職種研究

【公務員試験】面接カードで採用担当者に好印象を与える書き方3つ|注意点もご紹介します

公務員試験は面接カードが重要


公務員試験では面接カードが重要であり、これをいかに上手に書くかで面接での評価も違ってきます。公務員試験は面接カードをもとに面接を進めていきますので、面接カードの内容と重複する質問をされることも多いです。面接で上手に回答するためには、面接カードの時点からアピール内容を工夫しておかなければなりません。内容次第ではアピール力は弱くなってしまいます。

公務員試験を突破するのは非常に難しく、合格するためには事前にしっかりと対策をしておく必要があります。事前の対策を怠ってしまうと高評価を獲得することはできませんし、試験を突破することもできません。難関の公務員試験に合格するためにも、面接カードの上手な書き方を知っておきましょう。

公務員試験の面接カードとは

pen-631321_960_720

公務員試験で面接を受ける際、面接カードを書くケースが多いです。これはいわゆるエントリーシートのようなもので、選考の際にとても重要な要素となるものなのです。ですからしっかりポイントをおさえた良い面接カードを書かないとなりません。そこで本ページでは、公務員の試験で書く面接カードのポイントや注意点などをご紹介します。

面接カードは面接している気持ちで作成する

面接カードを作成する際には、面接している気持ちで作成するようにしましょう。「担当者が見ているわけでもないし」といい加減な気持ちで書いてしますのはNGです。面接カードは民間の会社でいうエントリーシートにあたるものであり、面接試験は基本的にこの面接カードに沿って進められます。

そのため実際の面接をイメージし、面接カードを作成することで、面接の際に受ける質問もある程度想定することが可能です。面接は事前準備が最も大切なポイントです。質問への回答を事前に準備できていれば、自信を持って面接で話すことが出来るようになります。

面接カードは面接をイメージしながら書くことで、面接対策もあわせて出来るものなのです。適当に書いて提出すると、いざ面接に臨んだ時に痛い目を見てしまう可能性があります。面接カードを作成する際には、面接をイメージしながら作成するようにしましょう。

面接カードの内容がアピールのベースになる

公務員試験の面接は、面接カードの内容に沿って進められるため、記入する内容と面接での質問が重複することも多いです。面接カードのの内容と重複して聞かれる場合は、大筋では記入した内容と同じことを伝え、さらに細部を膨らませてアピールする必要があります。記入した内容と口頭でのアピール内容が大きく違っていると不信感を与えてしまうので注意が必要です。

面接カードに記入した内容がアピールのベースになるため、高評価を獲得するためには、面接カードの時点から念入りに作成することが大切です。面接カードの内容が悪ければ面接でも効果的にアピールすることはできません。面接カードは非常に重要ですので、じっくりと念入りに内容を考えていきましょう。

就活が不安な人は、エージェントに頼るのが一番オススメ

「良い企業に内定を取りたい!」と思っていても、スムーズに就活が進められない方は多いです。

就活が不安な人は「キャリアパーク就職エージェント」を活用しましょう。PC・スマホから簡単に、ゼロから就活をサポートし、志望がかなう企業の内定までサポートします。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

 実際に利用した学生の口コミ 
 (青山学院大学 Kさん) 

一緒に課題と改善策を考えてくれました。特にエントリーシート(ES)の添削のやり取りは全部で10回近く、フィードバックを重ねて改良していきました。

(中略)キャリアパークエージェントでは学生の気持ちに寄り添って、より学生の意思をくみ取った企業紹介をしてくれたところが良かったです。

(中略)アドバイザーさんがすごく親身になって相談に乗ってくれたので自信を持って面接に向かうことができました。二次面接以降って結構面談がおろそかになってしまうエージェントもいるんですけど、キャリアパークエージェントのアドバイザーさんは毎回一緒にフィードバックに向き合ってくれました。

面接カードの入手方法

面接カードは、【一次試験の合格後に受験先から郵送で送られてくる】場合や【サイトからダウンロードする】などの入手方法があります。例えば、国家公務員採用試験は、ダウンロード期間中に、自分で面接カードを入手しなければなりません。

また、自治体によって、面接カードの項目や形式、大きさは異なります。試験結果はまだだけど「面接カードを入手したい」「項目を知りたい」と考えている人は、【インターネットで検索する】も一つの手でしょう。面接カードで聞かれやすい項目として【志望動機】【自己PR】などが挙げられます。

面接カードダウンロード期間|国家公務員採用試験|人事院

魅力的だと思われる面接カードの特徴3つ

null

ここまで公務員試験における面接カードとは何かについて述べてきました。面接カードは安易な気持ちで記入して良いものではなく、公務員試験において非常に重要なアイテムなのです。しかし面接カードの作成に慣れているという就活生などほとんどいません。

