自己PR

【1分で自己PRをしてください】面接でよく聞かれる質問を完全攻略|ポイントが分かる例文あり

自己PRを1分で話す目安は350~400文字

自己PRを1分と指定された場合、一体何文字程度の文字数になるのでしょうか。「何文字以内」と明確な決まりはありませんが、大体の文字数を知っておくとそれだけで書きやすくなります。

1分の自己PRを文字に書き起こすと、おおよそ350~400文字です。話すスピードのよって多少のずれはありますが、この文字数を1つの目安に自己PRを考えてみてください。あまり長すぎてもいけませんし、短すぎても魅力を伝えることができません。1分という限られた時間の中で自分を最大限にアピールするために、おおよその文字数を意識して自己PRを書きましょう。

1分間の自己PR方法①まずは結論からを述べる

面接での1分間自己PRのコツとしてまずいえることは、その1分間自己PRの中で、先にアピールポイントを、つまり結論を述べるということです。そのあたりは、とくに普通の自己PRと変わりはありません。ところあが先に結論を入れるだけで、話全体のまとまりがグッと良くなり、1分間自己PRの話も、すんなりと相手の耳に届けることができるようになるでしょう。

アピールポイントを先に述べることで構成がぶれない!

こうして先にアピールポイントを述べていくと、急に1分間自己PRを振られて、頭が真っ白になり焦って答えてしまったとしても、話に論理性が出てきて、相手に納得してもらえやすくなるのです。先に結論があるので、後はそこから自分で適当に補足説明をしていくだけです。そうした構成の話は、内容が破たんしていても、論理性が伴って聞こえるものなのです。ですから、1分間自己PRはアピールポイントから述べるということをまず覚えておいてください。

1分間の自己PR方法②ゆっくり話す

1分間自己PRでは、話のスピードというのも非常に重要です。早すぎると1分間自己PRの持ち時間を大量に余らせてしまい、すごく変な空気になる上に相手に内容が伝わりづらくなります。ですから、基本的にはゆっくりしゃべるということが大切です。しかしもちろんゆっくり過ぎるのもNGとなるので、1分間自己PRをする際はその点には注意するようにしてください。

アナウンサーをの話し方を参考にするのが吉

1分間自己PRはどのくらいの早さで喋るようにすれば良いのかといいますと、ニュース番組などのアナウンサーの方を参考にすると適切な早さで、説得力のある聞きやすい話ができるようになるでしょう。そういうアナウンサーの方は相手に聞き取りやすいようなスピードで話すように訓練されています。ですから、それをそのまま真似ればいいのです。

1分間の自己PR方法③アピールポイントの活かし方を述べる

1分間自己PRでは、アピールポイントの仕事への活かし方を述べるということも大切になってきます。最初にアピールポイントを述べ、それの補足説明として、なぜその点をアピールしたのかを説明してあげるといいでしょう。アピールポイントが仕事に活きる点でなければ、アピールされた方もいまいち魅力的には思いませんよね。

会社が求める人材に合わせたアピールをしよう!

1分間自己PRで大切なのは、会社が何を望んでいるのか、どんな能力の人材を欲しいと思っているのかをまず徹底的にリサーチしておく必要があります。つかえるものは何でも使って、その会社がこれから来る人材に求める能力を調べておくようにしてください。それなしでは、1分間自己PRを魅力的なものにするのは難しいでしょう。

1分間の自己PR例文3選

ここでは、1分間と指定された場合の自己PR例文を3つご紹介します。先述したように、文字数は350~400字が無難です。自己PRを考えるときから、意識するようにしましょう。ここでご紹介する例文は3つ全て400文字以内で収まっていますが、話すスピードによっては足りなかったり多かったりする場合があります。自己PRを考えた後は、ぜひ一度実際に話して時間を測ってみましょう。それでは、例文を見ていきます。

