自己PR

【柔軟性の意味】働く上で必要な柔軟性6つやアピールする例文をご紹介

柔軟性の意味とは?

柔軟性とは、その場その場で機転を効かせて行動や分析などを素早く対応出来ることや、色々な場面に臨んでその変化に応じて適当な処置が出来る性質のことを言います。柔軟性のある人というのは、この性質を持っている人のことを意味しており、就活において長所やアピールポイントになります。

臨機応変に物事を進めることが出来るので、柔軟性のある人は、イレギュラーな仕事にも臨機応変に対応できるといえます。柔軟性があることを上手くアピール出来ればいい印象を採用担当者に与えることが出来るので、アピールポイントの1つとして考えてみましょう。

働く上で必要な柔軟性6つ

働く上では、どのような柔軟性が求められているのでしょうか。部活動やアルバイトでも柔軟性を発揮してきた人がいるかもしれませんが、社会人に求められる柔軟性が同じとは限りません。柔軟性をアピールするためにも、働く上で必要なことは何かを考えていきましょう。

①業務変更に即対応できる

業務内容に即対応できるという観点は、常に使える即戦力としての価値が求められています。即戦力という言葉は、業務が変更したら混乱してまともに動くことが出来ない人材ではなく、業務が変更してもすぐに動くことが出来る人材を指しています。

そのような人材は無駄な時間を生まないため、優秀な人材として常に重宝されます。逆に業務変更に即対応することが出来ない人材は、常に一定の無駄な時間を生むため、そうでない人材と比較して優先度が下がります。企業としては少しでも優秀な人材を確保したいのは当然ですので、柔軟性として求められている能力を業務内容にすぐに対応できるという点があるのです。

②相手の意見を素直に聞き入れ行動できる

相手の意見を素直に聞き入れて行動できるという観点は、成長性としての価値が求められています。例えば上司のアドバイスを受け入れようとせず、我流で何でもやろうとする人間と、上司のアドバイスを素直に聞き入れて行動できる人間がいるとしましょう。

どちらがすぐに成長するでしょうか?当たり前ですが、後者の方がすぐに成長します。一部の会社や特例を除いて新卒で入った社員というのは、全員業務に関しては能力のない素人です。企業は少しでも直ぐに成長できる、伸びしろのある人材を採用したいと考えます。ですから、柔軟性として求められている能力に成長性という観点が入ってくるというわけです。

③状況に応じた判断ができる

柔軟性がある人は、目的を達成しようという意志の強さは頑固な人と変わらなくても、達成に至るためのアプローチ方法にはこだわらないことが大切であると知っています。今のやり方ではうまくいかないということが分かれば、別の方法を試そうと早く頭を切り替えます。

そのため、「間違っているかな」と不安に思いながら漫然と同じやり方を続ける人に比べ、損失を最小限にとどめることができます。目標達成への手段にこだわらないので、想定外のトラブルにも融通をきかせて対応することができます。思い込みを捨てる努力をし、必要とあれば未知のことに果敢にチャレンジし、可能性を探ります。軌道修正にためらわない勇気をもっているのが、柔軟性のある人の特徴です。

④相手を尊重したコミュニケーションが取れる

柔軟性のある人は、視野を広く持つこと、自分のやり方にこだわらないことの大切さを知っています。どんな仕事でも、他人との関わりは必要不可欠です。柔軟性がある人は視野を狭めないために周囲とのコミュニケーションを大切にします。

仕事での話し合いの多くは利害関係を含むので、相手の言うことをそのまま受け入れていては望む成果を得ることができません。柔軟性のある人は相手と納得いくまで話し合い、考えをすりあわせることで、誰にとってもよりよい仕事を目指すと同時に、相手との信頼関係を深めます。

自分が持たない引き出しをもっている人と相手を尊重し、その意見に真摯に耳を傾けることで、情報量や判断材料を増やし、仕事のクオリティと周囲からの信頼度をあげることができるのが柔軟性がある人の特徴です。

⑤新規分野でも物怖じしない

何でも対応できる柔軟性がある人は、新規分野でも物怖じせずに業務を進められることが多いです。企業では新規分野に挑戦することも多く、それが会社の命運を握っていることもあります。新規分野で活躍できることで、企業内のさまざまな職種でも活躍することができますし、マルチに活躍できる人材へと成長することができます。

成長力と柔軟性は深い関係にあり、柔軟性が高いことで新しいことにもどんどんチャレンジし、成長することが見込まれます。新卒の場合は成長力重視で採用が決定することも多く、柔軟性があって成長力の高い人は高く評価されると考えられます。

