自己PR

適応力のアピール方法【例文5選】|自己PRで魅力を最大限に伝えるポイントを徹底ガイド

適応力のアピールを魅力的に伝える

就職活動を行う中で、避けて通ることができないのがエントリーシートや面接で求められる「自己PR」です。自己分析を通じて自分の特徴や身につけているスキルを洗い出したとき、最終的に「適応力」というキーワードにたどり着く就活生は、多いのではないでしょうか。

ただ「適応力」と一言でいっても、受け手によって解釈の仕方は異なります。具体的にどのようなスキルなのか、仕事ではどのように活かせるのか、また、書類や面接などではどのようにアピールすればよいかを、就活を始める前にしっかりと理解しておかなければなりません。

本記事では、履歴書や面接で「適応力」を魅了的に伝えるための方法について、自己PRや例文も交えて詳しく解説していきます。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

就活において、自己PRは大きな意味を持ちます。インターンシップに参加する時点で、自己PRを考えておくのはおすすめです。自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

適応力をアピールする履歴書への効果的な書き方

履歴書などの選考書類で「適応力」をアピールする際に大切なのは、常に具体的であることです。つまり、「適応力」という言葉をその他の言葉に置き換えることで、読み手・聞き手にとってはより具体性を増すことができます。

例えば、新しい環境や仕事にすぐ適応できる「環境適応力」、どんな突発的なことが起きても対処できる「臨機応変な対応力」、一つのことに固執せず対応できる「柔軟性」というように、具体的にどのような「適応力」なのかを明確にしておくと良いでしょう。

アピールする際はしつこくしない

全ての長所は短所の裏返しです。つまり、長所であっても、それを使い過ぎてしまうと短所に変わってしまうということを意味します。「適応力」があるということは、何事にも柔軟に対応できるということですが、アピールの仕方によっては、裏を返して「自分を持っていない」、「周囲に同調する八方美人」と読み手に受け取られてしまう可能性もあるのです。

「適応力」が高いことは一般的に大きな強みですが、だからといってそればかりを何度も何度もアピールすると、受け手に逆の印象を与えてしまう危険性があります。アピールする際には、その他2、3つの自分の強みと併せてアピールするように注意しましょう。

過去のエピソードを交えて適応力をアピール

「適応力」をアピールするには前述の通り、「環境適応力」「臨機応変な対応力」「柔軟性」のように自分の「適応力」がどのような言葉に置き換えられるかをまず検討してみてください。

その後、適応力が鍛えられた経験や、適応力をうまく発揮できた過去の具体的なエピソードを交えて説明をしていくという手順になります。エピソードを書く際には、周囲の評価も含めるとより具体的になり、説得力を増すことができます。

例えば、友人や先輩、アルバイト先の上司など、周囲の人から自分の「適応力」について評価を受けたことがあれば、ぜひその内容もエピソードの一部として取り入れてみてください。いずれの場合も大切なのは、PR文章を通じて「積極的で能動的に行動できる人間であること」をアピールすることです。

関連記事

【適応能力を自己PRで正しくアピールする秘訣】例文やNG例もあわせて攻略法を徹底解説

そもそも企業が求める「適応力」とは

就職活動で行う自己PRでは、自分の強みを自分目線だけで書き進めるのではなく、企業側の視点に置き換えて考えることが大切です。例えば、どのように自分の能力やスキルで仕事に貢献できるか、チームの中で能力を発揮できるかをアピールすることが求められます。

ここからは少し視点を変えて、企業側の立場に立って「適応力」とはどのような能力なのかをみていきましょう。

固執した考えを持たず柔軟に対応

仕事をする上では、自分の信念に基づいて、あることに固執することも時には大切です。しかし、ある限られた手法だけに固執したり、他者の意見に耳を傾けず自分の考えだけで仕事を進めたりすることは、チーム制を重視する企業が増えている中では望ましい姿勢とはいえません。

特に最近ではより効率的な組織運営をするため、新しいテクノロジーの導入や組織の変更などは以前に比べて盛んに行われています。つまり、社員は新しいやり方や新しい環境にすぐに馴染み、力を発揮することが求められているのです。

古いやり方や自分だけの考えに固執して柔軟な対応が取れない社員は、企業の中で活躍することはできません。また、企業としてもそうした姿勢の社員を評価せず、柔軟な対応力を持つ人材を重宝するようになるのです。

理不尽さにも対応できる能力

進学や就職などは非常に大きな環境変化であり、それによって多かれ少なかれ、ストレスを感じます。特に就職では、入社してみるとそれまで想い描いていた業務と異なる業務を担当しなければならなかったり、雑務ばかりに追われたりすることは多々起こります。