例文①

私は、相手の気持ちを考えて行動できる人間です。もともとそのような人間ではなかったのですが、高校の部活動での経験から考えられるようになりました。
私は中学からサッカーを始め、高校でもサッカー部に入部しました。好成績を残している高校で1年生からレギュラーを獲得でき、順風満帆な高校生活がスタートしたと思いきや、私は1年生大会で脚を怪我してしまったのです。怪我のレベルは深刻で、医者からは「手術しても以前のようなパフォーマンスはできない」と言われました。そこで私は部を支えるマネジャーになることを決意し、選手たちをサポートしてきました。最初はただマネージャーらしいことをしていただけですが、次第に選手が何をしてほしいのか考えて行動するようになりました。監督からも「お前は12人目の選手だ」と、ありがたいお言葉を頂きました。御社でも相手のことを考えて行動し、自身のスキルアップに繋げたいと思っております。(397文字)

1つ目は、相手の気持ちを考えて行動できることをアピールした例文です。自己PR方法でもご紹介したように、結論から述べるようにしましょう。そして、過去の経験を盛り込みなぜそのような人間になったのかを簡潔に述べるのです。限られた文字数ですが、過去の経験から何を学んだのかまで盛り込むと、より説得力がある自己PRになるでしょう。

例文②

私には人を動かせる、リーダシップがあります。これが活きた経験は、飲食店でのアルバイトです。
私は大学1年生の頃から、ファミリーレストランのアルバイトをしています。3年生まで続け、最後の1年間はアルバイトリーダとして業務を遂行してきました。とくに私が力を入れたことは、新人スタッフの育成です。私がアルバイトしていたファミリーレストランは、スタッフの移動が激しく短期間で仕事を覚えないといけません。しかし、高校卒業したばかりの学生が短期間で覚えられるはずがありませんし、私も初めは右も左も分からない状態でした。そこで、どうやって私が短期間で覚えたのか、どうやって課題を乗り越えてきたのかを実際に接客しながら教えることにしました。初めはやる気のなかった新人スタッフも私のやり方を参考にし、今ではかけがえのない存在になっています。御社でも、いつかは会社を引っ張っていく存在になれるよう、日々精進する所存です。(399文字)

2つ目は、リーダーシップがあるという長所をアピールした例文です。リーダーシップがあることを伝える場合は、「リーダーシップがあります」と漠然としたものにならないようにしてください。一言でリーダーシップといっても、背中で引っ張るタイプやメンバーを巻き込むタイプなどさまざまなスタイルがあります。過去の経験から自分などんなリーダーだったのか、詳しく分析してみましょう。

例文③

私が学生時代頑張ったことは、学業と部活動の両立です。私の負けず嫌いな性格から、学業と部活動のどちらも手は抜きたくありませんでした。
実際に私がおこなった対策は、毎日のスケジュールを文字に書き起こすことです。1時間単位で毎日のスケジュールを立て、ノートに分かりやすくまとめていました。文字に書き起こすことで、絶対にやらなければいけないという使命感が生まれ、指定した時間に終わらせることを意識するようになりました。この対策をする前は、勉強が手につかないから早めに切り上げたり、調子が良いから部活動の練習を長めにしたりバランスよく取り組めていませんでしたが、対策後はどちらもバランスよく取り組めたと思っています。そのおかげで学業では学年で上位5位に入り、部活動でも自己ベストを更新することができました。御社でもタスク管理を徹底し、より深いところまで追求したいと思っております。(384文字)

3つ目は、学生時代頑張ったことを述べた例文です。自己PRは、長所や性格をアピールするものとは決まっていません。学生時代頑張ったことを魅力的に伝えたいのなら、自己PRで述べましょう。ただし「学生時代頑張ったことは」と、自己PRとは別に聞かれる可能性もあるので注意が必要です。同じ回答をしないように、いくつか考えておいた方が無難でしょう。「〇〇を頑張った」で終わらせず、何を学びどう成長したのかまで盛り込むと、担当者の印象に残る魅力的な自己PRになります。

1分間の自己PRはアナウンサーを参考にした話し方が吉

以上、面接での1分間自己PRのコツのご紹介でした。これらのコツをおさえておけば、1分間自己PRも特別苦手に思うことはなくなっていくでしょう。ここは重要なところですから、1分間自己PRで良い印象をのこせるようぜひ参考にしていってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。