⑥部署の異動があっても落ちない能力

柔軟性がある人は、部署が異動しても能力や業務の質が低下しないといえます。企業内ではさまざまな部署に異動することもあるので、異動によって成長できることも多いです。多くの部署を経験することで、幅広いスキルを身に付けることができ、視野を広げることができます。

同じ業務を繰り返して突き詰めることも大切ですが、視野を広げて新たな可能性に目を向けることも大切です。柔軟性があることで異動をしても業務の質を落とさずに活躍することができますし、多くのことを経験することでさらに成長できると考えられています。

自分の強みは「柔軟性」なのか、自己分析ツールで確認しよう

『柔軟性』を自己PRする人の中には、自分の強みを勘違いしている人もいます。強みを勘違いしていると自己PRは上手くいきません。

自分の本当の強みを見極めるには、自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsで、あなたの強みが本当に『柔軟さ』なのか確認してみましょう。もしかすると、思っていたものとは違う強みも発見できるかもしれません。

柔軟性をアピールするポイント

柔軟性をアピールする際は、できるだけ具体的に柔軟性という言葉の意味を伝えることが重要です。例えば「僕はとにかく柔軟性があります。柔軟性という観点が僕の長所です」このような文章をみても正直なところ意味がよく分かりません。

なぜなら柔軟性が何かという点がハッキリしていないからです。柔軟性という単語自体にマイナスのイメージがあるわけではないので、悪い印象こそないものの、言っていることが漠然としていて結局何が長所なのか分かりません。

ではどのようにすれば柔軟性というアピールポイントを相手にしっかりと伝えられるようになるのでしょう。次でご紹介していきます。

具体的なエピソードを伝える

柔軟性をアピールする際のポイントの1つ目は、具体的なエピソードを伝えることです。柔軟性とは、性質や性格のことをいいます。「柔軟性があります」と言っただけでは採用担当者に伝わりづらいです。そこで、柔軟性があることを伝える際は具体的なエピソードを交えましょう。

柔軟性を発揮出来たと思うこれまでの人生や日常生活における場面や、学生時代に熱心に取り組んだ部活やアルバイトでのエピソードでもいいでしょう。エピソードの中で、柔軟性があることが客観的に分かるようにストーリーを考えましょう。具体的なエピソードを入れることで、採用担当者はその場面を想像して柔軟性があることを理解してもらえます。

柔軟性により得た学びや成果を伝える

柔軟性をアピールする際のポイント2つ目は、柔軟性によって得た学びや成果を伝えることです。柔軟性があることをアピールして相手に伝えることは重要ですが、柔軟性があることで何が出来たか、何を学べたのかを伝えることも重要です。柔軟性は人の性質を意味しているので、柔軟性があることだけをアピールしても効果的ではありません。

採用担当者は柔軟性があることのメリットを知りたいので、柔軟性をアピールするときはその結果までを含めた経験を伝えましょう。得た学びや成果を伝えることで柔軟性を証明でき、柔軟性があることのメリット上手く伝えられます。

企業での活かし方を伝える

柔軟性をアピールする際のポイントの3つ目は、企業での活かし方を伝えることです。柔軟性を、企業でどのように活かせるのかを伝えましょう。これまでの学生生活やアルバイトでの社会経験はもちろん、企業研究をして就職希望の企業で柔軟性をどのように活かせるかを考えて伝える必要があります。

採用担当者は、採用希望者が入社後どのように働いていくかを考えています。柔軟性を活かしてどのように活躍できるかをうまく説明できれば効果的なアピールになります。また、企業研究をしていることも伝わるので、入社意欲も伝わるでしょう。

浅い自己PRは危険度MAX!
自己PR作成ツールを活用しよう

柔軟性と絡めて自己PRをするとき、内容が薄いと志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

柔軟性をアピールする例文3選

ここからは、柔軟性をアピールする3つの例文を紹介します。一言で「柔軟性がある」といっても相手が納得することは少ないです。柔軟性があることを理解してもらうためにも、具体的なエピソードを含めて伝えましょう。

具体的なエピソードを伝えることで、相手が柔軟性があることを想像しやすくなります。そして、柔軟性を企業でどのように活かすことが出来るのかを考えましょう。うまく柔軟性を説明するために、ストーリーを組み立てる参考にしてみてください。

