その他

就活のご利益がある神社5選【都内近郊編】|正しい参拝の作法を知っておこう~手水・拝礼~

就活のご利益がある神社①王子神社

就活のご利益がある神社1つ目は、王子神社です。かつて、江戸庶民の行楽地だった王子神社ですが、現代では東京のパワースポットとして有名になりました。

王子神社は、子供の成長を願う親たちが訪れることで知られています。由来は、江戸幕府3代将軍・徳川家光の乳母である春日局が、家光を将軍に就かせようと王子神社で祈願したところ、その願いが成就したという話からです。

御石様を持ちあげて軽く感じれば願いが叶う

王子神社には、御石様があります。両手で落ちあげるくらいの大きさで、一見かなり重そうにみえる石です。この御石様には言い伝えがあり、「願い事を心の中で唱えながら持ちあげて、軽く感じたら叶う」といわれています。「御石様」をさすった翌日に内定が出たという話もあるので、ぜひ試してみると良いでしょう。

【アクセス】

JR京浜東北線「王子駅」北口徒歩3分

東京メトロ「王子駅」3番口徒歩4分

都電荒川線「王子駅前」徒歩5分

【URL】

王子神社 公式サイト

就活のご利益がある神社②愛宕神社

2つ目に紹介するのが、愛宕神社です。この愛宕神社の社殿へ向かうには、ゆるやかな勾配の坂で比較的歩きやすい「女坂」、もしくは、86段もある急こう配の石段を登っていく「男坂」をのぼらなければいけません。男坂は、別名「出世石段」と呼ばれており、就職や転職にご利益があると言われています。

「出世の石段」を登って参拝するとご利益がある

出世石段と呼ばれている男坂ですが、この坂をのぼって社殿に行き参拝すれば、出世が望めるという言い伝えがあります。由来は、江戸幕府の3代将軍である徳川家光公に、梅を手折って献上した武士が出世したという話です。「出世」という言葉から、就職・転職の成功にご利益があることでも有名な神社として、お正月に初詣に来る就活生が多くいます。

【アクセス】

東京メトロ日比谷線「神谷町駅」より徒歩5分

東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」より徒歩8分

都営三田線「御成門駅」より徒歩8分

【URL】

愛宕神社 公式サイト

就活のご利益がある神社③神田明神

3つ目は、東京都千代田区にある神田明神です。主祭神ではありませんが、勝負の神様である平将門を祭神として祀っている神社です。あの徳川家康が、関ヶ原の戦いに先立って戦勝を祈願したという言い伝えがあります。

勝負ごとにご利益があるといわれている

徳川家光が祈願したという言い伝え、そして平将門が祭神であることから、勝負事にご利益があると有名になったのが神田明神です。就活では、「内定」という枠を争い、選考を勝ち抜いていかなければいけません。「試験を勝ち抜く」「ライバルたちに勝つ」「内定を勝ち取る」という勝負事である就活に、ぴったりの神社でしょう。

【アクセス】

中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分

京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分

東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分

東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分

東京メトロ銀座線 末広町駅 より徒歩5分

東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 より徒歩7分

【URL】

神田明神 公式サイト

就活のご利益がある神社④湯島天神

湯島天神は、学問の神様である菅原道真が祭られていることで有名で、中学・高校・大学の受験生が合格祈願のために訪れる神社です。就職祈願を願う「就職守」(700円)や、資格試験合格を願う「資格勝得守」(700円)など、心強いお守りが手に入ります。お正月の初詣で行くと大変込み合うので、早めの時間の参拝が望ましいでしょう。

【アクセス】

東京メトロ 湯島駅 (千代田線)3番出口 徒歩2分

東京メトロ 上野広小路駅(銀座線) 徒歩5分

東京メトロ 本郷3丁目駅(丸の内線) 徒歩10分

JR 御徒町駅(山手線・京浜東北線) 徒歩8分

都営地下鉄 上野御徒町駅(大江戸線) A4出口 徒歩5分

【URL】

湯島天神 公式サイト

就活のご利益がある神社⑤前鳥神社

前鳥(さきとり)神社に祭られている前鳥大神さまは、経済・産業の発展に尽くして、多くの雇用を生んだとされている菟道稚郎子命(うぢのわきいらつこのみこと)でもあります。修学・就職の神と呼ばれており、お正月には多くの就活生や転職者が訪れることで有名です。神奈川県にあるため都内から少し離れてはいますが、ぜひ足を伸ばして訪れたい神社といえるでしょう。

【アクセス】

東名高速道路「厚木インター」より平塚方面へ15分

平塚駅よりバス「本厚木駅南口行」「大神工業団地行」「田村車庫行」にて「前鳥神社前」下車 徒歩3分

小田急「本厚木駅」よりバス「平塚駅行」にて「前鳥神社前」下車 徒歩3分

【URL】

前鳥神社 公式サイト

神社参拝における正しい作法

神社を参拝する場合は、正しい作法を身につけておくことがマナーです。作法を知らないまま雑に参拝をしてしまえば、神様を怒らせる可能性があります。以下では、手水と拝礼の仕方をご紹介しますので、最低限の作法として知っておいてください。

【手水の仕方】

①まずは右手で柄杓を持ち、左手を清める

②同じ要領で、右手を清める

③柄杓を右手に持ち替え、左手を皿にし、口をすすぐ

④再度、左手を清める

⑤柄杓を立て、柄に水を流し清めてから元の場所に置く

【拝礼の仕方~二礼二拍手一礼~】

①お賽銭投入後、不快お辞儀を2回する

②旨の高さでの拍手を2回、右手を少しだけ手前に引く

③心から祈り、祈り終えたら両手をおろす

③もう1度深いお辞儀をして、静かに退く

就活のご利益がある神社5つを知って参拝しよう

就活生におすすめしたい、都内近郊の神社5選をご紹介しました。就活で大切なのは事前の準備ですが、時には運が必要な勝負もあります。就活を成功させたいのなら、神頼みをしておくことも1つの手でしょう。お正月の初詣などの機会があれば、ぜひ就職祈願をして、お守りという心強い味方を手に入れてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。