「どのような点に気を付けて書けば良いのだろう」と疑問に思う就活生も多くいることでしょう。以下、採用担当者に魅力的だと思われる面接カードの特徴を3つ挙げ、解説していきます。好印象を残せる面接カードを作成し、内定まで突き進んでいけるよう、しっかりとポイントを押さえておくようにしましょう。

①一般常識がある

誤字脱字がない、フリガナの書き方が正しいなど、一般常識のある面接カードは好印象を残せるでしょう。どんな人間でもミスはします。ミスが起こる確率を0%にすることは不可能です。しかしそのための努力をしっかりと行うことが重要です。

面接カードを書き終えたら、まずは誤字脱字がないかチェックしましょう。可能であれば事前にコピーをとっておき、誤字脱字があった場合には書き直しを行うことが好ましいです。また「ふりがな」の欄もミスが生じやすいので注意しましょう。

「フリガナ」と片仮名で書いてあるにもかかわらず平仮名で記入してしまうなど、ふりがなに関するミスは気を抜くと生じやすくなります。この点もしっかりとミスがないか確認しましょう。一般常識のある面接カードは、「細かい部分にも気を配ることの出来る人」という印象を与えることが出来るのです。

②社会人としてのマナーがある

社会人としてのマナーがある面接カードも好印象を与えることが出来ます。面接カードに写真を添付する際、「どうせ貼るから関係ないでしょ」と写真の裏に名前等を記入しない就活生もいます。しかしはがれてしまうリスクもある以上、裏面に名前等を記載しておくのが社会人としてのマナーです。また訂正の仕方にもマナーがあります。

上述の通り、大前提として書き間違いが生じた際に備え、事前の面接カードのコピーを取っておくことが好ましいです。しかしコピーを取ることが出来なかった場合には、正しい方法で訂正をする必要があります。訂正箇所を二重線で消し、その上で訂正印を押印するようにしましょう。社会人としてのマナーを理解していることが伝わる面接カードを作成することで、しっかりと好印象を残せるようにしましょう。

③仕事への熱意がある

仕事への熱意が伝わる面接カードも好印象を残すことが出来ます。面接カードに記入する項目は自己PR、志望動機から卒業論文のテーマ、最近関心を持ったニュース等まで多岐にわたります。これらの項目に対する回答をすべてしっかりと練り上げ、記入するのはなかなか骨の折れることです。「少しぐらいいいかな」と記述が甘くなってしまう項目もあるかもしれません。

しかし、本当に仕事に対して熱意を持ち、働きたいと考えているのであれば、そのための努力は惜しまないものです。面接カードは面接で用いるものであり、面接を行う採用担当者の目に触れるものです。「空欄が多いな。本当に働く気持ちがあるのかな」と思われてしまっては、面接の評価にマイナスの影響が出てしまう恐れがあります。仕事への熱意が伝わるよう、面接カードはしっかりと仕上げるようにしましょう。

年内に内定がほしい人は、エージェントに頼るのが一番オススメ

「良い企業に内定を取りたい!」と思っていても、スムーズに就活が進められない方は多いです。

就活が不安な人は「キャリアパーク就職エージェント」を活用しましょう。PC・スマホから簡単に、ゼロから就活をサポートし、志望がかなう企業の内定までサポートします。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

 実際に利用した学生の口コミ 
 (青山学院大学 Kさん) 

一緒に課題と改善策を考えてくれました。特にエントリーシート(ES)の添削のやり取りは全部で10回近く、フィードバックを重ねて改良していきました。

(中略)キャリアパークエージェントでは学生の気持ちに寄り添って、より学生の意思をくみ取った企業紹介をしてくれたところが良かったです。

(中略)アドバイザーさんがすごく親身になって相談に乗ってくれたので自信を持って面接に向かうことができました。二次面接以降って結構面談がおろそかになってしまうエージェントもいるんですけど、キャリアパークエージェントのアドバイザーさんは毎回一緒にフィードバックに向き合ってくれました。

公務員試験の面接カード①全体に統一感を持たせる

面接カードに書く項目は、たくさんあります。その面接カードのたくさんの項目の中で、矛盾が生じたりしていたのではどうしても印象は悪くなり、公務員に慣れる可能性も少なくなってしまうでしょう。ですからそうならないように、公務員の試験の面接カードでは、全体に統一感を持たせないとならないのです。そのためには、全体的に同じことをアピールするしかありません。

矛盾を防ぐためにも大きなテーマを決めること

それは何も、一つの能力をアピールしようというわけではありません。例えば全体を通して「前向きな人物であること」をアピールするというように、なるべく幅広いことをアピールするのです。すると「諦めない心」や「勉強熱心なこと」や「高い協調性」等色々なことがアピールできますね。大きなテーマを決めて、そこからそれないように書いていくと良いでしょう。