例文①

私の長所は柔軟性があることです。私は学生時代レストランのウェイターをやっていました。レストランでは、お客様のオーダーや調理場の状況が都度変化します。臨機応変にオーダーを取りに行ったり、料理を提供しなければいけないので、常に今なにすべきかを考えて柔軟に対応してきました。業務内容は違いますが、この経験は社会に出てからも活かせると考えています。身につけた柔軟性を仕事でも発揮していきたいです。

この例文では、具体的なエピソードを交えて柔軟性があることを説明しています。具体例があることで、どのような状況で柔軟性を発揮してきたかを相手に想像してもらえるので、自分が思っている柔軟性を相手にも共感してもらえるようになります。

例文②

私は、柔軟性が高いことは仕事をする上で非常に重要だと考えています。私は陸上部で短距離走をやってきました。中学時代はいい結果を残してきましたが、高校に上がると伸び悩みました。それまでは筋力トレーニングが重要だと考えていたので、もっとトレーニング量を増やさなければいけないと思っていました。
しかし、走るフォームや呼吸などを柔軟に考えることで納得のいく成績を残せるようになっていきました。このことは仕事にも同様に言えると思うので、思い込みでひとつのことを考えるのではなく、柔軟に対応していきたいと思います。

この例文では部活でのエピソードを通し、柔軟性を身に付けた成功体験をストーリーにしています。ひとつの考えにこだわるのをやめた結果、柔軟性を身に付けたことを説明しているので柔軟性があることを理解してもらいやすくなっています。

例文③

仕事をしていく上で、柔軟性があることは重要だと考えています。仕事はだれもが出来るような定型作業だけではありません。都度変化する状況や環境に対応して柔軟に仕事をする必要があると考えています。貴社では、お客様に合わせた対応が求められると思っています。自分が持っている柔軟性を仕事で発揮して、定型作業以外のイレギュラーな仕事にも対応できるように働いていきたいと考えています。

この例文では、柔軟性があることが企業でどのように活かせるかを考えた文章になっています。柔軟性があることで企業にどのようなメリットがあるのかを伝えられれば、相手は採用した後の姿を想像しやすくなり、有効なアピールをすることが出来ます。

柔軟性のデメリットも理解しておこう

柔軟性は企業から求められることも多い能力の一つとなっていて、身に付いていることで高く評価されることも多いです。自己PRの題材として柔軟性が選ばれることも多く、仕事をする上では大切な能力でもあります。しかし柔軟性は必ずしも高く評価されるとは限らず、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。柔軟性はメリットだけではなく、デメリットもありますので、悪い面も正しく理解しておきましょう。

受け身と評価されやすい

柔軟性のデメリットとしては、受け身と評価されやすいことが挙げられます。柔軟性は悪い見方をすれば受け身と評価されてしまいやすくなるので、それを打ち消すためにも積極性なども一緒にアピールすることが大切です。柔軟性だけをアピールしてしまうと、周囲の環境に合わせるだけで積極性がなく、場合によってはやる気がないと判断されてしまう可能性もあります。

積極性をアピールするためにも、周囲に合わせるためにどのようなことを心がけているか、意識しているかなどを伝えていきましょう。積極性も自己PRの題材としてアピールできるものです。上手にアピールすれば柔軟性と積極性の両方が評価され、高評価が獲得できる場合もあります。

自分の意見が無いと評価されやすい

自分の意見が無いと評価されやすいことも、柔軟性のデメリットのひとつです。柔軟性は見方によっては人の意見にばかり合わせて自分の意見が無いと評価されてしまう場合もあるので、こだわりは別にあることも一緒にアピールするようにしましょう。こだわりをしっかりとアピールすることで、自分の意見がきちんとあることをアピールできますし、デメリットを打ち消すことができます。

しかしこだわりを強くアピールしすぎるのはNGであり、こだわりがあまりにも強いと頑固な印象を与えてしまい、それがマイナスにつながることもあります。こだわりをアピールする際はバランスを意識することが大切ですので、柔軟性を強くアピールしながら随所にこだわりを見せるようにしましょう。

柔軟性は社会に出たら必要とされる要素のひとつ

ここまで柔軟性を人事にアピールする方法のポイントについてご紹介していきました。柔軟性の意味を具体的に明示し、柔軟性があるとどうなるのか?という点を詳しく伝えるということが重要です。

しかし柔軟性は「就活における柔軟性の意味とは?」でもお伝えしたように、社会に出たときに必ず必要とされる要素のひとつになります。

柔軟性が無いと予測外の事態に対して上手く対応できず、柔軟に対応できる周りから、置いてけぼりを食らってしまいます。たとえ就活が終わったとしても、常に物事に対して柔軟に対応して、予測外の事態に対応できるようになりましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