読んで良いということです。そうして緩急をつけましょう。

自己PRを3分で簡潔に伝えるためにはアピールポイントを絞って話すこと!

以上、3分の間での自己PRを的確にこなすためのコツのご紹介でした。
3分間での自己PRを適切にこなすためには、これだけのコツが必要になります。
しっかり準備して、3分間の自己PRでも適切にアピールしていけるようになっていってください。