そんな理不尽とも感じられる状況にあっても、ストレスに対処し、仕事に専念できるかはとても大切なことですが、適応力が低い人はこうした状況にうまく対応することができません。

適応力があれば、周囲の人と信頼関係が築けているので、難しい状況でも助けを求めることができますが、適応力がなければそうした対応が取れないのです。

適応力=吸収力と捉える企業も多数

企業の担当者によっては、「適応力」とは新しいことを貪欲に吸収する力、と捉える人もいます。仕事においては、新しい商品の勉強や新しい技術の習得が常に求められ、異動の後には新しい同僚、上司、取引先と良好な関係を築かなければなりません。

そうした変化の激しい環境の中では、適応力とは、仕事に対する熱意であり、新しいことを貪欲に学んでいこうとする吸収力であると言い換えることができます。このように新しいことをどんどん吸収しようとする意識がなければ、いつまでたっても仕事が覚えられず、周囲からの評価は下がるばかりです。

評価が下がるということは同時に信頼感も低下するということを意味しますので、新しい職場に適応し同僚たちと良好な関係を築くことも難しくなるのです。

関連記事

就活で「適応力」が必要な理由とは

適応力が高い人の3つの特徴

企業が求める「適応力」とは、固執した考えを持たず、ストレスフルな状況にも対処でき、新しいことを貪欲に吸収できる能力であることを解説してきました。

ここからは、具体的にこうした高い適応力を身につけた人たちの3つの特徴について説明していきます。当てはまる部分があるかここで確認していきましょう。

環境に馴染むのが早い

仕事でいう「新しい環境」とは、主に新しく付き合うことになる人のことを指しますが、仕事では何をするにも一人で作業することはまずなく、さまざまな人と協働して仕事をすることが求められます。

つまり環境に馴染むのが早いというのは、新しい同僚とすぐに打ち解けて、素早く良好な関係性を築くことができるという意味です。こうした「環境適応力」が高い人は、色々な人の指摘やアドバイスに常に耳を傾け、必要に応じてそれらの意見を柔軟に自分の考えや行動に取り入れることができます。

異動をした後にすぐに新しい環境や仕事に慣れ、効率よく仕事ができる適応力が高い人材に対しては、企業としても安心感を持つことができ、新しい仕事や役割を与えやすくなるのです。

物事を効率よく実行できる

適応力がある人を観察すると、その仕事の効率の良さにも目が行くのではないでしょうか。 適応力が高い人は、とても効率的で計画的に仕事をするという特徴があります。漠然と仕事や物事に取り組むわけではなく、どうすれば早く効率的に物事を進められるかを、物事に取り掛かる前に考えてから仕事を始めます。

結果、新しい業務であっても慣れるのに時間がかからず、仕事の生産性も上がるのです。適応力が高い人というのは、そういう性格だからなのではなく、きちんと綿密に計画を練り、それに沿って実行することで目の前の障害を極力少なくすることができることも特徴です。

置かれた立場によってポテンシャルが変化しない

適応力が高い人の3つ目の特徴は、どのような環境下や仕事内容でも、決してポテンシャルを下げることなく効率よく業務こなせることです。異動などで置かれている環境が変わると多くの場合、まず環境に慣れる必要があるため、本来持っているポテンシャルを発揮するまでに少し時間がかかります。

しかし、適応力がある人は、前述の通り物事を計画的かつ効率的に進めるため、環境にあまり左右されません。どういう職場や立場になっても、自分の持っている能力をすぐに発揮することができることも、適応力がある人の特徴といえます。

適応力をテーマにした自己PR例文

適応力が高い人の特徴について、見ていきました。ここからは、実際に「適応力」をアピールする際の自己PR文について、具体的な例文を元に、その書き方を解説していきます。適応力がエピソードの中で、どのように発揮されていて、それがどう仕事に結びつくのかという一連の流れを見ていきましょう。

例文①

私は、臨機応変な対応力には自信を持っています。高校生の時に本格的な登山を始め、大学時代に国内外の山々で一刻一刻と変化する天候を注意深く見極め、グループメンバーと協議をした上で臨機応変に経路やスケジュールを検討し、再調整できるスキルを養いました。こうしたスキルは数多い商品を抱え、幅広い業界のクライアント企業に対して、常に臨機応変な対応が求められる貴社の営業職において大いに役立つと考えております。

まず書き出しに「臨機応変な対応力」というキーワードが入っている他、具体的なエピソードで、「臨機応変な対応力」がどうして必要でどのように鍛えられたかが説明できています。

そして最後の一文では、そのスキルが応募先の企業においてどのように役立つかも述べられています。また、応募先企業の営業職の特徴についても記述があり、きちんと企業研究がされている印象も与えることができています。