アピール内容が多すぎると伝わらない

アピール内容に統一感を持たせるためにも、矛盾しないようにテーマを決めてアピールすることが大切ですが、テーマを決めるのはより簡潔にアピールするためでもあります。自分の魅力を伝えたいからといって、多くの内容を盛り込もうとするのはNGであり、上手にアピールするためには、簡潔にまとめてアピールしなければなりません。アピール内容は増えれば増えるほどに伝わりづらく、アピール力は弱くなってしまいます。

10個のアピールポイントを伝えるよりも、1つのポイントをしっかりアピールした方がいいので、内容を広げすぎないことが大切です。内容を広げすぎるとひとつひとつのアピールが薄くなってしまいますので、内容はコンパクトにまとめて効果的に伝えていきましょう。

公務員試験の面接カード②忍耐力をアピール

そのおおもとのテーマでも、公務員になるために評価されやすいものとそうでないものがあります。公務員の試験で出る面接カードに書くと評価されるテーマとして、オススメするのが、忍耐力です。市民を相手にする公務員という仕事は、クレーム対応などもあることから忍耐力を求められています。

公務員はクレーム対応など我慢強さが求められる職業

でも公務員という仕事にはなぜ忍耐力が必要で、なぜそれを面接カードに書くとウケるのでしょうか。その理由として、公務員という仕事は、世間の印象と実際の仕事にイメージのギャップがあり、そこで嫌なことを言われることもたくさんあるからなのです。だからこそ忍耐力が必要になるのです。それを知っているということも良いアピールになるので、忍耐力のアピールはとても有効です。

誠実さ・真面目さのアピールも大切

公務員は地域住民から信用されることが大切であり、誠実さや真面目さなどが必要な仕事です。これらはどの仕事でも当たり前に必要なものですが、公務員では当たり前のことこそ高く評価されます。些細なことでも真面目に取り組めること、どのようなにも誠実に対応できることをアピールすれば、好印象を与えらますので、それを積極的にアピールしましょう。

公務員は能力ももちろん大切ですが、それだけではなく人柄の良さも重要視されています。いかに能力が高くても誠実さがなく、周囲の人から信用してもらえない人では公務員として働くことはできません。公務員は国の仕事を任される立場にありますので、責任感を持って仕事に取り組める真面目さや誠実さをしっかりとアピールしていきましょう。

公務員試験の面接カード③貢献力の高さをアピール

null

そういうおおもとのテーマがある中で、さらに貢献力の高さをアピールしていくと印象がグッとよくなり、ますます公務員になれる可能性が高くなります。それをアピールするためには、面接カードの中で、ボランティア経験をアピールしていくと良いでしょう。そもそも面接カードの中の質問として聞いてきてくれる場合ももありますが、もし聞いてきてくれないのであれば、どこかに織り交ぜていってください。

公務員とは国民に貢献する仕事!ボランティアなどの活動をアピールする

公務員とは、それすなわち貢献の仕事です。ですから貢献力がないと話にならないのです。ゆえにボランティア経験をアピールして貢献力をアピールすることが必要になるのです。ボランティアの質問が無ければ、学生時代に力を入れたことなどの欄で、上手くボランティア経験をアピールしていきましょう。

取り組み内容だけではなく結果で貢献力をアピール

ボランティア活動の経験をアピールするのは大切ですが、評価されるのはどんな活動をおこなったかではありません。どんな活動をしたのかではなく、どのように取り組んだのか、活動への取り組みの過程が評価されていますので、過程を重視してアピールすることが大切です。

印象的なエピソードでも、取り組みの姿勢が悪ければ評価はされませんし、反対に平凡なエピソードでも取り組みの姿勢によっては高く評価されます。ボランティア活動にどのように取り組んだのか、活動の中で何を学び、どのように成長したのかをアピールすることが大切です。活動を通してどのようなことを学んだのかを明確に示し、それが公務員として働く上でどのように役立つかをアピールしていきましょう。

面接カードを書く際の注意点

面接カードは【詳しすぎない程度に書く】ことが注意点として挙げられるでしょう。面接官は、カードに書かれた内容をもとに受験者に質問をします。詳しく書きすぎると、面接官は質問がしにくいでしょう。面接カードは詳しすぎない程度に、具体的に書けると良いです。

また、面接カードで【最近関心を持った出来事】の項目を設けている自治体があります。その項目では、芸能界やゲーム、宗教、政党などのニュースは控えましょう。特に、宗教や政党は人によって考え方が違います。【受験先の自治体で起きたニュース】や【一般的に知られているニュース】など、公務員の面接にふさわしい内容を書けると良いです。

また、【面接カードに記入した内容は忘れない】ようしましょう。カードに書いた内容と面接での発言がずれるのを防ぐためです。書いた内容をメモしたり、記入後の面接カードを印刷するのも一つの手でしょう。

公務員試験の面接カードは統一感をもたせるためにテーマを決めること

以上、公務員の試験で書く面接カードのポイントのご紹介でした。公務員として必要な能力があるように見せることができれば、自然と面接カードの印象は良くなります。
そしてそういう面接カードを書くために、ぜひこれらのことを参考にしてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