例文②

私の強みは、適応能力の高さです。大学3年時に1年間アメリカのニューヨーク州に、語学留学をしました。渡航前からアメリカ人のコミュニケーションの特徴や同州の文化や習慣を事前に研究をしていたので、到着後は何の違和感もなく周囲に溶け込んで勉強に集中でき、滞在を充実させることができました。また、現地でできた友人たちは私の知識の豊富さを評価してくれ、良好な関係を築くことができました。様々な専門家と関わる貴社の業務においても私の適応能力を発揮し、部門間の調整役として活躍していきたいです。

具体的なエピソードとしてアメリカへの留学を取り上げ、素早く新しい環境に適応して滞在を充実させるために行った行動=事前の研究について述べられており、話に具体性と説得力があります。

また、自分の姿勢に対して他者からどう評価されたのかも記述され、積極的に新しい知識を吸収しようとする姿勢も読み取れるPR文章です。

例文③

私は判断力に自負があります。学生時代は雑貨店でアルバイトをしていました。通常、在庫管理は社員の方が行うのですが、商品で売れ筋の商品があり、在庫数を常に意識していました。そこで定期的に在庫の残数をメモして店長に報告したところ、それが評価され在庫発注を担当させて貰えるようになりました。また、店長に状況を判断して、行動してくれたおかげで在庫切れを起こさずにすんだ、と嬉しい言葉を頂きました。この判断力を活かして、御社のお客様のお役に立てるよう、きめ細かなサービスを提供していきたいと思います。

ここでのポイントは、自身の経験と、第三者の具体的な言葉を用いて、自分の強みをアピールしている事です。自分の立場を踏まえ状況を把握し、在庫切れを起こさないようにする、といった点が効率的な行動を取っているとみなされ、評価されるでしょう。何が課題で、それをクリアするためにどう判断したのか、をエピソードを交えて伝える事で、人事に対して適応力の高さ、をアピールすることができます。

例文④

私は学生時代、ラグビー部のキャプテンをしていました。ラグビーでは常に自分の外側に誰がいるのかを把握して動かねばなりません。1トライ決めるには自分がどの立ち位置に動けば、走るべきポジションの人が動けるかを考える必要があります。また、部員は100名ほどおりましたので、キャプテンとしてまとめ役に徹し、部員同士のトラブルにも介入し、各部員を説得し、意思統一を図るかを常に考えて行動しました。試合でもチームマネジメントでも臨機応変に対応する場面が多かったことから、この経験を是非御社での仕事にも活かしていきたいと考えています。

この例文の場合は、適応力がある、など具体的に言葉に記さずとも、伝わるエピソードを盛り込む事がポイントです。ここでは、自身の学生時代に置かれた具体的なポジションを挙げ、どのような役割だったのか、何を意識して行動していたのか、を語ることで、適応力の高さをアピールすることができています。

例文⑤

私は、どのような人とでも良好な人間関係を構築することが得意です。私は幼少の頃から家族が転勤が多く、2,3年に1度は学校を変わるという経験をしてきました。そのため、早い段階で友達と仲良くなり、馴染む術を身につけました。具体的には1つは大きな声で話すこと、2つ目は相手のいいところを見つけて褒めること、3つ目は約束を取り付けること、でした。これらの方法を取るとだいたい仲良くなれたので、全国に今でも連絡が取れるほどの友達がいます。自分が培ったこのコミニュケーション能力を、御社での接客経験などに活かしていきたいと考えています。

一見すると転勤が多いと人見知りになったりしてしまうところ、自分の置かれた環境をポジティブにとらえ、人間関係を構築し続けることが出来ている点に、適応能力がある、と判断される例文です。また、ポイントは、具体的に身につけた方法などを紹介し、自分が今までどのように与えられた環境の中で気づきを得たのか、を挙げていることです。

つまり、ネガティブに捕えられそうな環境やエピソードであっても、そこからポジティブに切り替ええて、気づきを得られた、という構成にすることが大切と言えます。

適応力を最大限アピールして就職を勝ち取ろう!

ここまで、「適応力」とは何か、履歴書や面接で「適応力」を魅了的に伝える方法などについて詳しく解説してきました。企業が求める「適応力」とは、固執した考えを持たず、ストレスフルな状況にも対処でき、新しいことを貪欲に吸収することで新しい環境や仕事にも素早く対応できる能力です。

履歴書や面接の準備として、まず過去の経験から自分の「適応力」を具体的に定義し、エピソードを通じて詳しく説明することを心がけましょう。企業で仕事をするには、「適応力」が高いということは大きな強みになります。

上記でご紹介したことを参考にして、自分が身につけている「適応力」を最大限アピールできる魅了的な自己PRを作成してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